私の英語タウンブログへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! 私の英語タウンブログへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog!
私の英語タウンブログへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! more


« November 2007 | メイン | January 2008 »
blog title 年忘れ!今年の目標チェック |My Looking Back on 2007 December 31, 2007

oshougatsu2007.jpg
Do you remember this year's resolutions?
New Year's Eve is the high time to look back on this year in many ways.
So many things happened around me this year, some of them made me change my points of view.

I was able to submit my latest TOEIC test score to Ibaraki International Association, which was my current best score.
It took me two tests to update it. The 5/27 test after the one and a half years interval was so terrible, which was below the IIA certified English speakers' credentials.
IIA doesn't state that the we members need highter English test scores or qualifications, or rather, it expects us second foreign language and specialties.

I've been looking for a job since last month, which is better if I can use English at my workplace.
I found a couple of part-time teaching jobs at jukus, and one translating job at a company.
Juku teachers are not required TOEIC score and Eiken grade (even though it is preferable for teachers and applicants to have them), but a contract translator needs the first grade on Eiken for potential applicants.

"If only I had the first grade on Eiken..."

I've come to wonder if I will concentrate on studying English for some time until I get the first grade, or I will enjoy both English and Chinese without concern about TOEIC test or Eiken.
Which way is better for me???

Oh, I almost forgot about my resolution of this year!!
I resolved that I would write over 100 entries in English a year.
And the entries I wrote acturally were......

to be continued to the Japanese section★


そうえいば、今年は、思えばこんな英語学習目標を立てたなあ・・・

英文日記を100件/年以上書く

昨年終り頃、よりマメに英文日記を書くために、Bloggerを閉めてここに英文日記を書くことにしたっけなあ。
んで、ただ書くだけじゃ一生懸命書かない気がして、今年の年頭に「100件/年」って数値を出してみたんだ・・・

守れたかどうか、数えてみたよ。






2007年の英文日記の件数:



(今日の日記入れて)96!!!!!!
(各月の件数:1月・・・5、2月・・・8、3月・・・14、4月・・・7、5月・・・7、6月・・・9、7月・・・7、8月・・・8、9月・・・6、10月・・・9、11月・・・4、12月・・・12)




あと4件分、届かず(´;ω;`)

子供の頃から「あと一歩のところで頂点に届かない」傾向はあったけど・・・

11月に更新できなかったのが痛かったか。
上半期に日本語版書いてすぐ英語化できないでいたツケが響いてるのか?

究極的には「英語日記アップ目標●●件」でなくて、「英語日記がデフォ」を目指したいのだけど・・・英語に興味ない方、興味なくはないけどあまり得意でない方にも楽しんでいただくために、英語のみにはしないまでも、「常に2ヶ国語(以上)」で書かれているように持っていきたいなあ、将来的に。

来年も、「英文日記100件/年以上」は、継続します。
達成できてから、少しずつ件数を上げていくことにしますわ・・・

それではよいお年を(*^^)v
I wish you a happy New Year!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:37 AM |
| コメントを書く | トラックバック (2)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4446

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 年忘れ!今年の目標チェック |My Looking Back on 2007:

» 年忘れ from ask13th 恋空  上川隆也  top5  河村隆一  山田孝之  E-3  藤木直人 
年忘れ!にっぽんの歌の良さがわかってきたITmediaトップ > 年忘れ!にっぽんの歌の良さがわかってきた 紅白歌合戦は主にその年に活躍した... [詳しくはこちら]

» 徳光&中居の豪快年忘れ!超一流アスリート感謝祭!スゴ技モテ芸グラ... from NEWS世界一!!!!!!!!!
年忘れにっぽんの歌、なんだこりゃ?★年忘れにっぽんの歌.(続きを読む) 年忘れにっぽんの歌、なんだこりゃ?★年忘れに.(続きを読む) 年忘れ・命忘れ。... [詳しくはこちら]





blog title PCはお手軽か?? | Making Address Labels with a PC December 29, 2007



年賀状のあて名書き、受取人のほうは何とか手で書いてきたけれど、差出人のほうはゴム印に頼ってしまっていた私。
かれこれゴム印歴は15年・・・・・・

だけど、今年はそのゴム印が見つからない!!!!!

ラベル印刷ソフトで自作を試みる・・・

・・・が・・・

何度繰り返してもレイアウトがピタッと決まらない。

手で書くほうが速い

て、思えてきています。
トホホです・・・

ソフトに5700いくら、ラベル用紙に1000円(20枚入り)投資したけど・・・紙すでに4枚、200円相当失敗で無駄に費やしてます。


At last I decided to write receivers' addresses and my home address by hand.
I thought of making a digital address book with my laptop, but there's only two days until New Year's Day so I must finish my New Year cards quickly.

Now I've realized that a computer is not almighty.
I took so much time making my address labels with my laptop, but none of them were made nicely...
Handwriting is much faster if you write beautifully.
And it is neccessary for me to write by hand more often, even though I don't write nicely.
I should learn to write as beautifully as possible, taking enough time, with my heart.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:58 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4444





blog title 新年の挨拶状 | New Year Cards December 27, 2007



I'm prepareing my "nengajou" for the year 2008 with my laptop.
I do feel that making nengajou (New Year card) depends more and more on PC these days.
Making computer-made New Year cards is easy if only you have a PC at hand.
Getting a PC software, booting a PC, and running the software you got, all you must do are to choose the card design, set blank cards in the printer and start printing.

Making New Year cards with PC costs less than ordering them to a photo shop.
A bundle of 100 custom-made cards with one snapshot cost about 10000 yen, and 100 ready-made cards cost about 6000 yen at the cheapest.
A blank card itself costs 50 yen, so outsource of making New Year cards is handy but costly.

When I was a little child, handmade New Year cards were seen in common.
Only office executives might exchange custom-made New Year cards, which were sent for business.
Children and stay-at-home people decorated their blank cards with prints or handmade stamps.

The Internet has developed so rapidly, so we can express our New Year's greetings faster via email, there are people who quit sending New Year cards and send emails instead.
I have an old friend who rejected New Year cards several years ago.
Now I correspond with him by email, but the moment I was given an email from him saying "no New Year cards from the next year", I was filled with very empty feelings, because I believe  exchanging New Year cards is becoming the last snail mail custom in Japan, which we should cherish forever.
Handmade New Year cards are getting really precious, so elementary school children are told from their class teachers to make New Year cards as one of their winter holiday assignments.

My New Year cards for the year 2008 are computer-made, but I'm going to write receivers' addresses by hand at least.
All computer-made or outsourced cards are too cool to get.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 8:10 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4439





blog title 我が家のクリスマスプレゼント | The Christmas Presents for My Family December 26, 2007

「ほしいもの何でもくれるのがサンタじゃな~~~~い」と怒り心頭だった私。
結局クリスマス・イヴまで怒り通しました。

christmascake2007.jpg
milletscake.jpg
ケーキも食べず。

ワインも飲まず。

「お母さんが季節行事を誰よりも楽しまないで、どぉ~~すんの(-_-;)」て母に叱られました。
でも、やっぱり

クリスマスは、子供たちが「サンタクロース」から思い思いのプレゼントを手にする日

って考え方は、誰に何を言われたって絶対の絶対に許せない。

letterfromsanta.jpg
上の娘と息子には、「サンタからの手紙」と、娘にはひそかに探していたCD、息子には数検問題集を送りました。(息子、2人きりの時に「漢検、英検、数検の中で、もし受けるなら数検」って言ってたことがあったのです)

下の娘が、一番ありがちなクリスマスプレゼント。

母には、現金。

夫には・・・このところ、「目に見えないプレゼント」ばかり。
今年のイヴは振替休日だったけど、パラグライダースクールに送り出してあげました。
「パラで空を飛ぶのが生き甲斐」って言うんだもん。だから私、ホントはどんなにさびしくても、笑顔で「行ってらっしゃい、気をつけて」て言います。
生き甲斐を応援するくらいしかできなくてごめんなさいです。

そんな私に、サンタさんがくれたプレゼントは、これ:
toeicscores_small.jpg
先月のスコア・・・L:355、R:420の合計775。
リスニングがショボイ原因は、おそらく「単語耳」を地道にやらなかったからだろうなあ。
隙間時間のTOEIC DSを習慣化したことで、リーディング、文法語法の定着度が上がったんだろうと思います。

そして最後に、家族と、お友達と・・・私の周りの人みんなに、同時に自分にも、この歌を送ります。
アニソンなんだけど・・・♪Brave Heart♪
この詩は、聞き流しちゃいけない。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 7:26 AM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4435





blog title 底なし?「まくろび」ワールド | About Macrobiotic Diet December 23, 2007

obentou1220_mii.jpg
obentou1220_shiba.jpg
上の娘の夜の通院向けの、2人分のお弁当。


給食の代替品の自家製ケーキ(これは失敗しちゃって写真なしです)。

obentou1222_tomo.jpg
卵+牛乳ともに厳禁な下の娘の、丸1日分(3食分)まかなえるお弁当・・・(実際ちょこちょこつまめる物で終わったけど・・・)

---これらが3連チャンで続いた先週末、心身限界でした。
「食べ物アレルギーでも、食べる楽しみを味わえるように」と願い、あれこれ食材を探索しながら、そしてレシピに試行錯誤しながら励んできましたが・・・

私、まだまだ全然甘いなあ

---て思いました。
「マクロビオティックダイエット」をしみじみ見たら。

きっかけは、小学校の保健室の先生が紹介してくださった自然食品店、「ミレット」のサイト。
サイト内の「Way to Health」のコーナーに、凍りました。

アレルギーとかでなくても、肉も、魚も、乳製品も、ダメなの?????

白砂糖の害は、上の娘の異変をきっかけに知り、少しずつですが防衛を始めました。
でも、我が家で実践しているのは、白砂糖と真白穀物を減らすことくらい。
パンだって、マクロビオティック的にはよろしくないみたい。粉もの自体避けなきゃならないとか・・・うどん・・・ピザ・・・ナン・・・・・・・パスタ・・・・・・・・・Don't Gooooooooooooo!!!!!!!!

●●学習法とか、●●ダイエットの類は、忠実に実践すれば大きな成果が上がるけど、「できる範囲でそれなりに」取り入れるのでは成果を期待することなんて罰当たりかも・・・これは、外国語の勉強でも食事療法でも共通かな。
>うどん・・・ピザ・・・ナン・・・・・・・パスタ・・・・・・・・・Don't Gooooooooooooo!!!!!!!!
---て文言をブログに入力する時点で、マクロビオティック食の効果なんて手にできないのは目に見えてますね(汗)

「(マクロビオティックを)忠実に実行すれば、あなたのお嬢さんは必ずよくなります」

て誰かに言われたら、私はシャカリキになってやる(=マクロビオティック・レシピを学んで実践する)と思います。
でも、私がマクロビオティック料理を必死に作ったところで、「それ食べなきゃならない人だけ食べればいいじゃない」ってのが芝山家。
思い返せば上の娘0歳期に食物アレルギーがわかった時も、家族全員でアレルギー仕様食を食べることはなかった・・・各種試したけど、そして「私はともに食べるぞ」と思ったけど、家族みんなに広まっていかなかった・・・
ミレットの店長さん宅みたいに、「家族全員で」ができない・・・私と当事者だけなら頑張ったり頑張らせたりできても、家族を巻き込む力がまだまだ足りないです。

家族を巻き込む。

そこだよなあ・・・・・


When my elder daughter got in depression, I was told by a mental doctor that she needed food without sugar and white grains.
It was not so hard to reduce white rice; these days we can get small packs of mixed millets for having with white rice.
But reducing sugar intake is really tough. I use brown sugar more often and cook her homemade meals and snacks more and give her junk foods less, but these are all I can do so far.

She also needs to take protain more especially when she has rice or bread for her meal.
She has chicken egg allergy and loathe fish, as she has a sting in her mouth when eating fish.
When she loses her appetite, she tends to want only rice, bread or sweets.
I must be really careful when she wants something sweet, which makes her more restless and irritated if she takes candy and dessert as much as she likes.

My younger daughter is severely allergic to various kinds of food, such as chicken egg, beef, milk, chocolate.
She has never eaten ice cream or cakes, even for her birthday or Christmas.
All my family can do for entartaining her on her birthdays and at Christmases is eating out where serves foods for people with egg and milk allergy, but these days she herself has been fed up with eating out.
She says "I'd rather be happy if we have my birthday party or Christmas dinner at home, I can have very limited dishes at restraunts."

Last weekend, my children's school nurse told me a website of macrobiotic food shop, where cakes without egg and mild is available.
On its website, there is an essay which says macrobiotic diet revived a boy with brain cancer.

I was stunned when reading it, and I studied the macrobiotic diet theory after that, they made me rather worried.
There are so many food products prohibited!!!!! White rice, meats, fish, milk and dairy products, eggs, sugar are strictly prohibited, row food (even salad!!) and flour products are not acceptable, and the products recommended for macrobiotic diet, like brown rice, whole grains and not sweetened fresh juice are still rare and costly for us to get regularlly.

"It's too ideal for an ordinary mother to excecute at home!!!"

---This is my first impression of the macrobiotic diet theory.
But there ARE someone who actually did it perfectly.
One of them is the shop owner.
I'm not sure I can give macrobiotic diet as perfectly as she did to my family, especially to my husband and mother who has resisted eating anti-allergic foods together since my elder daughter was a baby.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:06 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4424





blog title 土鍋ごはん | Cooking Rice With An Earthen Pot December 20, 2007

donabe_gohan.jpg

I practiced cooking rice with an earthen pot.
It took me several times to get used to it.
I was really delighted when I finally cook it nicely!!

It is actually hard to watch the stove while cooking rice all the time, but rice cooked with a pan is so delicious after getting less hot.
And it is said that cooking rice with an earthen pot can reduce electricity use.
Why don't you to try it?

[Ingredients and procedures]
Maybe the recipe on the website above is for cooking rice with an ordinary heavy pan.


芝山、先月から練習しました!!!

土鍋ごはん

炊飯器が壊れた時があって焦ったのと、仏壇にお供えする炊きたてご飯用とか、日本の伝統文化・・・とか、いろんな思いありましたが、「無駄なスキルではない」と確信し、練習しました。

「こげ臭いぞ~~~」て言われながら。

成功するまで、苦節7~8回。
以下、実践例と炊き方キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

[材料と分量]---使用土鍋は3~4人用です。

米   2合~3合
水   約400cc(米2合の場合---比率は、米1:水1.2)。米3合なら約650cc。


[炊き方]

(1)米と水を土鍋に入れ、約1時間置いておきます。こうしてお米に水を十分吸わせます。
(2)1時間ほど水につけたら、強火で5~10分、最長10分炊きます(気温、室温によって変動あり。
10分たたなくても焦げ臭くなってきたら弱火にします)。
(3)強火10分/かすかな焦げ臭のどちらかがしたら、火を弱火にします。弱火は10分程度。(強火時間短い時でも10分まで)
(4)10分弱火で炊いたら、火を止めて15分以上蒸らします。早く焦げ臭がした時は、蒸らし時間を長くします。

donabe_gohan_inside.jpg

下のほうが若干焦げてたり、土鍋洗う時に多少生ゴミ(こびりついたご飯)出ますが、冷めた時に炊飯器で炊いたご飯との味の違いが出るんですわ、これが( ^)o(^ )

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:53 AM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4415





blog title 「私」になる | Meeting My Self December 19, 2007

ma_beyourself.jpg
近所の電器店の安売りでもらってきた、相田みつをさんの言葉入りの湯飲み。
写真は、上の娘用のなんだけど、この言葉が、今、猛烈に私の心に突き刺さっています。

---彼女が、自分が自分になってないように映るから。

「自分とリヴリーと、どっちが大事?」って何気なく聞いた時、「リヴリー。自分なんてどうだっていい」と答えた彼女。
この時、「専門家の力を借りよう」と、腹を決めました。

しかし、家での上の娘との問答(実際あったことなのに)を私が第三者(お医者さんとか)に話せば、彼女は「私はそんなんじゃない」というような険しい形相で私を見るのだとか。

昨夜、たけしの本当は怖い家庭の医学で、アレキシサイミア(説明)という言葉を初めて聞きました。


(1)本音を打ち明けられない
(2)何を考えてるかわからないと言われることが多い

---が、危険因子だそうです。

上の娘は、今月に入って、病院でいつもお世話になっている先生に

自分の気持ち、自分自身でわかってないんじゃないかな???

---と言われました。
そして、大人がどんなに表層の彼女を見て助言を与えても、表層の彼女は「本当の彼女」とは違う人だから、他人の眼に映る彼女をどんなにほめても、「本当の彼女」が興味あることでないことはすべてスルーになる・・・・と説明を受けたら、何だか合点が行きました。

「自分の気持ちを自分でわかってる」状態って、他人に映ってる自分と「本当の自分」が互いを認め合ってる、言い換えればそれぞれを(違っているならば違っていると)自覚していることだし、もし自覚してるなら、「自分より●●(自分以外の別のもの)が大事」なんて言葉、出てこないし・・・

思い返せば、小学校時代まで「まじめでしっかりしてる」と周囲に言われていた彼女は、実は私と家の大人たちが必死に操演してきた、いわばマリオネットみたいなもの。
操られる(大人からの指導・助言に従う)ことを拒んでみたら、今さら自力で動くことができず、現在見た目とりあえず家にいる。

彼女は来年から本格的に、臨床心理士のもとで治療や指導を受けます。
自分の気持ちを知って、真に「自分になる」ために。


このエントリーの英語化は、もう少し「アレキシサイミア」やその他心身の不調について、知識を増やして気持ちを整理してからにします。
英語版Wikipediaには日本語版以上に詳しい説明が載ってるけど、まずこれ読んで用語の勉強・・・かな。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:44 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4414





blog title 「ウラ」Yes, Virginia. | Re: Yes, Virginia December 17, 2007


2004年から、毎年誕生日の日には、The Sun 紙・Francis Church記者による社説でもある"Yes, Virginia"を収録しています。
過去の年度のファイルは、バックアップCDも探す必要がありますが・・・

今年も、例外にもれず、録りました♪
一種の儀式みたいなもので、録らないと誕生日を迎えた気になりません。

昨年までは納得いくまで何度も録り直したけど、今年は「Audacityで編集」というチョンボを覚えてしまいました(汗)
でも、ともかく、無事?、39歳0か月0日現在の英語は、収録しました。


この社説を受けて、今年のクリスマスへの思いを、英語にしてみました。(12/14英語日記を編集したものだけど)
タイトルは・・・

"Re: Yes, Virginia"

xmastree.jpg

When I'm asked from someone "Is there a Santa Clause?",
I answer, "Yes, even though he's invisible."

This year, my elder daughter said to me
"Doesn't Santa give us children exactly what we want?"
I felt something shivering...a sad and furious feeling came up in my mind.

"You are wrong if you believe Santa gives children whatever they want, PARASITE!!!!"

I have said to her the most rude word...

I sincerely won't buy her anything this year, for her to enjoy Christmas from the bottom of her heart through breaking her self-centered golden rules.
As the song "Santa Clause Is Coming to Town" goes "He's gonna find out who's naughty and nice".

I am an English freak, so when I find something unacceptable in Japanese way of parenting, I study children's songs and books written in English.
They are full of concrete suggestions and make me love English more.
Some of you might say "you're too strict", or "none of us care about the lyrics so much, just enjoy the song".
But if you adult readers with children SUBLIMINALLY think your children are too naughty to get presents from Santa, read the lyrics of the song above in depth once.

I'll give some of my children INVISIBLE gifts this year.
Not all Christmas presents should be items.
It must be a big present in the long run for children to break the superstition that Christmas is the day they have presents from Santa Clause.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:04 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4392





blog title 奏覇 | I Played It Up!!!! December 14, 2007

I tried playing "The Twelve Days of Christmas" by the recorder.
I felt it much longer than I simply listen to.
From the sixth chorus I became uncertain if I played right.

I thought it too difficult to play the full song, so I decided to recorded my performance little by little, three times in all and edit them later.

Editing was as hard as playing, or rather tougher because I needed to sing this song for checking if I played correctly.

Enjoy my performance then!!

<br /> このページを見るにはMIDIプラグインが必要です。<br />

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:48 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4383





blog title サンタ冒涜?? | Is Santa Almighty? 

お子さんのいる方は、この時期「お子さんへのクリプレ」に頭を悩ますことが、多少たりともあると思います。

ぶっちゃけた話、クリスマスプレゼントなんて、あげたくないよ(--〆)

って気持ちが心をよぎったこと、ありませんか?

私は、今年この気持ち、感じてます。

「サンタさんって、私たちの欲しいもの、なんでもくれるんだよね(*^^)v」

て上の娘が目くばせしてきた時、私の堪忍袋の緒が、ピシっ--------------と音をたてました。

上の娘>下の娘≧息子の順に、いろんなものを、1つ1つはさほど高価ではないもの(そこそこ高いものもあるぞ)だけど、チマチマ、チマチマとねだって、それも「今を逃したらもう手に入らない」の決め台詞付きで求めるもんだから、こちらもモノがあるうちに許可してきました。

クリスマス以外の時に小出しにギフトを求め、かつゲットに成功しているから(=親から見たら”与えてしまってきたから”)、いざクリスマスになった時に、「心の底からほしい」と思うものなど湧き上がってこないでしょう。

その方針を改めねばならないことは、百も承知です。
あとは「改め」をいつ、どう実行するかのみ。

---私は、「クリスマスは子供が”サンタさん”からプレゼントをもらう日」という概念を打ち壊すことも、家庭事情によってはアリ、と思います。
子供にクリスマスプレゼントをあげることは、親の義務では決してないです。
「サンタが町にやってくる」の英語歌詞を熟読すれば、サンタクロースはただ子供たちにプレゼントを配るだけの人でないことは明白です。

You better watch out You better not cry Better not pout I'm telling you why

Santa Clause is coming to town


He's making a list

And checking it twice;

Gonna find out

Who's naughty and nice

Santa Claus is coming to town


He sees you when you're sleeping

He knows when you're awake

He knows if you've been bad or good

So be good for goodness sake!


O! You better watch out!

You better not cry

Better not pout

I'm telling you why

Santa Claus is coming to town

Santa Claus is coming to town

2段落目に、サンタがプレゼントを配る前の諸準備が述べられています。
「子供たちのリストを作って、二度チェックする、リストを見れば誰がいい子か悪い子かわかる・・・」と。
naughtyだから・・・特にイギリス英語では

子供が行儀が悪い、目上の人に従わない
(電子辞書の英英:---behaving badly; not willing to obey)

種の「悪い」です。

また、3段落目を見ると、3行目:
He knows if you'VE BEEN bad or good
とあるんで、「クリスマスシーズンの頃だけいい子にしているような子はいい子リストには載らない」のだから、極端な話、サンタクロースからプレゼントを貰えないだろう子供は、決してゼロではないんじゃないかな・・・と。
---これを親の立場から解釈すると・・・
「サンタ業は必ずしなければならないものではない」
「プレゼントを手にすることで健全育成が損なわれるような子にはプレゼントを与えないこともできる」

のかな????
な~~~んてね。

なお、「今を逃すと手に入らない」ものが多すぎる点については、玩具やゲーム製造元様も、子供たちが安心してクリスマスまで待てるように、貴社製品のマーケティング戦略を考え直して、子供たちの健全育成にご協力いただきたいと、心から思います。


---この日の英語版日記は、ちょこっと編集して別途公開します。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 2:28 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4379





blog title クリスマスコンサート@水戸芸術館 | The Annual Xmas Concert at Art Tower Mito December 11, 2007

おとといの午後は、水戸芸術館でのクリスマスコンサートを堪能してきました。
下の娘が吹奏楽部で出るので・・・送迎兼ねての観覧です。
午前が中学生の部で、午後が小学生の部でした。

クリスマスコンサートで演奏するのは、吹奏楽部だけでないです。
合唱部も、アコーディオンバンド(器楽合奏と称していました)も、素晴らしいパフォーマンスでした。
吹奏楽や金管バンドとまた違った趣で♪

それに、柴草幹男さんの生フルートも聴けたし(入場無料で)♪♪♪

会場内は撮影・録音等すべて禁止(いうまでもないか)でしたが、その分?終了後に芸術館敷地内と周辺の夜景を、パシャ、パシャ、写メ開始☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
geijutukan_tower.jpg

geijutukan_hiroba.jpg

geijutukan_pavement.jpg


Art Tower Mito is illuminated with srings of colored lights in Christmas season.
Many musical events are held at the hall too.
The annual Christmas concert is one of them.

The day before yesterday, children's and youths' bands and chiors in Mito gave us fantastic performances.
They recalled my days in the band.
If only I could be in 20s again, I would join a community band and what instrument would I choose?
I played the double bass in junior high and the saxophone in high school, so...
.....no, that's unrealistic. How is my family doing? Who will take care of my children during my band practice???

Christmas season is really colorful and I enjoy downtown Mito in the evening, but this year, I've come to wonder if it should get illuminated so much every year.
I do think Christmas illuminations consume lots and lots of electricity and produce CO2. It's no good for the earth!!!


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 12:40 PM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4366





blog title 炊き込みご飯いろいろ | Flavored Rice December 7, 2007

I love cooking flavored rice.
I think I cook it every week.
The reason is it's really healthy especially when we have to have meals quickly.
It contains both meat or fish and vegitables.

My elder daughter has very little appetite sometimes and wants only rice or bread, which causes malnutrition.
That's why I learned flavored rice!!
It soon became her favorite, and made me a little more domesticated person.


うちでは炊き込みご飯は、後から具を混ぜ込むタイプです。
上の娘の低血糖症がわかってから、「一皿でもれなく栄養が摂れるように」って、結構必死になって作ったような・・・
ついでに「ワンパターン献立」脱却も目指して・・・

大まかな手順としては

kinokorice_making1.jpg
根菜(主ににんじんとごぼう)と、キノコ類と、細かく切った肉を炒めて・・・

kinokorice_making2.jpg
和風なら、しょうゆベースで煮込んで・・・
(娘たちは、昆布つゆで煮込んだのがお気に入り)

kinokorice_making3.jpg
焦げないぎりぎりまで煮汁が引いたら

kinokorice_making4.jpg
ごはんに混ぜる☆
一気に混ぜないで、お玉1杯分おきにごはんを下からかぶせるように・・・

obentou1206_mii.jpg
上の娘のお弁当にも多用します。
特に心療内科は長丁場になるので、夕食弁当がないと食生活がヤバいです。
(他にも車内で夕食弁当のコ発見)

obentou1206_shiba.jpg
お弁当は1人分だけ作ると「・・・(面倒)」て気分が起きやすいので、病院の日は私用のお弁当も作ってしまう。(おかずに手抜きあり)

月並みの枠の外を日常とするのにも、少しずつ慣れてきたかなあ?
少なくとも、献立を考えるのは、面倒ではないです。
ただ、私の料理はどこか男前で、舌の記憶頼みで、味はかなり冒険してて・・・無難さはないらしいが(汗)

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:32 AM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4365





blog title 俺んちのオレ | Homemade Milkshakes December 4, 2007

I enjoy making milkshakes.
I originally make them for my elder daughter, but I love them myself.
They're not only tasty but also good for health!!


ローカーボ・ダイエットに入ると、市販のいちご牛乳やバナナオレが禁忌になります。
加糖製品だから・・・(T_T)
かつて上娘の好物だった飲み物・・・だからこそ、何とか禁を解く手だてを尽くして、食べる/飲む楽しみを味わわせてあげたい・・・

そんな気持ちからミキサーを買いました。

ミキサーの説明書には早速バナナオレの作り方が載っていました。
早速作りました。

banana_ole_making.jpg
[材料]---コップ2杯くらい飲めます
バナナ  1本
牛乳   200cc
濃縮レモン果汁  適宜(付属説明書ではリンゴ果汁)
氷    3個

[作り方]
(1)バナナを一口大に切ってミキサーに入れます。
(2)牛乳200ccをミキサーに入れます。
(3)レモン果汁と氷を入れます。
(4)「フラッシュ」ボタンを数回押してから、約1分間撹拌します。

ウィィィィィィィィィィィィィン

banana_ole_making2.jpg

できたてをいただきます。
作り置きには向かないです。茶色くなります・・・

ichigo_ole.jpg
こちらはいちごオレ。
砂糖なしだとかなり酸っぱかったので、多少砂糖(ブラウンシュガー)を入れます。

[材料]---コップ2杯くらい飲めます
いちご   8個
牛乳    200cc
ブラウンシュガー  大さじ2~3
(注:芝山家はてんさい糖を使っています。三温糖、きび砂糖、黒糖・・・など、白くない砂糖なら◎)
濃縮レモン果汁   適宜
氷     3個

[作り方]
(1)イチゴはへたを取ってから、縦に2つに切ってミキサーに入れます。
(2)牛乳を入れます。
(3)砂糖、レモン果汁、氷を入れます。
(4)「フラッシュ」ボタン数回押したあと、約1分間撹拌します。
ichigo_ole_making.jpg

「紅茶花伝」のような味のロイヤルミルクティーの減糖版を、自家製でできたらなぁ~~~、と思うのですが、紅茶はどうも苦味、渋味が先立って・・・トホホ

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 8:33 AM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4362





blog title うちには犬はいないけど・・・ | I Don't Have a Dog Though, December 2, 2007

I strongly recommend this book,
even though you don't have a dog.

It is full of tips for doing good with people.
It is full of knacks of getting along with children.

We human beings have words to express our feelings
and sometimes less patient.
We are not so loyal to our parents, teachers or bosses
that we sometimes rebel to them and make them sad.

When we grow up and build our new family,
especially after having a child,
we subconciously hope him/her
to be as good and loyal to us
as a pet dog.

I learned from this book
that pet dogs are much more patient and generous than human beings.
Our children I often call selfish or impatient
are not selfish or impatient at all.
Maybe they just understand things in different ways from us adults,
and bear lots of cruel words and feelings
we subliminally give to them.

The original (English) is not copyrighted, its author is unknown.
I write it down here for my study of parenting.


The Ten Commandments

My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will be painful for me.
Remember that before buying me.

Give me time to understand what you want of me.

Place your trust in me-it's crucial to my well-being.

Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words,
I understand your voice when its speaking to me.

Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand
but that I choose not to bite you.

Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I'm not getting the right food,
or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.

Take care of me when I get old; you too, will grow old.

Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it", or,
"Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you are there.
Remember, I love you.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 8:32 AM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4333





blog title 燃え尽きたか? | Burnout December 1, 2007

These days, I often sleep over and have very little time to update my blogs.
I'm so tired that I hardly boost my laptop, that is what my mother call "a natural studious life".
She seems to be in a good mood, since she subliminally thinks my working with a PC means a withdrawal from housework.

"There you see!!"

---she may triumphantly mumble.

But I never give up studying English and Chinese, to prove that my study does not mean a withdrawal from housework. I never quit writing in my blogs either, they are my precious life records.
I have thought occasionary that I was in a conentration camp named home, but since I realized it was thanks to my mother usually staying at home that I could enjoy myself outside, I gradually started to think how to enjoy myself at home.

Anemia and hypoglycemia have kept my elder daughter away from school and it's an extremely desperate thing.
"None of my family have laughted these days", my elder daughter once mumbled. "I still feel empty and unhappy even though my family members are good to me, it seems to me that they just try to be kind to me with hidden disapproval of my laziness."

I got a keen interest in cooking in this rough situation.
In fact, I bought a bakery machine and a blender at the same time!!

I do want to keep finding a bright side of hardship.
My daughter's disorder must be an important assignment to me from God.

These days, I feel less irritated withough studying foreign languages or working with PC.
Maybe my mind is stuffed with low-carbohydrate recipes.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:01 AM |
| コメントを書く | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4330






検索



最近のエントリー
年忘れ!今年の目標チェック |My Looking Back on 2007
PCはお手軽か?? | Making Address Labels with a PC
新年の挨拶状 | New Year Cards
我が家のクリスマスプレゼント | The Christmas Presents for My Family
底なし?「まくろび」ワールド | About Macrobiotic Diet
土鍋ごはん | Cooking Rice With An Earthen Pot
「私」になる | Meeting My Self
「ウラ」Yes, Virginia. | Re: Yes, Virginia
奏覇 | I Played It Up!!!!
サンタ冒涜?? | Is Santa Almighty?

テーマ
01. About English [英語の勉強]
02. About Chinese [中国語の勉強]
03. About Aquarium [アクアリウム]
04. Daily Life & News Records [ニュース&日常]
05. Japanese Tradition [伝統文化]
06. Parenting [子育て]
07. Book Reading [読書&朗読]
08. My Hobbies [趣味とお楽しみ]

アーカイブ
February 2011
January 2011
November 2010
October 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
March 2010
February 2010
January 2010
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006

最近のコメント
年忘れ!今年の目標チェック |My Looking Back on 2007
PCはお手軽か?? | Making Address Labels with a PC
新年の挨拶状 | New Year Cards
我が家のクリスマスプレゼント | The Christmas Presents for My Family
底なし?「まくろび」ワールド | About Macrobiotic Diet
土鍋ごはん | Cooking Rice With An Earthen Pot
「私」になる | Meeting My Self
「ウラ」Yes, Virginia. | Re: Yes, Virginia
奏覇 | I Played It Up!!!!
サンタ冒涜?? | Is Santa Almighty?
クリスマスコンサート@水戸芸術館 | The Annual Xmas Concert at Art Tower Mito
 └ Chelsea (01/09)
 └ Yuko (01/12)
炊き込みご飯いろいろ | Flavored Rice
 └ けめこ (12/12)
 └ 芝山 (12/13)
俺んちのオレ | Homemade Milkshakes
うちには犬はいないけど・・・ | I Don't Have a Dog Though,
燃え尽きたか? | Burnout

最近のトラックバック
「かわいすぎる海女」大向美咲さん引退!芸能界進出か?(「かわいすぎる海女」大向美咲さん引退)
【攻略】ポケットモンスターブラック・ホワイト【マジコン】(【DS】ポケットモンスターホワイトブラック)
AV女優蒼井そらがツイッターで日中友好(蒼井そら ツイッター(Twitter)に中国人殺到)
ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー マジコン対策回避コード(ポケモン ハートゴールド・ソウルシルバー マジコン対策回避コード)
就職活動に必要な知識(就職活動に必要な知識)
徳光&中居の豪快年忘れ!超一流アスリート感謝祭!スゴ技モテ芸グラ...(NEWS世界一!!!!!!!!!)
年忘れ(ask13th 恋空  上川隆也  top5  河村隆一  山田孝之  E-3  藤木直人 )
時候の挨拶1月(季語 1月@1月の季語をご紹介)

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
English-Box.com
今日から始める英語トレーニング
歴史と文化とライフスタイル by CUBE290
VAK Learning Styles
Chuck's Journal

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ