Love & Peace Love & Peace
Love & Peace more


メイン
blog title My Message for the Ninth Graders November 14, 2010

I do want to say,
that high school entrance exams are never goals;
university entrance exams are not either.
Even after going into the workforce,
only the people who keep on studying can survive.

I hear sometimes that some of you think
that you're looking forward to enjoying yourselves
after your high school entrance exams.
But I don't think
that lives only with pleasure are not as fruitful as you imagine.
We need to bear some hardship to make our happy times shine.
It's our efforts that make our lives meaningful.

I myself have had some tough times before getting my current job,
and even now I have a hard time at work
making me think I must study more.
It's for a promotion in a sense,
but that's not the only reason
for me to continue to learn English.
I need to stand on my feet,
mentally and financially.
I keep my study of English even after I grew up,
believing that constantly studying will save me
from a sudden layoff or some other burdens on business.

Remember,
to live is to keep improving!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 1:09 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5926





 

blog title My Deep Concern About Parenting (1) October 27, 2010

I don't understand the difference among neglecting, discipline, and acceptance in my parenting.
Neither I know whether I can try to share children's unconsious feelings or I shouldn't.

I do want to share my children's (other people's in general too) feelings to develop a good rapport among them.
But my older daughter hates me listening to them.
She sometimes says when talking with me,
"Please don't read my mind!!"
Since I started teaching English again in summer in 2009, she also tells me not to get friendly or dear to my current and prospective students.
I wonder why she says so.
Both in family and in classes, close relationships can be built as the fruit of mutual understanding.


I was diagnosed that I was an ACoA in June of 2009, so I try to have some time for self-searching to reflect my parenting in the past and ideas for improving my communication skills.

I had believed that children should behave themselves and be motivated at schools.
I myself was taught by my mother that I must do well at schools to lead a happy life with a good salary.
I used to feel that my father encouraged me saying "study hard every day and always behave yourself."
Actually I did my very best to please my parents; frankly, to be praised by my parents.
Of course I studied hard at school, especially English.
I was devoted to it so deeply that I became a junior high English teacher in 1991.

But my hard times came AFTER my graduation.
I got suspicious at my workplace (a public junior high school) of the theory I studied at the university.
The teaching strategies there were quite different from what I was given.
I thought at that time that Japanese English teachers just had to teach students how to get a better score and spend more time disciplining them to be modest.

Gradually, I felt something wrong with my body at first.
I caught colds very often.
I had very little appetite.
I always felt blue, sometimes blank and wanted a time to be completely alone.
I learned later, in 2004, that these symptoms were caused by depression.

Of course I never had fruitful times with students then.
I could barely manage myself.
I was mentally too exhausted to recall why I chose to become a teacher.

In 1993, I resigned from the junior high school for my marrige.
I married my current husband to be celebrated when I left my workplace.
I feared that my boss and colleagues would want me to get out in secret; in fact, I had become a very lazy teacher who did not attend very ofen, but I wished to be celebrated at least on my last day there.

I gave birth to my older daughter in 1994, my son in 1996, and my younger daughter in 1998.
My life as a mother with very little self esteem has been very tough.
At first, I traced my mother's way of parenting.
She also said "everything is all right as long as you follow me", and I followed her.
In the 13th year I had followed her, my older daugher refused to go to school.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:21 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5922





 

blog title Whose Homework Is It??? August 10, 2010

I'm struggling with my 15-year-old daughter's assignments now.
Why??

I've been asked to help her with them for three weeks.
So I NEED TO study math, social studies, and even science in advance to teach them to her.
It's quite impossible to teach what I DON'T know, right??????

I finished her English and math assignments about a couple of days ago, but today she told me that I HAVE TO get all subjects done by tomorrow!!!!!!
To tell the truth, I wanted to go to bed early today, but I was woken up by my older daughter and started her social studies assignments.
I have just finished them.

Hey ma'am, MAY I go to bed or do I have to do your science assignments too?
I can't help feeling absurd...
You're really INCAPABLE OF studying (due to some mental handicaps)???


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:16 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5888





 

blog title My Son's Email Address March 10, 2010

Yesterday my son said "I want to have my OWN email address."
I helped him create his account on Google first, but it was not accepted.
I tried on Yahoo Japan next, it worked.

After creating my son's accout, I thoght I must customize my laptop and make it more handy for him to browze or check his emails.

I uninstalled Google toolbar which I was very used to, and installed Yahoo toolbar instead.
I taught my son how to bookmark websites he liked and how to check the emails sent to him over Yahoo toolbar.
.
He looked exciting.

I got stunned to see no emails sent to my Yahoo account, I needed to recieve emails to me via another software.
I finally decided to receive them via MS Outlook.
At first I didn't know that we needed to log in portal sites and change email settings for us to receive web mails via email software.
I found that while reading FAQ pages of email settings and changed most of my email settings.

Now I finished customizing my laptop to become more handy for both my children and me!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:10 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5803





 

blog title 本命はどれなんだい?? | What Do My Children Want the Best? October 5, 2009

Children sometimes want two things at once...it seems a little selfish for parents, but they are quite sincere.


My younger daughter got completely fascinated with this game at the first time she watched its ad on TV.


Even though she had claimed it for her birthday present, she was so upset until she got Inazuma Eleven's latest software.
I know she's really into it as deeply as she watches it on Wednesday evenings, she also records every episode of it on video equipment in case she misses it.

My son wondered which to buy last month, and picked "Mag-kid" first.
But it was after getting it that he realized he had wanted Meteos more....and regretted and regretted, mumbled and mumbled....until I got it to him at second hand.
Of course I'm planning to auction his DS softwares he is less interested in now :(

I'm trying hard to catch my children's non-verbal feelings, and often think their purchasing actions have subliminal messages.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:37 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5708





 

blog title 娘2の誕生日 | My Younger Daughter's Birthday September 3, 2009

Happy birthday!!

The birthday gift for her is either of this:

I reserved it at a game store of course.


This is for my older daughter.
Her real birthday is one month later though.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:56 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5686





 

blog title 不覚!!!! |My Failure 

I completely forgot ordering my younger daughter's birthday cake!!!

I remember today is her birthday, but forgot that it is thoroughly prepared in advance, I mean

the cake!!!

She's seriously allergic to eggs and dairy products, which are fatal to her if she eats accidentaly.


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 4:21 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5679





 

blog title 吹奏楽の新曲 | Raiders March August 21, 2009


My younger daughter's school band is going to play "Raiders March" for the sports meet.
Last year they played "Ponyo", which will be played again for the community long life celebration.

"We must memorize Raiders March and Ponyo all at once...", she said and thoroughly listened to Raiders March firstly on YouTube, and finally she asked me to get it from a rental CD shop.
She listened and listened and listened to it with her score, I also listened beside her, and gradually have come to think

Playing Raiders March on the flute is much more harder than her summer assignments!!!

Maybe she uses most of her brain capacity for playing the flute.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:58 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5673





 

blog title 変態・・・だってさ | About My Eccentricity July 17, 2009

obentou090610.jpg

obentou090617.jpg

obentou090621.jpg

obentou070309.jpg

obentou070909.jpg

The day my family members or I need to bring lunch, I can't help taking pictures of the lunchbox.
It's quite embarrasing for my younger daughter to see me with my camera in front of the lunchbox, and one day she claimed,

You camera geek are wasting time by shooting my lunchbox

I do feel that lunchbox records are so useful to enhance my self esteem that I started taking pictures of the lunchboxes myself, inspired by this blog and that blog---they are just parts of my bookmark though---written by mothers very good at cooking.

I must be just unlucky being seen with my camera by my younger daughter680.gif
The time does come to my younger daughter too that she must do anything for keeping and enhancing her self esteem even in an eccentric way...or she already may do in a different way from mine...???


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:38 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5627





 

blog title たかがぬいぐるみ、されどぬいぐるみ|Magic Dolls  June 3, 2009

piyochanz.jpg
They are Piyo-chan and Pina-chan, now sold online only.
My younger daughter got Piyo-chan doll at the preschool bazaar, and she has loved it so much that she cried and sobbed and bought a new Piyo when she ruined the first one by vomitting.

She sleeps with them even now, but please don't laugh!
They are neccesary for her stress relief.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:29 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5558





 

blog title 遠足 & 修学旅行 | School Trips May 18, 2009

朝が戦場のようにせわしかったです。
1年生が筑波山へ遠足、3年生が京都・奈良へ修学旅行。。。。。。

私と夫で手分けして娘1と息子を送迎-------


特に心配した娘1も、どうにか間に合う時間に起床して出かけることができました(祝)


娘1は月並みな団体行動に莫大な充電時間を要するんだな~~~

と、改めて思いました。
幼稚園年齢になれば、当たり前のように付いて回る集団行動、団体行動。
できて当たり前なのではない。
できることは、できるようになることは、すばらしいのです♪

そして、かつてできたことができなくなってしまった人に「もう一度できるようになりなさい」ということがどんなに酷な事か・・・・・・も、今回思い知りました。
娘1は、学校で絶対遅れられない何かがあるたんびに、莫大な充電をするのか・・・?

車内一人カラオケの回数増えると、ガソリン代もかさむんです。
私の睡眠時間が削られたり・・・

それでも、

それでも、

それでも、

娘1の世界に静かに寄り添い、私自身がそこを楽しんでいかなければ、未来はないように思います。


「風切る翼」に出てくる、飛べなくなって渡りに乗り遅れてしまったクルルに寄り添い続けるカララのような気持ちになれれば、娘1の気持ちも落ち着くのだろうかなあ????


Today, my 9th grade elder daughter went to Kyoto for her school trip.
She COULD get up before six and reach Mito station on time!!!
What a relief....

My son also had his school trip, which was climbing Mt. Tsukuba.
7th graders climbed the mountain in groups, and he had a little tough time in the trip.
He enjoyed it in general...but missed souvenirs.

God bless him, please.......

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:12 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5529





 

blog title バザーの後で | After School Bazzar November 11, 2008


I brought our pack-away table to my children's school for my children's school bazzar.
But my mother is so worried that our table would be taken away by a stranger for it must be the newest of all that were offered for November 8 school bazzar.

I believe it won't taken away because all the tables and chairs have owners' names on them.
But she is still worried and tells me to get it back quickly.
Is she so suspecious?
Or is she so uninterested in community activities??


「エコ」をスローガンに掲げた、今年の小学校のバザー。
箸やスプーンは持参。包装袋なし、校内にゴミ箱も置かず、ごみは来校者持ち帰り。
「みんなが、環境をよりよくするために、ちょっとずつ苦労することを厭わない」ことを目指したのだそうだ・・・

今年は、ちょっと大変だったけど、慣れれば、経費もかなり節減できて、利益も上がってごみも減って・・・で、一石二鳥三鳥それ以上の効果がありそうなんだけど。。。

「とにかく自分ちのことさえしっかりやってりゃいいのよ」とどこかで思っているゴッドマザーの視線が、心なしか痛い。
いつも痛いけど、いつもに増して痛いかも。。。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:01 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5174





 

blog title 趣味がライバルなのか???| My Daughters' Jelousy on My Hobbies August 2, 2008

すたれそうですたれない、こいつ・・・
「飽きてるかな?」と手放した後で懐かしくなって、買い戻したりもしてる。

買い戻しゲー、うちには結構あるんです。
どうぶつの森しかり、ポケモン・エメラルド、ポケモン・リーフグリーン・・・(ポケモンはDS版が出てもGBA版の使い道があるってとこがすごく無駄がないと思う)

他にも・・・何だか大勢対戦型ゲーにどんどこ巻き込まれていきそうな自分がいます。

パソは・・・今時ADSLを娘1がジャック!!!!!!・・・でさ・・・・・・・・他にのびのびイキイキできるリアルな場、ないのか???んだけど、PC越し、ゲーム画面越しののびのびイキイキが生きてる実感なら、それにケチつけちゃいけないのかなあ????とも思ったり。


These days, I'm often asked to play my daughters' Nintendo DS games.
I had to make my avatar on "Doubutsu no Mori" too...

I wish I wanted to study English in a time I play with Nintendo DS.
Or rather I want to use it for my study of English!!

But....I feel my study of English is prevented by my daughters.
Are they jealous on English???

Maybe they're desperately looking for something they can share with me.

Well, I think it's natural.
Sharing hobbies in a family surely tighten family ties.
 

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 12:16 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4993





 

blog title 自分に勝つこと | Facing Our Weak Points July 9, 2008

子供に「勉強が滞ってばかりだから○○(子供の打ち込んでいる習い事やチーム活動)やめなさい」って言うのは簡単。
やめさすのだって、親が権力行使すればできないことはない。
だけど○○をやめれば、それに使っていた時間をすべて勉強に向けられるとは限らない。
○○をやめて一層無気力さを増す危険だってある。

子供にとって、○○がどのくらい大事なのか・・・
○○が子供にとって大切なものであればこそ、それを守る/続けるために、他の困難なことにも立ち向かわなきゃ。
○○が単なる道楽や気晴らしなのか、心の居場所なのか---それが問題だ。

そして、その○○を、40間近な私自身が、恥ずかしいかな、複数持っています。
複数の○○を続けていくために、家庭内で絶えず実母と闘っています。

子供に示しつかないですね・・・・・・汗


My younger daughter didn' go to school yesterday.
She said that she COULDN'T go because she had lots of unfinished Japanese and math assignments and was reluctant to take Japanese and math tests without preparation.
She repeated
"I know I have to go to school but I can't today, JUST today, ONLY today, I'm going from tomorrow, so please let me..."

The words above was quite the same as my elder daughter said sometimes at the deadlines of her assignments.

I consulted my husband about this matter and he said,
"she is just the same as her elder daughter, she avoids facing her disadvantages in her school life."
I've got so fearful.
The second selfish princess may be coming...
"Today" never ends in one day, it is repeated, she will want another "today" in her coming rough time...because it HAS BEEN repeated in absentees.
In my elder daughter's case, her refusals to go to school were repeated, at first occasionary, but they came to her more often, rather consecutively, and finally she lost her hope in school and has her days mainly at home...

I say to her, "you'll have choose one in your near future, the band and twirling or studying. You should quit the other one if you want better remarks and more time to study."
My husband told me that I didn't have to take the band and twirling away from her, but should teach her how to face her weak points staying in the band and her twirling team.

I don't want to force my younger daughter to leave the band and twirlking team, but I have to be strict for I just need to tell her the importance of studying regularly every day.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:11 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4911





 

blog title 「居場所」と「絆」|Nobody Can Live Completely Alone June 23, 2008

今、この本が、私の心の本棚のすごく目立つ所にあります。
今年2月に、5年生(今の小6世代)に朝の読み聞かせで読んだのですが、私の中ではフィクションで収まってませんでした。
群れの1羽がきつねに襲われて死んだことを非難されて、悲しみのあまり飛べなくなってしまった鶴の話なんですが・・・
「人は”自分が一人ぼっちゃじゃない”と気づくと、力がわいてくるものなんだなあ」
ってことを教えてくれます。

このお話、基本的にはハッピーエンディングです。
-----が!!!!
今の芝山には、個人的に非常~~~~~~~~に重たいんです。


Since last autumn, my elder daughter has more of her weekdays staying at home.
She says that she won't go to school because she has got so uninteresting in studying the classes seems no use for her.
My godmother advised her one day, "You study more even if you stay home all day. Studying will make the classes more interesting."
And she told ME to LEAD her to study......

When she advises something to my daughters, she encourages them ordinarily at first. But if they rebel to her, she commands me to lead them to obey her!!!
The mother is the key to good children---she may believe in her subconscious, which she never tries to face.

It has been six months since my elder daughter became an "absentee".
My mother thinks studiousness will solve her problems, and my husband supposes her uncommunicative personality may be her obstacles to her school life.

I always wonder where my elder daughter's hopeless way of thinking comes from and consult various kinds of specialists about it, they give me very severe facts.
My 13 year-old daughter sometimes mumbles her current feelings to me, which I think are some of her true feelings.

I consider their words, and become sometimes horrible, sometimes desperate, and totally, at a loss.
That's why I need third party's opinions.
But she despises me consulting specialists about her. She says she feels as if I revealed my family's secrets to others to make her feel isolated...

These days I often recall the book "Kaze Kiru Tsubasa(風切る翼)" by Yuichi Kimura I read to fifth graders in class in February, whenever I see them playing or reading comic books together.
But my younger daughter rather rejects to act "the friend crane" so far.
Who can become my elder daughter's "friend crane"? Maybe he/she is the savior to my family!!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 1:45 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4871





 

blog title 目指す生徒像とノーマライゼーション | Thinking of School Slogans June 5, 2008

今日、始業に間に合うために、上の娘はほとんど一睡もせずに過ごしました。
眠れなかったようです。
眠らないででも、始業に間に合わねば・・・・・・と思ったのかもしれません。

胸が痛みます。
娘の「自分の時間割」と学校の時間割のギャップに・・・


My elder daughter went to school on time today.
It's not a special thing though, but today she arrived at school on time for the first time this year.

Since she was diagnosed with OD and adjustment disorders last autumn, she has been living a very selfish life.
She gets so angry when she is told to get up, but she remains in bed as long as she likes if there is no one to wake her up.
She doesn't feel she is resisting her school rules, saying "I'm just doing what I want. Is it wrong???"
She sometimes feels embarrassed when she sleeps in, but she never hurries to school.
She reluctantly goes to school very late, or she chooses to stay at home when she is embarrassed about being late.

I already told teachers that my daughter has become idle and self-centered because of her mental diseases, but it's also true, sadly, that her selfish attitude at school may reduce students' motivations.
I was scolded by my mother yesterday that I had to do my very best to arrange her happy school life though.

Should public schools accept any kinds of students who want to enter and absentees who want to stay resistered?
A few decades ago, I heard some handicapped students in junior high who were allowed to enter public schools and helped by whole students and teachers there.
But I don't think junior high students and teachers have enough time and energy to help only a few students with handicaps or trouble altogether.
They are too busy to manage themselves.
All of us must stand on our feet!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 1:52 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4846





 

blog title 心のサンドバッグ|Human Punching Bags April 14, 2008

今時の子は、サンドバッグ役の大人を持って、彼/彼女に思い切りその日の毒を吐き付けて、辛うじて心のバランスを保ってるのかなあ?

…て、この頃思います。
娘2人は、ほぼ私をサンドバッグにしてる(-"-;)下剋上だい、まったく…
あごで用足しに使い、暴言を当て…他では言えない「バカ」「ボケ」「キモい」をまくし、殴る、蹴る、のし掛かる…

まだボディブロー類は全部受けられますし、多少は止めることもできます。

母は「子供にナメられててどーすんの?」て言いますが、
「うちの娘たちのサンドバッグがたまたま私なだけ。親に当たらない子は親の知らないところで誰かの身と心をぼこぼこにして辛うじて心の安定保ってるの。どんなに頭で理解しても、ボコボコにされる側はたまんないけどさ。
ちなみに私は子供たちが自分の知らないとこで誰かにウサ当ててボコボコにしてたとしたらば、むしろ許せないし、多大な迷惑かけたと思うな」
…て、言いました。

そしたら母、
「親に対して従順なら、知らないとこで荒れてたっていーじゃない」
と、「自子中」のシッポ出しました。ハッハッハ
自子中な親の外弁慶な子供が、いじめだ非行だなんだを引き起こしてるのになあ…

何か無心に打ち込める趣味特技があれば、心のサンドバッグはいらなくなるんだけどなあ。
趣味をドーラクだとかバカにしてほしくないね(-"-;)

夕方になれば、サンドバッグタイムが始まるよ。
子供たちの居ぬ間に、外国語やアクアで自分を癒そう。

最後に、意外と気付きにくいこと…サンドバッグも、打たれ蹴られ続ければ綻びるし、小さな綻びをほおっておけば壊れて打ったり蹴ったりできなくなるの。
実物も、サンドバッグ役の人間も、おんなじ。


These days, I often feel as if I were my daughters' punching bag.
They always tease me, indulge me, say my dishes are yucky, whatever, BUT (this is very important) they ask me lots and lots of favors!!!
Sometimes they yearn for toys, games, sometimes ask me to take them out for shopping.

If I take them out, my cleaning time at home has to be cut down.
And they blame me "clean the rooms more desperately", unaware that it's them to prevent me from cleaning....

If I say strictly to them "do your homework", they answer "later when we're in the mood of it".
But I never see my elder daughter study after that and my younger daughter starts her homework from next morning, just before she leave home for school!!!
And!!!!!!!
It's more serious when I keep my cool without scolding them.

They just enjoy themselves as much as they like with games, comic books and chatting until they become sleepy.........

.......and answer back the next day,

"I didn't do my homework yesterday 'cause you didn't say study last night!!!"

Holy Jesus!!!!
They say it's all MY fault!!!!

Also, they once said they needed to be cruel to me to be good to OTHER people.....
What shall I do??????

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:49 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4805





 

blog title 長女の中2らいふ|My Elder Daughter's Second Year in Junior High School April 8, 2008

Since Last Autumn, she has been ill especially in the morning.
She often remains in bed even after her school start time.
She says it very tough for her to get ready for school quickly around an hour.

Her school sports teams start morning practices at 7:30 a.m. and the school band seems to start earlier, and the classroom activities start at 8:10.
The problem is.........................
when she gets up at 6:30, I, not only me but other family members think she can make it to her morning practice, "Oh,no!! I've slept in!!! I can't make it any longer, it's no use if I join the practice late", she persists.
She just loathes hectic mornings, but I can't help feeling something unnatural in her behavior.

The doctor tells me OD patients become ill easily in hectic situations, and I understand that I should not scold her often even if she behaves lazily, BUT......


I can't stand imaging that she JUSTIFIES her slow and irresponsible lifestyle for her OD, without any effort to get along at school.

So this morning too, I was strict to her on purpose.
But after her leaving home, my heart was filled with relief...


かぼちゃパン弁当のはずだったが、手持ち惣菜の都合でおかずが煮こんにゃく( ~っ~)/

かぼちゃパンは朝食に食べ、前日仕込んだ炊き込みご飯と麦茶を持って、長女は学校へ行きました。

朝から暴風雨なので
車利用wwwご所望でしたが、それでも私たち親やばあちゃんに起こされずに自力で起きて学校へ行くのだから「ま、いっか」とf^_^;

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:23 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4803





 

blog title 癒しを求める娘たち | My Daughters' Hobbies February 8, 2008


My daughters have been deeply into pet fish since last month.
Last month, they wanted me to get bee shrimps, which were very expensive and difficult to keep.

I have had various kinds of pet fish for more than five years though, but the first one was simple cheap goldfish.
I started tropical fish in the spring of 2006, which were more costly but more beautiful.
They are easier to keep than goldfish in winter, but much more difficult in summer.
We may think tropical fish is strong in hot weather since they live in hot countries, but it is not true.
We need to get their tanks air-conditioned in summer!! ---we need to control their tank water temperatures flat the year round.

Fish and shrimps refresh me and my daughters a lot, but they consume lots of electricity too.
That's why my mother loaths pet fish...
She is uninterested in foreign languages and despise me for murmuring English during my housework.


母のもうひとつ嫌いなもの・・・ありました。

アクアリウム

電力消費するし、水槽周り濡れるし・・・「嫌いな人にはうざったいもんだろうな」とは、容易に想像できます。
だけど、私や娘たちは、水槽の中の生き物や水草たちに癒されています。
困りもんです・・・

「家」そのものな母だけに・・・
母を笑顔にするための趣味ごと我慢と、われらがつらいこと・悲しいことに耐え抜くための「癒しの存在(=趣味ごと含む)」との折り合い、ほんと難しいです。
英語だけじゃないってとこが、また根が深い(-_-;)

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:25 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4563





 

blog title 「私」になる | Meeting My Self December 19, 2007

ma_beyourself.jpg
近所の電器店の安売りでもらってきた、相田みつをさんの言葉入りの湯飲み。
写真は、上の娘用のなんだけど、この言葉が、今、猛烈に私の心に突き刺さっています。

---彼女が、自分が自分になってないように映るから。

「自分とリヴリーと、どっちが大事?」って何気なく聞いた時、「リヴリー。自分なんてどうだっていい」と答えた彼女。
この時、「専門家の力を借りよう」と、腹を決めました。

しかし、家での上の娘との問答(実際あったことなのに)を私が第三者(お医者さんとか)に話せば、彼女は「私はそんなんじゃない」というような険しい形相で私を見るのだとか。

昨夜、たけしの本当は怖い家庭の医学で、アレキシサイミア(説明)という言葉を初めて聞きました。


(1)本音を打ち明けられない
(2)何を考えてるかわからないと言われることが多い

---が、危険因子だそうです。

上の娘は、今月に入って、病院でいつもお世話になっている先生に

自分の気持ち、自分自身でわかってないんじゃないかな???

---と言われました。
そして、大人がどんなに表層の彼女を見て助言を与えても、表層の彼女は「本当の彼女」とは違う人だから、他人の眼に映る彼女をどんなにほめても、「本当の彼女」が興味あることでないことはすべてスルーになる・・・・と説明を受けたら、何だか合点が行きました。

「自分の気持ちを自分でわかってる」状態って、他人に映ってる自分と「本当の自分」が互いを認め合ってる、言い換えればそれぞれを(違っているならば違っていると)自覚していることだし、もし自覚してるなら、「自分より●●(自分以外の別のもの)が大事」なんて言葉、出てこないし・・・

思い返せば、小学校時代まで「まじめでしっかりしてる」と周囲に言われていた彼女は、実は私と家の大人たちが必死に操演してきた、いわばマリオネットみたいなもの。
操られる(大人からの指導・助言に従う)ことを拒んでみたら、今さら自力で動くことができず、現在見た目とりあえず家にいる。

彼女は来年から本格的に、臨床心理士のもとで治療や指導を受けます。
自分の気持ちを知って、真に「自分になる」ために。


このエントリーの英語化は、もう少し「アレキシサイミア」やその他心身の不調について、知識を増やして気持ちを整理してからにします。
英語版Wikipediaには日本語版以上に詳しい説明が載ってるけど、まずこれ読んで用語の勉強・・・かな。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:44 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4414





 

blog title サンタ冒涜?? | Is Santa Almighty? December 14, 2007

お子さんのいる方は、この時期「お子さんへのクリプレ」に頭を悩ますことが、多少たりともあると思います。

ぶっちゃけた話、クリスマスプレゼントなんて、あげたくないよ(--〆)

って気持ちが心をよぎったこと、ありませんか?

私は、今年この気持ち、感じてます。

「サンタさんって、私たちの欲しいもの、なんでもくれるんだよね(*^^)v」

て上の娘が目くばせしてきた時、私の堪忍袋の緒が、ピシっ--------------と音をたてました。

上の娘>下の娘≧息子の順に、いろんなものを、1つ1つはさほど高価ではないもの(そこそこ高いものもあるぞ)だけど、チマチマ、チマチマとねだって、それも「今を逃したらもう手に入らない」の決め台詞付きで求めるもんだから、こちらもモノがあるうちに許可してきました。

クリスマス以外の時に小出しにギフトを求め、かつゲットに成功しているから(=親から見たら”与えてしまってきたから”)、いざクリスマスになった時に、「心の底からほしい」と思うものなど湧き上がってこないでしょう。

その方針を改めねばならないことは、百も承知です。
あとは「改め」をいつ、どう実行するかのみ。

---私は、「クリスマスは子供が”サンタさん”からプレゼントをもらう日」という概念を打ち壊すことも、家庭事情によってはアリ、と思います。
子供にクリスマスプレゼントをあげることは、親の義務では決してないです。
「サンタが町にやってくる」の英語歌詞を熟読すれば、サンタクロースはただ子供たちにプレゼントを配るだけの人でないことは明白です。

You better watch out You better not cry Better not pout I'm telling you why

Santa Clause is coming to town


He's making a list

And checking it twice;

Gonna find out

Who's naughty and nice

Santa Claus is coming to town


He sees you when you're sleeping

He knows when you're awake

He knows if you've been bad or good

So be good for goodness sake!


O! You better watch out!

You better not cry

Better not pout

I'm telling you why

Santa Claus is coming to town

Santa Claus is coming to town

2段落目に、サンタがプレゼントを配る前の諸準備が述べられています。
「子供たちのリストを作って、二度チェックする、リストを見れば誰がいい子か悪い子かわかる・・・」と。
naughtyだから・・・特にイギリス英語では

子供が行儀が悪い、目上の人に従わない
(電子辞書の英英:---behaving badly; not willing to obey)

種の「悪い」です。

また、3段落目を見ると、3行目:
He knows if you'VE BEEN bad or good
とあるんで、「クリスマスシーズンの頃だけいい子にしているような子はいい子リストには載らない」のだから、極端な話、サンタクロースからプレゼントを貰えないだろう子供は、決してゼロではないんじゃないかな・・・と。
---これを親の立場から解釈すると・・・
「サンタ業は必ずしなければならないものではない」
「プレゼントを手にすることで健全育成が損なわれるような子にはプレゼントを与えないこともできる」

のかな????
な~~~んてね。

なお、「今を逃すと手に入らない」ものが多すぎる点については、玩具やゲーム製造元様も、子供たちが安心してクリスマスまで待てるように、貴社製品のマーケティング戦略を考え直して、子供たちの健全育成にご協力いただきたいと、心から思います。


---この日の英語版日記は、ちょこっと編集して別途公開します。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 2:28 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4379





 

blog title Building Self Confidence [English] November 22, 2007

In the previous entry, I wrote about the importance of self confidence.
What we call "strong" people have attained it already, so they can keep their cool and always be what they are.

"It's completely up to you to create an image of the one you can never beat, you all can win shiais if you just do what you have learned through your practices after having self confidence."

---his son's kendo teachers always say to their students, even after shiais.

zeisakubun_awarding.jpg
The day before yesterday, there was an awarding celemony of the essay contest for junior high students at Ibaraki Prefectural Library.
It was one of the assignments given for summer vacation.
My elder daughter's slogan (that was not a summer assignment but a work she did at social studies class) got a prize, but this time, I couldn't delight the prize.
I know I SHOULD delight it, but I was too worn out to do it in the days with my elder daughter sleeping late until before noon and sometimes staying at home all day.

Or rather,

She would be a NEET who waste national tax if I accepted her current lifstyle, I must correct it.

---I thought after the celemony.

These days, she gets up over 9 a.m., and sometimes after noon.
One of her doctors said that it was because of hypoglycemia, which made her wake up late and idly stay at home.
I've been struggling hard to look for a place to study with flexible schedules for her, hoping that she will get used to become active from the mornig.
I'm studying about low-carbohydrate diet, that is very good for irritation and apathy from hypoglycemia, hoping that she can enjoy her school again when she recovers her health.

Now I believe it's essential to live a stable life in her future, even though she ends up in a homemaker or interior decorator, it IS very important to be able to get up early and to be active at daytime.


Yesterday, she went to school while I was out looking for a private school with flexible schedule.
My mother took her by taxi on the way to her business.
I didn't expect her to go to school, and thought it a real big progress.
But I wondered one thing and asked her:

"Why do you refuse school lunch?"

She answered, "there's very little things I enjoy eating; some of them I hate, the others I'm allergic to."
"Is it possible for you to bring a lunchbox with you or have luch at home?", I said. But school lunch was her top secret she didn't want to talk about.

"School with no school lunch is my favorite place!! I don't even need good remarks for it, since I'm an USELESS person you know."
---she got so furious and was stubbornly shut in the car sobbing.

I found her self conficence was severely ruined, and it was us adults to ruin it subliminally, so she had to withdraw...



投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:31 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4306





 

blog title インターネットは世界への扉 | The Internet Is Kind of Like a Door to the World October 25, 2007

英語版タイトルは、「岩村圭南のセンテンス・オブ・ザ・デイ」でも出てきたものですが、10/22の文化講演会を聞いて、全身で実感しました。

いい意味でも、悪い意味ででも、インターネットは「世界へのドア」です。
ただ、ネット上に広がってる「世界」は、子供たちが興味本位で飛び出していくには、あまりに危険すぎる・・・だけど、インターネット世界は、大人が子供に「危ないから行くのやめなさい」と封鎖して済むことではないところが、非常に厄介。
今の大人社会でペーパーレス化が止まらない・・・自分の子供時代は紙の書類でやりとりしていたものが、Eメールやウェブエージに置き換わって、物理的にかさばらないのをいいことに、どんどん増殖している・・・

親が(特にお母さんが)PCやネットに興味ないのに、子供は携帯やネット界に興味津々(^^♪

---て家庭が増えてるのか、思えば中学でも携帯やネットの子供の成長への影響に関する講演会が催されました。


「ネットのこと詳しくないの」では済まされないわよ。

とか

子供がよく行くネットコンテンツやプレイしているエンタメツールを把握しましょう。

---と、講師の方は終始訴えていらっしゃいました。

確かに我々大人たちは、気を引き締めて、身も引き締めて向わなければならない問題ですが・・・


「ネットって、危ないんなら近づかないでほしい」

---とお考えの方だって、少なからずいるんじゃないかなあ。
うちの母もそうだし。
実際、ネットの中には子どもたちの健全育成にとって有害な物や情報、多々あります。携帯サイトのほうがひどい・・
有害/無害の問題でなく、新聞やTV以上に「知らないままでいるほうが幸せだ」と感じるニュースやコンテンツにあふれています。
それなら、「自分も子供たちもPCやネットを積極的にしなきゃいいのよ」と、古き良き伝統的なアナログライフを楽しむって選択肢もまたアリなんじゃないかなぁ・・・なんて思ってみたり。


講演を聞きながら頭をよぎった、もうひとつの命題。

私は果たして、子供が読んでも安心なコンテンツを作っているだろうか???

「子供に見られたらどうしよう?」と少しでも思うことは、ブログの話題にするのを控えたほうがよさそうだ。
うちの娘、自分でもブログしてるけど(「ブログを単なる愚痴の吐きだめ場にしてはいけない。読み手を明るい気持ちにする話題を、誠実な気持ちで書きなさい」との指導は日々してますが・・・)、私のブログはこっそりブクマしても、彼女のブログを私に告知してはこないからなぁぁぁぁ~~~


思春期の子の心ン中の茨の森に切り込んでいくのは、ホント勇気要ります。
自分が子供以上に子供になって、一緒になって子供が見聞きしてるもの楽しまないと、子供と行きつけネットページやなんかの話なんてできません。
なんか変な気持ち。

どんなに時代が変わっても、人の心は変わらない

が、母が古典が好きな理由。
本来なら、時代がどんなに変わっても、「ならぬものはならぬ」のです。

「規制/禁止は、子供たちを守るため」とは言っても、子供たちがそれに気づくのは、彼ら自身が大人になってから。
厳しい規制の裏の深い愛情(くさくてすみません)を、子供である「今」感じてもらいたいなら、規制・禁止・フィルタリングばっかりでは、うちの子の場合、悲しいかな、むしろ引いたり、反発します。

怪しいもののフィルタリングに追われていらだつ時間で、「いいもの」「本物」を子供たちと一緒に楽しんでいきたいものです。
普遍なものを発信しよう。
読んで聞いて「感動できる」ものを発信しよう。
---それが、私流の、子供たちへのインターネット教育。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:07 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4213





 

blog title 豆腐の日に、固い意志を以て・・・ | My Firm Decision on "Tofus' Day" October 3, 2007

昨日は、「豆腐の日」だったようです。

toeicds_33.jpg
画像悪すぎるんで・・・

han-nari-2.jpg
代わりに「はんなり豆腐」でお楽しみください★

---なんて冗談とは裏腹に、私は、鋼よりもダイヤモンドよりも固い執念を以て、上の娘との勝負に出ました。

彼女の「学習習慣」を取り戻すために・・・
彼女の、今後の明るい人生のために・・・

tv_uragawa.jpg
子どもたちが帰ってくるまでに、居間のTVの配線を切って・・・

internet_not_available.jpg
インターネットのモデムも、どこかの線を切っておきます。
PC端末ごと隠しても、デスクトップが使えたら意味がないので・・・その辺は徹底的にv

昨日彼女が帰宅後、ネット接続寸断を知ったら、ものすごい剣幕で向かってくるかと思いきや・・・

いつかはこの日がくると思った。 ネット切られても、仕方ないよね、自分・・・

---「でも勉強はしないぞ!!!」だって。

私はず~っとネット差し押さえにするつもりはないのだけど、
ただ、「勉強が済んでから」と思って、宿題などする間だけ、誘惑されないようにモデムを切っていたのだけど・・・

「あなたが勉強始めるまで、私、夕食食べない。」

・・・と、意地の張り合い合戦を始めてしまった、私。

意地っ張り親子の、意地と意地のぶつかり合い。
「豆腐の日」なんだから、お手柔らかに・・・ともいかず

私は結局夕食抜きで過ごし、
彼女は今日未明まで「眠いけど、勉強しなくちゃダメ?」とうなりました。
「もう疲れたから眠らしてください、って言えば寝てもいいよ」と、私。

昨日の勝負は、引き分け。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

These days, I feel "the digital world" growing so rapidly, which is described in "Digimon Adventure" series.

The first animation was broadcast from April 1999 to March 2000, and I firstly watched it with my children in about December of 1999, and gradually got into it.
It was from 2000 to 2002 when we eagerly watched "Digimon" series on TV.
My elder daughter at that time fascinated the digimons, but I felt in each story something so grave, even philosophical, containing a warning to Japan in the near future.

I remember hearing the words
"The gate of the digital world opens where there's a PC",

in Digimon Adventure 02 (Season 2), and now that PCs and the internet became so popular amoung us, I'm afraid that my elder daughter has felt more eased in the digital world (=while she is on the net) than in her real daily life.

Actually, there are a lot of absured adults and society in our real life, for example, sexual perverts and annonymous frauds.
Some popular TV programs are so vulgar that I loathe them and don't want to watch them to my children.
We adults can't always blame children if they have no dreams, aims, or ambitions in this harsh and cruel world.

I've found some online entertainments less vulgar to youths than absured talk shows on TV, so I was less nervous to my elder daughter surfing the net until last month.
But...this month...I thought she has dropped into the digital world, since she refuses to do her assignments, prefers sitting up late to getting up early, and what I concern the most is that promises with online friends have become important than those with her parents and grandparents to my elder daughter.

So, I decided that I disconnect the TV cable and the internet modem every day before my children come home.
I must show my children how slowly and gently time goes in the world without mass media.

Oh, I'd better be going!! Here they come, I should log out quickly and turn off my laptop...

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:16 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4109





 

blog title 「普通」のありがたさ | I Feel Like I Was Judged a Bad Mother September 12, 2007

恐れていたものが・・・やってきました。

上の娘の、朝起きられないループ(-"-)

日曜日の剣道の試合の時、8時集合のところを4時前から起きて全身マッサージすること1時間強でようやく活動していたことを考えれば、やってきても決して不思議ではないのだけど。
それでも、実際来てしまうと、その光景は地獄絵図のようです・・・「今まで普通にできていたことができなくなった」時って・・・

私の頭の中では、日々登校時間/集合時間-上の娘が起き上がるまでに要する時間の逆算が始まります。
起き上がるまでに約3時間を要するとなると、7時半集合→学校までの移動→出がけの宿題(情けないかな、出がけにしか燃えないのです)→朝食はじめ→気付けの朝シャワー→おめざのミルクティー→1時間強のマッサージ、4時半までに上の娘に起床の第一声をしなければならない、5時に起きるのでは大寝坊・・・たとえ当人が起きられなくても、「私が5時に起こしにきた」のはすべて私の寝坊という名の過失・100対0なもんで、もう~~~~必死です。
それこそ、寝坊防止のため徹夜でもしないと不可能(ー3ー).。oO

---なところ、今週は、私がどんなに頑張っても5時半にしか活動開始できなかったのです。
5時半に起こしに行って、マッサージ開始したら・・・私の中では授業時間が来ても昏々と眠り続け、日も高くなったころにへらへらと起きてくる、怠惰な娘の青写真が・・・(∥ ̄■ ̄∥)

低血圧発作でひどい寝坊が起こることは、ODや低血圧のサイトなどでもかじっていました。
が、自分の子供がそうなったのを見ると、たとえODの診断がついてて、低血圧や自律神経発作のためとは聞かされていても、

私の親としての姿勢に、過ちがあったのだろうか???

---と思う気持ちを止められません。

思春期には、子供の生活態度、学習態度に波が立つことは、思ったほど珍しいことではないそうなのだけど、芝山一族(!!)が、偶然たまたま、母方の実家や親戚筋含めて学業も素行も折り紙つきに優秀者揃いなもんで(注:私は諸成績は一族中再下位な恥さらし者です)、この状況は猛烈にこたえるのです。。。。。。

なんたって、私の母、以前

「不登校や生活の乱れは母親の育て方に過失や難があるから起こるのだ」

---て豪語したことありますから、その時の口調が脳裏に響いて、今でも響いて・・・・・・ややもするととてつもなくどんよりしてしまいます。

だから、夏休みのうちに子供たちが赤ちゃん時代からお世話になっている主治医の先生に症状を話して、娘に各種検査を受けさせて、ODの診断がつけば、学校の先生方にも包み隠さずODのことを伝えました。「母に何か言われても、学校や病院の先生方が後ろ盾になってくれる」ことを期待して。

そして、娘の大変な時だからこそ、空元気ででもいいから私が気持ち高めて、いつもパワー全開に楽しそうに日々を過さなくちゃ!!!
---というわけで、眠ってたりぐたぐたやってる娘の前で、これ見よがしに基礎英語1本放送と、トークマスター2に録りためたバックナンバーを聞きまくりました。
toeicds_17.jpg
もちろん「電子花」の世話も、欠かしません。
ちなみに今日は、宇宙の日でした・・・・知らなかった(-_-)

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:15 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4004





 

blog title Swimming for Children with Eczema [English] August 18, 2007

My three children were told from their doctor that they were all atopic in their infancy.
All of them have sensitive skins and food allergy to particular products, but only my elder daughter has chronic eczema.
My son often gets severe heat rash in summer and used to suffer from nose bleeding, and my younger daughter has asthma.
Each of them needs different medicines, ointments, and inhalers, but it seems for other people that my children understand each other's diseases since they are all atopic.

But, unluckily, my elder daughter have had sad times in swimming classes at school and kindergarten because of her eczema.
Even on a intolerably hot day, she hasn't been able to swim in the pool or the sea.
I understand that is her very big problem, the much much bigger one than I imagine, which makes her inconfident somehow.

Severe eczema often prevents patients from sleeping tight.
Eczema children's parents make efforts to keep their skins smooth, and try everything good for them---particular supplement pills, famous doctors visits however far their offices are from their house, special soaps or shampoos and so on.
Actually, I chose to use soaps made by DHC, since I read on a brochure that they were gentle to skins with eczema.
But the biggest effort I've made for soothing eczema is to curb my children's desire for swimming, or rather, I've ignored their unconscious interest in it, because I'd been so afraid of chlorinated water of swimming pools.

hororu-no-yu.jpg

hororu-no-yu-evening.jpg

About three years ago, the public spa named "Hororu-no-Yu (meaning "Owls' Spa"?)" was opened in Johoku town (now it's Shirosato town).
It has two indoor bathrooms and one outdoor tub, and also an indoor swimming pool with lightly chlorinated water compared with public outdoor pools and swimming club pools.
All of my family were so relieved to hear it, and began to go there at least once in summer.

Even though my children are not so good at swimming, they've come to enjoy it.
To my surprise, my elder daughter said in the pool the other day,

"Swimming is a big fun even though my face is sore!!"

I'd considered I must have prevented things which made her eczema worse or sore.
But that was not really what she needed to control it, I realized what I thought "care" sometimes ruined her potential and even discouraged her a lot.

These days, my younger daughter's skin condition is getting worse.
She says her legs and feet itch severely.
She hasn't had asthma attacks for over a year, but I'm worrying she will get eczema instead in her adolescence like her big sister.

But I'm sure I'll be less upset, and think I will be able to give her more chance to content her needs and dreams.
Now I've learned that self contentment is the best medicine for eczema.


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:27 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3850





 

blog title アトピーっ子とプール | Swimming for Children with Eczema August 16, 2007

うちの子供たちは、小さい頃、3人そろってアトピー性皮膚炎の診断を受けました。
症状の強さこそ、三者三様だったけど。
皮膚症状が一番ひどかったのが、上の娘。
下の2人はいわゆる「アトピー(皮膚がゴワゴワするくらいびっしりブツブツができるやつ)」にはならなかったけど、汗疹がひどかったり、とびひにになりやすかったり・・・の形でした。

皮膚症状の強かった上の子に対しては、当人以上に親のほうがプールに尻込みしたように思います。
「悪化させちゃ、大変」と。。。
彼女の幼児期のアトピーっ子へのプール対処は、今と比べると消極論が強かったように感じるし。

小学校時代はアトピーが小康状態に入っていたので、学校のプールは参加しました。
顔を水につけることは、怖くなくできます。
だけど、小6後半から、顔の湿疹が目立ってきて、中学生の今は、顔一面湿疹で覆われてしまっているありさま。
---かつての公式にのっとって、体育のプールは見学させました。
1学期、全休でした( 一一)
「体育の成績は(素点どおりに)つけられない」と、教科担任に言われたことをプレッシャーに感じたこともありました。

---が、この猛暑で、ついに家族でプールに行きました。
温泉併設の、ホロルの湯室内プールへ。
顔一面アトピーの上の娘、いさんで支度をしていました。
肌がしみ始めたら入浴すればいいので、安心なようなのです。

プールでも、下のきょうだいの面倒をよく見て、フリースペース(練習場として仕切った1コースです)でけのび練習に励んでいました。
面かぶりクロールに行きつけばもっと長く泳げるのがわかるけど(芝山は水泳経験者v)、挑戦せず、だけどけのびだけは黙々と・・・
患部がしみないか聞くと・・・予期せぬ答えが。

しみるほうが、かゆみよりつらくない

小さい頃、アトピーを恐れずにもっとプールに連れて行けば、別の人生があっただろうなあ。
スイミングクラブだって、練習後すぐお風呂に入れば通えたかもしれない。
陸上種目の体育が苦手でも、25m完泳できればそれだけで世界が変わるから・・・(体感済み)

泳ぐ楽しさを味わわせてあげられなくて、ごめんね

プールで子供たちを見守りながら、心の中で何度も何度も上の娘に頭を下げました。
言葉なくわびても彼女のアトピーが良くなるわけではないけれど、せめてうちの上の娘よりも小さなアトピーっ子たちは、泳ぐ楽しさを知って大人になってほしいし、彼らの親御さんには、アトピーを理由にプールや海水浴をあきらめたり、子供に禁じたりしないでほしいです。

かゆみがまぎれることが、アトピー管理には一番大事なのだから。


おとといのプールの帰り、上の娘は、「もし2学期の猛暑の日や2年次以降は、たとえ顔一面アトピーができていてもプールに入る」と言いました。
体育の評定を気にしてばかりでもなさそうでした。
私も、これからは止めないつもりです。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:03 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3840





 

blog title About Orthostatic Dysregulation [English] August 10, 2007

8/9の日記の英語版です。
日本語でさえも消化できない、非常に難しい話題だけど、できる範囲で英語化に挑戦します。

なお、この日記はタイマー投稿によるものです。

---------------------------------

My elder daughter and I were told from the doctors that we had orthostatic dysregulation (OD).
Both she and I have serious fatigue with headache sometimes, especially she is occasionary unable to go to school.
I'm a little better than she about fatigue though, but I have several days in total resting almost all day suffering from fatigue and dizziness in a year.

This summer, my elder daughter checked the blood pressure and took a blood test at the hospital when she was absent from her kendo practice, and the doctor told her she was so hypotensial and also had OD.
I went to the physician's office alone one day when I felt very exhausted, and told him that I had sudden fatique with light headache and appetite loss occasionally, about several days in a year.
He checked my blood pressure and said it was so low that I needed medication.
At that time I took a blood test too, but the result was not bad. So it was proved that my fatique was caused from OD with hypotension.
OD never includes anemia or other blood disorders.

I was advised from my children's home doctor that I should be less strict to my elder daughter even though she was lazy with very little study.
She also said sharing her hobbies with someone was very effective for her to conquer her OD, having fun with family members were quite important.
Since then, I say to her "How is your homework going?", but I don't scold her if she does no homework all day. I' m just waiting for the moment when she begins her homework and her study spontaneously.

As for me...
I was told that pressuring myself was not good for me, including doing my very best in something to my heart's content.
He also said rising early and going to bed early were essential to cope with OD.
I ordinally feel sleepy early, from around 9 p.m. and go to bed by eleven o'clock, but sometimes I get too excited to sleep. I know it's no good for my health, but I can't stop it, because...

That's the high time I get inspired to write in my diary, especially in English!!!

Maybe I'll go mad if I'm suspended to study English even for keeping good health.
I LOVE English that much!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 7:40 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3805





 

blog title 低血圧だって油断大敵 | About Orthostatic Dysregulation August 9, 2007

低血圧=朝に弱い

とか

高血圧よりも低血圧のほうがほおっておいても安心

などと言われるのをよく耳にしますが・・・

私は、これらにあえて異議を唱えます。

ほおっておいてはいけない低血圧もあるんだ

と。

最高血圧(「上」と呼ぶ血圧値)が100未満、最低血圧(「下」)が60未満をともに満たす場合は、放置してはいけないんです・・・
血圧も、下がりすぎると、猛烈な倦怠感に見舞われます。寝ても寝ても寝足りない、頭が痛い、めまいがする・・・などの不快症状が出て、はたから見ると「何怠けてんだ???」という様子になります。
だけど当人はきちんと活動したいのに体がどうしても動かない・・・それが、放置してはいけない低血圧状態です。

「低血圧」といっても、年がら年中低いわけではありません。
発作的に「熱もない、おなかも悪くないのにどうしても動けない状態」がやってきて、その時血圧を測ってみると上、下共に異常に低いんです。
血圧が安定してる時は、元気があります。
集団生活に影響するような朝寝坊をしょっちゅうするわけでもありません。

その、「危険な低血圧」の体質を、私と上の娘が持っていることが、この夏わかりました。
2人して「 起立性調節障害(OD=Orthostatic Dysregulation)」の診断です(+_+)(詳細はこちら

私は薬(メトリジンD 2錠/1回×朝晩)のお世話になっていますが、娘は常時薬を飲むのが苦手なんで、主治医の先生と相談のうえ、服薬なしです。
服薬なしとなると、患者本人は日付の変わる前に眠ること、周囲は「がんばれ」「しっかりしろ」の激励を控える、できた時に大いに褒めることが治療(というかコントロール)の両輪となります。

「がんばる」「しっかりする」が負担になりやすい性質なのは、私も同じです。---が、私はボロッボロになりながらも何かをやり遂げるのが好きだし、周りの人に褒められたい・喜ばれるためなら苦労も苦労に感じなくなってしまうところが、実はODコントロールにはよくないことが、この夏にわかりました。
「がんばって、がんばって、がんばりきって、完全燃焼したーーー!!!」の向こうには、輝かしい栄光でなく、OD倦怠感発作を起こす危険が待っているから・・・体を保護するために、「やったぞー」と思う手前で切り上げる習慣を作らなければならなくなったんです。

困ったなぁ(^.^)/~~~
外国語マスターにも、燃えられなくなるのかなあ。
「そこそこ」で満足は、何か妥協するみたいでいやだ。
外国語上達のためなら、命削ったって惜しくない。英語せずに長生きしても、精神的に死んでるみたいでいや(-"-)
---あ、こういう性格が、ODを悪くするんだった。。。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:34 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3804





 

blog title 近未来が描けない・・・ | My Elder Daughter's Uncertain Future June 13, 2007

中学に入ってから、夜は早々に眠くなることが多い上の娘が、昨日は妙にギンギンしていた。
友人と共同運営のイラストサイトを始める前からやっていたブログの改装をしたり・・・夜は勉強ムードにならないことは明白なんで、「こんな時こそイラストサイトの管理を・・・・・・云々」などと持ちかけてみたものの、答えは・・・

ホームページって、めんどくさいね。ブログのほうが手軽だ(^o^)

---おいおい(-_-;)
だったら何で昨年秋に「ホームページがしたい」って言ったんだ???
イラスト担当の友人宅のパソには、ホームページビルダーは入っていません。よって、ホームページ部分の更新は、芝山家で作業することになります。
無料HPスペースを借りるためのPCアドレス名義は、ほかならぬ私だし・・・・(*^。^*)?---娘たちのサイトは、今のところネットトラブルに遭わずに運営できてますが(^▽^) 、今後も引き続き自分のサイト同様に注視していきたいものです。

---タイトルとはずれた前置きとなりましたが、昨夜は、勉強に身が入らない理由を、ようやく正直に話してくれたかな・・・と感じました。
昨日、「志望校」について学校で聞かれたようで、それが思いつかなかったようなのです。
ばあちゃんには公立でトップの女子高を勧められるけど・・・「自分自身の」志望校を思いつかない、言い換えれば
高校生の自分のイメージが描けていない
のかなあ・・・?
ちょうど、中学卒業時点で、彼女の人生街道が一気に崖になっているか、切り立つ山がデデ~~ンと立ちはだかっているようなイメージが、私の頭に浮かびました。

大学への淡い憧れはあるようです(制服がない、がメインだけど)。
「高校に行かずに大学に行けるの?」なんてことさえ私に聞いてきました。
「大検に受かれば大学を受験する権利は得られるけど、高校に行かずに高校履修内容を独学するのは猛烈に骨折れるよ」と、答えておきました。
大検挑戦したいならしてみろや・・・私の影の声@鬼バージョン

思えば彼女はこれまで、大学生とは触れ合う機会があったけど、高校生と通学途上などで行き会う経験が皆無でした。
今の時点で、彼女が高校に関して思うことは

「自転車通学したい」・・・

自転車で行ける範囲となると、基本的に水戸市内・・・フーン (llllll。・_・。llllll)

でも、それで私の心の中の霧が晴れるのを感じました。
勉強しないことを嘆くより、子どもたちを高校○○に連れて行こう!!
野球の地区予選とか、剣道大会とか、文化祭とか・・・
文化祭はいいね、模擬店もあるし(^o^)

「ためる一方の進研ゼミなら、やめさせよう」と思ったけど、高校○○巡りの後でも遅くないかもしれない。
でもなぁ~~~~~~~(lll_□_ ;lll) ウーン・・・
リスク大
子供の教育関係って、ギャンブルに似たとこある・・・

-------------------------------------------------

I've complained many times about my elder daugher's attitude toward studying on this blog, but last evening I found something which will make her motivated in the near future.

She confessed that she didn't have any dreams in her high school life, or hasn't find a high school she dreams to enter three years later.

Hearing her words, it's funny that I didn't get irritated any longer.
It's quite natural for those who haven't find a dream or set a goal not to study hard.

She thinks she HAD BETTER go to high shcool, and even said she wanted to go to MY HUSBAND'S high school (workplace), but soon found it no realistic, since he transfers sometimes.
And the next moment...she said vaguely,
"I want to go to a high school as far as I can go by bike."

I decided I would not threaten her not to afford her high school tuition anymore, and realized that I should rather take her to high schools in my neighborhood, which are as far as she can go by bicycle.
I should take a chance on her progress, no matter how much it costs, that's what parents are for.

As for motivation toward studying, my mother also said dreams about high school or yearnings to a particular high school become big and important motivations to children.
She herself had yearned to enter the top girls' high school in her birthplace since her childhood, and actually entered it.

My son is yearning to enter the high school my father graduated from, which is concerned the very top high school in Ibaraki, and studies hard every day for his dream.
He once told me and my mother that he wanted to go to the same junior high school and high school as my father.

But the public junior high school where my father studied has hard and tough club activities, most clubs have only one day off a week and practices are held in early mornings and late afternoons.
So I'm wondering when and how he will get his study time constantly if he enters the public junior high school, at which my father and aunts studied and my elder daughter studies now.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:38 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3468





 

blog title まず親自身が燃えよう | Mothers, Enjoy Yourselves!! June 7, 2007

以下は、ミス・ユニバースで優勝した、森理世さんのお母さんの談話を週刊誌で読んで、思ったことです(コンビニで立ち読みしました、すみません)・・・

体育会系メラメラ母ちゃんでも、いいんだなあ
・・・って。

子供に「○○してほしい」「○○になってほしい」って本気で思うなら、
絶対口だけになってはいけないと思います。
子供は大人が思う以上に、大人の、言葉に表れない行動や感情に敏感です。

"口だけにならない"ために、私が心がけているのは・・・

(1)自分自身が範を示して子供に求めるもの(覚えてほしいものなど)を、楽しんでする。
(2)お小言のヒマと体力があるなら、家事と子供の身の回りのことに、無言で「体を」張ってみる

・・・今のところは、こんなもんかな。

宿題とか、勉強とか、スポーツのトレーニングとか・・・
「一生懸命してほしい」と子供に望むなら、自分自身も「子供が一生懸命してる姿を確認すること」に燃えてみる・・・
だから、中1の数学の宿題も、数学かなり苦手なんだけど、まず私が解いて見せます。
それから、子供の取り組みを確認します(子供の宿題が済むまで、自分用の英語の勉強とか、ブログ更新しながら待つこともあるけど)。
「今は気乗りしないけど、早朝2時に起きてやるよ」と言えば、自分も早朝2時に起きて(失敗することもあるけど、その場合も少しでも早く起きる精一杯の努力をして)、言葉の真意のほどを確認します(しつこい?おっかない??)。

こわいけど、確認されないと、子供はだらけるものです。
「手抜きばかり」と嘆くより、子供が手抜きする余地をなくす/減らすことに神経を使うようにしたら、大分腹が立たなくなりました。

テンション高い親を、子供は「暑苦しい」「むさくるしい」「プレシャーだ」と言うこともあります。
だけど、それにひるまず、子供のテンションが上がらなくても怒らず(難)、腐らず(さらに難)、自分だけでも楽しんで、楽しんで、楽しんで、楽しみぬく・・・
子供がどんなに悪態ついてきても、親のオーラというか・・・「気」は、必ず、子供の心にがんばりの種を飛ばします。
発芽するまでの個人差大な種だけど・・・
そして子供は「確かに"気"を受け取ったよ」と親に言ってくることはめったにないけど・・・

「勉強なんて何さ?!」って言い放つ娘の前だからこそ、メラメラ湯気立てて、まずは自分が楽しく勉強しようと思います。
楽しく勉強することで、逆に彼女の反骨エネルギーを吸収して、自分の脳を活性化しちゃおう!!

体がえらいことも、アンラッキーだらけなことあるけど、そんな時はこう言ってみる:
青春だぜ!!!

---そういう私自身、自分の母の目を盗んでの行動を、どれだけしていることか(爆)
母の望む主婦像・母親像にならない、近づけない、近づこうとしないことを「人間が(趣味、趣向が)違うから」って吐き捨てて・・・
説得力ねぇぇぇ~(^^?))(((;^^)?

説得力ない分、せめて、弱音やグチを言わず、空元気搾り出して「不言実行」でいこうと思います。
愚痴りそうになった時のシュプレヒコールは・・・

青春だぜ!!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Last evening, my elder daughter didn't study at all.
I told her to do her homework little by little, but she insisted she would do it early in the next day morning and asked me to wake her up at 2 a.m.

I tried my very best to get up at two, but I overslept a little and got up about three.
And now...I'm watching her when she gets up.

I know I don't have to do it, and I shouldn't force her to study too early in the morning, but I feel like I'm obliged to raise all of my children motivated---in other words, I must do my very best in motivating them, and chose that I would get very much involved in studying many things without complaint.

I've found a magic word, which encourages myself quickly:
"It's MY choice."
When I get upset and my heart becomes full of disgust or complaints, I mumble the words above to calm myself down.
I sometimes say it to my children(mainly to my daughters) like "It's YOUR choice", when I hear them complain about their overdue homework.

I'm sleepy today..., always sleepy..., since I usually get up before dawn like 2 a.m. or 3 a.m. or even 1:30 sometimes but I mustn't take a nap but do my housework... but I shouldn't complain about it, I just do my best in everything around me, because
it's all my choice.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:16 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3424





 

blog title 確認症候群? | Midnight Study with My Daughter May 21, 2007

I got up at 1:10a.m. this morning.
It was still midnight.
I should stay in bed and I know it, but I can't help getting up at night.
Midnight or early morning before dawn is the high time for my elder daughter to get motivated so I must never miss it.

I have once heard her say,
"I don't want to be a good child, it pressures me a lot.
I rather want to be bad and selfish if I can be on my own, even though I'm scolded by my parents and teachers often."

When she is idle at home, I glare at her and tell her to do her homework.
And if she doesn't start her study, I ask her, "WHEN on earth do you do your homework?"
She answers,
"I'll do it when the time comes..."

But the trouble is "the time" for her mostly comes at midnight or very early morning!!
If she fails to get up at midnight or very early in the morning, she refuses her study.
She may even reject to learn school subjects at daytime.

Today, "the time (for her to get earger to study)" came about 2:30a.m.
But the time she asked me to wake her up was 1a.m., and it was 1:10 that I got up and started helping her with her homework.
I had a little vexing time before she got up, and at the same time I blamed myself a little for getting up ten minutes later.
I say to my children many times, "Be faithful to yourself," and I believe that sharing study time with them is an important expression of my faith in them---even it comes at midnight, I want to EXPRESS with my attitude that I am with them.


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:15 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3295





 

blog title 「後悔先に立たず」、なんだけど・・・ | Big Success With Less Pains? ---Unbelievable!!! May 6, 2007

My elder daughter had pop quizzes on Japanese, math, science, and social studies at junior high school.
The pop quizzes to the seventh graders are for junior high teachers to check each student's skills he/she has acquired at elementary school.

Her total scores were a little better than the average. But her math was terrible, which reflected that she got less eager to study it.
She did very well on social studies, but I don't think social studies will not become her strong point or her favorite subject, because...
...she is uninterested in kanjis!!!
On Japanese geography and history tests, we are often required to write answers in kanji. So kanji skills are also important to get high scores on social studies in Japan.

In my daughter's junior high school, students write their impressions of the tests on their test report cards, and parents write comments with stamps.
My daughter wrote "I would have got better score if I had studied harder", and I wrote
"there's no crying over spilt milk".

It doesn't seem to me she understands this proverb "no pains, no gains."
She prefers less pains with failure to big success with pain and patience?!
She has to realize that we can't achieve a big success with no pains or patience!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 8:15 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3192





 

blog title 子供の急病 | When One of My Children Gets Sick... April 21, 2007

---これがやってくると、「晴天の霹靂」て気持ちになります。
それは・・・
日程が猛烈に詰まってる時の、子供の急病

昨日はPTA総会中に下の子に異変が起き、案の定吹奏楽部保護者会時に保健の先生から電話。
咳き込みがひどいし、熱も出始めてるので、早退させることにしました。

もし下の子の早退がなければ、

小学校の授業参観→PTA総会→吹奏楽部保護者会→中学校の授業参観→保護者会→PTA総会→小学校の職員&PTA歓送迎会

という、鬼のような日程でした。

オマケに、今日だって部活がある、下の子は習い事がある、子ども会での親子合同会議がある・・・

酒席ではじけるのが大好きな私が、「もしも夜の歓送迎会ではじけたら、明日大丈夫かなあ・・・」と乾杯前から心配になってしまうほどの「激務」でした。

中学の保護者会に出るならば保健室で預かってくださるような話も出ましたが、昨日は主治医の先生が見えてたので、予約外ですが診てもらえるよう、病院に連絡しました。
飲み会以前に、中学の保護者会もダメになってしまったけど、背に腹は変えられず、です。

思えば昨年度から、「ゆっくりしたな」と思える日が、子供が病気になっている時だけでした。
自分の病気なら、倒れ込むギリギリまで動こうとするし、ちょっと動けるようになったら少しずつ始動しはじめちゃうし、寝込んでる時は寝込んでるで治すことに必死なので、ゆっくりした気持ちはしないのです。
子供がけがや病気をすると、「ペース狂ったヽ(б。б?)ノ」て苦々しく思ってしまいがちだけど、「神様が子供の病気を通して私に休息させている・・・」と考えるようにしてから、だいぶ静かに受け止められるようになりました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Yesterday, my younger daughter got a fever at school.
I heard about it at the school band meeting.

I decided to take her to the doctor and place a call to the hospital.
I went to the hospital with her instead of attending the parents' meeting at my elder daughter's junior high school.

The doctor said, "we still have flu patients in Mito, be careful if her fever goes up high. And some children get the measles too, please beware".

She worries about her brass band practice and ballet lessons, but she has to have a rest in order to get well soon...

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:35 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3093





 

blog title Every Success Needs People's Support [English Version] April 5, 2007

I do belive that those who achieve big dreams have supporters beside them.
They are sometimes much more enthusiastic than the great people themselves.

I really respect the parents and families of gold medal athletes, great entertainers, even young atheletes like baseball players at the National Highschool Baseball Tournament and Hakone Ekiden runners.
I hear these athletes make enormous efforts every day for better records and victory.

My mother sometimes says to me that we can learn many things about parenting from the top atheletes' parents.
I agree with her to this point.
I feel the triumph they get at the match is not only theirs, but also the people's who support them, teach them, and all people who cheer them up.

The Nobel Prize winners are very honorable themselves, but we should think of the winners' families or friends who support their studies and encourage them.
No solitary efforts bear any fruit.

I see and hear the words "you are not alone" on various kinds of medias, as a slogan for preventing suiside due to ijime.
But I feel a big solitude when I can't find anyone to talk about my hobbies, especially when I am said a bad thing to my family members about my hobbies.
My mother doesn't seem to be good to my aquarium.
My husband surprised to hear I took TOEIC test on May 27, and said,
"You haven't quit taking TOEIC test yet??"
"I took one year interval last year, that doesn't mean I quit taking it, nor that I quit my study of English. I'd like to acquire the 1st grade STEP test in my children's junior high school days so I struugle with it too", I replied.

I felt a little lonely to see my husband doesn't seem to support my study of English anymore.
"He is an English teacher, but not an English LEARNER",
I said to myself in my heart.

Still, I never give up my solitary challenge of English, I'm never be alone, even in misunderstanding of my family members.
I have YOU...online friends and readers!!
The Internet is so fantastic for those who teach themselves English and other foreign languages.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 7:57 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2996





 

blog title 一人だけがんばっても、限界ある | Every Success Needs People's Support April 4, 2007
さあ、上の子、中学生だ!! 夕方は堂々と基礎1が聞けるぞ~~~(^o^)

---と思って、昨日も夕方6:30にラジオを入れようとした私に、母からの「ちょっと待った」。

食事時は(モーツァルトの)音楽なの!!!

と、さえぎられてしまいました。

ラジオの英語講座と重ならない時はぜんぜん気にならないのですが、英語と重なる時はね・・・
それだけじゃない。
母だって、「中学生になったら、基礎英語聞きなさい」と、子どもたちに言ってるんです。
私には、基礎英語を「聞かせろ」と・・・

それなのに、家庭生活の別の何かと基礎1がバッティングした時に、、生活の軸を基礎1に置けない。
習慣づけは、習慣付けたいものを優先することから始まるように思うんですが・・・_(._.)_
自分が実際しなくても、人に何かを「させる」のにも、させることに対しての思い入れって、絶対必要な気がしてなりません。


今の芝山家の場合、「自分は聞かない母が子どもたちに聞かせる(=聞けと勧める)」んじゃなくて、「もともと聞いている母が子どもたちを英語ワールドに誘う」感じ。
基礎1のおたよりコーナーを見ると、「母の勧めで」とか「父の勧め」とかで始めた子の投稿、小学生や中学1年くらいだと結構あります。
「基礎1を聞いているきょうだいに刺激を受けて」始めた子のおたよりは、年齢が低くても自発的な感じで頼もしい。

基礎1がんばってる子どもたち、家族の「基礎1聞き支援」に守られてるんだなあ・・・
そして、母自身が、私が中1の時、当時の「基礎英語」を挫折しそうになった時、私が聞いてようが聞いてまいが、朝6:05になると、ラジオのスイッチを入れていた人なのに・・・

私には半ばスパルタ的に基礎英語聞かせたのに、孫たちには、(基礎1への)思いが落ちたんだな・・・

英語好き度って、家庭での英語の刷り込みは無関係じゃないと思います。
無理強いはいけないけど、「家にはいつもなにげなく、当たり前のように英語がある」状態には、こだわっていきます。
英語が必要になった時に、子どもたちの脳内の「英語畑」の土が肥えているように・・・

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:45 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2983





 

blog title My Elder Daughter Graduates From Elementary School [English Version] March 23, 2007

My elder daughter graduated from elementary school on March 20.
The last 30 days before the graduation seemed very long and the hardest to me in my life with her.
Both she and I wondered, quarreled and struggled so much, and sometimes hated each other.

She did reasonably well at school, especially in the band, but once she came home, she suddenly became extremely idle, immotivated and even self-centered.
She played with Nintendo DS in front of her brother and sister doing their homework, as if she had disturbed them.
My mother and I told her to study while her brother and sister was studying, she always answered back to us, "I need to relax and enjoy myself now, so I CAN'T study."
It was obvious to us adults she meant, "I just DON'T WANT TO study, leave me alone."
But after she has an idle life without studying at home at all, she is getting less lively at school and her grade goes worse, and finally she becomes idle and emotionless everywhere.
So, I feel that it's my biggest resoponsibility to make her study hard, especially to submit her school assignments.

It was three years ago when she felt curiosity about early morning study for the first time.
She saw me studying English by chance when she got up to go to the toilet at midnight.
She said to me later that I was very attractive during my study of English, and thought that she could concentrate on her study the most in depth in early morning.
Since then, she might decide she studied early in the morning.

I want to believe her, and trust her, even though she doesn't study in the evening, I do want to believe she STUDIES in the way she believes effective to her.
And most of all, I want to prove it and actually try too hard to prove it...

I finally became a short sleeper.
Sitting up all night is not a torture, rather a pleasure, if I can see my elder daughter finish her tasks.
Maybe that's because I'm already used to get up at midnight for preparation for TOEIC tests.
Midnight and early morning are very good times for me to concentrate on my study of English.

My mother says to me, "YOU make your elder daughter that way", whenever she sees her idle and selfish behaviors.
I feel very miserable to hear her words, thinking that I was quite a selfish and irresponsible mother devoting not to housework and family but to learning foreign languages.

I have too many things left to have done to her in her elementary school days...
I'm so sorry, dear...

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本語版は、昨日の日記をご覧ください。


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:11 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2892





 

blog title 長女、卒業 | My Elder Daughter Graduates From Elementary School March 22, 2007

おととい、満員電車から押し出されるように小学校を卒業していった上の娘。
聞くところによると、6年次の授業作品や宿題などの「提出物」未納分を残している人が、10人前後いたとか・・・?!

・・・まあ、それはおいといて、彼女が晴れて卒業しても、こんな言葉を聞いてしまったら、悲しいかな、「おめでとう」の気持ちがかなりそがれてしまいました。

「まだ子供だもん♪」

「苦労の後にしか得られない大きな幸せなんていらない。"不幸せでない"程度にのんびり暮らせばいい」


どっちも、心配。
4教科の宿題・・・特に算数は、それこそ私が影武者となって体裁を整えさせた(-_-;)のを、「終わった、終わった(^o^)」と喜んでるし。。。
でも、学校でしかやりようのない技能教科の作品は、ものすごく集中して手早くこなしていたのだとか。

家ではどんなに無様な生活ぶりでも、学校では(家族から見たら)人が変わったようにがんばっているようなので、先生方はそこそこ評価してくださいます。
6年次の始めの頃は、「学校で落ち着いてがんばってる・・・というのは仮の姿」と旧担任(今は下の娘の担任です)にまで力説しまくったけど、2学期後半くらいから、

学校で私語をあまりせずまじめにがんばってるのと、勉強に励む下のきょうだいを尻目に家で放蕩を極めるのと、どっちがより「素直な上の娘」の姿だろう?

---と、考えることが増えました。
幼稚園の頃から、「もしや多重人格系?」とうっすらと思うことがあるけれど、学年が上がるごとに一層差が大きくなってるように思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

English version:

---to be continued to the next day's entry...

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:32 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2887





 

blog title 勉強もできて、流行にも敏感 | My Elder Daughter's Ideal School Life March 14, 2007

流行りのテレビドラマは、必ずチェック。
流行りのゲームやグッズも、全部と言わなくても、それなりには抑える。
だけど、勉強もキチン~とやってる。

---これが、上の娘の理想像みたい。
勉強の必要性は、十分にわかってるんで、学校ではそこそこ授業には集中してるようです。
ただ、一旦「単調」とか「つまらない」と思ってしまうと、まるで他人事みたいに投げやりになって、自分から「楽しくしよう」という努力をしないのだけど。

とりあえず、今彼女が「絶対守りぬきたい」と思ってるものは、友達とのたわいない雑談みたい。
お友達と共同でホームページを立ち上げて、決まった時間にパソ立ち上げてチャットしてる・・・
われらの中・高生時代は、友達と「長電話」してはよく親に叱られたけど、今は電話の代わりにチャット・・・か?!

流行に敏感、流行りの話題もしっかりチェック済み。
したいことを犠牲にせず、かつ勉強などの「すべきこと」もガッチリこなす子。。。
早いうちからショートスリーパー生活なんだろうか?

最近の「はやり番組」が、夜9時や10時台にかたまってきてる。
それらを見て、かつ勉強もやって・・・となると、いったい何時に寝るんだろう?
何時間眠るんだろう?
中学からは、部活の朝練だって入ってくるのに・・・
それこそ24時間闘わなくちゃ、「勉強も流行り事もトップクラス」はありえない。

長女の時間は、もはや彼女一人のものじゃない。
iPodとiTunesのごとく、私の朝勉の調子とシンクロしてる(-_-;)
「私が夜明け前に彼女を起こさないと学習意欲がわかない」というのは、非常に問題なんだけど、「勉強も流行り事もバリバリな子」を目指して、短時間睡眠のハイパーテンションで日々を暮らすことに、彼女は憧れてるのかも・・・と思ったりします。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:38 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2810





 

blog title 「今○○しようと思ったのに」という魔法の言葉 | Progressive Tense Magic Words March 1, 2007

「近未来を表す現在進行形」の言葉に、現在かなり疑心暗鬼です。
子どもたちに「勉強しなさい」「宿題しなさい」と言った時に
「今やろうと思ったのに・・・」
---と返ってきてから数分後くらいから、猛烈に不安になってくるのです。

「今」はいつやってくるのだ?!
と。
上の娘とのケンカの原因は、9割がたコレです。・°°・(ノ_δ、)・°°・。
「今」が、最長、翌朝までもやってくることなく、小6にして家庭学習時間ゼロで宿題ためまくりでのうのうと登校することもあったもんで(-_-;)
そんなこんなの押し問答の蓄積で、私は、上の娘に関しては、「今(=学習開始)」を確認しないと何とも気がすまなくなってしまい、今はそのためになら夜通し見張ることさえ苦ではなくなりました。

下の娘も「今やろうと思ったのに」とか「これからやるとこだったのにムカツク(-_-)/~~~ピシー!ピシー!」などと言い返すけど、「今」や「これから」は、だいたい妥当な頃合いにやってきます。文句言いながらも、少し家事などしながら静観していると、いつのまにか勉強を始めています。

この「今○○するよ」、英語だと、近未来を表す現在進行形で、"I'm studying from now"なんていうのかなあ?
英語の対話にすると、こんな感じ?

Mother: Start your homework right now.
Child: Don't yell at me. I'm starting from now...

言葉が問題じゃないんです。
大事なのは、from nowの先の行動や態度!!!!
「今からやるよ」と言ったら「しめしめ」とばかりに「今」の基準点を更新してるようでは、逃げ口上以外の何物でもないのですわ!!!!
たとえ鬼婆とか悪魔と言われても、芝山、こういう態度は断じて許したくありません。体張っても真っ向勝負します(x_∂)

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 1:54 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2720





 

blog title 嬉々として勉強 | Mama Don't Preach February 22, 2007

昨日、今日と学年末の保護者会です。
学習面、生活面の先生からのお話しに、ホッとしたり、気を引き締めたり。
「決まった時間に勉強するよう継続的な指導」は、学年が上がるごとにできなくなってきているので非常に不安・・・

でも、もっと心配なのは、「他者から見た自分のいいところ」を受け入れられなかったり、学習意欲UPに(目に見える)見返りが必要なこと!!

「勉強しっかりやるから、○○買って」
が、恐怖のことば(~_~;)

怒れば「恐くて意欲が失せる」と涙し、静観すれば放蕩三昧のわがまま放題。
だからまた怒ってしまう・・・の悪循環なのだが、私が「子どもを怒りそうになったら、目を離そう」と思うのと裏腹?に、当の子どもは怒られるよりも無視されるほうがつらいようです。

一番上の子が荒れるのは、下のきょうだいだちに示しがつかなくて非常に心苦しいのだけど、今比較的安定している子たちだって、ずっと落ち着いたままという保障はないです。
子どもが複数同時に荒れたら、うち、どうなるんだろう???

Laugh and the world laughs with you;snore and you sleep alone.
お母さんは、笑うのが仕事みたいなもんだな・・・って、このことばを読むと思います。
嫌なことあるたびに唱えよう!!
勉強しない子がいて大変なら、そんな子の前でこそ自分が嬉々として勉強しちゃおう(^^♪
さ、がんばろう。基礎1と、TOEIC準備。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Yesterday my son's class teacher and my younger daughter's class teacher gave us open classes.
I attended them and parenting forums too after the open classes.
I became very happy seeing their performances at the classes, and learned through the forums that I had to listened to my children whenever they said "Mother, I have something to say to you."

Today I have my elder daughter's open class.
We six graders' mothers are singing the song "Smile Again" at the open class, which we have practiced for a few weeks.
I learned a lot through the song; the most impressive thing to me is that mothers should keep smiling, so I must spare more of my time for developing myself instead of preaching my children.

Now I'm writing English in this blog, to achieve my aim that I write over 100 English entries this year.
I'll count my English entries of this year later.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:25 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2670





 

blog title どうも不調な水曜日 | Blue Wednesdays February 15, 2007

上の娘、どうも水曜の夜に踏ん張りが利かないです。
「はねるのトびら」があるからか??
とにかくなんだかわからないけれど、一番帰宅後の勉強が、乗らない!!!!

昨日はものはためしで、「はねるのトびら」は、HDDレコーダに録って、本放送を見せませんでした。
すると・・・

友人と共同運営しているブログやHPの更新にいそいそと向かいました(TVやゲーム三昧よりちょっとマシかな、でもその程度)!!
が、その後は勉強どころではなく、夜9時ちょっと過ぎから今朝の6時半までガーゴーと爆睡(^。+)(-。-)(_ _) ..zzZZ

---「ぷったるんでんじゃないよぉ<`~´>」
と、ちょっと前なら激怒発作を起こしただろうけど、今日は大丈夫でした。

実は、私も、水曜から木曜朝にかけては、勉強乗らないんです。
寝坊率が最高なのも、平日では木曜朝なんです。今朝なんか、基礎体温の計測(4時半に体温計のアラームをセットしてある)も忘れて、5時50分まで寝てしまいました。

だから、
「水曜はつらいね・・・そんな時は、他の曜日にちょこっと多くがんばればいいのさ」
って言いました。

開き直りは、案外大事かも。
何事もソツなくこなし、いつでも完全燃焼・・・できたらカッコいいけど、「ソツなくこなさなきゃ、いつでも完全燃焼しなきゃ」と思うあまりにパニックに陥るいい例が、私(-_-;)

今日は木曜だ。
きっと、昨日よりはがんばれるはず。
譲れないTV番組が、8時で終わる。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

One of my online friend has passed the written test of the 1st grade STEP test, congratulations!!
I've corresponded with her for more than three years through each other's web sites or blogs.
She had taught English at a juku, but now she stays at home.
After she left her workplace last March, she struggled to improve her English, and got 900 on TOEIC test last autumn, and now she's preparing for the coming extemporaneous speech on the 1st grade STEP test.

She has a son, who is entering the kindergarten this April.
I do think she's real great for she keeps herself eager to study English with a little child.
As for me, I never thought I wanted to study English when my elder daughter was around four years old, rather, I was almost fed up with it.
Reading her life records on her blogs, I'm coming to think that the child's infancy is the better time to English-learning mothers than after the child's grown-up.

But it's HER life, not mine, I only cherish MY life.
I feel I'm getting less motivated in learning English year by year, but most of my online English-learning friends never say I'm a lazy learner, they rather say, "I'm preparing for my children's adolescence coming in several years through your blog," or some mothers and fathers say, "I recall my children's adolescence. I think I can help you when you get stuck."

I really appreciate them.
I try my best in enjoying each moment of my life---not only my study but also parenting and housework.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 8:23 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2618





 

blog title 家族共通の趣味♪ | Fun for All Family Members February 13, 2007

芝山家は、家族みんなが個性的と言えば個性的。
でも、趣味がみんな違うから、家族バラバラになりがちなのが玉にキズ(ノ_δ。)

みんなが難しい年頃にかかるからこそ、家族みんなで楽しめる趣味や話題が大事になってくるのだけど・・・

全員一致は、厳しいんだけど・・・いまのところの最大公約数的な「好きなもの」が、これかなあ?

「ちょいマジクイズ」

過去問をポッドキャストできるというので、楽しみにしてました(^o^)
iPodをゲットしたら、私だけ独り占めで楽しむのでなく、かならず「ちょいマジクイズ」を入れて、子どもたちはじめみんなで楽しめるようにしたいと決めてたので。。。

今、購読の登録をして、ダウンロードしているところです。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:11 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2596





 

blog title お母さんは、笑わなくっちゃ | Mothers, Smile Cheerfully! February 8, 2007

上の娘と冷戦?---というか、「無駄口聞くまい」と心に決めて4日。
勉強しそうで・・・しなきゃいけないとわかってて、でもいろんな言い訳をして実行しない娘。
妹の忘れ物を自分から届けてあげる優しさもきちんと持ってるのに、この一言で、また彼女のいいところに思い切り墨を塗ってしまいました。

勉強しようにも、ママが教えてくれなくなっちゃったから、そうしたら、わかんなくて、つまんないし、だからかったるいことはやんないもん(*^。^*)?

---勉強しないことまで他人のせいにするのか????、とばかりに怒りました。
「勉強できる環境があるのに勉強しないとは、勉強したくても経済的理由で出来ない人たちに対して失礼極まりない」って言い放ちました。

彼女の顔を見ると、ちょうどガスコンロが着くようにいかつい気持ちに火がついてしまいます。
「ここは直させなきゃ」と思うところばかりに目が行ってしまって・・・「直させなきゃと思う行い」を見つけると、そこで親子バトル開始。・°°・(>(ェ)<)・°°・。
親子バトルを避けるために、4日間、それこそ「家庭内別居」のつもりであまり顔合わせないようにして、無駄口も聞かないようにしてきたのだけど、それさえも勉強しない口実に使うとは・・・・・・

もう大噴火もんです<`~´>
(〃σOσ)ノ コラァ~(・へ・)(-"-)
(〃σOσ)ノ コラァ~(・へ・)(-"-)
(〃σOσ)ノ コラァ~(・へ・)(-"-)
(〃σOσ)ノ コラァ~(・へ・)(-"-)
(〃σOσ)ノ コラァ~(・へ・)(-"-)

今日は、6年保護者での歌の練習で、これを歌ってきたのだけど、練習を通して、「あ、自分、家で笑ってないな。太陽でなくて、台風になっちゃってるな、まずいな」と感じるようになりました。
笑わない理由としては、「顔合わせると微笑よりも怒りやら指導やらが先立ってしまう」から、「怒らないために、笑わない以前に顔を見ない」のだけど・・・

早急に、子供に笑顔を向けられるようにならなければなりません。
薬の力も、一時的には借りないとならないかなあ?お酒と引き換えだけど・・・

Smile Again  Smile Again うつむかないで
 Smile Again  Smile Again 笑ってみせて
 Smile Again  Smile Again どんなあなたも
 みんな好きだから

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:25 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2552





 

blog title 二言なく生きたい | To Live Faithfully with No Excuses February 2, 2007

二言なく生きたい、
子どもたちにも、二言なく生きてほしい、
全ての人が二言なく生きることに努めたら
世の中はもっと明るくなる
きっと・・・

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Yesterday, my elder daughter went back to school at the three day interval.
She entered her classroom lately though, but I was relieved that she seemed to enjoy her yesterday's school life once she entered the gate.

During her absence, I was so afraid she had some symptoms of absenteeism to correct in her elementary school days.
I'm often advised from my husband or scolded by my mother that I should not call her a future school absentee or a "NEAT".
But I can't help getting annoyed to see her playing computer games and relaxing with comic books or slipslap TV shows in her absence.
And the most disgusting thing is she changes her minds or decisions too easily.
She is very good at making excuses and creating alibies, and it often makes me mad at her.

She has a lot of assignments left to submit today, so last night she told me to get her up early...around 3a.m. to finish her tasks.
So I'm typing this entry beside her over CNN radio to wake her up, hoping that she wakes up and I can start helping her homework and tasks.
I sometimes have to be awake all night to wake her up, but I never think it's something like torture, I rather think that's MY homework to construct her study habit.

But I should not blame her in case she doesn't get up early.
I should even praise her if she gets up early enough not to be late for school.
Even though I need not to watch my daughter almost all night for her homework, I must firmly keep watching her, enjoying my learning English...

I'm an English addict...or I'm just a nut?
Maybe I study beside her before dawn with fears in case both my elder daughter and I oversleep...imaging her elaborate aliby and complaints are waiting for me...
I can't stand that!!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 5:06 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2504





 

blog title 「その時々のベスト」を尽くす | Doing the Current Best January 22, 2007

母娘で夜明け前から起きて勉強しようとするのだけど、最近朝がつらいです。
娘とて、一人で起きて自分で勉強を始めるのではないんで、骨が折れます。
私がまるで彼女の影武者で、彼女が気乗りしないことはこそこそっと私が陰でこなして、一心同体、二人でやっと一人分・・・みたいな学習です(ノ_δ。)
そうしないと、彼女は何かの節にふっと「うつループ」にはまって、さめざめ泣いて、学校に行くのも怖くなってしまうことがあるから・・・

彼女が明け方3時とか4時から勉強を始めたい、と言ったら、私は希望時刻に彼女を起こす任務を完遂するためには、実質上徹夜になります。
そうしてでも、物事の「期日を守る」という心構えを習慣付ける必要があるから。
彼女が、期日が絶対な種の職業に興味を持っているから。

だけど、彼女を起こす任務を背負った私のほうが寝坊してしまうこともあります。
実際は2人して寝坊して、私のほうがちょっと早く起きた時・・・これが時には早朝の親子の修羅場になってしまったりして、ほんと注意を要します。

ホントは寝坊してても、目覚まし音が聞こえないほど爆睡してても、子どものほうは何とでも言えます。

私は目が覚めてたのに、ママが起きてくれなかった(ーー゛)

・・・なんて感じに。
たとえホントは彼女も爆睡中でも、目撃者がいないので、アリバイが成立してしまうんです・・・。・゜゜・(lll>_<、lllll)・゜゜・。
そのアリバイを封じるために、私は徹夜で備えてきたのです。
アリバイは、言い訳の余地だから・・・

だけど、最近、その方針を変えました。
丑三つ時のうちから、漁師のように早起きを目指すことはするけど(自分も思いっきり英語やらいろいろ勉強したいし、ね)、仮に起きられなくても、誰も責めないようにしています。
自分のことも、娘のことも。
代わりに、朝早く起きようとしていること自体をほめます。

3時には起きられなかったけど、5時半には起きられたよ。
私たち、真冬なのにがんばってるね・・・

運悪く7時まで寝過ごしてしまっても・・・

昨日は疲れたんだね。こんな日もあるさ。7時はぜんぜん寝坊じゃないよ、普通だよ。

朝7時まで寝過ごして前日全く勉強せずに終わってしまっても、学校ではほんとがんばってるみたいだし。
ヒ~ヒ~言いながら出ている吹奏楽部の練習で、鼻呼吸もリコーダーのタンギングも、知らないうちに会得してるし(^o^)
ただ、そのがんばりのベクトルが、学業のほうとは違う方向を向いてるように見えるけど・・・

そんな彼女が、昼間中家を空けた昨日、自分から進研ゼミを進めた場面がありました。
私は、「私の外出中は、娘たちにとってはチャンスタイムだな・・・ここぞとばかりに遊びまくってるだろうなあ」と踏んでいたので、たとえ全く勉強してなくても、自分が監督しなかったから叱ることはできない(=叱る資格はない)と観念していました。
進研ゼミを進めた、といっても、その量は微々たるものだけど、それでも、「親が見てなきゃ遊び放題なわけではないんだなあ」と、「見てないと勉強しない子」と決め付けていたことを反省しどおしでした。

何せ不二家の不祥事がきっかけで、不二家のお菓子を食べたくなくなってしまうようなところのある子なんで、物事の能率が悪い時は、言葉にできないいやなことを、いろいろ隠してためこんでるのかも。
隠れた不安や憤りをなるたけ共感しつつ、「コンディション万全でないなりの全力を尽くす」ことを親子で実践していきたいものです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★今日のぷち中国語★

今天1月22号(星期一)。
现在三点十一分。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 3:11 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2425





 


検索



最近のエントリー
My Message for the Ninth Graders
My Deep Concern About Parenting (1)
Whose Homework Is It???
My Son's Email Address
本命はどれなんだい?? | What Do My Children Want the Best?
娘2の誕生日 | My Younger Daughter's Birthday
不覚!!!! |My Failure
吹奏楽の新曲 | Raiders March
変態・・・だってさ | About My Eccentricity
たかがぬいぐるみ、されどぬいぐるみ|Magic Dolls 

テーマ
01. About English [英語の勉強]
02. About Chinese [中国語の勉強]
03. About Aquarium [アクアリウム]
04. Daily Life & News Records [ニュース&日常]
05. Japanese Tradition [伝統文化]
06. Parenting [子育て]
07. Book Reading [読書&朗読]
08. My Hobbies [趣味とお楽しみ]

アーカイブ
February 2011
January 2011
November 2010
October 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
March 2010
February 2010
January 2010
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006

最近のコメント
My Message for the Ninth Graders
 └ Wood (11/23)
 └ yuko (01/09)
 └ download Forex Overdrive for free (02/15)
 └ freezer repair los angeles (03/09)
My Deep Concern About Parenting (1)
 └ zenithink (01/28)
 └ custom nfl jerseys (03/01)
 └ forex signals review (05/29)
Whose Homework Is It???
My Son's Email Address
本命はどれなんだい?? | What Do My Children Want the Best?
娘2の誕生日 | My Younger Daughter's Birthday
不覚!!!! |My Failure
吹奏楽の新曲 | Raiders March
変態・・・だってさ | About My Eccentricity
たかがぬいぐるみ、されどぬいぐるみ|Magic Dolls 
遠足 & 修学旅行 | School Trips
バザーの後で | After School Bazzar
趣味がライバルなのか???| My Daughters' Jelousy on My Hobbies
自分に勝つこと | Facing Our Weak Points
「居場所」と「絆」|Nobody Can Live Completely Alone
目指す生徒像とノーマライゼーション | Thinking of School Slogans
心のサンドバッグ|Human Punching Bags
長女の中2らいふ|My Elder Daughter's Second Year in Junior High School
癒しを求める娘たち | My Daughters' Hobbies
「私」になる | Meeting My Self
サンタ冒涜?? | Is Santa Almighty?
Building Self Confidence [English]
インターネットは世界への扉 | The Internet Is Kind of Like a Door to the World
豆腐の日に、固い意志を以て・・・ | My Firm Decision on "Tofus' Day"
「普通」のありがたさ | I Feel Like I Was Judged a Bad Mother
Swimming for Children with Eczema [English]
アトピーっ子とプール | Swimming for Children with Eczema
About Orthostatic Dysregulation [English]
低血圧だって油断大敵 | About Orthostatic Dysregulation
近未来が描けない・・・ | My Elder Daughter's Uncertain Future
まず親自身が燃えよう | Mothers, Enjoy Yourselves!!
確認症候群? | Midnight Study with My Daughter
「後悔先に立たず」、なんだけど・・・ | Big Success With Less Pains? ---Unbelievable!!!
子供の急病 | When One of My Children Gets Sick...
Every Success Needs People's Support [English Version]
一人だけがんばっても、限界ある | Every Success Needs People's Support
My Elder Daughter Graduates From Elementary School [English Version]
長女、卒業 | My Elder Daughter Graduates From Elementary School
勉強もできて、流行にも敏感 | My Elder Daughter's Ideal School Life
「今○○しようと思ったのに」という魔法の言葉 | Progressive Tense Magic Words
嬉々として勉強 | Mama Don't Preach
どうも不調な水曜日 | Blue Wednesdays
家族共通の趣味♪ | Fun for All Family Members
お母さんは、笑わなくっちゃ | Mothers, Smile Cheerfully!
二言なく生きたい | To Live Faithfully with No Excuses
 └ TARA MORSE (06/01)
 └ yuko (06/07)
 └ Upoznavanja (03/08)
 └ Ropimpomewela (03/09)
「その時々のベスト」を尽くす | Doing the Current Best
 └ Super源さん (01/23)
 └ 芝山 (01/29)

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
English-Box.com
今日から始める英語トレーニング
歴史と文化とライフスタイル by CUBE290
VAK Learning Styles
Chuck's Journal

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ