ニューヨークから動画配信!〜英語学校の実況中継〜 ニューヨークから動画配信!〜英語学校の実況中継〜
ニューヨークから動画配信!〜英語学校の実況中継〜 Read more


May 27, 2007
blog title ちょっと休憩、クイズです!

さて、今までイディオム、count on、let 人 down、make it up、と3つイディオムの解説をしてきました。

さて、今日はニューヨークの街中で見かけた、銀行の宣伝から一つクイズを。


6.JPG

さて、白字の"gt $ fstr"

とは一体何を意味しているのでしょうか???

分かった方は是非コメント欄に正解をアップして下さい!正解をコメントして下さった方から2名の方を、エンカレSpeaking Intensiveコースにご招待致します!(スカイプでのご参加を予定しています)

投稿者: 後藤宗明 日時: 8:03 PM | コメントを書く


May 26, 2007
blog title 解説003: make it up(後編)

昨日の解説は、夫婦間の例文でしたが、もちろん友人との間等でも使うことができます。

例えば、約束をドタキャンしてしまう、借りていたものを壊してしまう、そんな自分の行動によって相手を怒らせたり、傷つけたり、悲しませたりしてしまった時などです。つまり、相手に期待させて(count on)、がっかりさせてしまった(let down)ときですね。

それでは、“How can I make it up to you?” 以外でmake it upを含んだ表現をいくつか紹介します。

 “I’m sorry. I’ll make it up to you someday.”
 (ごめんなさい、この埋め合わせはいつか必ずします)

 “I promise I’ll make it up to you.”
 (この埋め合わせは必ずするって約束します)

日本語でも相手に謝るときには同様の表現を使いますね。決まり文句なので、そのまま覚えてください!

今回までに登場した3つのイディオムcount on, let人down, make it up、は会話の中で一緒に使うことが多いと思います。是非何度も繰り返しビデオを見て、発音して、一緒に覚えて下さいね!

投稿者: 後藤宗明 日時: 1:52 PM | コメントを書く


May 25, 2007
blog title 解説003: make it up(前編)

昨日のレッスンはいかがでしたでしょうか?講師は面白い例え話を用いて今回のイディオムを説明していましたね。今日は講師の説明を中心に解説をしてゆきます。

make it up (埋め合わせをする)

最初の講師の例え話について。奥さんに「今日はまっすぐ家に帰るよ」と言っておいたにもかかわらず、仕事の後に飲みに行き、深夜に酔っ払って帰ってきた旦那さん。奥さんはもちろん怒ります。翌朝、旦那さんは悪いことをしたと思い、

 “How can I make it up to you?”
 (どうやってこの埋め合わせをしたらいい?)

と奥さんに謝る訳です(笑) この表現には謝罪の気持ちが含まれています。言い換えると、

 "What can I do to make everything OK again?"
 (またすべてを良い状態にするために、僕は何ができる?)

とも言えます。明日はその他の例文をご紹介します!

投稿者: 後藤宗明 日時: 1:44 PM | コメントを書く


May 24, 2007
blog title 動画003: make it up

さて、今まで動画001 count on、002では let (人) dwon と、friendship(友情)に関するイディオムを学びました。そして今日は3回目です。

 “I’m counting on you, so don’t let me down.”
  (頼りにしているんだから、私をがっかりさせないでね。)

この表現、是非覚えて下さいねー。もし皆さんが誰か友人や家族、自分のことを信頼して頼りにしてくれている人を、がっかりさせてしまったとき、どのように言いますか?

今日のイディオムはそういうときに、使える表現です。それではまず、下記、ビデオを見てみてください!(1分41秒)

(画面中央にある▲のボタンを押すと、映像が動き出します。
もし音が小さい場合、ヘッドホンを使用して聴いて下さい。)



いかがでしたでしょうか? まずはリスニングの練習にもなりますので、何度も、何度も聴き、そして一緒に発音しながら、覚えるまで繰り返し見てみてくださいね。

解説は明日!

投稿者: 後藤宗明 日時: 12:11 AM | コメントを書く


May 23, 2007
blog title 解説002: let down(後編)

さて、002の解説(後編)です。レッスンの中で、講師はある会話例を使ってlet 人 downを説明していました。ホワイトボードに書いてある文章は


 A: "Can you take care of my cat?"
   (旅行中、)私の猫の世話をしてもらえますか?

 B: "I don’t know yet. I don’t wanna promise because I don’t wanna let you down."
   (まだわかりません。約束はしたくないのです、なぜならあなたを失望させたくないから)


となっています。このBの例文、そのまま使えますので、覚えて下さいね!

さて、皆さん動画001のレッスンの表現を覚えていますか?今回のlet人downとセットで、とても役に立つ表現がありますのでご紹介します。

 “I’m counting on you, so don’t let me down.”
 (頼りにしているんだから、私をがっかりさせないでね。)

また、会社の面接や、人からチャンスをもらったときなどに、

 “I won’t let you down.”
 (私はあなたをがっかりさせませんよ → 期待に応えますよ)

もよく使われます。是非覚えて、実際の会話で使ってみてくださいね。

そしてもう一つ大事なポイントがあります。letは現在形・過去形・過去分詞、すべて原形letのままです。例文を見てみましょう。

 “I depended on her, but she let me down.”
 (私は彼女に信頼していたけれど、彼女にはがっかりさせられた)

この場合のletは、何形か分かりますか?最初に出てくる動詞のdependが過去形になっています。過去を表している文章だということがわかれば、文中のletも過去形として使われているということが分かりますね。それでは次の例文ではどうでしょうか?

 “If your expectations are too high, you might be let down.”
 (もしあなたの期待が高すぎるなら、あなたはがっかりさせられるかもしれませんよ)

これは be letが受動態(受身)になっていますね。このletは過去分詞です。

letという単語を見てすぐ現在だと判断せず、文脈から考えてletが現在形、過去形、過去分詞どれなのか、を判断する必要がありますね。

それでは、もし誰かをlet downさせてしまった場合、皆さんはどのような行動をとりますか?次回のビデオはそんなシチュエーションに使える表現をご紹介します。

是非お楽しみに!!

投稿者: 後藤宗明 日時: 2:27 PM | コメントを書く


May 22, 2007
blog title 解説002: let down (前編)

昨日のビデオはいかがでしたでしょうか?一回目より少し講師の説明が早かったと思いますが、この解説を読んだ後、是非何度も聴いて見てくださいね。それではこれから2回に分けて解説をしてゆきます。


letdown(人をがっかりさせる)


 “Don’t let me down.”
 (がっかりさせないで)

という表現は、ビートルズの有名な曲“Hey Jude”の歌詞にもありますね。

解説001での宿題、4つの空欄の答えは、( Don’t ) ( let ) ( me ) ( down )です。皆さん聞き取ることできましたでしょうか?

ビデオの一番最初に生徒さんが、読み上げているのは、

 “Has a friend ever let you down?”
 (これまでに友達があなたをがっかりさせたことがありましたか?)

という質問です(この後、通常のスピーキングインテンシブクラスでは、生徒さんが宿題で用意してきた自分の意見を発表しますが、ビデオでは今回省略されています)


let 人 downをdisappoint(失望させる、がっかりさせる)に置き換えて、

 “I don’t want to disappoint you”
 (私はあなたをがっかりさせたくない)

と言うこともできます。また、let me downを講師は下記のようにも説明していましたね。

 “I trusted you, and you did something that was not good for that trust.”
 (あなたのことを信用してました、そしてあなたはその信用に適さないことをしました。)

「がっかりさせられる」ということは、つまりは期待していたことと違う行動をされたということですね。

次回は、レッスンの中で取り上げられていた例文の解説をしてゆきます!

投稿者: 後藤宗明 日時: 12:27 PM | コメントを書く


May 21, 2007
blog title 動画002: let down

さて、今日も引き続き、friendship(友情)にまつわるイディオムをご紹介します!

それでは下記、レッスンを見てみてください!(1分23秒)

(画面中央にある△のボタンを押すと、映像が動き出します。
 もし音が小さい場合、ヘッドホンを使用して聴いて下さい)



いかがでしたでしょうか?今回は解説のスピードが前回よりも速いので、少しリスニングをするのが難しくなっています。

頑張って、何度も聴いて見てくださいね!

投稿者: 後藤宗明 日時: 5:47 PM | コメントを書く


検索



最近のエントリー
ちょっと休憩、クイズです!
解説003: make it up(後編)
解説003: make it up(前編)
動画003: make it up
解説002: let down(後編)
解説002: let down (前編)
動画002: let down
解説001: count on
動画001: count on
ニューヨークで英語を学ぶこと (4)英語の種類

アーカイブ
May 2007

最近のコメント
ちょっと休憩、クイズです!
 └ まき (05/28)
 └ AYA (05/29)
 └ seri (05/29)
 └ kとみさわ (05/29)
 └ tomo dora (05/29)
動画003: make it up
 └ 悠太 (05/25)
 └ Mune (05/28)
動画001: count on
 └ MAI (05/19)
 └ kとみさわ (05/21)
 └ Mune (05/21)
 └ Mune (05/21)
 └ Mune (05/21)
ニューヨークで英語を学ぶこと (3)英語のスピード
 └ まき (05/17)
 └ Mune (05/18)
ニューヨークで英語を学ぶこと (2)英語が通じない焦り
 └ 悠太 (05/17)
 └ Mune (05/17)

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
「ニューヨーカーへの道」
英語学校エンカレ
「ニューヨークの遊び方」

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログTopへ
>> 英語タウンHomeへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのTOPへ