Love & Peace Love & Peace
Love & Peace more


メイン
blog title 黄門祭りの花火 | Summer Fireworks Festival August 18, 2009

The annual summer firework festival was to held on August 7, but this year it was put off on the 14th.
My younger daughter went to see the fireworks at the bank of Lake Senba with her friend's family.
She brought my digital camera and shot the fireworks.

koumonmatsuri_hanabi01.jpg

koumonmatsuri_hanabi02.jpg

koumonmatsuri_hanabi03.jpg

koumonmatsuri_hanabi04.jpg

koumonmatsuri_hanabo05.jpg

koumonmatsuri_hanabo06.jpg

koumonmatsuri_hanabi07.jpg

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:19 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5669





 

blog title 「orz」は日本製だった | Orz Made in Japan June 12, 2009

orzranking.jpg
「がっくり」って気持ちの時にめーるやらブログで使う「orz」。
これ、声に出して読む時はどう読んだらいいんだろう?

絵文字だと、ひざまづいてる図をたまに見かけるけど、orzも「ひざまづいて落胆」て語源?らしい。

英文日記に英語用顔文字を使ってみたくて、ググってたら、こんなページにたどり着きました。

前回の日記の英文が、私が思った以上に駄文で、只今orzな気分です。
「学校が生徒に●●を禁止する」って言いたくて、「禁止する」って直訳してprohibitを使ったら、何か、何か・・・変で、prohibitは法律で禁じていることに対して使うって後で知って・・・・こそこそって編集しました。
用法間違いだらけの英文を、実名も顔(変わってるかもだけど)も出てる場に出すってのは、お粗末極まりなくて・・・・ホント

orz

orz

orz

なんだけど・・・

やっぱりここに英語書きます。
間違ってたら直せばいいんです。
間違いを恐れて発することをしなければ、覚えるものも覚えないもん。



I was so surprised to see on the net that the emoticon "orz" was made in Japan!
Emoticons (emoji) has two types, western style and eastern style, and the eastern style one we Japanese are familliar with.

Reading the wikipedia article on emoticons, I'm also amazed that eastern style emoticons are getting popular among western people. They are often brought with Japanese animes.

I think I must use western style emoticons when writing English, but it will be very handy for English-learning Japanese if eastern style emoticons is spread worldwide.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 9:15 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5578





 

blog title 寂しいひな祭り | A Humble Doll Festival March 4, 2008

I didn't set the hina dolls this Hina-matsuri.
I was mentally too exhausted to enjoy Japanese tradition in early spring.
I know it's very precious and important to cherish traditional cultures and inherit them to my children, but interpreting my elder daughter's mind took much more energy than I imagined.

I really appreciate my "ordinary" daytime with my three children out at school.
But this year, it's me that must change my ordinariness.
I must be strong enough to keep my lifestyle in my family's hardship...


雛人形を飾れなかった、今年のひな祭り。
気になっていたといえば、なっていた。
だけど、体が動かない・・・

1月半ばに、(かつての)いつものごとく、トークマスターⅡを身につけて、基礎英語1の録音ファイルを流し、テキストを見ないでもごもご練習しながらの家事中に

家事をさぼるために英語の勉強するって言うの???

との、母の屈辱的な言葉。

しつこいのは十分承知。
でも、この屈辱感を忘れたくても忘れられないから、乗り越えらるその日まで、何かの折に書いてしまうだろうなあ。

母に英語を封じられ(英語学習してない人には信じられないだろうが、英語練習しながらのほうが家事を気分よくできるのだ)、おまけに上の娘が年中家にいるほうが普通になってしまった我が家。

いつも誰かに見られてる気がしてならない。


投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:19 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4615





 

blog title 七草がゆ | Rice Porrige with Seven Herbs January 12, 2008

I cooked "nanakusa-gayu (rice porrige with seven herbs)" by myself for the first time in my life.
I had it at the thirty year's interval.
I remember that my mother cooked it to us when I was an elementary school student, but I didn't like the taste so much at that time, and she quit cooking it ever since.
 
I studied how to cook nanakusa-gayu beforehand, and learned that we boiled rice with "dashi (fish or seaweed broth)" and added the herbs a little before the rice porrige was done.
The web site I studied from said it was also important to pour boiled water to them to make them less bitter.

I enjoyed it with my husband for dinner, and thought my mother didn't seem to boil rice without dashi.


「七草粥」・・・また即英語出ませんでした。
「おかゆ」だけなら行けるんだけど・・・英語圏ではオートミールのおかゆも存在するからねぇ(私は箱の説明通りに作って試したが、ギヴアップだった)、"rice" porrigeと、「お米の」が要る。

メモメモ。

我が家では誰も好んで食べない、七草粥。
母も作るのをすっかりあきらめています。
でも、「日本文化実践」のために、今年は作りました。
本来なら1月7日午前のうちにいただくようです。・・・が、炊き方調べるうちに午後になり、結局夕食に私と夫とでいただきました。

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 1:12 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4474





 

blog title 書初め | Calligraphy in New Year Holidays January 5, 2008

kakizome2008.jpg

"Kakizome" is so hard to translate into English.
The suffix "-zome" means the first work or performance of the year, so we Japanese call the first calligraphy of the year "kakizome", which is usually done on January 2.

Kakizome work is one of the main winter holiday assignments for elementary school students and junior high students in Japan, but it is originally a calligraphy showing the motto or resolution of the writer.

This year, I did kakizome for myself for the first time in my life.
I've come to like calligraphy more, for I felt calligraphy was a very handy Japanesque hobby.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:30 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4463





 

blog title 謹賀新年 | Happy New Year January 1, 2008

shinnnenn2008.jpg
Happy New Year!!
I resolve here that I'll write over 100 entries in English an year.
So I start the first entry of this year in English.

This year, I promise that I'll learn more about traditional custom in Japan, that means I'm writing more about seasonal events and try to introduce them in English.

Today I learned how to take care of "kami-dana (a household alter)".
We clean the alter two days before New Year's Day at the latest, which is ideal to start cleaning it two week before New Year's day and serve new rice, salt, water, two bottles of omiki (sacred sake) and new sakaki (a kind of japonica) branchs.
kamidanagoods.jpg
omikibottle.jpg

We change rice, salt, water in the pitcher every day.
We change sakaki vase waters too.
About omiki bottles, it is said we change sake in the bottles twice a month, usually on the first day and the fifteenth day of each month.
It's also important to keep sakakis lively.

During New Year holidays, we also serve zouni at the alter.
I have lots of things to learn how to take care of it well.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:05 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4451





 

blog title 新年の挨拶状 | New Year Cards December 27, 2007



I'm prepareing my "nengajou" for the year 2008 with my laptop.
I do feel that making nengajou (New Year card) depends more and more on PC these days.
Making computer-made New Year cards is easy if only you have a PC at hand.
Getting a PC software, booting a PC, and running the software you got, all you must do are to choose the card design, set blank cards in the printer and start printing.

Making New Year cards with PC costs less than ordering them to a photo shop.
A bundle of 100 custom-made cards with one snapshot cost about 10000 yen, and 100 ready-made cards cost about 6000 yen at the cheapest.
A blank card itself costs 50 yen, so outsource of making New Year cards is handy but costly.

When I was a little child, handmade New Year cards were seen in common.
Only office executives might exchange custom-made New Year cards, which were sent for business.
Children and stay-at-home people decorated their blank cards with prints or handmade stamps.

The Internet has developed so rapidly, so we can express our New Year's greetings faster via email, there are people who quit sending New Year cards and send emails instead.
I have an old friend who rejected New Year cards several years ago.
Now I correspond with him by email, but the moment I was given an email from him saying "no New Year cards from the next year", I was filled with very empty feelings, because I believe  exchanging New Year cards is becoming the last snail mail custom in Japan, which we should cherish forever.
Handmade New Year cards are getting really precious, so elementary school children are told from their class teachers to make New Year cards as one of their winter holiday assignments.

My New Year cards for the year 2008 are computer-made, but I'm going to write receivers' addresses by hand at least.
All computer-made or outsourced cards are too cool to get.

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 8:10 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4439





 

blog title 土鍋ごはん | Cooking Rice With An Earthen Pot December 20, 2007

donabe_gohan.jpg

I practiced cooking rice with an earthen pot.
It took me several times to get used to it.
I was really delighted when I finally cook it nicely!!

It is actually hard to watch the stove while cooking rice all the time, but rice cooked with a pan is so delicious after getting less hot.
And it is said that cooking rice with an earthen pot can reduce electricity use.
Why don't you to try it?

[Ingredients and procedures]
Maybe the recipe on the website above is for cooking rice with an ordinary heavy pan.


芝山、先月から練習しました!!!

土鍋ごはん

炊飯器が壊れた時があって焦ったのと、仏壇にお供えする炊きたてご飯用とか、日本の伝統文化・・・とか、いろんな思いありましたが、「無駄なスキルではない」と確信し、練習しました。

「こげ臭いぞ~~~」て言われながら。

成功するまで、苦節7~8回。
以下、実践例と炊き方キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

[材料と分量]---使用土鍋は3~4人用です。

米   2合~3合
水   約400cc(米2合の場合---比率は、米1:水1.2)。米3合なら約650cc。


[炊き方]

(1)米と水を土鍋に入れ、約1時間置いておきます。こうしてお米に水を十分吸わせます。
(2)1時間ほど水につけたら、強火で5~10分、最長10分炊きます(気温、室温によって変動あり。
10分たたなくても焦げ臭くなってきたら弱火にします)。
(3)強火10分/かすかな焦げ臭のどちらかがしたら、火を弱火にします。弱火は10分程度。(強火時間短い時でも10分まで)
(4)10分弱火で炊いたら、火を止めて15分以上蒸らします。早く焦げ臭がした時は、蒸らし時間を長くします。

donabe_gohan_inside.jpg

下のほうが若干焦げてたり、土鍋洗う時に多少生ゴミ(こびりついたご飯)出ますが、冷めた時に炊飯器で炊いたご飯との味の違いが出るんですわ、これが( ^)o(^ )

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:53 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4415





 

blog title 狂言を堪能 | My First Kyogen January 26, 2007

今日は子どもたちの学校で、狂言を楽しみました。
生まれて初めての狂言!!
演目は「附子」。

歌舞伎は高校時代、学校行事の一環で見に出かけたことがありますが、能や狂言の類は全く初めて。

日本の古典芸能の、狂言。
英語ではどう紹介されているんだろう?

「英語で「話す」日本Q&A」の索引で、「狂言」を調べても、見つからず・・・代わりに「能」は比較的詳しく説明されています。
すると、狂言は

能のルーツの「散楽」から生まれた滑稽な物真似で、能を奉納する際は、「能→狂言→能」の順

---などと書かれています。

「散楽」って、何だ?
「能」が音楽と踊り主体で、「狂言」はコメディ・・・と思っていた、私の両者の大まかなとらえ方は、あながち間違ってはいなかったけど、それでもまだまだ知らないことがいっぱいだ。

散楽」をまず日本語で理解しよう。
そして、「能」のおこりのくだりの英文を、声に出して体に刷り込もう。

ちなみに、うちの娘たちに大うけだった「キノコの踊り」を含む狂言は「茸」と書いて、「くさびら」と呼ぶのだそうだ・・・DVDも出てるようです♪((O(llllll´▽`llllll)O))♪わくわく

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今日のぷち中国語

今天1月26号(星期五)

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 10:00 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2476





 

blog title 英語で歳時記を学ぶ | My Study of Japanese Tradition in English January 8, 2007

ここ「英語タウンブログ」をよりマメに更新するために、「英語で「話す」日本Q&A」を参考に、日本の伝統的な季節行事についての学習記録をつけていくことにします。

この本、買った当初は通訳ガイド試験向けに使おうと思っていました。
日本事象に関する英単語や連語を覚えたり、日本の文化や歴史事項の英語説明を仕入れたり(英文素材丸暗記!!です)しようと計画だけはしましたが、事実上頓挫していて、しばらく「積ん読書」と化していました。

が・・・日本の伝統行事の意義は、家庭を預かる者は知っているのと知らないのとでは大きく差のつくこと。
ただ「昔からそうしてるから」と、儀礼的に、どこか面倒くさそうに執り行うのでなく、その意義とそこに込められた先人たちの願いを汲み取りながら、細々した準備さえも「まず自分自身が楽しんで」行っていきたいと考えています。

私は家庭の事情により、どんなに外国語を一生懸命勉強しても、その成果を海外で試しに行くことが許されない境遇にあります。ちなみに、私の海外行きの障害は、ずばり、家を継ぐ使命です。
だけど、海外に容易に行けない事を嘆いてばかりいても、どんどん気持ちが暗くなってしまうので、近頃は、「日本を紹介するために外国語を使おう」を外国語学習のモットーにするようにしたら、水戸にとどまるべき運命をうらむこともなくなりました。

これから、折に触れて、行事ごとにまとめていきたいと思います。
説明文を転載したり、音読を掲載することは、著作権法に配慮して避けますが、日本の伝統行事を表す単語や連語などは、可能な限り紹介していきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

This year, I'll try hard to study Japanese traditional culture, through reading "Talking About Japan Q&A"(邦題「英語で「話す」日本Q&A」).

I bought the book mainly for my preparation for the guide's exam---I never have even applied for it since it's held annually only in Tokyo and Osaka---, but these days, I've come to think I should read it very carefully not only for the exam but also to become a true Japanese, in other words, to cherish the traditional things I have inherited from my ancestors and learn what I should do for the future from them.

I've started reading aloud and recorded passages about traditional Japanese customs, for example, what we do on New Year holidays.
I realized for the first time that "otoshi-dama" meant a gift from the gods to children.
I knew the English words for wishes we make at Hatsu-moude, most of them were quite new to me.
And I found that "oshougatsu" meant the god of harvest and the spirits of the ancestors.

I don't remember whether my parents or grandparents had taught me about New Year celebration in my childhood.
But now, at the age of 38, I study about it myself, to tell it to the next generation.
I have more and more Japanese traditions to study about, and so many things to learn from them.
I'll study about one tradition, in one month, that's one of my reasons for being!!

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 11:51 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2304





 

blog title 「初詣」って英語でどう言うの? | What Is "Hatsu-moude" in English? January 3, 2007

「初詣」の日記を書いて、ふと思いました。

「初詣」って、英語でどう言うんだろう??

コレを本棚から取り出して、索引を見ます。

英語で話す「日本」Q&A

パラパラ・・・・
ふむふむ・・・・・・・



ここが一番詳しく載ってるなあ。・・・と思うところの説明を読む。

「初詣」の英語は、長い。
the first visit of the year to a shrine
と書いてある。
「こりゃ、初詣の意味の説明だ・・・訳さないままのほうがいい」と、短気な芝山、思ってしまいました。
が、通訳案内士試験(いつ受けるかは定かでないけど)に出るかもしれないから、覚えておこう。

他にも、「英語で「話す」日本Q&A」には、七福神の英語も載っていました。
「良縁」、「ご利益」・・・に当たる英語も載っていました。
これらは、クイズにしてしまおうかなあ・・・

1.七福神
S____ L_____ G___

2.ご利益
b_____

3.良縁(=独身者にとっての「結婚(候補)相手」)
g____ p______

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 6:35 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2270





 

blog title 今どき年賀状 | New Year Cards December 30, 2006

あぁぁぁ、年賀状の季節。
子どもたちの宿題にも、「年賀状を出す」があります。

なのに今の大人たちの年賀状の取り組み、子どもたちの鑑になるか、非常~~~~に微妙(llll ̄~ ̄;lll)う~ん・・・

律儀に、伝統的に、古式ゆかしく製作しているのは、母と息子と。下の娘。
母が息子に「古式ゆかしい年賀状」を教えている・・・。
下の娘は、まだパソ操作を覚えてないので手で描いているようにもみえるけど、手作り精神をいつまでも大切にしてほしいです。

古式ゆかしいものは、量産がきかない。
でも、気持ちがたっぷりこもってる。

私は・・・結婚前にすでに「名刺代わりに量産」って気持ちで年賀状を作るようになってしまっているかも、母と比べると。
パソを覚える前から、ワープロで版下を作ってコンビニで手差しコピーしに行ったり、プリントゴッコのお世話にもなりました。
自分の手書き文字に自信が持てなくて、住所印(住所氏名のゴム印)も作りました。
それでも、相手の宛名だけは、昨年まで何とか手書きしてきたのです・・・

・・・が、今年は宛名の手書き、やめました。
時代に翻弄されてしまいました(ノ_δ。)

でも、どこかに手作り感も残したい、って思うので、絵手紙を始めました。
長続きさせて、趣味として確立させたいものです。
誓いをこめて、一文字雅印も作りました。---2500円なり。チャリーン(\o\)

投稿者: 芝山 有宇子 日時: 7:14 AM |
| トラックバック (1)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2238

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 今どき年賀状 | New Year Cards:

» 時候の挨拶1月 from 季語 1月@1月の季語をご紹介
時候の挨拶1月のうち、 特に丁寧に感じられるものの文例・例文集です。 地も水も凍みとお... [詳しくはこちら]





 


検索



最近のエントリー
黄門祭りの花火 | Summer Fireworks Festival
「orz」は日本製だった | Orz Made in Japan
寂しいひな祭り | A Humble Doll Festival
七草がゆ | Rice Porrige with Seven Herbs
書初め | Calligraphy in New Year Holidays
謹賀新年 | Happy New Year
新年の挨拶状 | New Year Cards
土鍋ごはん | Cooking Rice With An Earthen Pot
狂言を堪能 | My First Kyogen
英語で歳時記を学ぶ | My Study of Japanese Tradition in English

テーマ
01. About English [英語の勉強]
02. About Chinese [中国語の勉強]
03. About Aquarium [アクアリウム]
04. Daily Life & News Records [ニュース&日常]
05. Japanese Tradition [伝統文化]
06. Parenting [子育て]
07. Book Reading [読書&朗読]
08. My Hobbies [趣味とお楽しみ]

アーカイブ
February 2011
January 2011
November 2010
October 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
March 2010
February 2010
January 2010
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006

最近のコメント
黄門祭りの花火 | Summer Fireworks Festival
「orz」は日本製だった | Orz Made in Japan
寂しいひな祭り | A Humble Doll Festival
七草がゆ | Rice Porrige with Seven Herbs
書初め | Calligraphy in New Year Holidays
謹賀新年 | Happy New Year
新年の挨拶状 | New Year Cards
土鍋ごはん | Cooking Rice With An Earthen Pot
狂言を堪能 | My First Kyogen
英語で歳時記を学ぶ | My Study of Japanese Tradition in English
「初詣」って英語でどう言うの? | What Is "Hatsu-moude" in English?
今どき年賀状 | New Year Cards

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
English-Box.com
今日から始める英語トレーニング
歴史と文化とライフスタイル by CUBE290
VAK Learning Styles
Chuck's Journal

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ