私の英語タウンブログへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! 私の英語タウンブログへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog!
私の英語タウンブログへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! more


« April 2007 | メイン | June 2007 »
blog title 敬語英語のお話 May 24, 2007

毎日学校の中にもやはりたまには気分転換も必要ですね。
そんなわけでクラスメイトの友達と一緒にご飯を食べに行きました。

彼女はイギリス人なので私たちは文化の違いや言葉の違いなどのトピックスで話がはずむわけです。

そんな中英語の敬語について話をいたしました。
実際私はよく、敬語形式の単語はないと耳にしておりましたのでそれは本当なのかと思っていたわけです。

フランス語とイタリア語はございます。
フランス語はすっかり忘れてしまいましたが、イタリア語で説明しますと、
where are you from?は
Di dove sei?
Di dove'e lei? (FORMAL)
と言葉が変わります。日本語もおなじく「来る」が「いらっしゃる」と言葉自体が変わりますね。

そして英語はどうなのか、といいますと言葉は変わらないそうですね。そのかわり文法が変わります。
しかし彼女いわく「一応Formalな話し方もあるけれど、もう最近は誰も使わないわ」だそう。

そんなポピュラーではない英語の敬語(?)を少し。。。
「Where did you get that from?」
という文を例に説明いたしますと、これは丁寧ではあるけれど正式な敬語ではないそうで。
ちなみに普段友達同士で話しますと「Where did you get it??」ですね。「From」がありません。ときどき「It」もなくなります。

そしてFormal wayに直しますと
「From where did you get that?」となるそうです。
前置詞が一番前にくるんですって。

でもこれはめったに私も聞かないのでまぁ知っているくらいでいいんでは?という感じでしょうか。
ただちょっと面白いなぁと思いましたので。

さらに冠詞の「a」「an」のお話をさせていただきますが、
「an」は最初が母音の名詞のみに使うとみなさん習ったと思います。

しかしこれには例外があったのですよ。
「H」が最初の名詞にも本当は「an」なんですって。

「an hotel」、「an hospital」などです。

まぁこれももうめんどくさいので最近は「a」ですますそうです。
余談でございました。

言葉が変わっていくのはどこの国も一緒のようですね。

投稿者: 高橋 加奈 日時: 5:20 AM |
blog title 「お元気で」のお話 May 15, 2007

April07 018.jpg

もうすぐ卒業間近の私は最近、最後の追い込みということで土曜日も学校に行っております。
やはりギリギリになってあわてたくないですからね、心と時間にゆとりがあるうちにどんどん織っていかねばならないということで。

3年生だけではなく2年生もがんばっているようです。みなさまお疲れ様です。

そんな土曜日の学校から帰る途中の、ご旅行中の日本人ご夫婦に美術館までの道を聞かれたときのことです。
丁寧な日本語を使う必要のない日々も困ります。敬語がでてこないのです。
ご主人がまず私に「excuse me」と英語で話しかけてくださって、しかしこのまま英語で話すのもどうだろうと「日本の方ですか」と日本語で答えたまではいいものの、そのあと敬語のひきだしがさびたようで冷や汗をかきました。

そんなおかしな日本語でしたがご理解していただけたようで最後に奥様が「どうもありがとうございます。ではお元気で」とお辞儀をしながらあいさつをしてくださったんですね。

「お元気で」
んー素敵な言葉じゃないですか。気持ちがほっこりいたします。
始めと終わりのあいさつはとても大切ですよね。

しかしまぬけな私は緊張してしまい「あ、どうも」。。。。
最後のあいさつがこれですか。

日本人でない人に「Have a lovely day」は言えても、こんなときに必要な「では美術館楽しんできてくださいね」はなかなか言えないものです。

ただ土曜日にお会いしたご夫婦が美術館で楽しい時間を過ごせたことを願うばかりでございます。


glossary

写真がないのもつまらないので先日家の近くで撮った木とフェンスでございます。
ちょっと織物に見えませんか。自然と人工物のコラボレーション織物です。


投稿者: 高橋 加奈 日時: 4:32 AM |
blog title バンクホリデーのお話 May 7, 2007

日本の皆様はゴールデンウィークを楽しく過ごせましたでしょうか。
長いお休み期間ですのでこちらでも日本人の観光客の方々を見かけました。
しかし5月になりましたら急に寒くなってしまって。早くあったかくなってほしいものです。

さて、ゴールデンウィークほど長い連休はこちらにはありませんが、今日月曜日はバンクホリデーと言って国民の休日でございます。

日本の祝日には様々な意味合いがございますね。例えば海の日、敬老の日、みどりの日など。
こちらはイースター(春)、クリスマス(12/25)、ボクシングデー(12/26)、ニューイヤーズデーくらいでしょうか。今日のような祝日はすべてバンクホリデーと呼ぶのです。

といってもバンクホリデーは年に3日しかないのですが。
週休二日制ですのでそこまで祝日は必要ないのかもしれませんね。

バンクホリデーができたのはヴィクトリア時代(1837~1901)で働きすぎの人々を休ませようという理由からできたものです。
ヴィクトリア時代のイングランドの人々はかなりの長時間&重労働の日々だったそうで、その労働者の健康対策として日曜日のお店の営業を禁止にし、世界の金融の要でもあるロンドンのシティで働く銀行員には日曜日の他に特定の月曜日を休日としたそうで。

これが「バンクホリデー」の始まりですね。

現在は日曜日でもほとんどのお店は開いていますが、大型店舗は6時間営業という制限つきで営業しておるようです。

投稿者: 高橋 加奈 日時: 8:13 PM |
blog title 奇妙な話 May 1, 2007

最近おかしなことが起こりました。
それは存在しない番号から電話が毎晩かかってくるというものでした。

実話でございます。

その存在しない番号というのが0から9まで順序よく並んだ番号でございまして、これはおかしいなと思いもちろん出ておりません。

友人に「最近こんなおかしな番号から電話がかかってきてちょっと怖いんだ」と相談し、彼女が試しにその番号にかけてみたのですが、「この番号は存在しておりません」とのこと。

これはいったいどういうことなのでしょう。。。

さらに着信拒否は携帯会社のカスタマーサービスに電話をしないとできず、さらに存在しない番号なので拒否できないそうで。。。まぁ。。。

ここ2日間はかかってきていないのでほっとしておりますが。

最近の携帯電話は着信履歴に残る番号を変えて電話をかけることは可能なんでしょうか。。。

事実は小説よりも奇なりですね。

投稿者: 高橋 加奈 日時: 5:17 AM |

検索



最近のエントリー
敬語英語のお話
「お元気で」のお話
バンクホリデーのお話
奇妙な話

アーカイブ
December 2009
November 2009
August 2009
May 2009
April 2009
March 2009
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
June 2006
May 2006

最近のコメント
敬語英語のお話
 └ 結右 (06/02)
 └ 高橋 加奈 (06/04)
 └ 梨央 (07/20)
「お元気で」のお話
バンクホリデーのお話
奇妙な話

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
24 Hour Museum

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ