私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! 私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog!
私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! more


« バベルの塔のお話 | メイン | ゴルフのお話 »
blog title コーヒーのお話 July 11, 2007

イギリスといえばもちろん紅茶です。確かに同じ茶葉でも日本で入れた紅茶とイギリスで入れた紅茶は違うのです。これはきっと水のせいですね。イギリスの硬水が紅茶葉に合っているようです。

余談ですがコーヒーで有名なスターバックスでも紅茶を頼むイギリス人も少なくありません。日本ではどうかわかりませんがこちらのスターバックスではたくさんの種類のティーバッグをそろえておりますよ。ぜひお試しください。

そんな紅茶で有名なイギリスですが実は昔はそうではありませんで、コーヒーも紅茶も等しく飲んでいたのです。それなのになぜ今はコーヒーではなく紅茶なのか。今日は1800年代のイギリスコーヒー事情についてお話いたします。

coffee stall.jpg
"Coffee Stall - Early Morning" 1872. Museun of London蔵
Description(説明): Men gather round a coffee stall, chatting and queuing up for coffee. The stall holder can be seen top left filling a mug from the urn(金属製のコーヒー沸かし). A lone woman stands on the right.

1820年代に関税の引き下げがあり、コーヒーの値段も下がったため日常的な飲み物へとなりました。1840年代後半にはロンドンに2000軒を超えるコーヒーハウスやコーヒーストール(コーヒーを入れる屋台のようなもの)が300軒あったそうで、イギリス人の紅茶年間消費量が650gだったのに対し、コーヒー年間消費量はなんと800gだったそうです。

それなのに30年後の1870年代前半のコーヒー年間消費量は450g、さらに10年後は350gと徐々に減少していき、もうコーヒーはイギリス人の日常的な飲み物ではなくなっていました。

こうしたコーヒー消費低迷の理由には大きく2つございまして、ひとつは1870年代以降、紅茶がインド産、セイロン産(今のスリランカ)の輸入の増加により値下がりし、逆にコーヒー豆の値段が高騰したからです。当時イギリスの植民地だったセイロンではコーヒー豆も作られてはおりましたが、害虫被害によってコーヒー豆から紅茶葉へと転向していったのでそれもひとつのコーヒー値上がりの理由になったのかもしれません。

そしてもうひとつの理由が、コーヒーにチコリ(キク科の多年草。タンポポに似ている)などの混ぜ物を入れて販売することが合法だったということです。
当時、イギリスに限らずチコリの根を乾燥させローストしたものがコーヒーの代用品として世に出回っておりました。チコリはたくさんの糖分を含んでおりローストしている段階でカラメル化し、コーヒーに似た色と苦味が生まれたのだそうで。
1830年代からすでにチコリ混入の規制については議論されていました。そして大蔵大臣が1853年にパッケージにチコリ混入とちゃんと明記すれば販売可と条件を出しました。
しかしこの条件の欠点はチコリの含有量の規制がなかったことですね。
それを悪用して「純コーヒー」と名乗ったものでも25%以上のチコリが混入されていたり、「チコリ混入」だと書かれてあっても一体どれくらい混入されているのか消費者はわかりませんでした。

そんな高くて不純物が含まれているコーヒーなんて飲まなくなるのは当然といえば当然です。そして今でもなお、イギリス紅茶の勢いは衰えを見せておりません。

フランスではエスプレッソを、イギリスではブラックティーを。

coffe seller.jpg
"A man with a barrel organ and a coffee sellar" 1828. Museun of London蔵
Description: A street musician with his instrument, and a woman running a coffee stall.

投稿者: 高橋 加奈 日時: 2:35 AM |


コメント

こんにちは。
今ちょうど英語タウンで、高橋さんのブログと僕のが紹介されているので、遊びにきました。

いやいや深い内容のブログですね!!胸を打たれるものもありました。画像もたくさんあるので、イメージしやすいし。

チコリは、あまり良くないものなのですか?
それとも単純に、不純物の無いコーヒーを飲みたい人が多いということですか?

イギリスは良い国だそうですね。是非一度行ってみたいと思っています。イギリスのアクセントも上品でいいですよね。
僕はテニスが好きで、先月はウィンブルドンをずっとテレビで見てました。

また遊びに来ます。



明嗣様。。。コメントありがとうございます。
私が書いているものはさっぱり英会話のことなんて書かれていませんよね。笑。褒めていただけて嬉しい限りです。

チコリは体に悪いものではありませんよ。サラダにも使われているそうです。ただやはりコーヒーはコーヒー豆からの純なものをきっと当時の人々は求めていたのでしょうね。



興味ある内容なので勝手にコメント書いちゃいます。
スイマセン。

コーヒーがないと一日が始まらないし終わらない自分なので、イギリスってコーヒーより紅茶の文化ってのが不思議だったので、スッキリしました。

紅茶は硬水で飲めばおいしいのかも??しれないですよね。
一度硬水で飲んでみます。紅茶のイメージが変わるかも??

コーヒーの年間消費量10kgぐらいあるかも??



こうじ様。。。コメントありがとうございます。
そして返答遅れて申し訳ありません。

私もロンドンにいたのに朝は常にコーヒーを飲んでおりました。笑
そこでちょっと不思議に思いましたので調べてみたのです。

スッキリしていただけてなによりです。

今度ぜひ硬水で紅茶を入れてみてください。



初めまして。英国人の紅茶中毒の原因についてブラウズしていたら、たまたまヒットしました。英国内外で2つの理由を挙げておられることに降参です。大変に納得できました。

一番目の理由についてもう少し考えてみました。セイロンのコーヒー園が潰滅的状態になったとき、英国には代替輸入元がなかったことが背景にあるような気がします。コーヒーの栽培適地のほとんどは、大陸ヨーロッパ諸国の植民地だったでしょうから。

二番目の理由は、今をときめく食品擬装問題ですね。当時の大衆向けビスケットには小麦粉に大量の石灰を混入していた、という話も読んだこともあります。工業先進国日本は、英国に百年以上遅れていますかね。



メッセージを送る

名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
 
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 


検索



最近のエントリー
上下
エジプト綿のお話
失敗から学ぶのお話
断食のお話
暦のお話
アブサンのお話
RERでのお話
復活のごあいさつ
ありがとうのごあいさつ
映画のお話

アーカイブ
December 2009
November 2009
August 2009
May 2009
April 2009
March 2009
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006

最近のコメント
敬語英語のお話
 └ 結右 (06/02)
 └ 高橋 加奈 (06/04)
 └ 梨央 (07/20)
チョコレートとタバコのお話
 └ Piano (07/26)
 └ 高橋 加奈 (07/26)
 └ ユタカ (07/28)
 └ 高橋 加奈 (07/28)
 └ ぼけじー (05/10)
サマセットハウスのお話
 └ 山岡 文雄 (02/12)
コーヒーのお話
 └ 明嗣 (08/02)
 └ 高橋 加奈 (08/03)
 └ こうじ (08/19)
 └ 高橋 加奈   (08/21)
 └ てば (01/25)
ありがとうのごあいさつ
 └ nathco (08/05)
 └ Bon-Bon (08/05)
 └ 高橋 加奈 (08/06)
 └ 明嗣 (08/07)
 └ 高橋 加奈 (08/12)

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
24 Hour Museum

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ