Love & Peace Love & Peace
Love & Peace more


メイン
blog title さよならと隣り合わせだったアクアライフ | The Reason I Chose Bee Shrimps February 14, 2011

This year is the third year of my life with Bee Shrimps.
60ebitank_eatingkale2.jpg
I've had a really great time with them.

But today, although it's St.Valentine's Day, I decided to say farewell to them.

Maybe I shouldn't have had them; I could have quit it in 2006 when my goldfish were all gone instead of taking guppies home.

It was my older daughter that wanted bee shrimps in 2008 and I was rather anxious about having them.
But once I took them home, I got so deeply into them I grew spinach and rape myself to feed them.
Shrimps eating boiled spinach leaves or rape leaves were really cuuuuute '-)


Now I remember why I allowed my older daughter to have them three years ago.
The reason is....

bee shrimps pays.


Why do they pay????

--- Fishkeepers need to find a fish shop or other people that take care of their fishes in case they can't continue to keep them anymore.
It's very hard to find the next owner, but if they bring popular species of fish to a fish shop, they can get a refund.
Actually, I have seen some customers who got refunds from their shrimps a couple of times when I visited my favorite fish shop.

Through the years I've enjoyed aquarium, my mother constantly complained of my tanks to me at the same time.
She even came down on me saying "you're a nut wasting your husband's money just to enjoy yourself" or "you have to quit keeping fishes to save money."
Her words influenced me a lot, and little by little I learned that I must quit aquarium SOMEDAY in my family's financial crisis.

The "someday" has come, not only as my family's financial crisis but also as my son's mental crisis.
And it's withough saying that I have too worn out to take care of fishes in my recent circumstances. &.(..

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 8:31 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5949





 

blog title A Farewell to Corys July 10, 2010

ビッグママ、のっぺりしてます
ビッグママ、のっぺりしてます posted by (C)しば

Yesterday, I decided to quit keeping corydorases.
I really love them, they've really healed me, but I'm too busy to keep them in good condition anymore.

Broze corys originally live in South America, but their hometown is not as hot as we imagine.
They prefer cool water, and get ill in hot water over 30 degrees C.
We should keep their tank water cool at least under 28 degreec C, for example we air-condition the room where we set our cory tank(s) all day or set an aquarium chiller at each tank to cool tank water.

But...I can't air-condition the tank place(s) all day nor get a chiller for them.
So, I brought my young corys to my favorite fish shop and asked the owner to adopt them.
Maybe I will take my adult corys there tomorrow.

Thank you so much for giving me happy times, and live happily with the new owners!!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:56 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5877





 

blog title やっぱりエビが好き!| I Don't Want to Quit Aquarium June 25, 2009

redbee_redcherry.jpg
This photo is taken in March of last year, one month after I started keeping bee shrimps.
The shrimp tank was in my elder daughter's room and she enjoyed watching them.

Gradually, she wanted bigger tank and more dynamic kinds of fish, shrimps were moved to the tank in the main entrance.

redbee_2008.jpg
There lived an apple snail too, which ate algae on the tank.
But it loved spinaches too!!
shrimp_applesnail.jpg

Last month my husband and I got both flat broke, I felt so guilty for keeping fishes and growing aquatic plants and said to my mother;

I'll quit my aquarium. From now I start selling, auctioning my fishes, plants and equipments for our deficit compensation and when they are all sold out, I'll quit it and never start again.

Some eqmipments were auctioned off, but that's the only sales so far.
Shrimps and plants still haven't been auctioned off yet.

And I realized how much I love aquarium and it's my precious stress reliever.
The tanks in the entrance relieve not only me but my children and customers, even my younger daughter's class teacher.

So that's not true that I'm fed up with aquarium, my word above is just an act of behaving as a good obedient daughter204.gif

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 12:10 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5597





 

blog title やめるべきか、やめなくてもいいのか? | To Quit, or Not To Quite? June 7, 2009

genkantanks.jpg
Aquarium costs a lot.
I'm afraid I have to quit it, for it's not only helpful to save money but also can show my parents that I devote my life to raising children.

On the other hand, it's my precious mental reliever.
Now it's so difficult for me to get a English-teaching job after more than fifteen years' interval.
Actually my aquarium knowledge and products may be more useful to get a job; I've been working on it without interval.

To quit or not to quit?
That's a question...

Who will be happy if I quit it?
Only me will be happy if I continue it...

I made fish tank stand screens and put them on the lower half of the stands, taking a chance on my family's (especially my mother's) permission to continue aquarium.
Yesterday evening, my mother told me she hadn't mentioned that I should quite it so far.
She also said if I've imagined or believed she wanted me to quit it, it's just MY superstition...

I can't see what I believe, who I trust; I'm completely at a loss:?

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:20 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5568





 

blog title ビーシュリンプ一族大移動 | Bee Shrimps' Move May 22, 2009

昨日、意を決して、藍藻のひどい水槽からエビたちを移動させることにしました。
目視できる分をバケツにすくい出し・・・
beeshrimps_05212009.jpg
流木やら溶岩石やらミネラル石(ミロネクトンとモンモリロナイト)でエビの足場を組んで一晩過ごしてもらいました。

3040tank2009.jpg
新居はここを予定。
「ここの水と元水槽の水を少し入れ替えれば、無理なく引越しさせられるよ」と、近所の熱帯魚屋さんのご主人からアドバイスを受けてきました。

さあ、移動がんばろう。

---っとそれより、この話題を英語で書けるかなあ???
いや、元の水槽の「ビフォー」画像がないorz



I cleared up a shrimp tank yesterday.
I found 24 bee shrimps there.

When clearing up a fish tank, another clean tank is needed for fishes.
Especially small shrimps, plants should be planted beforehand; brand-new plants from shops contain pesticide, which is toxic only for shrimps.

I built a vertical tank about two weeks ago, and I'm moving my shrimps there.
I hope they will like the new tank...

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:46 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5536





 

blog title アクアリウム英語の覚え書き | Aquarium Jargons November 19, 2008

TOEICとか英検には役立たないけど・・・アクアリウムの英語サイト読む時に使うんですvvv

hoshikusakan_1116.jpg
I grow mainly pipeworts and toninas in this tank.

pipewortは、これ。
10101867798.jpg
学名は、Eriocaulon。
Pipeworts inhabit in sharrow fresh water.

Toninaは、日本のお店で「トニナ」として売ってるのは、これ。
10097030604.jpg
They are called "Tonina Belem" in English.
学名は、Tonina sp. "Belem"。

10097030233.jpg
手前の草が、ホシクサ科。
お店では「スターレンジ」として売ってます。
・・・が

They are called "Tonina fluviatalis"!!
学名同じです。

I know that both belong to Tonina family, but I learned this time that foreign aqualists categorize them as one species.

I hope I must improve my English to write this kind of entries all in English.
全編英語で書けないことが恥ずかしいです・・・
でも、英語で裁けるとこだけでも英語使わないと実感できないんで、あえて日英混ぜて書きました。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:05 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5191





 

blog title 底なし?「まくろび」ワールド | About Macrobiotic Diet December 23, 2007

obentou1220_mii.jpg
obentou1220_shiba.jpg
上の娘の夜の通院向けの、2人分のお弁当。


給食の代替品の自家製ケーキ(これは失敗しちゃって写真なしです)。

obentou1222_tomo.jpg
卵+牛乳ともに厳禁な下の娘の、丸1日分(3食分)まかなえるお弁当・・・(実際ちょこちょこつまめる物で終わったけど・・・)

---これらが3連チャンで続いた先週末、心身限界でした。
「食べ物アレルギーでも、食べる楽しみを味わえるように」と願い、あれこれ食材を探索しながら、そしてレシピに試行錯誤しながら励んできましたが・・・

私、まだまだ全然甘いなあ

---て思いました。
「マクロビオティックダイエット」をしみじみ見たら。

きっかけは、小学校の保健室の先生が紹介してくださった自然食品店、「ミレット」のサイト。
サイト内の「Way to Health」のコーナーに、凍りました。

アレルギーとかでなくても、肉も、魚も、乳製品も、ダメなの?????

白砂糖の害は、上の娘の異変をきっかけに知り、少しずつですが防衛を始めました。
でも、我が家で実践しているのは、白砂糖と真白穀物を減らすことくらい。
パンだって、マクロビオティック的にはよろしくないみたい。粉もの自体避けなきゃならないとか・・・うどん・・・ピザ・・・ナン・・・・・・・パスタ・・・・・・・・・Don't Gooooooooooooo!!!!!!!!

●●学習法とか、●●ダイエットの類は、忠実に実践すれば大きな成果が上がるけど、「できる範囲でそれなりに」取り入れるのでは成果を期待することなんて罰当たりかも・・・これは、外国語の勉強でも食事療法でも共通かな。
>うどん・・・ピザ・・・ナン・・・・・・・パスタ・・・・・・・・・Don't Gooooooooooooo!!!!!!!!
---て文言をブログに入力する時点で、マクロビオティック食の効果なんて手にできないのは目に見えてますね(汗)

「(マクロビオティックを)忠実に実行すれば、あなたのお嬢さんは必ずよくなります」

て誰かに言われたら、私はシャカリキになってやる(=マクロビオティック・レシピを学んで実践する)と思います。
でも、私がマクロビオティック料理を必死に作ったところで、「それ食べなきゃならない人だけ食べればいいじゃない」ってのが芝山家。
思い返せば上の娘0歳期に食物アレルギーがわかった時も、家族全員でアレルギー仕様食を食べることはなかった・・・各種試したけど、そして「私はともに食べるぞ」と思ったけど、家族みんなに広まっていかなかった・・・
ミレットの店長さん宅みたいに、「家族全員で」ができない・・・私と当事者だけなら頑張ったり頑張らせたりできても、家族を巻き込む力がまだまだ足りないです。

家族を巻き込む。

そこだよなあ・・・・・


When my elder daughter got in depression, I was told by a mental doctor that she needed food without sugar and white grains.
It was not so hard to reduce white rice; these days we can get small packs of mixed millets for having with white rice.
But reducing sugar intake is really tough. I use brown sugar more often and cook her homemade meals and snacks more and give her junk foods less, but these are all I can do so far.

She also needs to take protain more especially when she has rice or bread for her meal.
She has chicken egg allergy and loathe fish, as she has a sting in her mouth when eating fish.
When she loses her appetite, she tends to want only rice, bread or sweets.
I must be really careful when she wants something sweet, which makes her more restless and irritated if she takes candy and dessert as much as she likes.

My younger daughter is severely allergic to various kinds of food, such as chicken egg, beef, milk, chocolate.
She has never eaten ice cream or cakes, even for her birthday or Christmas.
All my family can do for entartaining her on her birthdays and at Christmases is eating out where serves foods for people with egg and milk allergy, but these days she herself has been fed up with eating out.
She says "I'd rather be happy if we have my birthday party or Christmas dinner at home, I can have very limited dishes at restraunts."

Last weekend, my children's school nurse told me a website of macrobiotic food shop, where cakes without egg and mild is available.
On its website, there is an essay which says macrobiotic diet revived a boy with brain cancer.

I was stunned when reading it, and I studied the macrobiotic diet theory after that, they made me rather worried.
There are so many food products prohibited!!!!! White rice, meats, fish, milk and dairy products, eggs, sugar are strictly prohibited, row food (even salad!!) and flour products are not acceptable, and the products recommended for macrobiotic diet, like brown rice, whole grains and not sweetened fresh juice are still rare and costly for us to get regularlly.

"It's too ideal for an ordinary mother to excecute at home!!!"

---This is my first impression of the macrobiotic diet theory.
But there ARE someone who actually did it perfectly.
One of them is the shop owner.
I'm not sure I can give macrobiotic diet as perfectly as she did to my family, especially to my husband and mother who has resisted eating anti-allergic foods together since my elder daughter was a baby.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:06 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4424





 

blog title 災害時語学サポーター講習会 August 25, 2007

今日はタイトルの英訳をつけることができません。
斬れる英語タイトルを、ブログを読んでくださるみなさんと一緒に考えていきたいのです。
今日の日記を読んで思いついた、「今日のタイトル、私はこう訳す」を、コメント欄にお願いいたします。


---というのは、2004年から携わっている、国際交流協会の”語学ボランティア”が「進化」して、名称も「災害時語学サポーター」に改められたのです。

旧称は、あくまで個人的な訳語ですが、certified foreign language speaker(s) in Ibarakiと書いていました。
英語部門のボランティアは、certified English speaker (in Ibaraki)と書いていました。
旧・語学ボランティアは、茨城在住外国人に対しての、日本語文書や業務の多言語化や生活支援を、どちらかというと個人レベルでオファーを受けてきたからです。 

そして、改称後は、災害時には(語学要員以上に)復興推進ボランティアとして、被災者を元気付けるために活動することに主眼が置かれるようになりました。
現に、毎年秋に県内を巡回して行われる茨城県総合防災訓練で(今年は9/1、龍ヶ崎市・小貝川河川敷です)、語学サポーターも役を担うことになったのです。

9/1は、子供の学校関係の所用が先にわかったので、県の防災訓練は欠で出しました。
---が!!!!!!!!!!

今日の講習会を受けて、欠席を非常に後悔しています。
外国語使いが被災地で復興ボランティアとして働く時は、

「外国語関係さえやってればいい」と構えることはタブー」であり、自身が言語云々を脇に置いて被災地の人々の中に分け入っていかなければ、被災地の外国籍住民に安心感を与えたり、元気付けることはできない

そして、平時、非常時を問わず、

あらゆるところでの、「人と人とのつながり」を大切にしなければならない

ことを痛感したからです。

国際交流協会主催の各種講習会、出られる範囲で出席してきましたが、これまで、いや、今日まで、英語学習者として講義や演習などのカリキュラムを吸収させていただくだけで、語学サポーターのメンバー同士のつながりのことは、全くというほど考えていませんでした。
年がたつほど、子供関係主体で動かなければならず、本編だけで精一杯になっていっているくらいです。
平時の語学サポーター間がこんなんで、有事に協力しあえるのか??????
非常に、不安になりました。

もっともっと、メンバーのことを覚え、自分のことも知ってもらわなければ・・・ そのために、もっともっと、「語学サポーター」という組織の中に切り込んでいかなくては・・・

---って思いを胸に帰宅し、息子を剣道の稽古に連れて行き、でも「思いが熱いうちに書き留めねば」の一心で、稽古場への送迎の帰り道にネットカフェに入り、この日記を書いています。

外国語を使っての演習も、非常に中身の濃い、実践的なものでした。
英語のアウトプット量は、これまで出た講習会の中で最大でした。
でも、今それ以上に思っているのは・・・

名刺作ろう

主婦以外の肩書きを名乗ろう

そして、
茨城の語学サポーターの中で、”レギュラー的な場所”を得よう

来年は、県の防災訓練にも出よう。
学校関係の用が重なっても、防災訓練のほうに出よう。
災害には現実にはあってほしくないけど、防災訓練は、もはや私の「実習場」だもん。
英語で(できれば中国語も、でも今はとりあえず英語で)人々の心に橋を架けるために。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:38 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3885





 

blog title 耳から聖書読み | Bible Podcasting March 3, 2007

Last year, I bought two Bibles...One is a modern English version, and the other is King James version, but how embarrasing, I hardly read both of them...!!!

I MUST read the Bible, to keep smiling in front of my family.
I have lots and lots of things to learn from it, but I'm too lazy to open it every day.
What a shame...

But finally!!
I've found the way to learn how to live through the Bible without opening the Book.
It's---
podcasting!!!

I subscribe to "The One Year Bible on the Radio" and listen to the New Testament episodes at random.
I think it's ideal to read them or listen to them in order, but I don't mind it.
Tom Dooley's performances and sound effects are so fantastic that I feel like listening to a series of radio drama.
I sometimes listen to them in my car, or sometimes in a futon.

Maybe the episodes brought from this podcast are the modern English version.
I can hear Matthew's stories a bit clearer, since I read them a little last spring.
I must read the Bible again, to enjoy it and improve myself through it!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:19 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2757





 

blog title たんけん |exploration July 3, 2006

先週末、PTA広報誌の初版原稿が上がってきました。
そこで見つけたことなのですが、
「たんけん」の漢字は2通りあるのです!!

探検
探険

どちらもまちがいではありません。
ただ、新聞用字は「探検」を使うことになっているようです(明鏡国語辞典より)。

要は「けんの字(険/検)」の意味の違い。
PCに内臓のIMF用例辞書では、「探検=未知の地域を実地調査すること」と出ました。
明鏡では、注釈に、「探険」には危険を冒す意味が含まれると記しています。
「記者ハンドブック」にも、「"たんけん"は"探険"でなく"探検"に統一する」とだけ書いてあります。第9版も第10版も同じです。

「たんけん」すると訳す英語、exploreはどうだろう?

vt./vi. (--sth) (for sth)
1. to travel to or around an area or a country in order to learn about it
2. (vt.) to examine something completely or carefully in order to find out more about it
3. (vt.) to feel something with your hands or another part of the body

「たんけん」の名詞形は、exploration。英和辞典には、実地調査の他に「探検旅行」、「探求、吟味」、「医師による診察、触診」という訳語がありました。
「探検旅行」に当たる英語の説明は・・・the act of traveling through a place in order to find out about it or look for something in it。
「探求」とか「吟味」は、こんな説明がありました・・・an examination of something in order to find out about it。

「けんの字」の違い・・・まだ解けない。
「だめでもともと」と電子辞書の日中辞典で「たんけん」と入れてみると・・・こんなの出ました。

探险
簡体字だから勝手がちょっと違うけど、こざとへんの方の「けん」です。
中国語で「たんけん(発音はtanxian・・・フォントの都合上四声は無視しています)」は、危険が伴うものなんだと想像できます。
ちなみに「検」の字は、簡体字は检(発音はjian:同じく四声は無視)。
「検査=检查」の日中辞典のエントリーを見ると、examinationとかinspectionと英訳できそうな言葉がならんでいました。

小学校での、校外に出ての調べ学習としての「たんけん」は、「危険を冒すほどではなく、事柄を細かく調べる」ものだから、こざとへんの「険」でなく、きへんの「検」・・・!!!

中国語まで迂回したけど、あ~~~スッキリ♪

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 1:03 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/738





 


検索



最近のエントリー
さよならと隣り合わせだったアクアライフ | The Reason I Chose Bee Shrimps
A Farewell to Corys
やっぱりエビが好き!| I Don't Want to Quit Aquarium
やめるべきか、やめなくてもいいのか? | To Quit, or Not To Quite?
ビーシュリンプ一族大移動 | Bee Shrimps' Move
アクアリウム英語の覚え書き | Aquarium Jargons
底なし?「まくろび」ワールド | About Macrobiotic Diet
災害時語学サポーター講習会
耳から聖書読み | Bible Podcasting
たんけん |exploration

テーマ
01. About English [英語の勉強]
02. About Chinese [中国語の勉強]
03. About Aquarium [アクアリウム]
04. Daily Life & News Records [ニュース&日常]
05. Japanese Tradition [伝統文化]
06. Parenting [子育て]
07. Book Reading [読書&朗読]
08. My Hobbies [趣味とお楽しみ]

アーカイブ
January 2012
February 2011
January 2011
November 2010
October 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
March 2010
February 2010
January 2010
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006

最近のコメント
さよならと隣り合わせだったアクアライフ | The Reason I Chose Bee Shrimps
A Farewell to Corys
やっぱりエビが好き!| I Don't Want to Quit Aquarium
やめるべきか、やめなくてもいいのか? | To Quit, or Not To Quite?
ビーシュリンプ一族大移動 | Bee Shrimps' Move
アクアリウム英語の覚え書き | Aquarium Jargons
底なし?「まくろび」ワールド | About Macrobiotic Diet
災害時語学サポーター講習会
耳から聖書読み | Bible Podcasting
たんけん |exploration

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
English-Box.com
今日から始める英語トレーニング
歴史と文化とライフスタイル by CUBE290
VAK Learning Styles
Chuck's Journal

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ