私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! 私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog!
私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! more


« July 2006 | メイン | September 2006 »
blog title Chefs and Sunday Lunch August 31, 2006

どうした風の吹き回しか、オットがStuff Magazineをやめて、BBCのGood Food Magazineの定期購読に切り替えました。6ヶ月は半額なんだよね、と言っています。その第1冊目が届きました。

水曜日の朝届いた『10月号』、ぱらぱらとめくっていたらDo chefs eat with their kids?という記事がありました。イギリス人の食生活のあり方が昨今いろいろと話題になっています。そのなかで、家族そろって食卓について、一緒に食事することの大切さも話題になるくらい、テレビの前で、ソファに座って食べる悪習が蔓延している模様。実際、ダイニングテーブルはない、と言う家も少なからずあるようです。

さて、テレビの料理番組で活躍するシェフたちはいったい自分の家族達と食事をしているのでしょうか?質問されたのは8人の著名なTV Chef達、自分のレストランも持っている人もいて、それぞれに忙しい人たちです。答えはもちろん、どの人も『いつも一緒には食べられないけれど、できるだけ大切にしている。』その中で目に付いたのは、何人かがあげているSunday Lunchもしくはそれに相当する食事を大切にする、という答えでした。

我が家では毎日一緒に食卓で食べていますが、大人2人と6才・3才の子供達でいつも会話が弾むかというとさにあらず。うっかりしているとおしゃべりに夢中になって口がお留守になり、食事が進まなかったり、子供がせっせと食べていると先に食べ終わった大人が新聞を読み出したり。自分が子供だった頃はこうじゃなかったはず、です。それで週に1回、ちょっと特別な食事の時間というのも悪くないなぁ、と思いました。まずはもっと、料理の準備を手伝ってもらっても良さそうです。これからどんどん、日は短くなるし、寒くなりますから、オーブンを使う料理にはもってこいの季節です。それでもうちょっと計画的に『ちょっと特別な食事』の日をやってみようかな、と思う次第です。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 10:37 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1308





blog title Roast Dinner August 29, 2006

イギリス人の家庭では、いまでも日曜日のお昼にはRoast Dinnerというところが少なくないようです。毎週、というわけではなくても家族で集まったり、友人一家と子供達も一緒に、というと日曜日のお昼にローストしたお肉、付け合せの野菜が2・3種類、グレービー。それにPuddingと称されるお食後。Sunday Roastとも呼ばれます。

休日に、家族で集まって食事、というとイメージするのがこんな感じの食事なのだと思います。

我が家の子供達も割りとよく食べる上、簡単なので、我が家でも日曜日に限らずちょいちょいやりますが、我が家では大抵、夜ご飯です。一番簡単なのが、鶏の丸焼きかラム。(このごろは探してもマトンはあまり見かけません。ラムの方がやわらかく、臭みもなく、我が家はみんなラムが大好きです。)皮をパリっと焼くのが難しいのが豚。そして、赤みのさし具合が難しいのが牛肉。

マンチェスターはすっかり秋めいて涼しくなりました。ご無沙汰だったローストをしよう!ということになり、こないだの日曜日、お友達のご夫婦と一緒にローストビーフをいただきました。牛肉をもっと上手にローストできるようになりたいので、練習に、という次第。大人4人、子供2人でお肉は900g。大き目の方が美味しく焼けるのです。必ず一緒につくるのがローストしたジャガイモ。今回は皮をむいて1キロくらい用意しました。外側はぱりぱり、中はふんわり焼けるようになったら上出来です。牛肉を焼く時は、付け合せにYorkshire Puddingも作ります。甘くないシュークリームの皮、といった感じのもので、お肉がうんと高かった頃はこれでまずおなかを膨らませたのだとか。この日はこれに、茹で人参と、アスパラガスの一品がつきました。グレービーは今回は作りました。でも普段は、わざわざ作った薄めのより、市販品のBistoというドロッとしたのがこのましい、という人がいますから、これで済ませることも。凝った事をするよりも、簡単に、楽しく、美味しく、が肝心です。

さて、メインのお肉を切りわけるのは普通、一家の主の仕事なのですが、我が家ではなぜか、これも私の仕事になっています。イギリス式の薄っぺらなきり方でなくて、ぶあつく切ってくれ、と注文だけはつけてくるのですが、面倒くさいらしくて切り分けるのはやってくれなくなりました。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 11:19 PM |
| コメント (6) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1280





blog title Coronation Street 

告白、というほどのことではありませんが、こちらの3チャンネル(ITV)でやっている連続・ローカルドラマ、Coronation Streetが好きです。いわゆるSoap Operaというやつで、何十年もえんえんと続いている番組。Coronation Streetに住んでいる人たちの暮らしっぷりを描く番組で、登場人物の多くは実在しそうな感じの人ばかり。

イギリスのSoapもいろいろあるわけで、舞台が違うだけでなく、話のすじの傾向も違うのだとか。住んでいる場所や好みの問題でどれのファンかというのが変わってくるようです。Coronation Streetの舞台ははマンチェスターの下町、ということもあって、Mancunianそのもの、強い訛りでしゃべる人たちが沢山出てきます。マンチェスターっ子の友人達に言わせると現実性のある中に、ユーモアのセンスを失わない、というのがCoronation Streetのあるべき姿なのだそうです。

意外なほどファンが多く、老若男女、social classを問わず欠かさず見ている友人が多かったのが見始めたきっかけでした。青島にいた頃、同じアパートに住んでいたイギリス人の奥さん達はビデオを送ってもらっては毎週金曜日に鑑賞会をやっていました。さすがにそれには参加しませんでしたが、話題にのぼってもついていけるくらいは名前や大雑把なすじを覚えていたのは役に立ちました。

7時半からと早い上、月・水・金と週4回ある(月曜日には2回)ので、毎回はみません。でも、新聞のテレビ欄の筋を見ているだけでも、すんなりなじめてしまうドラマ。『なじみの友達』的テレビ番組です。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:26 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1278





blog title Pudding and Custard August 28, 2006

イギリスでローストディナーの後の甘いものといったら、ケーキかプディングです。どちらもケーキのようですが、プディングは蒸して作るのが基本の模様。でも、『お食後』としてひとくくりにした呼び方はPudding。Dessertという時もありますが、ちょっと気取った時の言い方、という感じです。

それはさておき、Puddingにはカスタードをたっぷりかけて食べます。ヘリオット先生、というヨークシャーの獣医さんの話の中で『ケーキがおぼれるほど』と表現されていたと思うのですが、その表現そのものです。スープ皿のような、ちょっと深めお皿にケーキを入れて、カスタードをジャブジャブっとかけていただきます。アイスクリームやクリームを添えることもあります。でも暖かいPuddingに暖かいカスタードをかけて食べるのが、一番comforting、元気の出てくる組み合わせのようです。

いつぞやお友達の家に招待されてご飯を食べたときのこと。日曜のお昼ご飯でしたが、大人4人、子供はティーンエイジャー2人と6才、2才で総勢8人。このとき作られたカスタードは2パイント、1リットルちょっとでしたが、気持ち足りないくらいの分量でした。我が家では1パイント作っただけでもあまるのですが。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 11:10 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1279





blog title How about Tuesday, dinner time? 

懸案のお風呂場の工事、見積もりに来てもらえることになりました。で火曜日の"dinner time"でどう?と聞かれたので『家にいますから、お願いします。』といったあと、『じゃあ12時半ごろね。』といわれました。てっきり一仕事済ませてから来るのだと思い込んでいたので、苦笑い。

うっかりしてました。dinner time、このあたりでは一般的にお昼ご飯のことでした。どうも、学校があると お昼ごはんの時間=dinner timeと思い出しやすいのですが、(給食をschool dinnerというからだと思います。)夏休みということもあり、我が家ではお昼はlunch、夜がdinnerなので反射的に寄るご飯の時間帯だと思ってしまったのです。

お昼がdinnerのお家の夜ご飯はたいていteaです。大人しかいないうちでも6時にはteaになる家もあるようで、遅くなってからもう1回つまむのがsupperだと聞いた事があります。

イギリス人で、この辺の出身の人が、お友達と話していて"lunch"といったら、お友達にけなされていました。『何よ、気取っちゃって。』というわけです。さすがに、外国人の私にそういう人はいませんが、dinnerやteaに誘われた時は確認するようにしていました。今でも話の脈絡から察しても曖昧な感じがするときははっきり時間を聞くようにしています。

さて、お昼ご飯の中身の方です。ほとんどの友人は簡単なもので済ませているらしいです。特に小さい子供のいる友人は大抵火を使わないものばかり。サンドイッチやスティック野菜などで済ませているようで、料理したものを出したら、どうして今日はteaを先に食べるの?と聞かれたことがあるくらい、と、ある友人は笑っていました。お昼にチャーハンやらラーメンやらを作っているというと『やっぱり外国人』だと思われる感があります。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 9:54 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1277





blog title Big Brother! August 26, 2006

テレビ番組の話ではありません。『お兄さん』という言葉の話。

イギリスでもアメリカでも、兄弟同士では名前で呼び合うのが普通です。日本ではお家によって違うのではないでしょうか。私の実家では、弟こそ今では私のことを『姉さん』と呼んでくれますが、小さいころは弟からも妹からも名前にちゃんづけで呼ばれていました。ところが、オットは『そんなの、甘すぎる!』といいます。『年長者に対する尊敬を示すためにも、お姉さん、と呼ばせるべきであった。』というのがオットの主張です。

オットも長男なのですが、今でも兄弟は福建語で『長兄』にあたる呼び方をしています。家族内では英語での会話がほとんどですが、それでも、です。アメリカに留学していた義弟の1人が何年か前、オットを名前で呼んだら『アメリカに長くいすぎて、年長者に対する礼儀を忘れたのか!』と叱っていました。そういえば、結婚した年、義理の妹に『日本語でelder sisterはなんというのか。』と聞かれました。彼女はいつも私のことを『おねえさん』と日本語で呼びます。

どうした風の吹き回しか、ある日、オットが次男に向かって『お兄ちゃんのことは、もう名前で呼んじゃいけないよ。お兄ちゃんと呼ぶんだよ。』と言い聞かせていました。次の日、聞くともなしに聞いていたら、次男は"Big Brother!!"と英語で呼んでいるではありませんか。『お兄ちゃんって呼ぶなら日本語でお兄ちゃんって呼びなさい。』と私もオットも言っていますが、ちっとも定着しません。周りはみんな、名前で呼んでいるんですものねぇ。それでもたまは思い出したように、歌うように"Big Brother!!"と呼ぶのが聞こえてきます。

まあ、定着しない一番の原因は私がちっとも重要だと思っていないから、でしょう。大事なことだと思えないので注意するのを忘れるんです。でも、仲がよければそれで良いじゃありませんか。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:10 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1258





blog title Peace and Quiet August 25, 2006

長男はじき7才、次男はこないだの4月で3才になったばかり。2人の間には3才半の年齢差があります。夏休みになってからというもの、『2人で仲良く遊ぶ。』という具合になるまで、けっこう時間がかかりました。

弟の方は、お兄ちゃんができることは自分も何でもできると思っています。お兄ちゃんが補習校の宿題をやるのなら、僕も。絵を描くときは僕も。レゴも、工作も、何もかも一緒にやりたいのです。お兄ちゃんの方は、弟と遊ぶのも悪くはないけれど、やっぱりちょっと幼すぎて調子が悪い、と思うことがしばしばある様子。だいたい我が家では兄弟げんかになると、引っ掻いたり、蹴っ飛ばしたり、かじったりするのは弟のほう。遊びをぶち壊されてめそめそするのはお兄ちゃんのほうなのです。

たまに、"I need peace and quiet!"などとイッチョ前に宣言して1人で部屋にこもることがあります。弟だけ連れて外出してくれ、といわれることも。イギリスの学校からは宿題も出ていないし、そろそろ、毎日学校に行く毎日がちょっと恋しいのでは、と思われます。夏休み、のこりは1週間ちょっとです。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 11:52 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1257





blog title A Girl or A Woman? August 24, 2006

PCの概念について考えていたら、思い出しました。あれは確か1991年の夏。いや'92年だったでしょうか?父と、父の会社の方と、サンフランシスコのどこかで落ち合って話をしていたときのことでした。何の話をしていたのだったか、父が"a girl at the reception"といったのです。PCな環境にどっぷり使って暮らしていた私はかなり腹が立って、『ホテルの受付で仕事しているのなら、女の子じゃなくて、女の人でしょう!』とその場で反論しました。しかもその場にいた全員にわかるように、英語で。あの時、いかにもアメリカ風に肩をすくめただけで何も言わなかった父にいらいらしましたが、子供を持つ身となっては事を荒立てず、ああいう風にさらりと流すのも大切なことだとも思うようになりました。PC概念に対する父の見解がどんなものだか聞くこともないまま今日まで過ぎているのですが。

イギリスに移り、PCな友人もいればそれほど気にしない友人もいる毎日。Oberlin大学時代の友人が聞いたら幻滅されるかも、と思うほど雑駁とした話し方になりました。たとえば、いまでは気のおけない友人同士で話すときニュアンスによっては女性をgirlということもちょいちょいあります。

女友達ばかりで夜に出かけるときに使う、girl's night outなどもそのひとつ。women's night outではどうにも堅苦しい感じがします。家事・育児それに夫たちのことなどとりあえずは置いておいて、女だけで楽しくやろうよ、というのですもの、やっぱりgirlsの方がしっくりきます。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:47 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1249





blog title PC (Politically Corrrect) August 23, 2006

今でこそ、ちょくちょく耳にしますが、1990年にオハイオにある大学に3年生として転校した際に、初めてPC という表現に出会いました。politically correctまたはpolitical correctnessの略で、つれづれなるままに・・・の戸室さんが8月23日にちょっと詳しく書いていらっしゃいます。

転校した後の冬休み、以前からの友人とあって、『オハイオの大学、どう?』と聞かれ『とてもPCなところよ』といったら、『どういう意味?』ときかれました。ちょっと得意になって説明したのですが、後から思えば、あの人がPCという表現を知らなかったはずがなく、この日本からの留学生がどんなことを覚えたのやら試されていたのだな、といまさらながら冷や汗がでます。

この、PCという概念やその考え方に影響された言葉はあれよあれよというまにイギリスでも増えてきたのですが、なじみやすいものもあればちょっと考えすぎ?と思うものもあってさまざまです。使っていくうちに定着するものや、『差別』に関する意識を換えていくのに役に立つけれど、定着するかどうか、という表現もあります。

普段のおしゃべりでも言葉の選び方で、その人のPC度がうかがい知れます。disabilityかspecial needs、womanかgirl、chairmanかchairperson、childrenかyoung personsといった具合です。もっともマレーシアではいまだかつてPC度を気にする人にお目にかかったことがありません。顔色も変えずにretardedなどという言葉を使う人もいて、一瞬頭の中が真っ白になりました。

結局はその時々の社会に受け入れられている言葉遣い、ということになるのだと思います。言葉にだけ気をつけて、何も考えないでいるよりは言葉遣いがどうであれ、偏見を持たない事の方が大切だとは思うようにしているのですが、まるっきり気にしない相手、これはまたこれでちょっとシンドイことがあります。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 11:09 PM |
| コメント (4) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1248





blog title Scary... 

こないだのエントリーですでに3回、タイトルに入っている単語の綴りが間違っていました。3回とも『間違っているから訂正しなさい!』と知らせてくれたのは夫です。いずれもうっかり間違い、いわゆるtypoといわれるような、タイピングのエラーが多かったのですが、こんな短い期間に3回もだなんて、It is scary amount of mistakes you are making.と言われてしまいました。返す言葉もありません。しばらく落ち込みました。

まあ、うっかり間違いは今にして始まったことでもなく、見直したつもりなのにちっとも見てなかったということもちょくちょくあるのですが、言い訳している場合ではありません。さっそく『綴りに気をつけること』と書いた紙を目立つところに置きました。

この先どうなるか? Watch the space! 間違いゼロ、と行きたいものです。いや、そうしなくっちゃ。


投稿者: 山脇 祐子 日時: 9:09 AM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1246





blog title Can I ask for a strange favor? August 21, 2006

土曜の夜8時ごろ、突然電話がかかってきました。長期の旅行中に我が家のハウスシッターをしてくれたことのある、P君からです。

『ちょっと、変なお願いがあるんですけど。』というので何かと思ったら、なんと『鍵を忘れて家を出てしまい、日曜の午後にハウスメイト達が帰ってくるまで家に帰れない。ついては今晩泊めてもらえないだろうか。』ということでした。

P君は何年か前に大学を卒業し、その後もマンチェスターで仕事をしています。友人2人とアパートをシェアしているので、4月に3週間ちょっとマレーシアに行った際、我が家に寝泊りしてもらったのでした。何でも、朝ジョギングに行く際に玄関の鍵だけキーホルダーからはずして持って行った後、ころりと忘れて、残りの鍵だけもって、外出したとのこと。大急ぎでゲストルームのベッドの上に積んであった洗濯物を片付けました。床に散らばるレゴは机の上へ。

30分ほどして現れたP君、スーパーによってお花を買ってきてくれました。(歯ブラシなども用意してきた様子でしたが。)本人のあせりの為かはたまた、土曜の夜、ということでろくな花がなかったのか、溶けかけている花も入っていたものの、気は心。嬉しかったです。それで我が子たちも、鍵を忘れて締め出しをくらい、友人宅に急遽泊めてもらう、という際に、花束くらい持っていけるようになって欲しいなあ、などと思ったのでした。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 10:50 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1237





blog title Chilli paste on toast. 

マーマイトの続き、です。自分のうち以外のところで朝ごはんを食べるとなると、大抵どこでも出てくるのがシリアルとトースト。さて、トーストに何を塗るか、というのが問題です。

まずはたっぷりとバターを塗ります。半端じゃない量です。我が家でトーストに塗る分量の倍かひょっとするともっと。そして、その次に何を塗るか。

ジャム、マーマレード、蜂蜜といったところが一般的でしょうか。しかし、イギリスのトーストはとにかく薄いことが多いので『2枚食べる。そして、1枚は甘くジャムか蜂蜜で。2枚目を塩辛く、マーマイトで。』という友人もいます。

我が家で人気なのは蜂蜜、Nutella(ヘーゼルナッツペースト入りのチョコスプレッド)、それにピーナツバターです。甘くないのが食べたくなるのは私だけ。ところで、四川省出身の友人は老干媽(ラオ・ガン・マー)というコクのあるチリペーストが大好き。トーストにもバターとこれを塗って食べるそうです。聞いたときはびっくりしたのですが、次男を妊娠中、試してみたら病み付きになって、ちょくちょく食べていました。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 10:45 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1236





blog title Love it or hate it. August 20, 2006

イギリスに住んでいる人ならピンと来る人も多いのではないでしょうか。Marmiteというパンに塗るスプレッドの広告に使われていたフレーズです。好き嫌いがはっきり分かれるものなので、それを逆手に取った広告でした。

イギリスに引っ越してきてまもなく、イギリス人の友人に教えてもらいました。『アパートを引っ越して、真っ先に買うものの1つ。そして、大概、引っ越す時にも同じビンにまだ残っているんだけどね。』

このごろはビンの大きさも大小いろいろあります。秘密のレシピで作られているこのスプレッド、イーストから作られたというしょっぱい味で、トーストに塗って食べます。私が小さい頃、トーストにマーガリンを塗った後、お醤油をさっと刷毛で塗って食べるのが好きでした。それとよく似た味がします。ちなみに我が家にあった、熊のプーさんのお料理の本(翻訳もの)には、『佃煮で代用できます。』と書いてあります。

マンチェスターの我が家ではマーマイトファンは私一人だけ。あさ、蜂蜜トーストなど、甘いものばかりではちょっと、物足らない、というときにマーマイトを塗ったトーストもいただいてますが、ひとビンなくなるまでには3年ほどかかります。


glossary

Marmite、現在1回分ずつのportion sizeも売っているそうです。マンチェスター在住のお友達に教えてもらいました。という訳で、試して見たい方はこれを探すのが良いかもしれません。パンにつけて食べる際はトーストにバターを塗ってから少なめに塗って味を見るのが一番、だと思います。


投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:47 AM |
| コメント (6) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1223





blog title Am I shallow !? August 19, 2006

オットに"Am I shallow?"と聞いたら、にやりと笑って"Yes!"だなんて、言われてしまいました。人間がshallowなのは考え方の浅い人間、ということ。

あまり深く考えずについ、先に口に出してしまうことが多く『しまった!』と思うこともたびたびです。アメリカの大学にいたときにも1回、大失敗しました。

留学生を中心としたサークル関係で知り合った友人。がりがりにやせて、太くて黒いセルロイドの眼鏡をかけ、無精ひげを伸ばし、いつもいつも、この前洗濯したのはいつかと思うようなセーターとジーンズ。アイディアマンで、人を使うのもうまく、賢くて気持ちの良い人で尊敬していました。

ある日ひょんなことから彼の学生証を見ました。1年生で入学した手の頃の写真。驚いたことに、眼鏡もかけていなければひげも生やしていないモデルのような男性が写っています。ちょっと目には同一人物とはわからなかったくらいです。無意識のうちにどうしてこざっぱりとした格好をしないのかな、と思っていたのでしょう。オマケに実はこんなハンサムなのに?

ついうっかり『どうして?』と聞いてしまったのが運のつき。『外見で判断せずに、人間の中身を見られる人だと思っていたのに、がっかりした。』といわれました。その後、あちこちの友人にもこぼしていた旨を漏れ聞いて、『しまった~。』と思ったのですが、後の祭り。いやあ、どうしてわざわざ、別人に見えるほども際格好をしているのかに興味があっただけなのですが。ちなみに別の友人からあれは意識してアラブ系に見えるようにしているのだと聞きました。アラブ系の人達が外見で判断され、冷遇されていることに対しての抵抗だったのかな、と思います。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 9:27 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1222





blog title Clatter Battle August 18, 2006

昨日は久しぶりに海に行って遊んできましたが、今日は家でゆっくり。子供達が遊んでいる間に部屋を1つでもde-clatterするのが本日の目標でした。いや物を減らすその前に、まず部屋を片付けなくては! 

オットは気が向くと『読んだら!?』と言って本を買ってくれます。最近買ってくれた本が、このthe family manager takes chargeという、主婦の為の本。経理士、運転手、コック、庭師、家政婦など、主婦に求められている役割をマルチにこなすためには・・・という本ですが、なかなか読みたくなくて、あまりまじめに読んでいません。

しかし、このごたごたを何とかして、家をさっぱりさせて暮らしたい!ぱらぱらめくってみると、『一家全員参加するのは必須!子供にもできることは・・・。』などと言うところに気を引かれぽつぽつ拾い読みし始めました。役割分担を決める、ふむふむ。新しく何か買ったら、何かを捨てるか人にあげるかする。定期的に雑多にあるもの(clatter)をへらす。ふむふむふむ。

掃除、片付けは子供の頃から苦手でしたが、なんとか前向きに検討しなくては。厭なことをしなくてはいけない時は済んでからのご褒美を用意しておくこと、とあります。もっともな話です。という訳で、自分へのささやかなご褒美は手巻き寿司のお昼ご飯。昨日買って来たマグロ、アボカド、納豆、シソ、梅干、きゅうり。ご飯は土鍋で炊きました。子供達も良く食べたし、簡単だったし、美味しかったし、部屋も大分すっきりしたし、大成功! 次回のご褒美は何にしようかな。Clatter Battleはまだまだ続きます。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:03 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1207





blog title Skinny Dipping 2 August 16, 2006

どういうわけか、リンクのところがうまく行ってません。何度か書き直したのですが、書き直したのが載らないので、最後のところ、新しいエントリーとしてのせておきます。

本日はこれから、Formbyという海辺に行ってきます。何しろ天気予報は明日からも雨。まるで梅雨の合間のようなお天気です。1日続くと良いなあ、このお天気。

Have a nice day, y'all!

***
知らない人たちと、暗闇の中、池で泳ぐのも何だかな、と思って水着を持っていないのを良いことに、いかないと答えました。『水着を持っていない?かまわないのよ、そんな。どうせみんなSkinny Dippingに行くんだから。』

Skinny Dippingとは、水着を着ないで裸で泳ぐこと。いったいそう聞いて誰も顔色を変えないだなんて、なんというところに来たんだろう!?とおもったのでした。この大学では勉強もきつかったのですが、ちょくちょく考え方を揺さぶられる体験をしました。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 7:33 AM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1187





blog title Skinny Dipping 

Manchesterのお天気はすっかり涼しくなって、あの熱波が恋しいくらいです。昨日の午後3時、室内の気温は16度でした。暑いにのは苦手なのですが、さすがにこういうときは夏らしい夏が懐かしくなります。こんなに涼しくてはプールに行くのも2の足を踏んでしまいそう。屋外で泳ぐなどとはもってのほか、です。ところで泳ぐのに関連した、skinny dippingと言う言葉を耳にする度に、アメリカでの1夜を思い出します。

アメリカの大学は、まず2年制の短大にいって、そこを卒業してから4年生の大学の3年生に編入しました。オハイオ州はエリー湖に近い小さな町にあるleftwing(左より)であることで知られている大学です。8月の末、ドキドキしながら向こう1年間住む予定の寮にたどり着きました。東海岸から電車に揺られていって、駅についたのはもう夕闇迫るころでした。丁度乗り合わせていた同じ大学に向かう人とタクシーをシェアして寮に向かったのでしたっけ。

8月末の夜とはいえ、オハイオの夏はまだまだ暑く、古くてエアコンもない寮の中はかなり熱気がこもって、新入生たちはなんとなく居心地悪そうにしていたそのとき。10人ほどの上級生たちがやってきて、これから泳ぎに行くけど行きたい人はpick up truckにのって~と言うのです。聞けば行き先はそんなに遠くない森の中にある池だといいます。

知らない人たちと、暗闇の中、池で泳ぐのも何だかな、と思って水着を持っていないのを良いことに、いかないと答えました。『水着を持っていない?かまわないのよ、そんな。どうせみんなSkinny Dippingに行くんだから。』

Skinny Dipping 水着を着ないで裸で泳ぐことです。いったいそう聞いて誰も顔色を変えないだなんて、なんというところに来たんだろう!?と思ったのでした。この大学では勉強もきつかったのですが、ちょくちょく考え方を揺さぶられる体験をしました。


glossary

追記:失礼しました。リンクが上手くいっていなくて文章が途中で途切れていたのに先ほどまで気がつきませんでした。ごめんなさい。リンクをはずしてみました。


投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:11 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1135





blog title Botox August 15, 2006

Botoxってご存知ですか。イギリス、そしてアメリカやヨーロッパでもかなりはやっている簡単な整形術。薬品を顔に注入すると皺がきえる、というものです。そのお手軽さから、自宅にお友達を集めて、整形外科医にも来てもらいBotox Partyをする小金持ちの女性もいると聞いた事があります。

過日のニュースによると、マレーシアではBotoxは禁止になったとか。Muslim(回教徒)にとって、そういうことで女性の外見を変えるのがよくないのかと思ったら、原材料に豚の何かが使われているから、でした。オットによると、Botoxだけでなく、なにかの病気のワクチンもやはり豚を使うので禁止する方針が検討されているところだそうです。

そういえば、子供が学校でグミを友達と分けようとした時のこと。『これ、ゼラチン入っている?』と気にして、結局食べませんでした。ゼラチンも豚のものが混ざっている時があるからです。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:19 AM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1001





blog title Nag Club August 14, 2006

Anne Fineという作家がいます。この人の書いたNag Clubという本を子どもと一緒に楽しみました。Horrid Henryほどではありませんが、かなりnaughtyなお話です。

高くて、しかも実用的ではないBoggle hatという帽子が流行中。何とか買ってもらおうと子供達がLolaというお友達に7~8通りのおねだりの仕方をコーチしてもらうのです。正攻法から駄々コネ各種まで手を変え品を変え、という感じです。

この本を読むまでnagというのはがみがみ小言を言う時しか使わない言葉だと思っていましたが、こういう迫り方をする際にも使うのね・・・とちょっとびっくり。ともあれ、本の裏表紙に『注意。この本を読むと、子供達はおねだり方を実践するかもしれません。』と書いてあるのに大笑い。

兄弟2人とも楽しく聞いて、今のところ実践の方はやっていません。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 10:26 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1151





blog title Three blocks of butter August 12, 2006

先月、イギリス人の友人が一家5人で泊まりに来ました。食料品の買出しに行くけど、何か買ってきて欲しいものがある?と聞くので特に何も、と良いそうになってからハッと思い出しました。バター。イギリス人はバターを沢山使うのです。

よほど暑い時は別ですが、バターディッシュと呼ばれるふたつきのお皿にバターをのせ、台所においてあります。こうしておくと室温でやわらかくなっているので、マーガリンのように使いやすいのです。冷蔵庫にしまっておいても硬くならないタイプも好評のようです。こちらは空気が混ぜ込んであるのだとか。

とにかく、友人に聞いてみました。『バターどのくらい使う?』ちょっと唐突な質問でしたが、いわく『そうねえ、1週間で3本くらいかしら?』ここでの1本は半ポンド、225グラムの塊。5人家族とはいえ、子供達は7才、4才、2才です。比べて我が家はバターの塊が2~3週間でなくなっちゃうなんて、不健康な生活だなあ、と思っていたのですがこれに比べればなんてことない気がしてしまいました。

こないだ、戸室さんのエントリーに数えられないものの数え方というのがありましたが、バターも数えられない名詞の1つです。重量を使ったり、blockを使ったりしますが、お料理などで『ちょっと』と言う時はknob of butterと言う時もあります。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 8:50 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1152





blog title naughty という言葉 August 11, 2006

子供がやったことを叱る時、naughtyという言葉を良く使います。悪いこととわかっていながらついつい、イタズラ心や怠け心、好奇心などが働いてやってしまった、といったところでしょうか。私の持っている英和辞典では『腕白な』となっていますが、腕白とはまたちょっと語感が違うように思われます。

naughtyと並んで子供に対してよく使われるのがcheekyだと思っています。ちょっと茶目っ気のあるいたずらっぽい感じ。『お行儀悪いですよ、そんなこと言っては。(しては。)』といった程度でしょうか。

現在、我が家にはnaughty boy's corridorがあって、いうことを聞かない時はここに締め出されます。上の子が3才くらいのときはnaughty boy's staircaseもしくはcornerで間にあっていたのですが、次男は部屋の隅はおろか、階段なんかでじっと反省などしていないのです。よって、ドアを隔てた向こうの廊下に閉め出されてしまいます。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 3:18 AM |
| コメント (4) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1034





blog title Feeling a little fragile ... August 10, 2006

気温こそすっきり涼しい毎日になってしまいましたが、夏休みたけなわ。兄弟2人とも家にいる、というのにも慣れてきて、仲良く一緒に遊んだり、それぞれなにかやったり。去年の夏休みと比べると格段の進歩です。

それでも1日1回か2回はどちらかが泣き声を上げます。今日も長男がしくしく泣きじゃくりながら台所にやってきました。弟にひっぱたかれたか、作っていたレゴを壊されたか、それとも・・・。特にそんなにひどいことをされなくても、虫の居所がよくなくて、すぐに悲しくなる日なのかもしれません。

大人になってもなんとなく気持ちが落ち込みやすい日ってありますよね。くたくたに疲れているときなど、何気ないひとことだろうと思いながらもグッサリきたり、つい涙もろくなったり。やはりこれも『女・子供の』フレーズでしょうが、そういう精神状態もfragileと言います。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 10:35 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1054





blog title Mini Beast August 9, 2006

イギリスの子供達がminibeastと言ったらそれは昆虫のことです。もっとも人によってはナメクジやカタツムリなども含めてminibeastと呼ぶこともあるようですが。

我が家の子供達、上の子は虫が大の苦手ですが、下の子は平気の平左。お風呂場に蜘蛛が出ると、中に入れず困っているおにいちゃんを尻目に、弟の方は蜘蛛をつぶしに駆け込んでいきます。虫の死骸を見つけたときも下の子は平気でつかんで、嫌がる兄弟を追い掛け回しています。

蜘蛛やハエ、蛾の死骸ならあまり気になりませんが、waspの時は、くれぐれも死んでいるのを確かめてから拾うようにといってあります。waspはスズメバチの一種で刺されるととても痛いのです。そのほか、家の中でちょくちょくお目にかかる虫といったら、『ガガンボ』でしょうか。

私の子供の頃はガガンボといっていましたが、日本語で正式にはなんというのでしょう。蚊を何十倍にもしたような格好の虫ですが、人畜無害。イギリスでは通称Daddy long legsと言います。正式名称はCrane flyと言うようです。アメリカではDaddy long legsと言えば蜘蛛のことだったのでちょっと不思議です。

さて、これだけ大きい虫だと、さすがに下の子もつぶそうとはせず、じっと眺めるだけですが、上の子はやっぱり怖くて大騒ぎします。いったいどうしてこんなに違うのでしょうね。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:47 AM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1134





blog title Midges and Mosquitoes August 8, 2006

キャンプ場で2泊目の夜、手首が痒くて目が覚めました。何に喰われたのか、手首に1箇所赤くはれたところがあります。マレーシアの義母推薦するところのハッカ油のようなものを塗っておきました。

さて、イギリスには蚊はいないことになっています。アブ(horse fly)はいるようですが。蚊の代わりにあちこちにいるのがmidges。手持ちの和英辞典をみると『(蚊・ぶよなどの)小虫』と書いてあります。が、イギリス人と話をしているとmidgesとmosquitoesははっきり別物だと断言します。だいたい、midgesは群れて飛んでいることが多く、サイズも蚊よりずっと小さいのです。

Wikipediaでもmidgesを調べてみました。やはり、蚊とは別物のようです。もっとも外国にHolidayに行くとなれば蚊にさされないよう、mosiguard(虫除け)を買ってもって行くのが一般的のようですが。

余談ですが、キャンプに一緒に行った大阪出身のお友達によると、日本語で『蚊にかまれる』と言うんだそうですね。私は東京都下出身ですが、『蚊にさされる』ことはあっても『かまれる』ことはないはず。英語ではmosiquitoesやmidgesはbiteを使いますが蜂はstingになります。思うに、チクッと来る痛みのこともstingと言いますから、そういう痛みがあるものは動詞もstingになるのではないでしょうか。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 8:30 PM |
| コメント (4) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1132





blog title Beach 

アメリカでの2年目の夏休み、ボストン近郊のDuxburyと言う町で住み込みの子守と言うアルバイトをしました。毎日4才と5才、確かそんな年の子供達と遊ぶのが仕事と言う、大変結構なな毎日。海辺の町で、毎日のように子供達とビーチに行っていたのでかつてないくらい日に焼けました。アメリカ人の一家と毎日暮らす、というのも得がたい体験だったと思います。

その一家がキャンプに行くと言うのでお供したのがこの夏まで、私の唯一のキャンプ体験でした。行き先は『メイン州のビーチ』と言うので私は勝手に大好きな絵本、One Morning In Maineと言う本を思い浮かべてにやけていました。てっきり海辺に行くと思い込んでいたのです。

ところが行き先は湖だと言うことがキャンプ場に向かう車中で発覚しました。beachと言う言葉は海辺だけでなくて、湖の岸辺にも使うのです。今回、湖水地方に向かう車の中で思い出しました。どうやら砂利や砂などがあって、ちょっと波の打ち寄せるようなそんな水辺は海でも湖でもbeachなのでした。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:02 AM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1112





blog title Wee Little Accident August 7, 2006

週末、湖水地方で2泊3日のキャンプをしてきました。オットも私もキャンプは初心者。今年の6月にテントなどを購入するまで、キャンプはほぼ未経験でした。今年の夏は海外からのお客さんの予定もなく、日本やマレーシアに帰省する予定もないためかオットがキャンプ熱にかかり、『是非!』というので初心者向けのセットを買ったのがそもそもの始まり。

庭での練習、近所の1泊に続く3回目です。幸い、テントを張るときもたたむ時も、雨が降らなかったのは大変ありがたいことでした。楽しいことも、ドキドキすることも、くたびれることもあった週末、一番大変だったのは下の子のアクシデント。お漏らししてしまったのです。最初の晩に2回も。まあ、子供が小さいうちはこういうこともありますね。

子供が粗相をして、服をぬらしてしまったとか、間にあわなくて床がぬれてしまった、という時、accidentと言う言葉を良く使います。また、weeと言う言葉は『小さい』と言う意味で使われることがあります。そのほかにも『おしっこ』という意味もあって、子供達が『おしっこ~!』などというときは"I need to wee!!"と言います。アメリカ英語だと、たぶん、peeと言う言葉を使うところだと思うのですが。

土曜日の夜は、オムツをつけることを強要され、泣く泣く眠りについた次男。かわいそうでしたが、おかげで私の方は心配せずにゆっくり眠ることができたのでした。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 11:39 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1111





blog title Perfect Peach, Naughty Nectarine August 6, 2006

6才半の息子のお気に入りの1冊はHorrid Henryと言ういたずらな男の子が主人公です。口語のhorridは『ひどい・本当に厭な』と言った意味があると辞書には載っています。この子の弟は、まるっきり対照的ないい子ちゃんでPerfect Peterと言います。

こういう風に頭がそろうの、子供は好きです。このほかにもAlphabet Landというところに住んでいる登場人物たちもすぐ覚えてしまいます。MはMunching Mike、HはHairy Hat Man、Qは Quarrerlsome Queenと言った具合に。

冷蔵庫に桃とネクタリンがありました。子供達と話をしていて、『peachがperfect peachならnectarineはなんだろう?』と聞くともなしに聞いたら即答。『naughty nectarineだよ。』にんまり笑いながら答えたその顔は往々にしてnaughtyな子供の顔でした。

辞書にはnaughty:腕白な、行儀の悪い、と書いてありますがニュアンスとしては悪いとわかっていてやる、やった、と言う感じがあります。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 3:06 AM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1032





blog title Old bomb and a company car August 4, 2006

我が家には車が2台あります。オットがかつて、会社勤めをしていたころ支給されたBMWと私が使う、Fiat Bravaです。

イギリスでは会社勤めのお給料のほかにcampany carと呼ばれる会社支給の車がつくことが多いのです。特にセールスをする人や会社のようであちこちに出向く人などは会社のイメージと言うものもありますし、新車は車検に出さなくても良い、などいろいろな事情があいまって新車のかなりの割合がcompany carとして売られていくと言うことも聞きました。

大抵、値段の枠といくつかの候補の中から選び、購入に際してにかかる税金は個人が負担するのだったと思います。

さて、我が家のBMはまだ良いとして、中古で7年前に購入したFiatはかなりぼろくなってきました。マレーシアでは古い車のことをold bombと言うんだっけ、と思い出し、オットに聞いてみました。

『そうだね~、50年くらいたっているうんとこさ古いのでないと、old bombって言わないよ。』

50年とまでは行かなくとも、かなり古いのでないとこうは言わないのでしょうね。old bombマレーシア滞在中の会話の中にはじめて出てきたときは、あまりの意外性になんと言ったか聞き取れませんでした。だって、爆弾なんかとまるっきり関係のないところにポロリと出てくるのですもの。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 10:10 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1080





blog title Japanese asylum seeker in China!? August 3, 2006

Asylum Seeker、私は『難民』と思っていましたが、『庇護希望者』と訳すこともあるようです。ともあれ、過日、我が家にて中国語の新聞を読んでいた友人が言いました。

『中国にも、世界各国からのasylum seekersが来るようになったのね。それだけ進歩したってことかなぁ?』
『中国に!?』
『そうよ。日本からも来るって書いてある。』

日本から、中国に、難民ですか!?思わず新聞を見せてもらい、研究の結果、報道されていたのは『労働許可証をもっていない外国人居住者が増えている。』と言う件だということがわかりました。違いを説明した後も、彼女は飄々と、『でも、中国もかわったわよね~。』関心は、いかに世界中から中国に人が行くか、と言う点にしっかりとどまっています。

多少英語を間違っても動じないところが彼女のいいところです。現在、彼女は子どもと一緒に四川省の実家で夏休みを送っているところ。どうしているかしら。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:10 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1000





blog title Busy Bee Mosaic August 2, 2006

本日はお昼ご飯がすんでから、子供2人と街中の美術館までちょっとおでかけ。Manchester Museumという美術館で子供と一緒に蜂のモザイクを作ってきました。

Manchesterのシンボルはミツバチ。働き者だから、と言うことですが、よく見ると古い電柱やゴミ箱など、街のあちこちにミツバチの図案がみうけられます。Town Hall(市庁舎)の床もミツバチのモザイクが施してあるところがあるくらい。ちなみにManchester産の有名なBitter、Boddingtonsのロゴにもミツバチが織り込まれています。

今日・明日とある、この工作は予約も何も要らず、飛び入り参加で、しかも参加費ゼロ。バスで出かけて工作だけして帰ってきても午後一杯くらいは何かした~と言う感じになります。夏休みに子供2人がうちにいる我が家にとってはなかなかありがたい企画です。

このほかにも、これはちょっと行って見たいな、と思うようなイベントがいくつもあるのでまとめてDigitaroと言うサイトに載せてきました。ちょっとローカルすぎる気もするのですが、マンチェスター近辺に在住でDigitaroを見ていてくれるお母さんたちもいることだし、誰かの役に立つと良いなぁ。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 9:21 PM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1053





blog title Hose pipe ban 

土曜日の午後からやっと雨が降り始め、庭の草木にとってはまさしく恵みの雨。これ以上お天気が続いていたら何もかも枯れてしまうのでは?と心配になるほど珍しくお天気が続いていました。

イギリスは雨の多い国、というイメージなのに夏になると案外あちこちで水不足が懸念されます。信じられないほど古い水道管をまだ使用していてそこから水が漏れるのだとか、冬に水源地での降雨量が足りなかったからとか、理由はさまざまです。

水不足になるとよく言われるのがhose pipe ban庭に水をやるのに、ホースを使ってはいけない、ということらしいです。お庭が大事なイギリス人、庭の草木にホースで水をやり始めたら半端ではない量、やるのです。鉢植えだけではなく、一晩中、芝生に水をやる、と言うのですから。

2・3週間前、マンチェスターよりちょっと南の都市でも、貯水池に水が足りなくなり、給水車で貯水池に補給という非常事態に陥ったらしいのです。こちらの原因が、ホースを使った夜通しの芝生への散水。それは水道会社としては禁止しなくてはならないでしょうね。ちなみにイギリスでは水道メーターのあるうちはまだ少なく、Water Rateといって、庭の広さと家の大きさに合わせて年間の上下水道料金を払う方法が普通です。この方法だと実際に使う水の量は料金と関係ないので一晩中芝生に水をやっていてもお財布は傷まないという寸法です。

それにしても、わざわざそんなことをする人もいるのね、と思っていたらごく近所にもいました。2軒先に住んでいるWさん宅。ちょっと平たくしたホースのわき腹に5センチおき位に沢山穴を開けたもので、芝生に水をやっているのを見かけたのです。『変わったホースね。』といったら、ご主人が『便利だよ、いろんなところに置けるしね。一晩かけて、芝生に散水するときはこれに限るよ。』

我が家の芝生はかなり茶色くなっていましたが、ここ数日の雨で息を吹き返すはず、です。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:18 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1030





blog title Do you Rinse? (流してる?) August 1, 2006

イギリス人の友人と一緒に食器洗いをするとなれば、当然のように、まず聞くのが食器を洗う際に洗剤を流すか、そのままにするか。最近は洗ってから流す人も少なからずいるようではありますが、それでも洗剤で洗って、泡だらけのまま水切りカゴにいれる人も珍しくはありません。

泡を洗い流す人は、『洗剤をすすがないのって何だかいやよね。』と、日本人なら誰でも思っていることを口にします。

そして、すすぐの、すすがないのと言えば、やっぱりシャワーとお風呂。イギリス人で『お風呂が嫌い』と公言してはばからないシャワーは、お風呂は不潔だと言います。それは、もちろん一般的イギリス人、お風呂に入って身体を洗ったら流さずにそのまま出るから。何を持って、清潔とするか。食器の洗い方と相通ずるものがあるような感じです。

投稿者: 山脇 祐子 日時: 12:09 AM |
| コメント (4) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1029






検索



最近のエントリー
Chefs and Sunday Lunch
Roast Dinner
Coronation Street
Pudding and Custard
How about Tuesday, dinner time?
Big Brother!
Peace and Quiet
A Girl or A Woman?
PC (Politically Corrrect)
Scary...

アーカイブ
July 2010
June 2010
May 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
January 2009
December 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006

最近のコメント
Chefs and Sunday Lunch
Roast Dinner
 └ ユタカ (08/31)
 └ ゆうこ (08/31)
 └ ゆうこ (08/31)
 └ Johnnycake (09/03)
 └ ゆうこ (09/03)
Coronation Street
Pudding and Custard
How about Tuesday, dinner time?
Big Brother!
Peace and Quiet
A Girl or A Woman?
PC (Politically Corrrect)
 └ maki (08/24)
 └ ユタカ (08/25)
 └ ゆうこ (08/25)
 └ ゆうこ (08/25)
Scary...
 └ 花粉症 (08/28)
 └ ゆうこ (08/28)
Can I ask for a strange favor?
Chilli paste on toast.
Love it or hate it.
 └ Johnnycake (08/21)
 └ ゆうこ (08/21)
 └ ゆうこ (08/21)
 └ ちえこ (08/22)
 └ ゆうこ (08/23)
Am I shallow !?
Clatter Battle
Skinny Dipping 2
 └ ユタカ (08/17)
 └ ゆうこ (08/19)
Skinny Dipping
Botox
 └ ユタカ (08/15)
 └ ゆうこ (08/15)
Nag Club
Three blocks of butter
naughty という言葉
 └ ユタカ (08/11)
 └ ゆうこ (08/11)
 └ ユタカ (08/12)
 └ ゆうこ (08/15)
Feeling a little fragile ...
Mini Beast
 └ Johnnycake (08/09)
 └ ゆうこ (08/10)
Midges and Mosquitoes
 └ ユタカ (08/09)
 └ ゆうこ (08/10)
 └ 花粉症 (08/28)
 └ ゆうこ (08/28)
Beach
 └ ユタカ (08/08)
 └ ゆうこ (08/08)
Wee Little Accident
Perfect Peach, Naughty Nectarine
 └ Johnnycake (08/09)
 └ ゆうこ (08/10)
Old bomb and a company car
Japanese asylum seeker in China!?
Busy Bee Mosaic
Hose pipe ban
Do you Rinse? (流してる?)
 └ ユタカ (08/01)
 └ ちえこ (08/01)
 └ ゆうこ (08/02)
 └ ゆうこ (08/02)

最近のトラックバック
pleaseの使い方(つれづれなるままに—日常の気になる英語表現)

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
イギリス生活情報サイト「Digitaro」
I spy with my little eye ...
マンチェスター・ボード

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ