永久学生の頭ん中 永久学生の頭ん中
永久学生の頭ん中 more


July 14, 2006
blog title 卒業

気がつけば最後のエントリーから10日もたってしまった。その間、日本海にミサイルが降ったり、日本より友達がきたり、試験があったり、イスラエルとレバノンがえらいことになったり、なかなか忙しかった。

ところで、英語タウンさんでのこのブログですが、今回でもってとりあえず卒業ということになりました。色んなコメントをいただきありがとうございました。もっとマニアックな内容から日記まで、自分のウェブ/ブログに更新しています。興味がある方は、またそこでお会いしましょう。では!

投稿者: 茶谷 さやか 日時: 3:50 PM | コメントを書く


July 4, 2006
blog title language exchange/ 韓国でのお仕事

今日初めて韓国でLanguage Exchangeたるものをしてきた。友達の友達が英会話の練習がしたいというので紹介され、英語と韓国語で約一時間ずつお喋りした。彼女は一年オーストラリアに住んでいたことがあるということで基礎的な意思疎通に問題はなく、英字新聞の読解や英語での議論などの練習がしたいということだったので、英語の一時間はかなり込み入った話ができた。そのあと私の韓国語の練習になったら急に会話のレベルと速度が下がり(笑)、出身地の話とか生活一般の話を辞書片手、身振り手振りつきでする状態。でもやっぱり、授業より一対一の会話練習が一番効果的なのだ。

随分前にも書いたが、この夏は兵役制度に関して調査するという名目で、奨学金をもらっている。韓国でもボチボチそのリサーチを始めていて、教授やNGOの人たちにインタビューしたり、資料を集めたりしている。これが私の仕事。また、この夏に読んで要約を作らなくてはならない本の山もあるので、それを読むのも仕事。韓国語勉強するのも一緒の仕事。「学生って良いよね、うらやましい」って行く先々で言われ、確かに良いから薄給でもやっているんだけど、自由な分、Self-Motivated(やるべきことを一人でもどんどんやれること)かどうかにかかっているのも結構ストレスがたまるものなんだよ、って中々言えない。


投稿者: 茶谷 さやか 日時: 9:24 PM


July 1, 2006
blog title 北朝鮮のおもてなし

今日はなんというか、英語でいうとbizarreかつuniqueな経験をすることができたので、その報告をしよう。実は自分でもこの経験をどう分析して消化しようか、まだ考え中だ。

今ソウルに滞在中の相方の友人と落ち合って、新しくオープンした国立博物館に行こうということになった。その博物館も見応えのある、とっても立派なものだったのでおすすめである。うちの相方もその友人も歴史学の博士学生なので一緒にいくと面白い話が聞けてお得だ。その後どうしようか、と言った時に、その友人がオモムロにきらびやかなパンフレットを取り出した。「ここに行く予定なんだけど、一緒にどう?」と。それは「한반도(韓半島)」という名の新しいショーバーのようなものだった。ここで北朝鮮を脱出した劇団員が北朝鮮仕込みのショーを催しているという。そ、そ、そんなところがあるの???と興味がわき、それは行ってみるしかない、ということになり、お供することにした。

辿り着いた先は広々としたラウンジで、80年代を思い起こさせるような装飾である。10日前にオープンしたばかりとかで、客はまばらだ。壁には朝鮮半島や、伝統衣装で手を振る朝鮮の人々の絵が描かれており、中央に設置された小さな舞台は造花で装飾してあった。店全体のシンボルは「統一された朝鮮半島」で、全ての店員がそのバッジをつけている。舞台に上がる人だけでなく、ウェイトレスやウェイターの中にも北朝鮮からの亡命者が多いようだった。韓国語が達者な友人は彼らにもっと話を聞きたいと思っていたようだが、皆とてもシャイで中々難しそうだった。もしかしたらうちの相方のような白人を直接見るのが初めての人がいるかもしれない、とも思った。ここについて食事しながら、やはり北朝鮮からの亡命者をこのように「見せ物」にするのはいかがなものか、しかし彼女たちも生計を立てなければならないし、など私は色んなモラルの葛藤を感じ始めていた。

ショーが始まり...「こ、こ、これが本物の北朝鮮スマイル」という感動を覚えると同時に、ダンスも「生で見ると結構かわいい」というのが正直な反応だった。とりあえず写真を載せておこう。


韓国の太陽政策によって直輸入できる北朝鮮のお酒。


壁に描かれた金大中と金正日。


彼女は北朝鮮で有名だったという歌手김혜영(キムヒェヨン)。

ショーの最後にキムヒェヨンが「韓国バンザイ」という歌を歌った。スパイ活動の取り締まりが厳しく、太陽政策以前のメンタリティを持つ人、北朝鮮に対して拒絶反応を示す人がまだ多い韓国社会で、南側の政府を支持しているんだと政治的立場をはっきりさせることが、彼女たちのサバイバルの術なのかもしれない、と思った。

また英語と関係ない記事ですみません。

投稿者: 茶谷 さやか 日時: 11:58 PM | コメントを書く


June 28, 2006
blog title 大きくなったら何になりたい?

もう27歳だが、「大きくなったら何になりたい?」って周りにきいて回ったり、自分で考えたりするのが好きだ。「そんな歳して何言ってんの?」と返してくる人より、「えーっとね...」って真剣に考えてくれる人たちが大好きだ。自分に無限の可能性があるって疑わなかったあの瞬間に一瞬戻ったって良いじゃない。今後の夢を語るもよし、今とはかけ離れた人生を夢見るのもよし。大人になる課程で色々現実的制限を見る人も多いんだろうけど、若干27歳、まだまだ歩き始めたばかりだ。

投稿者: 茶谷 さやか 日時: 1:48 PM | コメントを書く


June 23, 2006
blog title ソウル大の水泳場

今日よりソウル国立大学にあるジムのプールに通うことにした。台湾にいるときは国立台湾大学のジムを利用していたので、各国のジム文化にも触れるのも結構おもしろい。

ソウル大のジムやプールは結構高い。学生料金でもプールだけ、日に4時間の指定枠がある自由水泳で、約一ヶ月5000円強する。アメリカでは学生は無料、台湾大学も半年で3000円程度だったので、なんだか韓国って高いなーというのが最初の感想だった。

申し込みをしてから、更衣室に向かった。タオルが自由に使えるのと、入る時に鍵を渡され、大きな木製のロッカーを使用できることを告げられた。更衣室に入ると...みんなすっぽんぽんでうろうろしている。あれ?なんだか温泉みたい...?!日本人なので温泉や銭湯文化に慣れているとはいえ、プールの更衣室で裸になってうろうろするのは見たことがないので、およよ、と驚いた。とりあえず着替えて、シャワー室に向かったところで謎がとけた。巨大なシャワールームとサウナ。みんなここでダッラーとしている。これがあるから皆裸でうろうろしている訳ですね。

プールに辿り着き、かろうじて「自由水泳レーン」と韓国語で書かれた表示を見つけ、水泳開始。ジムや競泳用プールって、実は無言のルールというのがいっぱいあって、初めて行くと分からないことがいっぱいある。自由水泳レーンのうちでも、初級、中級、上級と書かれているのに気がついたので中級というところを使うことにしたが、さて、目の前の人を抜いていいのか、ビート板を中級で使ってもいいのか、途中で立つのはどうなのか、自由形とか平泳ぎとか関係なく泳いでいいのか、など、分からない。とりあえず周りの様子を見ながら少しずつ学ぶのである。

プールからあがって、私もサウナでだらーっとし、シャワーを浴び、水着を脱水機にかけ、化粧水や殺菌済みのブラシなど、「やっぱりこれ温泉でしょ?!」というような装備を利用した。とっても清潔だったし、道理で5000円とるわけだ、と納得した一日だった。

投稿者: 茶谷 さやか 日時: 7:21 PM | コメントを書く


blog title 一番使われている英語の名詞

今日のロンドン発APの記事を以下に抜粋:

'Time' Is Top Noun: Oxford Dictionary
For those who think the world is obsessed with "time," an Oxford dictionary added support to the theory Thursday in announcing that the word is the most often used noun in the English language.... Among nouns, "person" is ranked at no. 3, with "man" at No.7 and woman at No.14. "Child" appears at No.12. "Government " appears at No. 20 while "war," at No.49. trups "peace," which did not make the top 100.

つまり "time"という名詞が一番多く使われているそうです。なるほどねー、と別になんてことないトリビアでした。

投稿者: 茶谷 さやか 日時: 7:11 PM


June 20, 2006
blog title 相方が街を行く時

時間をさかのぼって、先週の週末のことだが、相方とともに、三成にあるキムチミュージアムに行った時の写真である。

キムチミュージアムで、ニンニクの匂いを確認している図。


白(ピンク)人が一人で歩くと、よくある光景。学生の「英語でインタビュー」かなんかの課題に捕まっている図。

投稿者: 茶谷 さやか 日時: 1:21 AM | コメントを書く


検索



最近のエントリー
卒業
language exchange/ 韓国でのお仕事
北朝鮮のおもてなし
大きくなったら何になりたい?
ソウル大の水泳場
一番使われている英語の名詞
相方が街を行く時
チェミキョッポのお別れ会
恐怖の赤い斑点
漢字と外国人

アーカイブ
July 2006
June 2006
May 2006
April 2006
March 2006

最近のコメント
卒業
 └ rm (07/15)
 └ ayano (07/18)
大きくなったら何になりたい?
 └ kiko (06/28)
 └ rumi (06/29)
 └ yoko (06/29)
 └ sayaka (06/30)
 └ ジャングラー (07/07)
北朝鮮のおもてなし
 └ yoko (07/02)
 └ 俊坊 (07/02)
 └ のん (07/03)
カタカナの威力
 └ kiko (05/18)
 └ paige (05/18)
 └ Ben (05/19)
 └ sayaka (05/20)
 └ あ (07/03)
共通の英語教育問題
 └ あさのえいし (07/03)

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
SecurityGirl.net
GW Political Science Department
PoliticsTV
Muninn

あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ



visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ