英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく! 英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく!
英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく! more


メイン
blog title tやdを無解放でいう場合は、batとbadのどの要素が音韻的な差になるんでしょうか February 19, 2015

もくじはこちら

tやdを無解放でいう場合は、batとbadのどの要素が音韻的な差になるんでしょうか


Q: bat と bad や beat と bead のtやdを無解放にしないで言うときは、単純にtとdが音韻的な違いの手がかりになると考えています。


一方でtやdを無解放でいう場合は、bat と bad や beat と bead のどの要素が音韻的な違いの手がかりになるんでしょうか。


それとも、「音声的な違い」なるものは無いけれど、音韻的に違う単語(つまり話者はあくまで違う単語を言っているつもりになってるということ)なのでしょうか?




A: 実際にどの音声的な要素を、音韻的な区別の一番の手がかりにしているか、というのは、おそらく音声的な実験が必要でしょう。そのような過去のそのような実験に関しては、ちょっと知らないので申し訳ありません。母音の長さかもしれませんし、別の要素かもしれませんし。




しかし、badとbat、あるいはbeadとbeat等が同音異義語ではない限り(音韻的に対立するかぎり)、コミュニケーションで誤解を避けるために、基本的には聞き手にハッキリわかるように音声的な何かを変えているはずだと思います。


もしも音声的な区別をしなくなってしまうと、いわゆる音韻的なmergerが起こるわけです。例えば日本語で「し」と「す」の区別を完全にしなくなってしまった方言があるように。でも英語では語末の子音の有声、無声の音韻的な区別を失っていないところを見ると、絶対に聞き手に違いがわかる音声的な区別をしているはずだと思います。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:57 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6085





 

blog title badとbatの聞き取りは 8〜9割型は文脈類推でしょうか? November 23, 2014

もくじはこちら

badとbatの聞き取りは 8〜9割型は文脈類推でしょうか?


Q: badとbatで、これらを音読みAの長短で区別する場合でも、8〜9割型は文脈類推で、長い音読みAと短い音読みAの違いはほんのお飾り程度の差』の中の『badとbatを音読みAの長短で区別する場合でも、8~9割型は文脈類推』という箇所のお答えが無いように感じまして、この部分の説明です。


『badとbatのd,tを無解放にし、前のăをdのときは長く、tは短く』という方法だと音声学的にはともかく、「音韻論」的には同音異義語になっちゃいますよね?


つまり、あの2語を無解放でいう場合、ネイテヴは大部分は文脈類推で判断していて、我々がbadやbatを無解放で言う時も、前の母音の長さなど気にしなくていいということですよね?要は、「単独で」badやbatをいう時、例の部分を無解放にしちゃうと、「悪いの?蝙蝠なの?それとも悪い蝙蝠なの(笑)?」と聞かれちゃうと思ってるんですけど、そのような考えで大丈夫ですか?


(余談ですが、「異音的な違い」という言葉をお教えくださる前はこういう音差を「お化けみたいな差」と呼んでました。笑)


A:batとbadは音声的にも音韻的にも違うので、決して文脈類推ではなく、音で区別する、という認識で良いと思います。


文脈類推は、toとtwoとtooのように音だけでは区別できない時だけです。


話者はあくまでtとdだけでbatとbadを区別してるつもりですが、勝手にaの長さが変わってしまうので、話者は気付いていません。しかし、自然な発音としては、やはり聞いた印象では明らかにbadの方が長いです。だから、長くした方が自然で聞き易いでしょう。


例えば日本語の「今夜」の「ん」を[m]と発音しても(唇を閉じても)間違いではありませんが、こう発音するのは、歌の時のようによほど1音1音ハッキリ発音する時だけで、自然な会話の自然な発音としては、やはり唇を閉じない方が良いのと同じででしょう。




実をいうと、発音のテストとかではなく、実際の会話で、相手に伝えるために、batとbadを単独で発音するなら、tとdをハッキリ解放させた方がいいです。言語学を知らないネイティブは、聞き手はやはりtとdの差を一番重視しますから。




一方、発音のテストか何かだと、試験官には「日本人は余計な母音をつける癖がある」という先入観があるかもしれないので、ハッキリtとdを解放させると、「あ、やっぱ日本人だから母音を入れてる!」と思われてしまうかもしれませんし、「主に前の母音の長さで区別する」という教科書通りの方法の方が、試験官受けが良いかもしれないです(笑)


おまけですが、北米の英語では、母音間のtがdになります。waterがwader、betterがbedderのように。




だから例えば、latter(後者)とladder(はしご)が同音異義語になります。おそらくたいていは前の母音の長さも含めて。


This bat isのように、batのtの後に母音が来たら、このtはdと発音します。勝手にdになるのではなく、話者は意図的にdにするのです。


こうなると、badとbatは同音異義語になるので、8−9割どころか、10割文脈類推になります。
(badは形容詞なので、*This bad isでは文法的におかしいですからね。)


もっとも、ここでもしも、聞き手が「は?」みたいな顔をしたら、batと、ハッキリtを発音して言い直すでしょう。(笑)

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:40 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6084





 

blog title 「後続子音が有声無声かで母音の長さが変わる」と有りましたが、英語では伸ばす伸ばさないの区別はないのでは? 

もくじはこちら

「後続子音が有声無声かで母音の長さが変わる」と有りましたが、英語では伸ばす伸ばさないの区別はないのでは?


Q: 語末の破裂音が消えるという頁で、「後続の子音が有声か無声かで母音の長さが変わる」と有りましたが、英語では伸ばす伸ばさないの区別はなかったのでは・・・?



例えば、badとbatで、これらを音読みAの長短で区別する場合でも、8~9割型は文脈類推で、長い音読みAと短い音読みAの違いはほんのお飾り程度の差ということでしょうか?{可能でしたら、(現代)日本語の例を交えて頂ければ幸いです。}




A:まずここで大事な前提があります。一言で「発音が違う」と言っても、


1、単語の意味を変えるため、話者が意識的に発音を変えているもの。

2、次にくる音とかの影響で、勝手に音が変わってることが多いが、話者はたいてい音が変わっていることに気付いてないもの。




まず1の例としては、日本語では、「ガチョウ」と「ダチョウ」、「ガ」と「ダ」を変えると単語の意味が変わって違う鳥になるので、話者は意識的に「ガ」と「ダ」を変えています。



2の例としては、「今夜(こんや)」の「ん」と、「とんぼ」の「ん」。


「とんぼ」の「ん」はほぼ間違いなく唇を閉じると思います。


でも「今夜」の「ん」は、普通は唇を閉じないんじゃないかと思います。ちょっと言ってみて下さい。


いや、「今夜」の「ん」も、ゆっくり言う時や、歌のテンポの遅い部分でなら、唇をとじるかもしれません。だから「とんぼ」の「ん」と「今夜」の「ん」を同じ発音にしたところで、かまわないのです。

でも速く言う時に「今夜」の「ん」で唇をとじると、下手したら「こんみゃ」みたいに聞こえてしまうかもしれませんからね。たぶん、それを避けるために、無意識に唇を閉じないことが多いのだと思います。

(言語学の教科書では別な理由で唇を閉じないのだと書いてあり、それが言語学界や日本語の発音指導では常識にようになってますが、僕はこの理論を推します。僕はこれを8月の学会でこれを発表しました(笑))


つまり「ん」の時に、唇を閉じても閉じなくても、「ん」だと聞き手には認識されるのですが、次にくる音によって、発音しやすさとか、聞き手の聞き易さ等を考慮して、無意識に変えている部分があります。これが2のケースです。


さて、伸ばす伸ばさないについてですが、日本語では「いしょ」と「いしょう」のように、伸ばすか伸ばさないかで単語の意味が変わるので、話者は意識的に長さを変えます。

一方英語では、このように意識的に長さを変えることはしません。


しかし、例えばbet と bed だったら、話者は気付いていませんが、bedの時のeの方が、無意識に若干長く発音されることが多いのです。

これは、tが無声音なので、無声音の用意をするために、eの部分が早めに消えるのに対し、dは有声音なのでeを消す必要が無いからでしょう。




まさに「とんぼ」と「今夜」の例のように、別にbetとbedのeの長さを同じにしたところで、単語の意味が変わるわけではないのでかまわないのですが、実際にはbedのeの方が長く発音されることが多いということです。またbedのeを長くした方が、その後が有声音のdか無声音のtかの手がかりにもなるので、聞き手にとってもわかり易いというわけです。


じつは、日本語でも全く同じように、例えば「あか」の時の「あ」と、「あが(意味は無い)」というように濁音の前の「あ」では、濁音の前の「あ」の方が若干長いのです。もちろん日本人はそんなことに気付いていませんが、英語と同じ理屈でしょう。




つまり、英語で、有声音の前で母音が若干長くなるのは、あくまで無意識なもので、日本語の「あ」に対する「あー」のように単語の意味を変えるために意識的に変えているものとは、質が異なるものなのです。


「badとbatの長い音読みAと短い音読みAの違いはほんのお飾り程度の差」かと言えば、そうですね。そのように考えていただいて良いと思います。



言語学用語では、単語の意味を変えるために意識的に変える違いを、「弁別的な違い」とか「音韻的な違い」と言い、となりに来る音等の影響で無意識に変わってしまうことが多いものを「異音的な違い」などと言ったりします。(←覚えなくていいです。)

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:39 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6083





 

blog title quick等、QとUはいつもセットなのか?発音はいつもkwなのか? June 22, 2014

もくじはこちら

QとUはいつもセット


Q: qという文字はquの形でしか見たことがないのですが、これもルールですか?




A:その通りです!フォニックスのルールを習うときは、qは常にuと一緒だと習います。僕もアメリカ人の先生からそう習いました。




歴史的には、11世紀に、イギリスがノルマン人から征服され、その時に英語は、アングロノルマンフレンチという当時のフランス語の1方言の影響をたくさん受け、つづりのルールも変えられました。


当時フランス語ではkwという発音をquとつづっていたため、英語でもquick、queen等kwという発音は、quとつづられるようになったそうです。


さて面白いことに、その後フランス語では、kwの発音は、いつのまにかwが抜けて、kになってしまったそうです。でもつづりはquのまま残ったそうです。


日本語でも同じように、「小さいゎ行」(専門用語では合拗音)がありましたが、一部の方言を除いて、今はほとんどなくなってしまいましたね。
例えば、昔は「家事」は「かじ」で、「火事」か「くゎじ」(kwaji)と発音が違ったようですが、フランス語のように、いつのまにかwが無くなってしまいました。


だから、比較的最近のフランス語からの借用語では、例えばquiche(食べ物の名前、読み方はkeesh、ロングE)等は、つづりはquだけど、kweeshとは読みません。元のフランス語の発音を真似してwを読みません。


ちなみにplaque、unique、antique等queをkと読むのも、これも比較的最近フランス語から英語になったもので、つづりはフランス語を残し、音も元のフランス語っぽく発音した結果、母音も含め、英語のルールとはかけ離れたものになるのでしょう。


あとは、Iraq(イラク)等、やはり外来語は、quというセットじゃなかったりします。このサイトに、qとuがセットじゃない単語の一覧があります。意味不明な単語ばかりです(汗)

http://www.scrabble.org.au/words/ulessq.htm


Q:語末のgueではサイレントEルールが適用されて、はlongになるんですね。
fugue,rogueと確かに綴り通りの母音をlong読みですね。

しかし、これは-gueのモノシラブル(1シラブル)限定っぽいですね。
複数シラブルだとintrigueやfatigueみたいにあてはまらないのが多そうな気がします。




A:うーん、intrigue(感心をそそる)やfatigue(疲労)のiが、サイレントEがあるのにロングIではなく、ロングEになるのも、シラブル数がどうこうという問題ではなく、単純にこれらの単語は、17世紀にフランス語から入ってきたもの、つまり比較的新しい外来語のため、英語とかけ離れた読み方をしているだけじゃないでしょうか?


例えるなら、日本語の「酒」から入って来た、sakeという英単語も(注、「〜のために」という意味のsakeではない)、英語読みすればサイレントEがあってsayk(ロングA)と読みべきですが、日本語の発音を真似て、つづりはローマ字のままにして、sakeのaはショートO、eはロングE(ちょっと日本語かぶれ的な人はw、ロングA)で読みます。これと同じでしょう。



ーーーーーーーーーーーーーーー
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:01 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6078





 

blog title 語末の破裂音(b,p,t,d,k,g)が聞こえなくなるのはなぜか? 

もくじはこちら

p, t, k等が聞こえないのはなぜか?


Q:こちらの質問は、破裂音(b,p,t,d,k,g)が聞こえなくなるのはなぜか、ということで野北さんがおっしゃっているのは子音は単独では発音されない、ということなので会話がかみあっていないような…。



A:確かにちょっと説明不足で、かみあってないような書き方になってしまったかもしれませんね。ご指摘ありがとうございます。


これはどういうことかと言うと、こちらのページの真ん中あたりの「正しい"drop"、日本人の"dro-p"」で音声付きで説明している通り、


日本人はdrop、book,、but,、dub、bug、bad等の、語末のp,k,t,b,g,dを、破裂させすぎてしまうんです。


特に英語が上級レベルの日本人に多いのが、dub、bug、badのような濁る音(voiced)を、自分では濁ってるように発音しているつもりが、実はあんまり濁ってなくて、duph、gukh、bathというように、思いっきり破裂させて(気音を伴って)発音してしまうという報告が言語学でもあり、実際に僕の印象でも日本人はそう発音してる思います。


これはなぜかというと、日本語ではシラブルではなく拍で区切るから、「本」をho-nのように区切って、hoと、子音だけのnを同格で発音してしまう癖を英語にも持ち込んで、例えばbadなら、ba-dと区切って、baとdを同格のようにに発音してしまうため、dが強くなりすぎてしまうからなのです。そこが日本人の根本的な問題なのです。


語末の破裂音(b,p,t,d,k,g)が聞こえなくなるのはなぜか?それは、例えばbadなら、語末のdは、その前のaにくっついて依存しているから、日本人の発音よりも、ネイティブの発音では、語末のdが圧倒的に弱く聞こえるのです。つまりbaとdが同格で2単位で発音するのではなく、badで1単位で発音するイメージなら、dは勝手に弱くなり、ほとんど聞こえなくなるのです。ここが最も大事な所です。


Q:このサイトにこう説明されています。


◆文末の破裂音
文末、文の切れ目にある最後の破裂音の発音は、非常に弱くなり、消えることもある。音は急に止まる(破裂音を発生する口の準備をしたところまでで、発音を止めてしまう。気持ち的には発声しているつもり)。
受けてきた教育や、出身地によって、語尾をしっかりと発音する人と、曖昧にする人がいるらしい。米国南部発音では音の消失が顕著に見られる。逆に英国英語は非常にはっきりと発音する。




つまり、a cup of teaと次に母音がくるとpが聞こえてくるけど、文末だとpの口だけ作って発音しない人もいる。だから文末の破裂音は聞こえないことがある、ということでは?




A:地域差については、ちょっと勉強不足で僕はわからないのですが、
例えば、cupなら語末のpを、唇を閉じたまま破裂しないこともあるし(つまり無解放)、ちょっと破裂させることもあるし、それはどっちでもいいのです。英語では破裂させてもさせなくてもいい。ここがポイントです。まあでもcupとか単語一つだけなら、だいたい少しpは破裂させるそうです。


問題は、cupのpを破裂させないで、唇を閉じたままで終わったとしても、頭の中で、cu-pという分け方をしてしまって、cuとpが同格だったら、まずいのです。cup単独で聞けば、うまく発音してるように聞こえるかもしれません。しかし、a cup of teaのようにフレーズになったら、絶対にリエゾン(英語式に言うとlinking)がうまくいかなくなります。




しかしpを独立させず、cupを1単位で発音するイメージを持っていれば、結果として勝手にpは弱めになったり、時には解放さえしなくなったりするし、a cup of teaもリエゾン(linking)とか考えなくてもスムーズに勝手にlinkingするようになるのです。




ちなみに、広東語の方がもっと判り易いので広東語の例を上げます。広東語では、語末のp,t,kが、前の母音に依存する度合いが英語よりさらに高く、結果として常に無解放(p,t,kの口の形だけして破裂させない)になります。音声を聞いて下さい。p,t,kは破裂させていなくても、p,t,kだとわかるところがポイントです。


sap
yat
dak

http://cantonese.ca/pronunciation.htmlより。


Q:「その前の母音の音質で聞き取る」ってなことを目に致しました。


A:この広東語の例では、p,t,kは破裂していない、つまり実際に音は出ていないのに、なぜ語末の子音はp,t,kだとわかるのか?それは、実は、舌や唇の動きが、p,t,kの前の母音からp,t,kに移る時に、母音の音色がちょっと変わっているので、聞き手はそれで次にくる子音を判断しているのです。音声学用語でいうtransitionです。それが、「その前の母音の音質で聞き取る」ということです。英語で語末の子音を解放させない場合も、広東語の例と原理は全く同じです。


つまり、このような場合、語末の子音は、子音自体の音が出ていなくて、完全にその前の母音に依存しているということです。その前の母音がなければ、聞き手も何の子音なのかわからないという状況というわけです。一方日本人は、子音だけで単独で発音して子音を強く発音しすぎるために、前の母音に依存させるということをしていません。ここが問題だというわけです。


Q:badとbatは消失した子音が有声音だと母音が
長く発音されるとあるのでこれも
母音で聞き取る例かな?
マイケルジャクソンのBADの歌詞でも”バーッ”って母音長めですがこの有声音消失パターンと見ていいのかなぁ?




A:そうですね。後続の子音が有声か無声かで母音の長さが変わるのも、母音で聞き取る例です。これも、bad、batを1単位で発音して、dやtを前の母音に依存させているための賜物です。ba-d、ba-tと日本語式に発音してしまったら、前の母音の質とはほとんど無関係になってしまいますからね。


マイケルジャクソンのbadも、badの部分の音符の長さが長いことを抜きにしても、母音の質で次にくる音がdだとわかる感じですね。


Q:「その前の母音の音質で聞き取る」というのはcan'tとcanは
tが発音されない場合が多く
母音がショートAかショートUかで
聞き分ける、という話でしょうか?



A:たしかにcanとcan'tは、普通にしゃべる時は、実際の発音がkun(又はkin)か、kanで区別して、tが有るか無いかじゃない場合もありますが、これはまたちょっと別なテーマですね。これはあきらかに違う母音音素を使ってる例ですが、例えばbatかbackかの場合は、同じショートAだけど、ショートAの音色がtやkに移るためにちょっと変わるので、その母音の質で判断してるということですね。



ーーーーーーーーーーーーーーー
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:50 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6077





 

blog title ストレスのない所で、ci を sh と発音する June 8, 2014

子音字の読み方について


Q:specialistの2シラブル目ですが、私は前のiはその前のcと一緒になってshと発音するというイメージでいます。
ci=shという感じ。


-tion,-cious,-cialとかはそういう認識でいます。
quietでqu=kw、


guitarでgu=hardG、みたいに
発音はされずに前の子音の音を決める母音字という認識です。
そういう感覚でいるのはあまりよくないですか?


A:よくないどころか、完璧な考え方だと思います!



specialistのciは、まさにci=shですね。
これは日本語でも「スィ」が「シ」によくなるのと同じで、英語もストレスのない部分はiの前では、sやcがshによくなります。


-tion は読み通りにつづると shun
-cious は shus


-cial は、、、どうつづるかはちょっとわからないですが、shŏŏl とでも書いて、ショートOO(goodのoo)です。




qu=kwも、全くその通りです。他にも、queen、quick、quarter、question等等。
これらはW-Blendですね。


guitar、guest、guide等も gu=hardGと考えていいでしょう。もしgitar、gest、gideだと、「iとeの前はsoftG」のルールが適用されて、jitar、jest、jideみたいになってしまいますからね。


余談ですが、スペイン語では、gの後にiとeが来たら、発音記号でいう[x]という、口の奥でだす摩擦音で読み、gをガ行音で読む場合には、guとつづる、というルールがあります。この時のuはサイレントです。
これと同じなんじゃないかと思います。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:36 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6070





 

blog title LとRの舌が動くタイミング2 May 29, 2014

RとLの舌が動くタイミングの質問2


Q:前回の記事の内容からすると、

loveを言う場合は,日本語で書く所の『ラ』まで舌を付けて,


『ヴ』と唇を噛む直前で漸く離すという解釈でOKでしょうか?


A: えーっとですね。まずloveは、読み通りにつづるとluvです。(ショートU)。

そこで、luv の代わりに、 nuv と言ってみて下さい。そして、n の時の舌が離れるタイミングを感じてみて下さい。いつ離れてますか?
それが、luv の l の時の舌が離れるタイミングと全く同じです。


又は、 enough の nough の部分を言ってみて下さい(読み通りにつづると nuf)。
そして、n の時の舌が離れるタイミングを感じてみて下さい。
l もそれと同じです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:50 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6064





 

blog title RとLの舌が動く(離される)タイミングについての質問 May 21, 2014

RとLの舌が動くタイミングの質問




Q:RとLの舌が動く(離される)タイミングで質問です.


例えばredにtrick,他にもthreeやroutineに挙げられるR+母音と,

例えばslowにlight,他にもlawやplayに挙げられるL+母音は,

どの瞬間を以って舌の先,舌の奥が戻って来るのでしょう?

次の子音や,R及びLと隣接してない母音へと移る時までなのか.


A:これに関しては、LやRを特別な音と考えず、他の子音達と同じと考えてはどうでしょう?


たとえば、meとか、nightとか、seeとか、何でもいいですが、


meだったら、mの部分では、mの発音をして、eに移ったら、ロングEの発音をして、mの発音は解除されます。


night(実際の発音はnite)は、nの部分でnの発音をして、i の部分ではロングIになり、nの発音は解除されます。そして、t の部分ではtの発音で、ロングIの発音は解除されます。


LとR、たとえばredやlaw
Lブレンド、Rブレンドのtrickやplayに関しても、同じことなのです。


単純に、母音の部分にきたら、子音の発音は解除されるというだけですが、どうでしょうか?


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:07 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6063





 

blog title 北米英語にデュ、ニュの音は無いのか? 

北米英語にデュ、ニュの音は無いのか?


Q:サイトで『デュとかニュみたいなのは米英語に無い』と目にしました.

しかしduetとかnewみたいなのが在るのは何でかなと思ったんです.

これも所謂,カタカナで勝手にデュ・ニュって言ってる表記なだけで,

ネイティブにはこの音の存在は無いというお話だったんですかね?


A:確かに、ちょっと『デュとかニュみたいなのは米英語に無い』と、一般論化した書き方をしてしまいましたが、実際には「無くなりつつある」とか「方言によってはまだ残ってたり」と書くべきだったと思います。なぜならデュとかニュを発音する人もいるからです。




又、イギリス英語では、デュとかニュを普通に発音してるようです。(これも方言によるかもしれませんが。)


だから、デュとかニュを発音したら間違ってるというわけでは決してありません。ただ、ドゥ、ヌの方がアメリカやカナダでは一般的なので、アメリカ人やカナダ人と接するなら、ドゥ、ヌの方が、彼らが親しみを持ってくれるんじゃないかと思うのです。(笑)


日本語では、「きゃ」「りゃ」などのように、「子音+y」が多いですが、
英語は、基本的に「子音+y」(英語風に言えばY-Blend)が無く、




一部の子音の後にロングU「ユー」が来た時のみです。
future、view、beautiful、puke、musicという唇の子音のあとのロングUか、
cute、argue、humanのような口の奥の子音のあとのロングUだけです。


だから、「京都」のことも、kyoが言えず、間に母音を入れないといけないのです。


つまり、その記事で言いたかったことは、英語では「子音+y」の組み合わせは限られた子音+ロングUの時だけで、基本的には無い、ということが言いたかったのです。


だから、duetとかnewも、「ドゥー エッ」、「ヌー」です。
New YorkのNewも「ヌー」ですね。


「デュ」「ニュ」だと、「子音+y」という複雑な発音になるのに対し、「ドゥ」「ヌ」だと子音ひとつだけという単純な発音になるからです。言い易いんです。


しかし、「デュー エッ」、「ニュー」でも間違ってるわけではないです。「イギリス英語式だな」と思われるだけでしょう。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:11 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6061





 

blog title 「ストライク」「ストライキ」のように語末の子音のカタカナ表記が一貫してなくて混乱 May 17, 2014

語末の子音のカタカナ表記に混乱


Q:
前回の語末の子音の続きです。
日本語表記だとbeads、talkは、ビー「ズ」、トー「ク」とウ段になるところ、


例えば前回の記事のように
【talk→アーの流れのまま,その音で出そうという頭でkを発音】
で発音すると、


カタカナ表記では違う筈のア段等の形(意識)になってしまうから、混乱してしまいます。




母音が前に無い単語{例:tree thrill frank prime}etc...はカタカナで表される際には
「ツ」リー、「ス」リル、「フ」ランク、「プ」ライム というようにウ段で全て乗ってますが,


Lard(ラード)・Glass(ガラス)・Perm(パーマ)・Christ(キリスト)・Jump(ジャンプ)・Gauze(ガーゼ)・Bench(ベンチ)・Strike(ストライキ)等々,

カタカナにしてるからと言ってウ段で書かれてない言葉も多いですよね.


一体p・k・l・t・m・sh・d・g・v・n・z・f・sはどの頭で言うのが正確なのですか。




A.まず、カタカナ表記は、あくまで日本語なので、実際の英語とは完全に切り離して考えることが大事です。こうすることによって混乱を防げます。


逆の例を考えてみると、
「京都」Kyoto を英語で発音すると、kee-yo-to(ロングE、ロングO、ロングO)です。
kyoという音の連続が英語にないので、kとyの間に母音を入れますが、
この時は、ロングEを入れます。

ロングE等に関しては、→徹底フォニックス13母音一覧


一方、これはあまり知られてませんが、
例えば日本語を勉強中のアメリカ人やカナダ人が、
「便利」benriを発音しようとすると、


「んり」のnとrの子音連続がうまく発音できず、ショートUを入れて発音してしまうケースがあります。




子音連続を避けるために間に母音を入れる時、「京都」の時はロングE、「便利」の時はショートUを入れるわけです。違う母音を入れるわけです。


しかしこれは、日本語側の事情ではなく、主に英語側の事情です。
英語ネイティブが余計な母音を入れる場合、どの母音を入れるかは、英語のシステム上の問題で、日本語とは関係ありません。


ちょっと別な例を挙げると、「カラオケ」karaokeを、アメリカ人やカナダ人は、care-ee-o-kee(ショートE、ロングE、ロングO、ロングE)と発音しますが、


これも、日本語をしゃべれないアメリカ人やカナダ人が、勝手に「カラオケ」を英単語としてcare-ee-o-keeに変えて、自分たちの好きなように発音してるだけで、あくまで英語側の事情です。日本語とは関係ありません。


同じく、カタカナ英語も、英語をしゃべれない日本人が、勝手にカタカナに変換して、自分たちの好きなように発音してるだけです。




同じstrikeでも、野球の時は「ストライク」、電車が止まる時等は「ストライキ」と発音しますが、これも、日本人が勝手に日本語の中で好きなように発音してるだけです。英語側の事情ではなく、日本語側の事情です。

なぜ違う母音を入れるのか、何かで読ん気がしますが、忘れました(笑)。もしかしたら、結局なぜだかわかってないというか、理論的に説明できない、感覚的なものかもしれません。人間の言葉なんてそんなものですからね。


つまり、英語のstrikeと、日本語の「ストライク」や「ストライキ」は全く別もの。
英語のchairを、日本語では「椅子」というくらい別物だと考えた方がいいでしょう。


逆に言えば、日本語の「京都」は、英語ではkee-yo-to。
日本語の「カラオケ」は、英語でcare-ee-o-kee。
これも全く別ものと考えるべきです。


例えば「北京」を日本語では「ペキン」、中国語(北京語)では、beijing(ベイジン)となるのと同じくらい、違うことです。


今日のおさらい

カタカナ表記の単語は、

英語を参考にして作られた日本語の単語。


英語とは全く別もの。


カタカナでどう表記されてようが

英語そのものの発音とは全く関係がない。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:29 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6060





 

blog title butのt等のように、単語末の子音の発音の仕方がわからない 

語末の子音の発音


Q:ちょっと子音の発音の理解があやふやです。
p・k・l・t・m・sh等がカチっと脳ミソに嵌まらないんです…


[あいうえお]のどれを出す意識でも出てしまって,
どのチョイスで声にするのが正しいのか定まらないからなんです(-_-;)




d・g・v・n・z・f・s等の後に[aeiou]が付けば簡単です.


何故なら,続く母音を出す為の唇と舌の形で発声してやって,


そのまま日本語の感覚(子音+母音)で言うだけなんですが,


後ろに来ない場合,どういう頭で息を乗せるのか困るんです.


A:まず、ちょっと発想を変えてみてはどうでしょう?

例えば、日本語で、「本(ほん)」と言った場合、子音で終わってますね。
しかし、「ん」の後に何か母音をつける必要があるか?というと、決して後に母音をつける必要はありません。



ただし、「ん」だけを単独で発音して下さいと日本人に言うと、「うん」みたいに、「ん」の前に母音を付ける人もいます。

「ん」の後ではなく、「ん」の前です。


やはり子音単独では発音が難しいので、母音があった方がいいのですが、
その母音は必ずしも後につけなければいけないわけではなく、
前につけることもあるということです。


英語も、基本的に子音だけで発音することはなく、必ず母音が必要ですが、
その母音が子音の前でも後でも良いのです。(ただしh、w、yは必ず後に必要。)




例えば、butの最後のt、日本人はこのtを単独で発音するイメージを持っていますが、それは違うのです。




butのtは、前にショートUがあって、初めて発音が可能なので、utを決して切り離して考えてはいけません。
日本語で、例えば「か(ka)」を、kとaに切り離して考えることが決して無いのと同じです。



ちなみに、butのbの部分を「オンセット」、utの部分を「ライム(rhyme、又はrime)」と呼び、
英語では、butを強いてさらに細かくわけるなら、b + ut というような分け方をする方が自然なのです。

日本人の感覚だと、bu + tという分け方ですよね?でもこれがそもそもの間違いなのです。


まず、シラブルを感じて、butを1固まり、1ビートで発音するようにします。決してbu + tとは分けません。


この時、t は、tの口の形だけしてほとんど発音しないくらいのイメージです。
特に日本人は子音だけを単独で発音しようとしすぎるので。


Q:前に母音がある場合

【bead→イーの流れのまま,その音で出そうという頭でdを発音】
【talk→アーの流れのまま,その音で出そうという頭でkを発音】


A:はい、この発想で良いと思います。
日本人は、英語上級レベルの人でさえ、beadのdをドゥ、talkのkをク、というように、「ウ」を付けるイメージで発音してしまいますから、日本人的な英語に聞こえます。
前の母音の流れで、語末の子音を発音するイメージの方が、断然英語らしくなると思います。


ただし、あくまでも、beadならdの口の形だけする、talk(このLはサイレントなので発音しない)ならkの口の形だけしてほとんど発音しない、というイメージです。


Q:母音が前に無い時は曖昧(割と自由)な感じで口にするんですか?
母音が前に無い単語{例:tree thrill frank prime}


A:これも、ちょっと発想を変えてみましょう。




例えば、日本語で「みゃ(mya)」という場合、myというように、子音が2つ続いています。
しかし、これらの子音を、m、y のように分けて考えることは、普通しないと思います。
mとyをほぼ同時に発音するイメージです。


あくまで、myでセット、もっと言えば、myaでセット。これらをm,y,aと分けることはしません。




英語も全く同じです。
日本人は、英語は「子音1つだけで発音する」というイメージを持っていますが、これは大きな間違いなのです。


例えば、treeなら、tとrを分けて考えることはせず、あくまでtrでセット、もっと言えば、treeでセットなのです。
t,r,eeのように分けることは普通しません。tとrをほぼ同時に発音するイメージです。
詳しくは、→子音ブレンドを見て下さい。


単語末に子音連続が来る場合も同様です。
例えばcornなら、断じてco + r + nと分けるのではなく、ornでセット、もっと言えばcornでセット。これ以上分けられません。


bandなら、断じてba + n + dと分けるのではなく、andでセット、もっと言えば、bandでセットです。


actだったら、断じてa + c + tと分けるのではなく、actでセット。これ以上わけられません。

あくまで、日本語で、「みゃ」を、m + y + aと分けないのと同じイメージです。

英語は、シラブルが最小の単位だからです。


ただし、語末の子音を強調するために、あえて母音を付ける場合があります。ただしこの場合、1シラブル増えます。


例えば、カナダ人の英語の先生が、カナダに来ている外国人に英語を教える場合です。
3人称のsを教える場合、
「He think ではなく、He thinksですよ」と、sを強調する場合は、


think-suh(uhはショートU)、のように、ショートU(つまりア)を付けます。ショートUは、but等のuです。
つまり「ス」ではなく、「サ」というわけです。

ショートUについては、→徹底フォニックス13母音一覧


今日のおさらい

語末の子音の後に母音をつけるという発想をやめる。

子音単独で発音するという発想をやめる。

どうしても後に母音を付け、1シラブル増やす場合、

ウではなく、ショートUを付ける。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:14 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6059





 

blog title chとjは、発音記号2つで書かれているが、英語ネイティブにはts等と同じように2つの子音という認識なのか? May 16, 2014

破擦音は、ネイティブには2つの音という認識か?


Q:chやjは発音記号だとt+sh,d+zhみたいになっていますよね?


tsに関してネイティブはt+sという認識でしたがchやjも同じように二つの音という認識なのでしょうか?




A:いえ、tsやdzは、英語ネイティブは2つの子音という認識ですが、chとjに関しては、1つの音という認識です。

確かに日本の英和辞典の発音記号では、通常chやjは、2つの記号で表記されてます。


しかし、もっと音声学に特化した教科書や、言語学の研究発表では、このような紛らわしさを避けるため、下の画像のような表記をしたりします。

affricate.png

左のように、2つをくっつけて一つの記号のようにしたり、右のように「この2つは一緒ですよ」というサインの記号を付けたり。


又、大事なことは、chやjは、chainとかJuly等に見られるように、pやnやl等他の子音と同じように、単語の最初にも出てきます。 




一方、tsとかは、単語の最初には決して出て来ず、Watsonのように、シラブルの境目で、Wat-sonのような形で出て来たり
http://www.collinsdictionary.com/dictionary/english/watson




catsように、語末にcat+複数形のs のように2つの要素(言語学用語では2つの形態素←覚えなくていい)の組み合わせの形で出てくるだけです。


僕の名前、Akitsuguも、英語ネイティブには、A-kit-su-guのように分けるという認識です。




日本語からの借用語、tsunami等も、最初のtsは、sと発音されます。tは無視されます。これは、英語には、tsという子音の組み合わせが単語の最初に来る事は有り得ないからです。→子音ブレンド


英語ネイティブが日本語の発音を学ぶ時、「つ」と「す」の違いが聞き取れなくて苦労しますが、「ち」と「し」の違いに苦労するという話は聞きません。これは、前者は母語の英語には無い区別だけど、後者は英語にもあるからでしょう。


このように、英語では、tsやdzは、chやjとは違うのです。前者は2つの子音の組み合わせ、後者は1つの子音ということになります。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:23 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6057





 

blog title 日本語のラ行音について April 7, 2014

※今回のコメントは、質問というより、むしろ私の方が教えてもらってる部分もありますが、便宜上いただいたコメントをQ、私の回答をAとします。


※今回のコメントは、質問というより、むしろ私の方が教えてもらってる部分もありますが、便宜上いただいたコメントをQ、私の回答をAとします。


Q:英語話者はしばしば日本語のラ行をLとRの中間音みたいに表現しますね。




A:はい、しばしばそういう表現を聞きますね。



Q:私は日本語のラ行がスペイン語で見られる弾き音Rと、light-L、軽いD(力が抜けたD?)を使い分けてると思ってるんですが、どう思います?


A: はい、日本語のラ行は、注意して聞いてみると、結構色々な音色がありますよね。カナダ人で日本語も堪能な友達が、日本語のラ行の研究をしていたのですが、日本語は方言によっては、ラ行の音色が次にくる母音によってある程度決まっていたりするようです。



ただ、これらの色々な音色が出て来ても、話者としては同じに発音しているつもりで、決してコントロールしているわけではないので、意識して使いわけているわけではないでしょう。


Q:ある外国語話者と話している時、六は/lok/、ラーメンは/lamen/の様に語頭に来るラ行は特にLに近く聞こえると指摘されました。
元々日本語にはラ行が語頭に来る言葉は極端に少なく、その殆どが外来経由の言葉です。
ですから中国語の発音が時と共に定着したのかな?とか考えたりしてます。


どうやらスペイン語では語頭に来るRはrrの発音になるみたいで、
そもそも単純な歯茎弾き音は語頭の発音には向いてなかったりするんでしょうかね。日本語とスペイン語しか知りませんから、弱い仮説ではありますが。




A:そうですね。弾き音は、一般的に語頭での発音が難しいので、語頭に弾き音が現れないというのは、日本語やスペイン語に限らず、一般的な傾向なようです。



中国語から単語が大量に日本語に入ってきた時、ラ行音が語頭にも現れるようになりましたが、確かに日本語の語頭のラ行音は、はじき音というよりも、側音的だと思います。これが、語頭のはじき音がむずかしいので、自然に側音的になるのか、中国語のLの音を音声的に真似したのかは判りませんが。おそらく前者ではないかと思うのですが、、、というのも、英語が日本語に入ってくる時も、LとRを全く気にしないでラ行音で受け入れるので、外来語の元の音声をそこまで一般の人が気にするとは思えないからです。あくまで勝手な憶測ですが。


ただし、日本語の語頭のラ行音が側音的だと言っても、英語、スペイン語、中国語等のLに比べると、舌の位置が随分後ろになるので、音声的には結構違うと思います。


余談ですが、中国人(北京語話者)は、日本語のラ行音を、何の疑いもなくLだと聞き取るようですね。そして、日本語学習者の中国人は、ラ行音をLで代用しますが、これが個人的には私にはどうしても違和感があるのです(笑)。きっとローマ字でラ行はRなのに、そこにLが聞こえてくるからだと思います。音声的なノンネイティブアクセントよりも、文字の影響によって、違和感を覚えてるんだと思います(笑)。いえ、もちろん、日本語ではラ行音をLで代用したところで、通じるかどうかには全く問題ないので、中国人の方々には大いに母語のLを活用していただきたいと思います。私がpickyなだけです。


Q:それと韓国語のRが弾き音なのかは知りませんが、こちらでは単純に語頭のRが消滅したり、Nに置き換わったりする様です。
言語によって様々な例があるのが面白いですね。



A:韓国語のRの消滅やNに置き換わることについては、詳しくなくて申し訳ないのですが、、、
これも、語頭のはじき音を避ける戦略の一つのようですね。おもしろいですね。



韓国語で面白いのは、「己」みたいな字(つまりR)が1つの時は、はじき音なのですが、「己」が2連続する場合(つまり前の音節のコーダと、次の音節のオンセットが両方「己」の場合)は、側音になることです。実際に韓国人に発音してもらったのですが、本当にそういう感じでした。まるで、スペイン語のperoとpeloの違いのような感じです。


Q:人によってはリの発音はディになったりするみたいです。
ある映画を観ていて、役者がリカと名前を呼ぶ時、ディカと発音していてビックリした記憶があります。
でもラーメンがダーメンに聞こえたりする事はまず無いですよね(笑)


A:これは面白いですね!
たしかに、自分で発音してみて、「理科」と「ディカ」は微妙だったりするかもしれません。でも「ラーメン」と「ダーメン」は明らかに違う気がします。あ、でも「タラ」と「ただ」みたいに語中だと、速く言うと若干微妙になるかもしれませんね(笑)
前述の流音マニアのカナダ人の友達なら、こういう話は詳しいでしょう。
まさに次に来る母音によって、音色が変わるケースですね。


彼の話によれば、実際の日本語の会話では、限りなくラ行音に近いダ行音と、限りなくダ行音に近いラ行音があるものの、音声的に詳しく分析してみると、両者の境目がハッキリしていて、オーバーラップすることはまず無いそうです。ラ行音とダ行音を変えると日本語では単語の意味が変わってしまうので、私達は無意識のうちに混同しないように気をつけているんでしょうね。


Q:この音は音声学的には歯茎側面弾き音としてDの音に分類されるようです。
そしていくつかの言語では歯茎側面弾き音をLの音として使ってるとも聞きました。(南米の何処かだった気がするけど思い出せない・・・)
実際に発音してみると、歯茎側面弾き音と歯茎弾き音は全く別の音だと思います。
そもそも側面弾き音は本当に弾いてるのか?と
接近音の舌を付ける時間を通常より若干短くした様な発音方法だと思いますが。
イメージ的には力を抜いたLの様な・・・
でもこれは個人差とかあったりしそうですね。



A:なるほど、南米のどこかの言語ですか!面白そうですね。
その流音マニアの友人が、まさに日本語のラ行音に対して、歯茎側面弾き音という言葉を使い、(ただし歯茎でも舌の位置は後ろより)、日本語のラ行音のデフォルトはこれではないか、なんて話も聞いたりします。


正直言うと、イマイチ側面弾き音がどういうことなのか私は理解できなくて、この言葉を避けてたのですが(笑)、なるほど「接近音の舌を付ける時間を通常より若干短くした様な発音方法」かもしれませんね。ようやく謎が解けました!ありがとうございます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:09 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6047





 

blog title cit-yと区切って発音しても、ci-tyでも、つなげれば同じ? April 6, 2014

cityはci-ty? cit-y?

Q:つまりこれはこういう事でしょうか?
例えばcityならci-tyと発音しても、cit-yと発音してもつまるところ、繋げて言うと同じ発音。


citを発音、tは上顎に舌がついたまま終わる、そしてyに続き繋がる。
ciの後にtyを発音しても繋げると全く同じになりますよね?(もしかしたら少し変わるのかもしれませんが、、、)



ただ、一つ一つ分けて発音すると変わり、シッ、イもしくはシ、ティとゆう感じでしょうか。
推測に過ぎないのですがどうでしょうか?


A: はい、私も、ci-tyと発音しても、cit-yと発音しても、繋げて言うと同じ発音だと思います。

おっしゃる通り、もしかしたら微妙に違うのかもしれませんし、子音が専門の音声学者達はひょっとしてこういう違いに敏感かもしれませんが、少なくとも一般の英語ネイティブは同じと認識するでしょうし、私達ノンネイティブ英語学習者も同じという認識の方が、シンプルで良いと思います。




ただ、発音する時は、ci-tyの区切り方の方が一般的でしょうね。




一方、つづる時は、cityのiがshort iであることを明確にするために、cit-yとつづれば、citの部分だけ見れば、子音で終わってるのでshort読みのルールが適用されますから、cit-yと区切る場合も多々あります。
ci-tyだと、「サイ ティー」とも読めてしまいますから。



Q:まるでDon't youがドンチュと聞こえるように。




A: 実は、don't you が、「ドウンチュー」になるのは、またちょっと違うんです。


というのも、t と y が融合して、ch という別な1つの子音になってるので、donchooみたいな感じです。


なので、ci-tyと発音しても、cit-yと発音しても良いのに似たもので、良い例としては、
son of a bitchが、「サナヴァビッチ」、つまりsuh-nuh-vuh-bitch (uhはshort U、ア)になるのと同じですね。(笑) どう区切ってもつなげて言えば同じになります。 


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:03 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6043





 

blog title 英語のLの発音で「舌先を上の歯の裏につけ」てるのに、Rに聞こえてしまう 

Lを発音してもRに聞こえてしまう

Lの発音に関して、「舌先を上の歯の裏につける」という説明が一般的のようですね。

私は、この説明自体が決して間違ってるとは思いません。

ところが、なぜかこれを忠実に守って発音しているつもりの日本人で、実際にLを発音できている人が皆無ではないかと思うくらい、日本人はLの発音ができていません。実際、私自身、高校生の頃はそうでした。

この方法だと、日本人は、なぜか舌の一が後ろすぎて、Lを発音してるつもりでも、Rに聞こえてしまうのです。

つまり、「舌先を上の歯の裏につける」という説明は、音声学的には正しくても、指導法としては改善しなくてはいけないと思います。この説明は学習者には正しく伝わらないというか、誤解を招く表現であることを、認めないといけないでしょう。


そこで、もっと大袈裟に舌を前に出して、舌を噛むくらいまで、舌を突き出すくらいまで、つまりTHと同じように舌を噛んでみて下さい。

よほど混乱しすぎて、どうしても変なことをしてしまう人以外は、この方法で試してみて下さい。

こちらに、音声ものせてます。 →LとRの区別


ついでですが、VとBの区別は超簡単もどうぞ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:21 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6040





 

blog title R以外の子音や母音の口の動きも説明してほしい 

Q. R以外の子音や母音の口の動きも説明してほしい


A. Rに関しては、→Rの舌の動きで説明させていただきました。

母音に関してはこちらをご覧下さい → 徹底フォニックス母音一覧

子音に関してはこちらをご覧下さい → 子音一覧

Rに関しては、どうしても日本語で代用できる音が無さそうなので、舌の動きを説明するしかありませんでした。

それ以外の音は、できるだけ日本語の音を最大限に利用して、口の動きの説明を最小限にとどめようというのが、私の方針なのです(笑)。というのも、口の動きを意識しすぎて、日本語にある音まで発音できなくなってしまうケースがわりとよく見られるからです。

ただし、LとVに関しては次の記事でもう一度説明させて下さい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−
※母音一覧をこちらに判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:49 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6039





 

blog title Rの発音練習をする時の注意点 December 19, 2011

INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)

このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回の記事で、Rの発音の仕方を説明しました。今回は練習の注意事項を書きます。



LもRも単独なら、「頑張れば発音できる」というレベルなら、その場でできるようになります。
するとつい嬉しくて色んな単語を発音したくなりますが、ちょっと待った!


例えば、前回の記事で書いたparticularlyなんて単語は、LとRが両方2回ずつ出てくるので、これを正しく発音している日本人は、英会話上級者でも少ないでしょう。
絶対にLとRが両方とも出てくる単語を始めに練習してはいけません!くじけてしまいます。
せっかく単独でできるようになって狂喜乱舞してたのに、「ああ、やっぱ俺だめだ。。。」って一瞬でどん底に落ちます。


まずは語頭のR
run、read、right等

語末のR、
car、four、fair等

それからR?Blends(他の子音+Rの組み合わせ)
pro、try、free等

こういう1単語にRが1個しかなく、Lは出てこない単語から始めます。
(できたらTHやVも出てこないものの方が望ましいです。threeとかthirtyとかveryは、最初はやめた方がいいです。くじけます。)


つい、会話だと、"Really?"というフレーズをよく使うので、reallyをすぐ練習したくなる気持ちはよくわかるのですが、
実はこの単語、RとLが両方出てくるので、最初に練習してはいけません。「この基本的な単語が、こんなに難しかったのか。。。」とくじけてしまいます。RもLも、単独で出てくる単語なら簡単に言えるようになるまで辛抱です。


勘違いしないでいただきたいのは、reallyも、particularlyも、順序良く練習して、慣れれば超簡単なんですが、英会話上級者でさえ正しく発音する日本人が少ないのは、決してLとRが日本人には難しいからではありません。ちゃんとした発音指導を受けたことがないまま長年来てしまっただけです。きちんと指導を受けてきちんと練習すれば、楽勝です。
「きちんと発音指導を受けた日本人はまだ少ない」ということを、「日本語母語話者には極めて難しい」などと解釈してしまう人が多いのは、悲しいかぎりです。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 12:24 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/6007





 

blog title birdの聞き取りも発音もできるけど、意味がわからない。 February 27, 2011

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

birdの聞き取りも発音もできるけど、意味がわからない。

カナダに1年くらい住んでいる日本人の友達と、テレビを見ていた時のことです。


テレビで、This is a bird. とかなんとか、そういうことを言いました。
全て中一で習う単語と文法です。


そこでその友人は僕に、「birdって何?」と聞いてきました。




この時の友人のbirdの発音は、ほとんど完璧でした。
日本人が苦手と言われるRの発音もバッチリでした。

※birdにはRがありますね。このRを北米の英語ではつづり通り発音しなければいけません。


つまり、聞き取りも発音もバッチリできている。
しかし、birdの発音を、カタカナ英語式に「バード」(あるいはbirdをローマ字読みして「ビルド」の可能性も?)と覚えていたために、正しいbirdの発音と「鳥」が結び付かなかったのです。


birdの正しい発音は、こちらの音声付オンライン辞書のUS(アメリカ英語)を聞いて下さい。
http://dictionary.cambridge.org/dictionary/british/bird_1


昔、僕の音声学の先生が、「リスニングは6割知識」とおっしゃっていたが、これはまさにその例の一つです。


今日のおさらい

日本人のリスニングの問題は

必ずしも音が聞き取れないわけではない。

音も聞き取れて発音もできるけど、

間違った音を覚えているからわからない場合が多い。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:04 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5950





 

blog title Z、ZH、Vの発音を音声付で説明 April 13, 2009

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一目瞭然! → 英語の子音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久々の更新です。

見落とされがちなZ、ZH、Vの発音を音声付で説明




どうしてもL、T、TH、Vの陰に隠れて見落とされがちな子音ですが、

JuneのJと、usuallyのsはカタカナで書くと同じ「ジュ」ですが、

実際は違います。強いてカタカナで書けば前者は「ヂュ」、後者は「ジュ」。

前者は破擦音なので、子音だけで伸ばせない。[-continuent]
後者は摩擦音なので、子音だけで伸ばせる。[+continuant}


英語のzと、日本語のzも見落とされがちですが、要注意。

日本語のz(ザ行)は、基本は破擦音なので、子音だけで伸ばせない。[-continuent]
英語のzは純粋な摩擦音なので、子音だけで伸ばせる。[+continuant}


やや有名なbとvの区別。例、berry(いちご系)とvery(非常に)。

よくvは唇を噛むことが強調されますが、一番大事なことは、

bは破裂音なので、子音だけで伸ばせない。[-continuent]
vは摩擦音なので、子音だけで伸ばせる。[+continuant}


そこで、音声ファイルを付けました。
「摩擦音音声」。順に、

ssssssszzzzzzzz

shshshshshshshshzhzhzhzhzhzhzhzh

fffffffffvvvvvvvvv

前半が濁らない(無声の)摩擦音、後半が濁る(有声の)摩擦音です。


一方、こちらは日本人が得意な
「破擦音・破裂音音声」。順に、

ch、j

p、b

前半が濁らない(無声の)破擦又は破裂音、後半が濁る(有声の)バージョンです。こちらは摩擦音と違って子音だけで伸ばせません。

※ 英語は日本語と違って ts、dz という音素が無いので、これらの音は載せません。


コツさえつかめれば、LやRよりはるかに簡単です。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:20 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5487





 

blog title 語末のR習得の裏ワザ! August 31, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)
Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ

????????????????????????????????
一目瞭然! → 英語の子音一覧表
????????????????????????????????


語末のR習得の裏ワザ! 


日本人がschool、feel等のような語末のLを発音すると、Rに聞こえてしまう傾向があります。
そういう私も、最初はこのクセのせいで通じなくて苦しみました。「Lはここまで通じないものなのか!」と。


レストランでBill, please!(お会計お願いします。)と言ったら、ビール(beer)が出てきたという話を実際聞いた時、私は一瞬で理解しました。

billのLをRのように発音し、iを「イ」と言ってしまっては(→母音一覧参照)、そりゃどこからどう聞いてもbeerですよね。


この弱点を逆に生かして、better、water等の語末のRに苦戦している人を救うことができます!


1.better、water等を、BETTEL、WATEL のように、RをLに置き換えて書き直してみましょう!


2.そしてこれらを読んでみましょう!


すると、「語末のLがRに聞こえるという弱点」が、逆に幸いして、あたかもbetter、waterのRがうまく発音できているように聞こえる!!

たしかにこの時点では小手先テクニックにすぎませんが、これがRの発音のヒントとなるでしょう。


昨日発見した裏ワザです。

※既にLの発音を習得してしまった人は、習得前のLを使って下さい。


今日のおさらい

日本人のLとRが

逆に聞こえてしまうというのなら、

それをまた逆に言い換えれば元に戻る。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 3:04 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5038





 

blog title 「LとR」「子音終わり」は、弥生時代から日本人を苦しめていた?? August 20, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
一目瞭然! → 英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

毎年恒例、バンクーバーの花火大会です。

英語発音用 fireworks2.jpg


LとRは日本人の昔からの課題? 

日本人は、弥生時代から

1.LとRの区別ができなかった!!涙

2.子音で終われなかった!!涙


日本人が英語に限らず、外国語を学ぶのについてまわる問題として、代表的なのがこの2つ。


例えば、英語のRIGHTLIGHTがカタカナ化すると、

1.LとRの区別ができないので、両方R

2.子音で終われないので、最後にOをつける

よって AIT



大野晋氏の、「日本語タミル語起源説」によると、


2400年以上前、南太平洋系の言葉をしゃべっていた日本人は、

タミル人が来てから、タミル語を話し始めたが、

LIGHTと全く同じく、LとRの区別を無くし、

子音で終わる単語には、母音を加えるか、最後の子音を無くした。涙


タミル語のTAR(垂れる)→TAR?垂る

タミル語のKALAI(狩る)→KAU?狩る


この本より。


弥生時代から、日本人はこの問題に悩んでたんですね・・・涙


DEATH NOTEの主人公、ライト君(AIT)も、

英語では、IGHですからね。

英語版デスノートより
 


今日のおさらい

もしかして、2000年後も、

日本人はLとRを区別せず、

子音終わりができないかもしれない。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:30 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3857





 

blog title 子音編まとめ(簡潔に) March 16, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)


 子音編まとめ(簡潔に)

 「カタカナ英語をまず参考にして、それをネイティブ発音に近づける。結果できあがった、その中間のあいまいな音に、自分で混乱する。」というパターンは、完全に卒業して、つづりを見る。

 「巻き舌にすると、なんとなく英語っぽい」「シのかわりにスィというと、なんとなく英語っぽい」等という日本人独特の考えはきれいさっぱり削除して、つづりを見る。

★ 単純に、つづりにある音は発音する。無い音は発音しない。(ただしサイレントな字や例外を除く。)

★ 「舌をかむ」「唇をかむ」等という「動作」が大事なのではなく,「音を出す」ことが大事。その動作をしても、音が正しく出ていなければ意味が無い。必ずしもその動作をしなくても、音がでていればいい。

★ Z、ZH、Vについては、「濁音の摩擦音」の練習をする。この3つを、DZ、J、Bとの比較で練習すると、混乱しやすいので、やめる。

★ ラ行、ン、ツ、ッ等英語に無い音は使わない。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:07 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2830





 

blog title 子音編まとめ 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 子音編のまとめ

さて、これでひとまず子音をひととおり説明しました。もういちどまとめをします。

★ 従来のほとんどの日本人の発音練習方法

1、まず中学や高校で聞いてきたカタカナ発音が、どうしても頭にある。いけないとわかっていても。

2、つづりの読み方を習ってないので、つづりは何のてがかりにもならず、発音記号も読めず、どうしてもカタカナ発音をてがかりにするしかない。

3、CD等の正しい発音を聞いて、その「カタカナ発音」を、できるだけ「ネイティブ発音」に近づけようと努力する。

4、結果として、「カタカナ発音」と「正しい発音」の中間の、あいまいな発音ができあがる。何万語とある全ての単語にこの方法を使う。
この「中間の音」には幅があり、しばしば同じ個人でも日によって違う。
又、初級者はより「カタカナ発音」に近い音、何年も英語圏に住んでて耳が慣れてる人は、より「ネイティブ発音」に近い。でも基本は同じ。

例えば、
BOARD(板)は、カタカナ発音で「ボード」、正しい発音で「bord」。この中間の発音ができあがる。

BORED(退屈した)は、カタカナ発音だと「ボアード」、正しい発音で「bord」。この中間の発音ができあがる。

よって、BOARDとBOREDは、実際は「同音異義語(「川」と「皮」のように、発音が同じで意味が違うもの)」なのに、日本人の頭の中では、この二つの発音は微妙に違うことになってしまう!!
こんな例は枚挙にいとまがない。

えらそうに言ってる私も、ルールを習う前はこうやってました。そして自分で混乱してました。

ではなくて、

★ 正しい発音の練習法

1、つづりを見る。

2、基本的につづりにRがあったらRを読む。なければ読まない。
Nがあったら読む。なければ読まない。
SがあったらSで読む。SHがあったらSHで読む。
TがあったらT、MがあったらM、BがあったらB。
つづりに従うだけ。

(ただし、KNIFE(ナイフ)のKのようにサイレントなものや、CHAMPAGNE(シャンペン)CHのようにCHだけどSHと読む等、例外は別。)

3、「ん」「っ」「ら行」「つ」等、英語に無い音は使わない。

あたりまえすぎるように思うかもしれないけど、こんな簡単なことでほとんどの問題は解決します!!LとRの問題さえ、半分はこれを守ってないのが原因です。
僕もこれを守るようになってから、世界が変わりました!
そして日本人の友達からうらやましがられるようになりました!

例えば
IDEAやPASTAを、IDEE、PASTERみたいに、Rを入れてはいけない。舌を巻かず「ア」をクリアーに言う。

TENのNを、「ん」と言ってはいけない。Nは「ナ行」。

SUSHIやFRIENDSHIPのSHを、「ススィ」「フレンドスィップ」のようにSにしてはいけない。「ス」「フレンドップ」と言う。

CHIPのCHを、「ティップ」のようにTにしてはいけない。「ップ」という。

TIPのTを、「ップ」のようにCHにしてはいけない。「ティップ」という。

今日のおさらい

「カタカナ発音を参考にして、

それをネイティブ発音に近づけ、

その中間の音になる」

「とにかく舌を巻けば

なんか英語っぽい」

「シ、チと言わず、スィ、ティと言えば

なんか英語っぽい」

という発想を捨てましょう。

つづりに書いてある通りに読む。

つづり字にないものは読まない。

こんな簡単な方法で、

ほとんどの子音の問題は解決する。

この方法なら、発音を間違えても

ある程度自分で修正できる。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 3:27 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2829





 

blog title ありえない子音の組み合わせ2 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ありえない子音の組み合わせ2

前回のあらすじ。

★ 日本語はMYAとか、「他の子音とY」の組み合わせはあるけど、例えばTRとかはないので、英語のTRAIN(トレイン)を日本語にする時は、TRAINと、TとRの間に何か母音を入れないといけない。

★ 一方英語では、KYOTO「京都」の場合、KEE?YO?TOと、KとYの間に母音を入れないといけない。

※このブログでは、必ずしも言語学的に正しい表現ではなく、「日本人にとって理解しやすい」表現を使ってます。

さて!ドイツに、シュテフィー グラフ選手というテニスプレーヤーの女王がいました。(日本人の伊達公子選手は、グラフを破ったことがあります!)
http://www.tennis-japan.com/graf/index.html
http://www.geocities.com/classicsteffigraf/

STEFFI GRAF

ドイツ語の発音だと、STEFFIのSは、SH(シャ行)のような発音です。
よって、英語式につづると、SHTEFFIとでもなりましょうか。

しかし!!英語には、SHと他の子音の組み合わせはありません!

L?Blend R?Blend S?Blend参照。

一つの方法として、SHとTの間に母音を入れるという手もありますが、それだとシラブル数が増えて、言葉が長くなるという欠点もあります。詳しくは、右の「カテゴリー」欄から、「シラブルとは一体?」をご覧ください。

そこで、英語話者の選んだ方法は、

SHをSに変えるという方法です!!
Sとの組み合わせは、英語にあるからです!

SH + T → S + T

よって、英語式だと、「シュテフィ」ではなく、「ステフィ」になります。

「日本語発音の英語」ならぬ「英語発音のドイツ語」です。

今日のおさらい

外国語の中に

SH + T等という、

英語にない子音同士の組み合わせがあったら、

SHをSに変えて、

S + T というふうに、

英語にある組み合わせにする。

これで、英語話者も発音できる。

「間に母音を加える方法」

「子音を他のものに変える方法」

で、外来語を取り入れる。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:28 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2867





 

blog title ありえない子音の組み合わせ 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ありえない子音同士の組み合わせ

よく、ある程度以上のレベルの人が、

 「日本語には必ず母音があるが、英語は子音だけの時もある」 

と考えています。僕もそう思っていました。

これが100%間違ってるとは言いませんが、少し発想を変えるべきです。その方が絶対、英語をもっと楽しめます。

ではなくて、

「英語や日本語等には、単語を作るために、必ず母音が必要!!
一方チェコ語のように、子音だけで単語が作れる言葉もある。」

と考えましょう!!

こちらのサイトを参考にしました。http://www.tabibito.de/czech/jtschechisch.shtml

ただ、英語と日本語で違うのは、「子音同士の組み合わせのパターン」です。

現代の日本語は「KYA(きゃ)」「MYO(みょ)」等、
基本的にYと他の子音の組み合わせしか、ありません。

一方英語では、Yとの組み合わせは、日本語ほどメジャーではなく、代わりに、L、R、Sと他の子音との組み合わせがある、ということです。

詳しくは拗音をごらんください。

例えば、日本語に

「SRA」

なんて組み合わせはありません。こんなのひらがなで書けません。
もしサ行とラ行を両方発音したい場合、SとRの間に何か母音(AIUEOのどれか)を入れて、
「SURA(すら)」とでもしないといけません。

これならひらがなでも書けます。

英語も全く同じです。
例えば、

KNIFE(ナイフ)、WRITE(書く)、PSALM(賛美歌)

の場合、
KNとか、WRとか、PSなんて組み合わせは英語にはありません。
実際これらのK,W,Pはサイレント(読まない)です。
しかし、もしどうしてもK,W,Pを読みたいのなら、間に母音を入れないといけません!
KANIFE、WARITE、PASALM等のように。

また、KYOTO(京都)の場合。
日本語ではKYという子音の組み合わせがある。
でも英語ではこのKYOという組み合わせがメジャーじゃないので、
間に母音を入れて、KEE?YO?TOと読みます。

もし本当に全部「子音だけで発音できる」なら、間に母音を入れる必要はありません。

間に母音を入れないといけないという発想は、日本語と共通してます!!

こちらのL、M、Nで終わる単語もごらんください。


今日のおさらい

日本語や英語には、

全ての単語に、

必ず母音が必要。

日本語ならYとの組み合わせ、

英語ならL,R,Sとの組み合わせ、

等のようなある特定のもの以外の

子音同士が連続したら、

間に母音を入れないといけない。

この発想によって、ずいぶん発音練習や、聞き取りが楽になります。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:32 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2852





 

blog title ドイツ人もTHが苦手 February 25, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ドイツ人もTHが苦手

以前、
「通説を見直そう」シリーズでも話ましたが、かの有名なTHの発音にてこずっているのは、なにも日本人だけじゃないんです。

これは、ドイツ人の友達が送ってくれたサイトです。良い教材です。
ちょっと見て(聞いて)みて下さい。

※ドイツ語がわかる方以外は、最初のドイツ語の部分(10秒くらい)は聞き飛ばして下さい笑

見た方は
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

このオチは、マイクのむこうで
「We are inking.(私たちは沈んでいる)」

と言っているのにこのドイツ人は、SとTHの区別ができないため

「We are thinking.(私たちは考えている)」と思ってしまって、

「What are you thinking about? (何について考えているんですか?)」  

と質問してます。もちろん彼の
THINKING」の発音は「INKING」になってます。

ついでに言うと、最初の
This is ほにゃらら」の部分も、

is is」

と言ってます。笑

今日のおさらい

ドイツ人もTHを

SとZで代用する癖がある。

悩んでるのは日本人だけじゃない!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:26 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2692





 

blog title 「英語のtの発音」をKiroroの歌から学ぼう February 24, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

前回のKiroroの歌でもうひとつ追加
「英語のtの発音」について。 


今回もKiroroネタなので、この記事を読む前に、19歳の方が歌ったKiroroの歌をまだ聞いてない方、まずお手数ですがこちら、
「Kiroroの歌から学ぼう」
へ行って、またすぐ戻って来て下さい。

既に聞いた方はこちら。

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

前回はLの発音の話をしました。
しかし実は、

「これを聞いて、L等の発音に慣れてない日本人にとっては、ラ行うんぬんよりも、T(タ行)の発音のが明らかに気になる。むしろTの発音で外国人だと思う。だからTにふれないわけにはいかないだろう。」
という感想をもらいました。


「ほLA、あしもを見ごらん?♪」
のタ行ですね。

この人のTの発音は、日本語のタ行より舌の位置が若干後ろなのです。
頭痛を起こさないで下さい。

このブログの目的である「英語の発音が、通じるか、通じないか」にはあまり関係ないので、どうしてもこのブログ内での優先順位(というか発音練習の優先順位)は、低くなってしまいましたが、英語のtとdの舌の位置は、日本語より若干後ろです。


試しに日本語で、「タ、ティ、トゥ、テ、ト」と言ってみてください。(タチツテトではなくて)。

次に、「ラ、リ、ル、レ、ロ」と言ってみて下さい。

ラ行の方が、タ行よりも舌が口の天井にタッチする位置が後ろなにの気づいていただけると思います。

英語のtやdの舌の位置は、日本語のラ行の位置に近いと考えて下さい!

つまりラ行を発音するつもりで(ラ行の舌の位置で)、タ行、ダ行を発音すると、英語らしいt、dになります!

今日のおさらい

英語のTやDは、

日本語のラ行の舌の位置でタ行ダ行を発音する感じ。

これができればよりネイティブっぽく聞こえる。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:04 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2686





 

blog title Kiroroの歌から学ぼう。 February 23, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Kiroroの歌から学ぼう!

みなさん、Kiroroは好きですか?

今日は屈指の名曲「未来へ」(2006じゃない方)を、ある19歳の方が歌っているサイトを紹介します。

この歌の、本当に最初の1、2行だけでいいので、ちょっと聞いてみた下さい。
歌ってる人が誰かとか、そういうのをチェックする前に、とりあえず聞いてください。
発音について何か気づきましたか?

では、詳しくは、この一つ前の記事をごらんください。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 3:33 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2678





 

blog title Kiroroの歌から学んだこと 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

 Kiroroの歌から学んだことは?


この記事を読む前に、19歳の方が歌ったKiroroの歌は既に聞いてもらえましたか?

まだの方、まずこちら、
「Kiroroの歌から学ぼう」
へ行って、またすぐ戻って来て下さい。

既に聞いた方、続きをどうぞ。

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓

さて、まず超一番最初の「ほら」の「ら」の発音が「」になっていることに気づいて
「ん?Lと言ったぞ。もしかしてこれは日本人じゃない人なのか?」
と思ったあなたは、おそらく英語なり中国語なりなんらかの言葉(韓国語はLが無いので除く)に関して、かなり耳が肥えてますね!

そう、この人はアメリカ人のようです。


この歌の中のすべての「ほら」を聞いてみて下さい。そうです。これが日本を賑わす、かの有名なLの発音です!

ただし、これを聞いても「日本語のラ行」と「有名なL」と何が違うのか分からないという方も、
英語を勉強するかぎりではそれほど心配ありません。

なぜなら英語には「日本語のラ行」は無いので、「ラ行」と「L」等の他の音の違いを聞き取る必要が無いからです。

さて、これではまるで僕がこの人の発音をけなしているように聞こえるかもしれませんが、とんでもないことでございます!!

不思議なことに、「ほら」の時だけ、毎回「L」になっているのに、それ以外の「ラ行」の発音は全て完璧なんです!!
これは、理由は知りませんが、この方は、意図的に発音し分けているとしか考えられません!

「同じ発音なのに、意図的に区別する」なんて、日本人みたいなことを涙笑

そして驚いたことに!
この人は「ラ行」のみならず、母音の「え」や「お」、「つ」等一般に英語話者が苦手とする発音も完璧です。多くの外国人が苦戦する「ん」の発音に関してはもう圧巻です。
日本語の発音をよくわかっている証拠です。

どうもこの人、国籍はアメリカでも、ギリシャとアイルランドのハーフらしく、又フランス語も勉強してるようです。私はこれらの言葉は知りませんが、きっとそのおかげで日本語の発音が楽になったんじゃないでしょうか。


ところで「ラ行」と「L」の発音の違いは、
英語をやるには、聞き取れなくても特に問題ありませんが、
スペイン語をやりたい方は聞き取れないといけません。

私がこの二つの音の違いに敏感になったのは、英語のおかげというよりは、むしろスペイン語を始めたからかもしれません。なぜならスペイン語にはこの区別があるからです。

実はこのサイト、僕にスペイン語を教えてくれている友人が、日本語のクラスを取っているので、彼の日本語の発音練習等のために、日本の歌を一緒に色々検索していたところ、たまたまみつけたのです。

スペイン語が母国語の彼にとっては、「ほら」を「L」で発音する所がやはり相当気になるようです。「そこはLじゃない!!」みたいな笑

「じゃあスペイン語の発音はヤバ難しいのか?」
と思いますか?安心して下さい。
どうやら彼らは、日本語の「す」と「つ」と「ず」の3つの区別が苦手なようです。スペイン語には「サ行」と「ザ行」の区別は無く、「つ」の発音も無いからです。

今日のおさらい

これが有名な

Lの発音です。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:18 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2679





 

blog title 日本語のガ行鼻濁音 February 21, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本語のガ行鼻濁音 

日本語ではもともと
語頭のガ行は普通の硬いガ行で、語中では鼻濁音
というルールがあります。

例えば、典型的な例が、
学校」の「が」は語頭なので、硬い「が」。
小学校」の「が」は語中なので、鼻濁音の「が」。

発音の専門的な本では、「カ」に「丸(半濁点)」をつけて、硬い「ガ」と区別して表記します。

そもそも室町時代くらいまでは、
日本語では、ガ行にかぎらず、ザ行、ダ行、バ行等、他の濁音も鼻にかかっていたそうです。例えば「ダ」は「nda」のような感じに。

東北地方では、今も年配の方はこの発音方法を使っているそうです。

そこで実際、日本語の発音のプロであるアナウンサーの発音を聞いてみてください。
例えば「人目」と言った場合、「5」は普通の「ご」、助詞の「が」は鼻濁音になっています。

ただし、九州や中国地方には、この発音のルールはないそうです。

そして残念なことに、東京近辺でも実際この発音方法はどんどん消えているそうです。

例えば関東育ちの私は、発音の勉強のために大人になってから身につけただけで、普段の会話では基本的に使いません。

でも、福島の20代のある友人達はおもいっきり普通の会話でガ行鼻濁音を使っていました!

又、ある名古屋近辺出身の人は、「歌う時だけ、ガ行だと響きがよくないから、鼻濁音を使えと習った」と言ってました。

たしかに、私は残念ながら小、中、高の音楽の時間で、「歌う時にガ行鼻濁音を使え」ということは習いませんでしたが、歌の専門の方等はこのルールを使うようです。
「鼻濁音の方が美しい」からだそうです。

つまり、地域によって、又アナウンサーや歌の専門の方などは、今でも鼻濁音を操るのです。

今日のおさらい

日本の伝統を守るため、

歌を美しくするため、

英語の発音に生かすため、

まあ理由はともかく

ガ行鼻濁音を練習しましょう!

超余談ですが、私はブログで「おもしろい」の代わりに時々「おもしい」と書きますが、この言葉は北日本あたりで使われるらしく、福島の友人達が使ってたのをパクりました笑

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:29 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2666





 

blog title いつガ行鼻濁音になるのか? February 20, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は前回のSINGER,YOUNGERのつづきです。  

では!いつこの鼻濁音が現れるか!

ルール1:以下の時はガ行鼻濁音になる
本来NGで終わってる単語なのに、後にerとかingとか何かくっついた場合。
SING + ER 又は ING
HANG + ER (えもんかけ)
HANG + OVER (二日酔い)

よって、HUNGER(空腹)は、HUNG + ERのようにわけることができず、元々1単語なので、こういう時は普通にN+G。

ルール2:以下の時はN+G(鼻濁音じゃないガ行
形容詞の比較級、最上級、のER、ESTの時に限っては、N+Gです。
YOUNGER(もっと若い)YOUNGEST(もっとも若い)
LONGER(もっと長い)LONGEST(もっとも長い)
STRONGER(もっと強い)STRONGEST(もっとも強い)
 

ルール3:上級編(余裕があったらでいいです)。以下の時はガ行鼻濁音になる
NGで終わってる単語に、次の単語の頭の母音がリンキングする場合。
SING ALONG の NG + Aの部分

まあ、基本はルール1,2です。

さあ、今日から英語にガ行鼻濁音をつかいましょう!

今日のおさらい

NGで終わってる単語の後に

ER(人の意味)とかINGとか

何かくっついたら、

ガ行鼻濁音になる。

ただし比較級、最上級のER、ESTの時は、

N + G(普通のガ行)

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:13 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2657





 

blog title SINGERとYOUNGERの発音の違い February 18, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SINGERとYOUNGERのNGの違い 

この違いは、あまり知名度がありません。

日本語に「ガ行鼻濁音」というのがあります。
鼻にかけて言うガ行です。
ガ行と同じ口の形(調音点)で、マ行やナ行のような鼻音で発音する。
よってジャンル(調音の様式)は、マ行ナ行と同じです。

残念ながら、東京近辺では、この発音方法はほとんど消えつつあるそうです。事実に、私は関東育ちなので、高校生になるまでこの存在すら知りませんでした。もちろん今は発音できますが。
この日本語のガ行鼻濁音については、次々回やります。

とりあえず今回知っておいてもらいたいのは、地域や職業によっては、日本語でもガ行鼻濁音が使われるということです。
もしあなたがその地域のや職業の人なら、ラッキーです!

では問題の、英語のガ行鼻濁音はどうなのか?

★YOUNGER(もっと若い)のNGの発音

これは超簡単。ふつうにこのNは日本語の「ハンカチ王子」の「ン」のように発音し、Gは普通のガ行です。前回参照。
YUNG?gerみたいに。

念のため、つづりはOUだけど、「ヤウンガー」とはならず、音読みU(ア)で発音します。
念のため、その部分だけ音素記号を使うと/?g?r/です。
母音について詳しく知りたい方は、右の欄の「カテゴリー」から「母音にまつわる話」を選んで下さい。

HUNGER(空腹)等のNGも同じ要領です。

★SINGERやSINGINGのNG

日本人に知られていないのは、むしろこっちです。

これは、G(ガ行)がちゃんとに発音されません!
そこで、まず日本語で練習。

ステップ1:「しょうがっこう」と普通のガ行で言ってみましょう。鼻濁音の地域の方も、ためしに普通のガ行で言ってみて下さい。

ステップ2:「しょうがっこう」の「が」を鼻濁音にして下さい。

全く同じ要領を英語にあてはめましょう。

ステップ1:まず、意味を考えず、SIGGER(スィガー)、SIGGING(スィギング)と言ってみましょう。

ステップ2:次に「スィガー」と「スィギング」のガ行を鼻濁音にして下さい。

これで完成です。

念のためその部分だけ音素記号を使うと/??r/です。上と比べてください。


YOUNGER等のNGは、NとGと二つの音なのに対して、SINGERの方は、ガ行鼻濁音という一つの音です。
よって、日本語式の「シンガー」だと「ン」「ガ」と二つの音を使ってるので、英語とは違います。むしろ「シガー」の「ガ」が鼻濁音になる感じです。

では、次回このガ行鼻濁音がいつ現れるかというルールを紹介。

今日のおさらい

SINGER等のNGの部分は

ガ行鼻濁音。

SIGGERのGを

鼻濁音にしよう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:28 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2642





 

blog title ”N”がGとKの前に来ると February 16, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 NがKとGの前に来ると 

Nの項目で、「英語等ではNは『ん』にならない」という話をしました。
※詳しくは、上のリンクから「一目瞭然!子音一覧表」へ行き、「N」を選んで下さい。

さて、そのNですが、KとG、つまりカ行とガ行の前にくると、

日本語で、「はんこう」とか「ばんごう」と言った時の「ん」、
つまりカ行とガ行の前の「ん」と
似たような音になります。

例えば、英語でSIN(罪)と言うと、Nはナ行です。

でもSINKというと、「スィク」ではなく、「スィク」となります。

そしてSINGの場合も、「スィグ」ではなく、「スィグ」となります。
そして、SINGの場合、最後のGはハッキリ発音されず、鼻にかかったまま終わります。日本語で言う「ガ行鼻濁音」のような感じです。

ガ行鼻濁音についてはのちのちやります。

なぜ、Nがこのように変わるかというと、この方が言いやすいからです!発音なんてそんなもんです。

これは、日本人がンの変化にあまり気づいていないのと同じで、ネイティブはもしかしてNの変化にあまり気づいてないかもしれません。

このNGの発音、今日はシンプルな内容ですが、次回重要なことをやります。

今日のおさらい

英語のNは、KとGの前に来ると、

日本語の「ハンカチ王子」等と言った時の

「ン」の発音、

つまりカ行とガ行の前の「ン」と

同じような音になる。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:16 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2624





 

blog title SQUASHの読み方 February 15, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SQUASHの読み方は? 

前回書いたカナダのSQUAMISHと似ているSQUASH!笑
ただし前者は2シラブル、後者は1シラブル。詳しくは右の枠の「カテゴリー」から「シラブルとは?」をご覧ください。

SQUASHの読み方は、SKWOSH。
※Wの後のAは音読みO「あー」になりやすい。詳しくはカテゴリーの「母音にまつわる話」の「母音一覧表」をご覧ください。
カタカナで書けば「スクワッシュ」とでも書けます。

SQUASHには、色々意味があります。
「押し込む」みたいな意味。
「カボチャ系の野菜」。
「テニスに似てるスポーツのスカッシュ」。

まず日本語化されてるスポーツの「スカッシュ」。
得意の「ワ行抜き」が現れてます。
だから日本人はついつい英語の時も、カタカナの呪いによってWを抜いて「スカッシュ」と言ってしまいがちです。

そして、おそらく後から英単語として覚えた、「押し込む」「かぼちゃ」の意味で使う場合は、「スクワッシュ」とちゃんとにWを加えるでしょう。

ここで、日本人の最大の弱点である、
「同じ読み方なのに、わざと違う発音をしてしまう癖」がでてしまいます。
気をつけましょう!!

また別な例だと、LIQUID(液体)のことを、カタカナだと「リキッド」になります。
これも「リクウィッド」のようにWを抜かさないにしましょう。
ついでですが、LIQUIDの2つのIの発音は「イ」ではなく、音読みI(日本語のイとエの中間くらい)の音です。
詳しくは「カテゴリー」欄から「母音にまつわる話」を参照してください。

余談ですが、韓国語話者は、これらのWの発音そのものが苦手なようです。
QUICKLYが、KICKLYのような発音になったり。
彼らの場合は、頭でわかっててWを発音してるつもりだけど、実際にうまくできないので、
練習が必要なんだそうです。
ところが、日本人の場合はWをもともと発音できるため、それを英語に「活用する」だけで、練習が必要ないので楽です。

火の無い所に煙は立たないじゃないですが、こういうまぎらわしいことをすると、濡れ衣を着せられてしまいます笑。「ルールさえ守れば日本人の発音はめちゃめちゃいい」ということを忘れないでください。

今日のおさらい

SQUASHは、

野菜でもスポーツでも動詞でも、

同じに発音する。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:53 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2616





 

blog title カナダの旅行者用のパンフは、わざとWを抜いている 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 旅行者用パンフのカタカナ英語 

カナダ国内で日本人が日本人用に発行している

パンフ等は、わざとWを抜いてる。

さて、Wネタのつづきです。

ちょっとローカルなネタですが、私の住んでるカナダのBC州に、
COQUITLAMと、SQUAMISHという場所があります。

関係ないですが、私は以前、SQUAMISHに住んでました。正直バンクーバーより好きです笑。

読み方は、
COQUITLAMは、ko?KWIT?lum
AQUAMISHは、SKWOM?ish
※Wの後のAは音読みO(あー)になることが多い。

カタカナで書けば
前者はより近い発音で書けば「コウクウィットラム」。
せめてちょっと短くして「コクウィットラム」か「コクイットラム」と書けます。
後者は「スクワミッシュ」と書けます。

なのに!日本人の旅行者用のパンフ等には、カタカナで、
「コキトラム」
「スコーミッシュ」

ためしに、「コキトラム カナダ」「スコーミッシュ カナダ」等で検索して見て下さい。さまざまなWEBでそういう読みがされていることがわかります。

 もっと近い発音で書けるのに、なんでわざわざWぬくんだーーー!!
そんなことだから「日本人はWが言えない」なんて濡れ衣をきせられるんです!!

そんなにW発音したくないなら、同じBCの観光地WHISTLERも「ウィスラー」じゃなく、「イスラー」。アメリカのシアトルマリナーズで有名な「ワシントン」も「アシントン」ともう徹底的にやるべきです。笑
いや、まじめにそういうことです。

もっと言えば、COQUITLAMの2シラブル目、QUITの部分は、
動詞の「辞める」という意味のQUITと、つづりも読みも同じです。

「コキトラム」と言いたかったら、QUITもカタカナでは「クウィット」と書かずに、「キット」と統一しなければいけません。
ここでも日本人の最大の弱点「同じ読みなのにわざと違う発音をする癖」が出てしまいます。気をつけましょう!

超余談ですがQUITは過去形過去分詞も同じQUITです。

今日のおさらい

日本人用パンフに惑わされて

「ワ行が発音できないフリ」

をしてはいけません。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:39 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2615





 

blog title 子音とWの組み合わせ February 14, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 子音とWの組み合わせ 

古文では、「ゐ」と「ゑ」を使いますが、現国では、あんまりつかいません。

ついでに言えば、前回話したとおり英語にはワ行のウの段があります。WUの組み合わせです。

英語ではワ行がより頻繁に出てきます。

例えばquarterという場合、このQUARは、読み方は「KWAR」です。

しかし!カタカナだと「クオーター」、つまり「クオー」ですよね?
W、つまりワ行が入っていない!(というかWが「う」になっている。)

ついでに言うとRもぬけている。

「quar」の部分は「くをーる」という感じです。

swimという場合、「スイム」では、Wが「う」になってます。「すゐえむ」という感じです。

betweenのweenの部分、「ゐーん」としっかりWを発音します。「ビトイーン」ではWが、この場合は「お」になっている。

languageに至っては「ランゲージ」と、もう全くWが無視されています。このUはWです。guageのAはストレスがないのでただの音読みI(イとエの中間くらい)、よって「グヰェッヂ」という感じです。→シュワーとハイシュワー

このように、日本人はついつい子音とWの組み合わせの時に、Wを「う」とか「お」とか、または無視されるかです。

ある人が、「日本人は we とかは言えるのに、なんで woman の時のWだけ言えないんだろう?」と不思議に思ってました。

また別な人は、「日本人はLとRに加えてWも言えない」と思っているようです。こんな濡れ衣を着せられないに気をつけましょう!!

たしかに女の人はよく「わたし」のことを「あたし」と言いますが笑、(書く時でさえ「あたし」と書きますが笑)「ワ行は日本人に何も問題ない!」と見せ付けてやろうじゃないか!

今日のおさらい、

子音とWの組み合わせの時も

単純につづりどおりWを発音

しましょう!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 9:20 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/997





 

blog title ワ行ヤ行の盲点!! 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ワ行ヤ行の盲点 

ワ行が苦手との質問があったので、ここに載せさせていただきます。
重要です。

Wは、日本語のワ行と同じと考えていいので、
日本人には楽勝なんです。

ただし!大問題がひとつあります!
日本語のワ行は、古文の文字を含めると、
「わ、ゐ、ゑ、を」の4つ。これは楽勝。

しかし、日本語には「ワ行のウの段がない」のです!!

『Who would want to walk to work in...whatever?』

の中で難しいのはwouldのWだけです。

ほとんどの日本人が「ウッド」と言いますが、それではWが入っていない!「ウゥッド」という感じです!

ちなみに、wouldの母音は、正確にはウではなくウとオの中間(音読みOO)です。

woundedもそうです。
We were wounded.はどうでしょう?笑

練習法としては、「わ、ゐ、うぅ、ゑ、を」と、日本語のワ行を、全てWの発音を入れて練習すると、コツがつかめると思います。僕はそうやって習得しました。

WA WI WU WE WO

そしてヤ行のイの段も注意です。
yearとearは違います!
つづりを見ればわかるとおり、前者はYが入ります。ヤ行のイの段です。後者はただのイ。

練習法はワ行と同じ。
「や、いぃ、ゆ、いぇ、よ」と、全てYの発音を入れてヤ行を言いうと、コツがつかめます。

YA YI YU YE YO

道路標識の「yield sign(道をゆずれ)」も、「イールド」というのはもう辞めよう。「イィールド」!!

今日のおさらい、

ワ行のウの段

ヤ行のイの段

日本語には無いが、

英語には有る!!

★☆交通安全秘符☆★★☆交通安全秘符☆★

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:42 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/998





 

blog title 英語のNは「ん」にはならない! February 9, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Nの見落とされがちな落とし穴 

これも、いとも簡単に発音できるのに、日本語の呪いのせいで、わざと間違った発音をしてしまう数多くの例の一つ。

今回は「カタカナ英語の呪い」というよりは、むしろ「ローマ字の呪い」です。除霊しましょう。

ご存知ローマ字では、Nは「ナ行」と「ン」の二つの全く違う音があります。
これは超ローマ字のルール。
英語にこんな複雑なルールはありません!

シンプルな英語は
Nはどこに来てもナ行!
Mはどこに来てもマ行!
Kはどこに来てもカ行!
Pはどこに来てもパ行!
Rはどこに来てもR行!

つまり!
NOのNも、TENのNも同じ!
MOSTのMも、COMEのMも同じ!
KEYのKも、SUCKのKも同じ!
PANのPも、CUPのPも同じ!
そして
RIGHTのRも、MOREのRも同じ!

特にNとRについては、日本人はカタカナの呪いのせいで、
頭(そのシラブル内で母音の前)と終わり(そのシラブル内で母音の後)では、全く別物だと考えてしまいます!悪い癖です。
しかもこの癖は英語以外の言葉を勉強した時にも影響する!今ここで除霊しましょう。

TENのNは「ン」ではなく、ナ行!

MOREのRは「ア」ではなく、R行!

カタカナで書くなら、TENは「テヌ」です。
カタカナだと、一番最後の子音を通常「ウ段」にします。
COMEのMは「ム」と言うように。

これには理由がありますが、実際は「ウ段」ではなく、「子音だけ」
あるいは、むしろTEN,COMEなら「テナ」「カマ」と、「ア段」の方が近いくらいです。(少なくとも日本人の耳には)

この知識はもちろん前回の18と80の違いに生きてきます。

そして、この続きは「ん」は日本語独特の発音(英語には「ん」は無い)を読んで下さい!

今日のおさらい

Nを「ん」と読んではいけない!

英語では単純に、Nはいつもナ行!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 9:21 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2555





 

blog title 18と80のよくある間違った発音の区別のしかた 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 例えば18と80の
よくある間違った発音の区別のしかた 

よく、
13,14,15・・・19の発音と、
30,40,50・・・90の発音、
自分ではちゃんとに発音しわけてるつもりなのに、どうも通じにくい、という経験ありません?あるある。僕も発音を習う前はそうでした。

例えば18(eighteen)と言う場合、80と発音しわけるためによく日本人がやるパターンはこうです。

1、エイティーと、「ン」を強調する。
2、エイティーンと、「ティー」の部分を高くする。

え?これの何が悪いのかって?

たしかにこの方法なら、日本人の耳には、あきらかにEIGHTYとは違って聞こえます。
しかし、英語話者の耳には、あんまり違ってるように聞こえないんです!

なぜなら:
1、英語には「ン」という発音が無いので、英語話者は「ン」の音があんまり聞き取れない!
例えるなら日本人がTH等をあんまり聞き取れないのと同じ。
詳しくは次回の「英語のNはンにならない」を見て下さい。

2、日本人が勘違いしてる点のひとつですが、英語には
か(赤)」と「あ(垢)」、「し(箸)」と「は(橋)」
のような、アクセント(音程)の区別はありません!
だから「ティー」の部分を高くしても、あんまり意味が無い
これはアクセントの項目で詳しくやるので、今回はサラリとながします。

※英語のアクセント(ストレス)は、日本語のように「音程を高くすること」ではない!

詳しくはこちら→日本語はフラット?大ウソ!!

そんなバカな!!と思いますか?
しかし実際「通じない」というのが、論より証拠です。

ではなくて、正しい方法

ここで前回のTがDになる発音方法が生きてきます!

★EIGHTEENの発音方法。

1、Nは「ン」ではなくナ行の子音。カタカナで書けば「エイティーヌ」とか「エイティーナ」とか、とにかくナ行!!(Nの項目参照)

2、「ティー」の部分を意識して高くする必要はない!むしろ高くすると、かえって日本語っぽく聞こえるらしい。
もっとフラットに「エイティーヌ」。

★EIGHTYの発音方法

1、前回のTがDになるルールのとこでやりました。
EIGHTYは、ストレス(アクセント)が最初のEIGHなので、TYはストレスがありません。よって、北米ではこのTがDになります。
よって、エイディーです!

すなはち、
エイティー、エイティー
ではなく、
エイディー、エイティーヌ
です。

同じく、
THIRTYは、THIR
FORTYは、FOR
SEVENTYは、SEVEN
NINETYは、NINE

ポイントは「ティー」か「ディー」かです!
今日からこうやって区別しましょう。
これはリスニングにも超役立ちます!

ただし!前回書いたように、FIFTY,SIXTYは、
言いにくいので、FIFDY、SIXDYとは普通なりません。

又例外として、TWENTYは、TWENDYとはならず、TWENNYのように、単純にTが抜けます。トゥエニー。(Tの「脱落」と言います。←覚えなくていい。)
なぜこれだけTWENDYと言わないのか、それはネイティブも知りません。笑

今日のおさらい

18と80のちがいは、

「ティー」を高くしたり

「ン」を強調するのではなく、

「ティー」と「ディー」の違いが

ポイント!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:46 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2554





 

blog title Tがラ行のようになるというが? February 8, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Tがラ行のようになる 

北米英語の特徴として、Tが時々日本語の「ラ行」に似た音になります。
有名な例がWAERのT!
これを音声学では「たたき音」と言います。(覚えなくていい。)

大事なのは、日本人の耳には「ラ行」のように聞こえるが、
ネイティブは、これを「TがD(ダ行)になる」と考えているということです!

※英語にはラ行の発音がないので、ラ行と言ってもネイティブはわかりません。

よって、例えばWRIERとRIERは同じになってしまいます。

この発音ができなくても、このブログのゴールである「どんな単語も100%通じる」という程度のレベルなら問題ありません。(ただちょっと気取って聞こえるそうです笑)
しかし、リスニングに役立つので、書くことにしました。

又、イギリスの人は、この発音をしません。

しかし、全てのTがDになるわけではありません。
次の条件の時になります。

(ネイティブは以下の条件を知ってるわけじゃなく、無意識にやってる。)

基本的には母音のTで、後にストレス(アクセント)が無い母音がくる時か、単語の一番最後のTの後に別の単語の母音が続いた場合。

なんか難しそうですか?頭痛を起こさないでください。

ようするに、ストレス(アクセント)のあるシラブルのTや、単語の頭のTは基本的にDにはならないんです。

Dになる例
BETTER → BEDDER
TOMAO → TOMA
PRETTY → PREDD
GE OU OF HERE. → GE OU OF HERE.

Dにならない例
AKE
POATO → POO (二つ目のTはストレスが無いシラブルだからDになる)
OMORROW

(余裕があったら)
又、やっぱり、「濁らない音」「濁らない音」と続ける方が、「濁らない音」「濁る音」とつづけるより言い易いので、濁らない音の後のTは、そのままT。

Dにならない例2
FIFT
SIXT

FT、XTと、濁らない音どうしくっついた方が言いやすい。

まあ混乱しそうだったら、とにかくあまり深く考えないで下さい。ネイティブでさえこんな風にルールとして考えていないので、まして外国人である私たちがルールを覚える必要はないでしょう。

ただ、次回の説明のための予備知識として、今日は書きました。

今日のおさらい

簡単にまとめると、

ノースアメリカンな人達は、

ストレスの無いシラブルの「T」を

しばしば「D」と発音する。

日本人の耳には「ラ行」のように聞こえるが、

ネイティブの頭では「D(ダ行)」。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:16 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2547





 

blog title TとCHの混同、DとJの混同 発音練習してはいけない。 February 6, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 TとCHの混同、DとJの混同 

英語のTやDには、たたき音、脱落、FLAP等の異音が色々ありますが、ベースをやらずにこれらをいきなりやると、混乱して「英語の発音難しすぎる?(;_;)」と勘違いされてやる気が無くなってしまうかもしれないので、今はやりません。順番が大事です。

「ティ」と「チ」の発音をしわけることは、日本人なら誰でもできます。
にもかかわらず、「日本人はTとCHの発音の区別が苦手」などという濡れ衣を着せられてしまうのは、「発音できるのに、カタカナの呪いによって、わざと間違える」という数多くの好例のひとつです。

良い例が「チップ」です!
日本には、こういう風習はありませんが、北米では、レストラン等で食べ終わった後、ウェイターに、サービスを良くしてくれたお礼みたいな感じで、その食べ物の15%くらい(カナダ)の金額を払うという風習、「チップ」というのがあります。

日本語で「チップ」と言うせいで、英語の時も「チップ」とつい言ってしまいがちです!
え?違うのかって?

ではもうひとつ。

「ポテトチップス」の「チップ」はどうでしょう?これを「英語らしく発音するぞ!」と意気込んで、気合だけが空回りして「ティップ」と言ってしまったりしたことありません?

もちろん僕は両方経験あります。笑

まずつづりチェック!!

もし「TA」と「CHA」を見たら、誰でも「た」「ちゃ」と読めます。これと同じです。つづりを見て下さい!

同じように、レストラン等で払うチップのつづりは TIP です!「ティップ」
ポテトチップスは CHIP です。「チップ」
つづりを見れば混乱しません!!

ちなみにディズニーの「チップとデール」は、CHIPです!
TIP & DALE」と言わないにしましょう。笑

同じく「ディ」と「ジ」の混乱。

「DA」と「JA」を見たら、誰でも「ダ」「ジャ」と発音しわけられます。同じことです。

SAUDI ARABIAのことを、「サウジアラビア」と日本語で言うもんだから、SAUDIのDIを「ジー」と言ってしまいがちです。
でもつづりを見てください。Dなので「ディー」です!!

余談だが、日本語でAUは「アウ」だが、英語ではAUは「アー(ややオに近い)」なので、「サウディー」ではなく、「サーディー」と言えば、より「カタカナ英語」に匹敵する「英語アラビア語」になります笑!詳しくは「AU,AWについて」
実際は、SOW?dee(サウディー)と言う人も多い。

今日のおさらい

ティとチ、TとCH

ディとジ、DとJ

カタカナのことはスッパリ忘れて

つづりを見ればもう混乱しない!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:29 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2534





 

blog title なぜローマ字で「ふ」をFUと書くことがあるか February 4, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 なぜ、「ふ」を「FU」と書く方法があるか。 

※頭痛を起こしそうだったら、理屈っぽいところはとばして読んでもかまいません。字の大きい所だけ読んで下さい。

日本語のハ行は、17世紀くらいまでは、ファ行(両唇摩擦音)だったと言われています。ふぁ、ふぃ、ふ、ふぇ、ふぉ。
唇を丸めて、「ふーっ」と音を出します。(くれぐれも英語等のFとは違います)

それが、17世紀末くらいには、今のようなは行(声門摩擦音)へと変化しました。は、ひ、ふ、へ、ほ。

ただし、ウ段の「ふ」だけは、「う」で唇を丸めるために、そのまま唇の音がキープされ、[Φ]の子音が使われています。つまり、「ふ」だけは、[Φ]から[h]に変化しなかったと言われています。
そのため、ヘボン式ローマ字では、「ふ」だけはFUと書かれるのです。

と言っても、英語のF[f]とは違いますよ!

簡単に言うと英語圏の人の耳には、日本語で「ふー」と言っても、英語のWHOとはちょっと違って聞こえるということです

実際、音楽の才能豊かな僕のカナダ人の友達に、「ふ」のつく日本語(ちょっと覚えてない)を教えたら、その「ふ」の部分を念入りに発音練習してました!
音楽家の彼は音に敏感で、日本語の「ふ」の子音がHとはちょっと違うことに気づいたのです!!

ただ、最近東京近辺の人は、[Φ]の代わりに、[χ](口蓋垂摩擦音)を使う傾向があり、又、仕事でマイクを使う人も、マイクに息がかからないために、唇の音である[Φ]を避ける傾向があるそうです。

なぜ東京近辺かというと、最近の東京近辺の人はウ段の唇の丸めが弱い傾向があり、それにつられて「ふ」の円唇性も弱まってるとか。

つまり、「ふ」も、HUになりつつあるそうです!

このことから、これは私の意見ですが、
ローマ字で「ふ」をFUと書くのは、もはや時代遅れで、
そればかりか、日本人の外国語学習、外国人の日本語学習の
混乱の元になるので、あまり良くないのではなかろうか!

以前、この意見に同意してくれた日本の言語学の教授もいらっしゃいました。僕のアイディアもあながち間違ってはいないでしょう。

今日のおさらい、

日本語の「ふ」は英語のHとは

ちょっと違うので、

FOOとHOOの違いを既に習得した人は、

HOOが純粋なHの音になるように

ちょっと気をつけてみよう!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 12:29 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2490





 

blog title H(ハ行)で気をつけること 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Hで気をつけること 

Hは基本的に日本語のハ行なので、フランス人等と違って、日本人にとってHは特に問題ありません。

ただし!!ウの段「ふ」に注意!

「ふ」をローマ字で書くと
HU(訓令式)と
FU(ヘボン式)の
2通りがあります!

ここで頭においておいてもらいたいのは、日本語では、
FAとHAは、
「ふぁ」「は」と発音上の区別があります。

FI,FE,FOとHI,HE,HOも同様。

ただし!
FUとHUの
発音上の区別がありません
!!

そのため、例えばFOOT(足)のFと、HOOK(引っ掛ける)のHなどが同じになってしまう人がいます。

しかし!英語には、この二つは違います。英語だけでなくいろいろな言語でこの区別はあります。
といっても、簡単なので、恐れないで下さい。

つづりを見て下さい。
単純につづりがFならF、HならHです!!

英語などでは、Fは唇にちょいと上の歯があたります。Vのにごらないものです。(唇歯音)
英語のFの口で、FA,FI,FU、FE,FOと言ってみましょう!

それに対して、日本語のファ行は、歯が唇につきません。

又、H(ハ行)は、もうわかりきってるとおり、歯が唇にあたるということはありません。

もうわかりましたか?HUとFUの違い。

FOOL(バカ)と、WHO’LL(who willの略)の違いはわかりますか?前者はF、後者はH。

CHILDHOOD や NEIGHBOURHOODを、

CHILDOOD、HEIGHBOUROOD
と言わないように気をつけましょう!

この間違いはHOTをFOTと言うくらいおかしく聞こえます!

こちらも参照→Fの発音の重要性

また、こちらのサイトがおすすめです。
http://www.voiceblog.jp/english/

今日のおさらい、

FとHの後の母音が、

音読みOOの時、(FOOT、HOOD等)

又は訓読みOOとUの時、(FOOD、YAHOO等)

つづりをチェックして、

間違えないにしよう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 12:27 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2483





 

blog title 英語のSHと日本語のシの音色 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SHと日本語のシの違い 

まず、これはできたら、英語のSHとSに混乱しなくなってからお読みください。
念のため、「余計に混乱する」ことを防ぎたいので。

まず、ネイティブに聞いてみた所、何も難しく考えず100%日本語の発音で、「しー」と言えばSHE、「すぃー」と言えばSEEと聞こえるそうです。
このブログのゴールである「100%通じる発音」という程度のレベルなら、これで十分でしょう。

しかし日本人なまりをかぎりなく無くしたいという、よりハイレベルな発音を目指す場合、知っておいてほしいことは、

「しー」とSHE、「すぃー」とSEEは、通じるけど、実際には音色が違うということです。(つまりなまって聞こえる)

さて、英語話者が、例えば「もしもし」等という日本語に挑戦した時、
「『し』の音が日本人ぽくないなあ」
等と感じた方もいるのでは?

SHと「し」は実際音色がかなり違います。
実際、文献によっては両者を比較するため違う発音記号を使うこともあります。

こちらのサイトに口の形などが詳しくでています。
「エッ!英語のshと日本語のシの発音は違う?」
英語の方は、舌の位置も違うし、唇の丸めも少しともないます。

又、Sについては、日本語の場合、地域や個人によって、やや英語のTHの音に近い場合があります。(例:私の妹のサ行の発音!笑)

これらの違いを克服する方法について、今調べているのですが、

現在私が分かってる中でおすすめしたい方法を、私の経験からお話しします。

英語と日本語では、しゃべる時に、そもそも舌全体の位置が違います。
英語のが、舌がやや後ろになります。

ただ、舌が後ろだ前だと言われても、正直ピンとこないことがほとんどというのが現状だと思います。
そこで、私の場合は、自分の声を録音し、ネイティブの声と聞き比べ、それを繰り返してるうちに、自然とこのことに気づきました。そして、後になってから「なるほどそう言われてみれば舌の位置が後ろだ」と理解しました。

つまり、舌の位置の「初期設定」というか「レディーポジション」を変えれば、全ての音が英語らしくなる!ということです。
ひとつひとつ全ての音を微調整しながら練習するより、簡単で早い!

舌の初期設定が日本語バージョンだと「し」とか「ち」とか「す」とかも、母音も、「あー!」とか言う何気ない意味の無い声も、全て日本語らしい音になります。
逆に英語の位置に設定すれば、無理なく自然に英語らしいSHやCHの音が出ます。逆に英語の位置では、日本語的な音を出すのは難しいのです。

今日のおさらい

初期設定を変えれば、

全てが無理なく変わる。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 12:25 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2519





 

blog title SとSH等の間違った例 February 1, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SHの間違えた例 

アイディアを提供してもらいました。ご協力ありがとうございます。

例えば、モーニング娘。のLove Machineが流行ってた頃、
英語っぽく発音してるつもりで「ラブ マスィーン♪」と歌う人たち。

私の周りにもいましたし、もしこの歌が、私が発音を習う前に流行っていたとしたら、私も「マスィーン」と歌っていたでしょう。
発音を気をつけてるつもりで、わざわざ間違った発音をしてしまう例です。

英語ペラペラ族と言われる人たちが、S,Zを「し」「じ」と発音するのをよくTVで耳にするが、この人たちにしろ、Love Machineにしろ、「発音できない」のではなく、「思い込み」なのでしょう、というコメントをいただきました。

又、僕自身の例としては、
2006年の9月に引退した、偉大なアメリカのテニスプレーヤー、「アンドレ・アガシ(Andre Agassi)」選手の発音。
42?Soundsを習う前、アメリカ人から好きなテニスプレーヤーを聞かれたので、おもいっきり日本語発音で「アガシ」と答えたら、「アガスィー?」と聞きかえされました。
つづりがSだから「スィ」です。
これも発音できなかったのではなく、「思い込み」です。

今日のおさらい

「思い込み」でわざわざ間違った発音を

してないか、もう一度チェックしてみよう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 9:52 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2497





 

blog title SとSH、ZとJとZH等で混乱しやすい単語 January 28, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SとSH、ZとJとZH等で混乱しやすい単語 

SHの所をSで読んでしまうタイプの人、例えばSHEETをEET(スィート)と読んでしまうタイプの人は、JをZで読む傾向もあります。前回書いた通り。私もそうでした。

まず第一に、SとSHは同じ摩擦音だから、まだ似ているが、ZとJのおいては、摩擦音と破擦音で、ジャンルそのものが違うので、全く違うタイプになってしまうということを知っておいてください。

単純に、つづりがG,Jの時は、基本的にZの音になることはありません。
例えるならつづりがCHの時に、基本的にSの音にならないのと同じです。

詳しくは、ZやJの部分をご覧ください。。
子音一覧表から各子音へ飛べます。

さて、間違えやすい例です。

つづりがSなのに、SHになる場合があります。

例1、EXPRESSION(表現)

最後のSSIONの部分は、SHUN(シャヌ)と読みます。

これはつづりがSなのに、みんなSHで読みます。Sで発音する日本人はあまりいないでしょう!

にもかかわらず、例2、RUSSIA(ロシア)はどうでしょう?

これだと、「ラスィア」と発音する人が現れます。
下手したら、日本語で「シア」と言うため、英語のつづりがUであるにもかかわらずロスィア」のように言う人もいます。
あるいはネイティブが「ロ」と言わないことに気づいている耳の良い人は、カタカナ音とネイティブ音の板ばさみ(dilemma)により、「ラ」と「ロ」の中間くらいの微妙な音を作りだしてしまう人も少なくありません!「カタカナ音とネイティブ音の中間的な微妙な音の発明」は日本人の特徴です(基礎を教えてもらってないので、どうしてもこうなってしまう)。僕もやってました。やめましょう笑。

まあ今は子音編なので、母音のことはここではサラりと流し、

このRUSSIAのSSは、SHになります!よって、「ラスィア」は違います!EXPRESSIONのSSIONがSHUNになるように。

RUSSIAは、そもそも「ラ、シ、ア」と3シラブルではありません!!
ラ、シャ」と2シラブルです!!RUH?shuh
さあ、今日から「ラシャ」と言いましょう!

例3、ASIA

これも「エイズィア」と言う人が現れます。僕もそうでした。

このSは、ZH「ジャ」です。USUALLY(普通は)とかのSと同じです。注意!Jとは違う!Jは「ヂャ」!詳しくはJとZHをお読みください。

そもそも、ASIAも、「ア、ジ、ア」とか「エイ、ジ、ア」のように3シラブルではありません!
「エイ、ジャ」!2シラブルです!!

※英語では「エイ」は二重母音なので1シラブル。2シラブルではない。詳しくはカテゴリー欄の「シラブルとは一体?」をお読みください。
さあ、今日から「エイジャ」と言おう!

例4、MAGICIAN

これを、「マズィシャヌ」MAICIANというのは辞めよう。このGはJです。「マシャヌ」muh?JISH?un。ストレスの位置も注意。

例5、JEANS(ジーンズ)

これも「ズィーンズ」EANSとうっかり言ってしまうかもしれません。辞めましょう。つづりどおりおもいっきりJです。「ヂーンズ」。CHがにごった音です。

今日のおさらい

今まで「スィ」「ズィ」と言っていた単語、

もう一度見直してみよう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:40 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2464





 

blog title SHEとSEEが苦手な2つのタイプ January 27, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SHEとSEEが苦手な2つのタイプ 

タイプ1: 「スィー」と読むべき所を「シー」というタイプ。
例えばSEAT(いす)が「シート」になる。

タイプ2: 「シー」と読むべき所を「スィー」というタイプ。
例えばSHEET(1枚の紙など)が「スィート」になる。

タイプ1の人への処方箋

このタイプの人は、通常まだ病的な混乱をする前か、初期症状なので、すぐに治ります。
もしかして、ある日突然ネイティブから、「SEEの発音が違うよ」とでも言われて、「一体どこが違うんだろう??」とやや混乱してる方もいるかもしれません。でも大丈夫です。
重度の混乱を起こす前に治しましょう。

このタイプは単純に「カタカナ発音の英語」や「外来語の日本語」をベースにしてしまっているだけにすぎません。そこで、

1、カタカナ発音は、ルールも何もめっちゃくちゃなので、絶対に参考にしない癖をつける。必ず英語のつづりを見る癖をつける。
2、単純に、SHはシャ行、Sはサ行(ただしイ段がスィ)とだけ覚える。「しー」と「すぃー」がひらがなで読めれば大丈夫。

タイプ2の人への処方箋

私もこのタイプでした。やや重度の病的な混乱です笑。
ことタイプは、例えばMAGIC「マジック」をMAIC「マズィック」のようにも発音したり、「J」の発音にまで影響がでることも多いです。私もそうでした。

このタイプは、「英語の発音を良くしなきゃ!」という焦燥感のあまり、簡単な発音まで妙に難しく考えて、わざわざ間違った発音をしてしまうのです。

しかし!逆に言えば、「常に発音を意識している」証拠でもあるので、ちょっとしたきっかけで、簡単に治ります。
ただ、今までと発音の仕方を変える「勇気」が必要になります。
まず一度すべての記憶をリセットしてください。そして、

1、英語は、カタカナ発音の時に「シ」「ジ」となるものを、全て「スィ」「ズィ」と言いかえれば良いというわけではない。英語にも「シ」「ジ」はもちろんある。J,ZH,Zの項目も参照。

2、単純につづりがSかSHかを見るだけ。

3、「カタカナと違う発音をしよう」という努力ではなく、「カタカナを全く考えないにしよう」という努力をする。

例えば、
SHEETは「シート」。「スィート」ではない。
SHIFT(変える)は「シフト」。SIFT(ふるいにかける)ではない。

又トリッキーなのは、MACHINE。これはつづりがCHなので、つづりどおりに読むと「マチャイヌ」ですが、このCHはSHです。「マシーヌ」です。muh?SHEEN。
「マスィーヌ」と言ってはいけない。それではmuh?SEENになってしまう。

つづいて、
MAGICは、このGはJです。CHがにごったものです。決してMAZICではない。
Jは破擦音、Zは摩擦音、ジャンルまで全く違うのです。
JをZにするのはもう辞めよう。

今日のおさらい

シンプルに、カタカナを忘れて、

SかSHかだけをチェックすれば

全て解決。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 12:55 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2459





 

blog title SHEとSEE January 26, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SEEとSHE 

「しー」はともかく「すぃー」と書くと、小学1年生でも読める「ひらがな」であるにもかかわらず、何やら妙に難しく考えてしまう人が多いのです。
第一、たとえばLやTHは日本語にないので、ひらがなで書くことはできませんが、SとSHはひらがなで書けるということを忘れないでください。

「すぃー」という音は、確かに日本語には普通あまり出てきませんが、たまに出てきます!そしてみんな普通に発音してます。

例1、島袋光年先生の「世紀末リーダー外伝たけし!」というマンガに
へるスィー様」というキャラが出てきました。
この「へるスィー」、誰でも発音できますね!!

例2、私が日本の某ハンバーガー屋でアルバイトしていた頃のことです。「流し」のことをスタッフは「シンク」と呼んでました。英語のSINKから来たものです。
これはつづりがSなので、英語では「スィンク」です
だから店長は、かっこよく英語風に「スィンク」と言ってました。だから同じように他のスタッフも「スィンク」と言ってました。誰でも普通に「スィ」を発音してました。
ちなみに「シンク」というと、英語ではSHINKとつづらないといけません。

例3、僕の友達に橋本さんと吉岡さんという人がいます。まわりからは「はっすぃー」「よっすぃー」呼ばれています。別に英語を勉強してるわけじゃない人も、普通にこう発音してます。「はっしー」と「はっすぃー」の区別は誰でもできます。

ほらみなさんSEEとSHEを言い分けてるじゃないですか。


さて、ついでにもうひとつオーソドックスなアプローチも説明しましょう。

SHSHSHSHSHSH

と、子音だけで伸ばしてみて下さい。
イメージは「しずかに。」という時の「シーッ」です。
その後に母音「イ」を続けて言えば、「し」になります。SHEです。

次に同じ要領で、

SSSSSSSSSSS

と子音だけで伸ばしてみて下さい。
その後の母音「イ」を続けて言えば、「すぃ」になります。SEEです。

日本語からのアプローチ、オーソドックスなアプローチ、どちらでも自分に合うなあと思った方で試してみて下さい。
とにかく、SとSHは英語なんて1単語も知らない人でもできるものです。「呪い」を解くだけで終わりです。

今日のおさらい

SEEとSHEの違いは、

実際日本語の中で、

発音しわけている。

S,SHという子音の後に、

母音「イ」をつければいい。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 9:25 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2447





 

blog title SとSHの発音練習をさせてはいけません。 January 25, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 SとSHの混同 

よく、日本人の弱点の一つに「SとSHの区別」が挙げられます。

しかし!RやTHと違って、これらは日本語におもいっきりある音なので、発音練習する必要ありません!

にもかかわらず、「日本人の弱点の一つ」などと不名誉な考え方をされてしまうのか、
それは、混乱してるせいで、日本語に無いものだと思い込み
わざと間違った発音をしてしまうケースが非常に多いからです。

私もそうしてました。

よって、これも、他の多くの音と同じで、混乱を解くだけで解決します。日本人なら誰でも彼でもできます。

では日本語にSとSHの区別があることを証明します。

カナダBC州名物の一つ、魚の「鮭」、Salmon。
そう、カナダ流のお寿司、「BCロール」の中に入ってるあの魚です。

これを普通に日本語で、「さけ」と「しゃけ」と2通りの言い方をしますね。
じゃあ、ためしにもう普通に日本語で
「さけ」「しゃけ」
と言ってみて下さい。

誰でも言えますね!
これがS(前者)とSH(後者)の違いです!

SHは、シャ行??しゃ、し、しゅ、しぇ、しょ
言ってみてください。誰でも言えます。

Sは、サ行??さ、すぃ、す、せ、そ
言ってみてください。
ただし「イの段」の注意。
「し」ではなく「すぃ」と。

「すぃ」はひらがなで書かれていることをお忘れなく。まさかひらがなを読めないとは言わせません!笑

では、実際英単語。

SIGH「サイ(ghは読まない)」(ため息)と、SHY「シャイ」(恥ずかしがりや)

誰でも言えますね。
つづりを見てください。
つづりがS(前者)ならサ行、SH(後者)ならシャ行です!!

超シンプル!

では、もう その要領で もう一つ。

SEE「スィー」(見る)と、SHE「シー」(彼女)

つづりを見てください。
前者はS「サ行」、後者はSH「シャ行」

カタカナで書き分けることができる。

さあ、発音できましたか?

まだあやしいという人のために、次回につづく。

※SHについては、日本語と英語で多少音色が違うが、それはあくまで「なまってるかどうか」のレベルでしかなく、日本語の「しゃ行」を使えばネイティブの耳にはSHと聞こえます。逆に彼らのSHも日本人には「シャ行」ととれます。
今これを話すと混乱につながるので、また後ほど。

今日のおさらい

SとSHの違いは日本語にもあるので、

血眼になって発音練習しようとしては

いけない。

「さけ」と「しゃけ」を思い出そう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:01 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2444





 

blog title THを発音しなくていい単語 January 20, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 THを発音しなくても良い単語 

THが嫌いな我々日本人にとっては嬉しい情報です。笑

MONTHSとLENGTHS

特に前者はよく使う単語です。THの後にSが来て「困った!」と思ってる人も多いのでは?笑

しかし、これら二つの単語は、こう発音します!

MUNTS  LENGTS

余談ですが、MONTHSのOは、つづりはOだけど、読みは「音読みU」(BUS等の)になります。英語の母音の音読み訓読みについては→「このブログの超目玉、音読みと訓読み」

さてどうでしょう?これらのTHはになってしまいます!
よって、最後の音は、日本人の得意なTSの音です!そう、CATの複数系、CATSのTSと同じです

「マンツ」「レングツ」と言えばよいのです!超簡単。超ラッキー。

これはやはりTの方が発音しやすいからだそうです。

しかし他の単語では、たいていTHを発音しないといけません。

例えば、SEVENTHSのようにN,TH,Sと続いても、ちゃんとに発音しないといけません。

この場合、よほどゆっくりハッキリ発音する場合以外、おおげさに舌を噛む必要はありません。そうすると動作が多きくなり、スムーズに言えません。舌先がチョイと上の歯のついていればTHの音は出せます。そのままSに移れば、歯や舌はほとんど動かさなくてすみます。超簡単。
何度も言うように、下を噛む「動作」「見た目」ではなく、「音」が大事です。

今日のおさらい、

MONTHS,LENGTHSの

THSの部分は、TSになる。

他はだいたいTHSでも

THを発音しないといけないが、

大げさに舌をかまず、

小さい動きでTHの音を出せば

楽勝。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:59 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2406





 

blog title THはいつ濁っていつ濁らないか January 19, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 THはいつ濁っていつ濁らないか 

他の子音は、例えばLなら/l/、Sなら/s/、Kなら/k/のように、基本的に一つの音(音素)を担当しますが、THだけは、濁るのと濁るのの2種類あります。

例えば
THISのTHと
THINKのTH

★重要ルール(フォニックスで)読み方を書く時には、THISのように濁る方を、THISのようにイタリック体で、THINKのように濁らない方をTHと普通に書くことが多いです!

THはどちらの音になるか、残念ながらつづりからは区別ができないことが多いです。「この単語は濁る、この単語は濁らない」と覚えるしかありません。

これは、母音で例えると、2文字母音OOGOODのOOと、FOODのOOのように2種類あるけど、見た目から基本的に区別ができないようなものでしょう。

しかし、多少のルールはあります。

単語の最後にTHが来た場合、
サイレントE(読まないE)があったら、基本的にTH(濁る方)で読みます。
例えばBREATH(息をする)、SOOTH(なだめる)、BATH(入浴する)、CLOTH(服を支給する)等。

サイレントEがなかった場合は、TH(濁らない方)になることが多いです。
例えば、BREATH(息)、BATH(入浴)、TRUTH(真実)、BOOTH(仕切り席、ブース)、CLOTH(布、テーブルクロス)等。
※、ただしSMOOTH(スムーズな)やSMOOTHLY(スムーズに)、SMOOTHNESS(スムーズさ)はTH(濁る)!

余談ですが、一応母音の読み方も違うことも注意。
BREATHE ? BREATH
BATHE ? BATH
CLOTHE ? CLOTH
この対応、
左列サイレントEがついてる方はみんな「訓読み(アルファベット読み)」で上から「イー」「エイ」「オウ」
右列のEが無い方はみんな「音読み」で上から「エー」「エァ」「アー」。詳しくは母音編「サイレントEについて」、「このブログの超目玉、音読みと訓読み」
をどうぞ。

☆又、THがサイレントになる場合もあるので注意!というか、私たち日本人はできればTHを発音したくないので笑、ラッキーです。
例えば
CLOTHES(服)は、THを読まず、読み方はCLOSE(閉める)と同じです。
ASTHMA(ぜんそく)も、読みはAZ?muh。THは読まない。

今日のおさらい、

読み方を書く時は、

濁る方をTH

イタリック体にする。

つづり上からは基本的に

THかTHかの区別はできないが、

サイレントEがあれば、

THになることが多い。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:08 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2391





 

blog title THの濁らない方の注意点 January 18, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 THの濁らない方の注意点 

THの発音の存在は、日本人にはわりと有名で、THだけ単独でなら発音できる人も結構います。
Lと同じように、単独で発音するだけなら、1分で習得できます。

にもかかわらず、実際の会話とか、中学や高校の授業中にテキストの音読をさせられると、せっかくのTHの技術を使わず、普通にカタカナの発音になってしまう人が少なくありません!

せっかくこの発音の存在を知っているなら、使いましょう!!
THINK(思う)、THOUGHT(思った)、THREE等、ちゃんとにTHを使いましょう!


☆では、THをSで代用すると、どういう風に聞こえるか!

例えば、日本語で、「カ行」を、(同じ無声閉鎖音の)「パ行」に置き換えてみます。「パ行」はそのまま「パ行」。つまりこれはKをPに置き換えるということです。

「ぴょうは、ぱたがぽってる。てんぴも悪いし、ぱっぱぴないと。ピンプのぱさも持ってぽう。ぴょうはさいあぷ。」

(今日は肩がこってる。天気も悪いし、カッパ着ないと。ピンクの傘も持ってこう。今日は最悪。)

つまり、SとTHを区別しないということは、こういう風に聞こえるということです。
文脈から判断することも可能ですが、「聞き手は推測しないといけない」ということです。THの代わりにSを使ったために、意味が変わってしまう場合もあります!

It’s worth.(価値がある。値する。)
と言おうとして、
It’s worse.(もっと悪い。)
になってしまいます!笑

にもかかわらず、あまりTHをみんな使いたがらないのは、THを単独で発音はできるけど、「がんばって発音する」のではなく、単語の中や文の中でスムーズに発音できるようになるまでには、R同様、やはり数ヶ月から、下手したら1年くらいの練習が必要かもしれないからです。私個人的には、RよりもTHの方が長くかかりました。特にTHの濁る方は、もっと長くかかりました。気長に練習しましょう。

特に難しいのは、
THREE,THROUGHのようなR?Blend Words
6th(SIXTH)のように、S,THと、他の子音とつづく場合です。

頑張って練習しましょう。

言うまでもなく、
「本来ここはTHで発音しないといけないが、今はまだTHが発音できないので、とりあえず暫定的にごまかして発音しよう。」
というのと、
「どんな発音か正確にはわからないけど、だいたいこんな感じかな?」
とあいまいに発音するのでは、

同じ「間違った発音をする」のでも、今後の進歩に雲泥の差がつきます。

他の英語学習者に比べて日本人が弱い点は、後者のように考えてしまう人が圧倒的に多い点です。というのも、その点を教えてくれる先生が日本には非常に少数だからです。しかしこの考え方のせいで、かえって自分自身を混乱させ、英語の発音が実際の100万倍くらい難しく見えてしまうのです。
たとえ発音できないにしても、
「間違った発音はこう聞こえている。」
「ここは本来こう発音すべきだけど、私はまだできないから、聞き手にはきっとこう聞こえているんだわ。」
という理解をするように心がけるだけで、他の外国人英語学習者に追いつき、追い越せます!それをはげみに頑張りましょう!

今日のおさらい、

単語や文の中でも、

しっかりTHを発音する

ように心がける。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:48 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2382





 

blog title THの濁る方の注意点 January 17, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_83.html(このブログの目的)をご覧ください。
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 濁る方のTHの注意点 

THの発音を苦手としてるのは、日本人以外にも多く、THがうまく発音できず、SやFやT等で代用する人も多いです。(日本人はあまりTHをFで代用することをしませんが)

さて、ここでもまた「つづりを見ない」という日本人の弱点が出てしまいます!
もし仮にTHが言えず、濁る方をZ,濁らない方をSで代用すると決めたら、もうどうせなら、全てのTHをZとSに統一させましょう!

にもかかわらず、日本人は人により、しばしば濁らない方ではSを使ってTHANKをSANKと言ったにもかかわらず、THINKではSHを使ってSHINKにしたり、などと、統一されていません。

特にこの濁る方で、その「つづりを見ない」「統一されてない」という弱点が顕著に出てくる例があります。
例えば、

THIS、THAT、THESE、THOSE、THE

これらは、カタカナ式だと順に、
ディス、ザット、ディーズ、ゾーズ、子音の前でザ/母音の前でジ(?)
となるのが一般的です。

ディス、ザット、ジ、この3つだけ見てみても、D、Z、Jと3週類もの子音が使われているではありませんか!
DIS、ZAT、JEとなってしまいます!

ではなくて、つづりを見て下さい!!今あげた5つの単語は、全てTHから始まります!全て同じ音でなくてはいけません!

よく耳をすまして聞いてみて下さい。
THESEをネイティブはDESEとは言ってません。
THOSEをZOSEとは言ってません。

つづりがTHなのだから、THで発音しましょう!
「THは舌を噛む」という有名なフレーズを知っているなら、ちゃんとに実行しましょう!

ついでに、THEY、THEM、THERE、THEIR、等も同様!!

もうひとつ留意点!

THの特に濁る方は、ちゃんとに舌を噛んでいるにもかかわらず、うまく空気が抜けないと、Dのような音になってしまいます。私もこの点を気をつけています。これが、日本人にとって濁る方のTHの難しい点です。
同じくVでも、上の歯が下唇についているにもかかわらず、Bのような音になってしまうこともあります

繰り返しますが、大切なのは、「舌を噛む」「唇を噛む」等という「見た目の格好」ではなく、「音を出す」ことです!!
聞き手はいつも口見てくれているわけではありませんし、電話ではそもそも口元は見えませんから。

今日のおさらい

THIS、THAT、THEを、

DIS、ZAT,JE

等といろんな子音を使うのは辞めよう。

しっかりTHの発音をしよう。

舌を噛んでも、

THの「音」にならない場合があるので、

「音」に注意を払おう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:10 AM |
| トラックバック (1)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2378

この一覧は、次のエントリーを参照しています: THの濁る方の注意点:

» Google Blog from Google Blog
All information about Google search engine and services you can find in our b... [詳しくはこちら]





 

blog title ふたつのTHの発音 January 16, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_83.html(このブログの目的)をご覧ください。
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 THの発音 

関連記事:
ドイツ人もTHが苦手

日本人を脅かす3大人気(不人気?)子音、L、R、TH。
今回からはTHの話をします。

THの音は、あまり多くの言語には見られず、日本人のみならず多くの英語学習者が苦労するそうです。韓国語にも、中国語にも、フランス語にも、ドイツ語にもないです。日本人だけが英語の発音について超不利ということはありませんので、安心してください。

私が知ってる限りでは、アラビア語と、ヨーロッパのスペイン語にこの音があります。しかし中南米のスペイン語にはこの音は基本的にないので、スペイン語をやりたい方は、中南米のをおすすめします。笑

よく言われるコツは次のとおりです。
「舌を噛む」
「舌先を上下の前歯の合わせ目から出す」
「歯と歯の間に舌をはさんで、それを抜く時に『ス』という。」

等があります。

これらは結構知られているかもしれません。

注)「舌を噛む」等と言っても、決して血が出るほど噛むわけではなく、チョイと触る程度です笑 安心して下さい。

そして、THには、濁音と、にごらない音の2種類があります!

THINK(思う)、THIN(やせた、薄い)、BATH(入浴)等のTHは、にごらない方(VOICELESS)です。

OTHER(他の)、MOTHER(母)、BATHE(入浴する、させる)等のTHは、濁るほう(VOICED)です。

この二つのうち、日本人にとっては、濁音の方がやや難しいでしょう。
THは、S、SH、Fと同じ「摩擦音」です。SやZ等の項目でも話しましたが、日本人は摩擦音の濁る音を発音する時は、やや注意が必要です。

ここで注意!「摩擦音」と聞くと、「THでは、歯と舌を摩擦する!」と思ってしまう人がいるかもしれません!私もそう思ってました笑!
しかし!もしTHの音が出るほど強烈に舌と歯を摩擦したら、もうあなたの舌は血まみれで、大変なことになってしまいます!

摩擦音」調音方法による子音の分類の一。調音器官を接近させて呼気の通路に著しいせばめをつくり、そこを呼気が通過するときに生ずる噪音(そうおん)。 「大辞林 第二版 (三省堂)」より
すなはち、「空気と歯や舌との摩擦」です!空気が上の歯と舌の間を通るだけです!
歯音THのせいで、舌を傷つけるようなことは決してしないにしましょう!

又、やはり大事なことは、舌を噛んだところで、THと認識できる音になっていなかったら、だめなんです。逆にかならずしも舌を噛まなくても、しっかり空気が歯と舌の間をぬけてTHの音になっていればいいのです。
舌を噛むという「動作」ではなく、「THの音を出す」ことが大事なのです。

さて、これまで、SとZ、SHとZH、FとVの項目でやってきた、VOICELESSとVOICEDの練習を、今日もやりましょう!

SSSSSSSSSSSZZZZZZZZZZ

FFFFFFFFFFFVVVVVVVVVVVV

この練習覚えていますか?同じことをTHでもやりましょう。

まず、子音だけでささやき声で、濁らない方(VOICELESS)のTHだけで、

THTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH

と伸ばしてみましょう。
決してTHUUUUUUUUUUとなってはいけません!

次に、途中から濁らせて、声帯を震わせて、VOICEDにして、

THTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH

としてみましょう!
THの濁る方の音は、しばしば読みがな表記(PHONICS)ではイタリック体でthと書きます。

決して、THUUUUUUUUUとなってはあきません。

最後に、濁る方だけで、

THTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTHTH

と言ってみましょう。
まるでモーターのような感じです。

今日のおさらい

THには、濁る音と濁らない音の

2種類がある。

「摩擦音」と言っても、

歯と舌が摩擦することではなく、

空気との摩擦のこと。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:23 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2362





 

blog title CARとCARDの複数形 January 12, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_83.html(このブログの目的)をご覧ください。
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 CARの複数形とCARDの複数形  

さあ、ZとDZのクライマックスです。

まず、複数形のSは、基本形はSの発音、でも母音の後や、voicedの子音(NとかMとかDとかGとかRなど)の後にくると、Zになります。

理由は、単純にその方が言いやすいからです。
(voiced+voicedの組み合わせの方が言いやすい。)

よって、CARSや、CARDSのSは、Z。

では問題です。

CARSとCARDSの発音は、カタカナで書くと同じ「カーズ」ですが、実際の英語の発音も同じですか?

さあ、ここまでZとDZの練習をして、ZOOやZAPを言えるようになった人なら、答えはもうわかりますね?

答えは「違います」

つづりをみれば、そのまんまです。

CARSの方の読み方は、KARZ

最後のおとはZ。Sが濁っただけです。ZOOのZと同じです。ZZZZZZZZZと伸ばせます。
くれぐれもZUUUUにならないように笑

CARDSの方は、KARDZ。もう単純にDが入っただけです。

強いてカタカナで書くなら
カール
という感じです。やはり最後のZは、ZZZZZZと伸ばせます。やはりZUUUUUとならないように。でも普通はあんまり伸ばさないので、結局イメージ的には
カール
という感じです。やや小さいッが入るような感じ。

もしこのイメージがつかみにくかったら、
KARSとKARTS、「カールス」と「カールツ」の違いを考えて見て下さい。これなら簡単ですね。

また英語の単語は「ツァ行」「ヅァ行」では基本的に始まりません。
そのことからもZOOを日本語的に言って「ヅー」と発音することが、英語らしく聞こえないことになって、結果通じないことにもなってしまいます。詳しくはこちら
http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2007/01/post_92.html

今日のおさらい

CARSとCARDSの

発音は違う。

Dを見落としてはいけない。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 9:07 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2333





 

blog title 日本語のヂとジ、ヅとズの違い January 10, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

 日本語のヂとジ、ヅとズの違い 


以前、日本語は一部の方言を除いて、ジとヂ、ズとヅの区別が無いと書きましたが、今日はちょっとその話をします。

そこで、今日はこちらのサイト、「日本語の起源」(2005)を少し引用します。
http://www.biwa.ne.jp/~ichhan-j/rendaku/rendaku4.htm

「日本語(東京方言など)の「ザ」「ズ」「ゼ」「ゾ」(母音に先立たれない場合の)の子音は[z]ではなくて,同じ調音點の閉鎖音から[z]へわたって行く破擦音[dz]である。大體,「ツ」の子音である破擦音[ts]の有聲音であるといえる。多くの日本人は純粹の摩擦音[z]を發するのに非常に練習を要する。」

だから、ZOOの発音が変に聞こえてしまうのです。

ただし「非常な練習を要する。」とありますが、私個人的には、RやTH等に比べると、圧倒的に早く習得ができます。
なぜならRやTHは、口の動きそのものが日本人にとっては新しいものですが、Zに関しては、すでにSの口の動きを習得しているので、それを濁らせる(voicedにする)だけの練習でいいのですから。

これはあくまで私個人の経験ですが、以前を1、2分で習得する話を書きましたが、それでもやはりLやRを、「頑張って発音する」のではなく、「日本語の他の子音と同じように楽に発音できるようになる」までには数ヶ月の特訓を必要としましたが、ZやZHに関しては、10分やそこらの練習で、ほぼ自分のものにできました。
聞き取りも簡単です。
私にできたのだから、誰でもできます。
日本語には「し」と「ち」、「す」と「つ」に違いがある!という強みを忘れてはいけません。
例えばフランス語にはCHの発音もJの発音も無く、フランス語話者は、日本人のRやTH並の特訓をしなければいけないことでしょう。(余談だが、フランス語にはTHも無く、おそらく英語と同じRも無い。)


そしておもしいのは次です。

「四つがなの区別のある方言は九州では鹿児島・宮崎・大分・佐賀の諸県の大部に広がり、四国では高知県に集中し、本州では三重県の南部に分布しています。
 高知方言を例にとれば、「ジ」「ヂ」「ズ」「ヅ」の区別があります。」

「しかし、今日では退化現象もいちじるしく、高年層を除き区別を失っている。」
「現代語では共通語をはじめ多くの方言でジとヂ、ズとヅの発音の区別はない。この区別が高知県には残っており、」
「一方、高知県などでは、最近までその区別が明確に保たれていたが、現在ではすでに合流がかなり進んでいるらしい。」

例えば高知方言では、「富士」と「藤」、前者は「じ」、後者は「ぢ」のようになる。

実は以前、実際高知県出身の友人ふたりに本当かどうか聞いてみました。

ひとりは、本人は発音し分けないが、祖母が発音しわけているかもしれないとのことでした。

もっと若いもう一人の友人にいたっては、そんな存在すら知らないようで、驚いてました。彼の日本語は相当なまってるにもかかわらず。(笑)

モニターが二人ではもちろん情報不足だが、下手したら後者の友人は区別が無い地域という可能性も考えられるが、やはりこのサイトにあるとおり、この区別自体が日本語から消えていっている(かっこよく言うと「音素目録から抹消されてつつある」)ようです。

このサイトによると、1600年代かあるいはそれ以前に、多くの地域でこれらの発音上の区別はなくなっていたようです。

しかし17世紀頃に無くなったと言われる「ファ行」の子音(両唇摩擦音)が、外来語の導入で最近復活したように、いつの日か、日本語にもジとヂ、ズとヅの違いが復活して、英語の発音の習得が楽になる日がくることを祈りましょう笑。それだけでなく、「続く」を「つずく」と書くような類の間違いをする心配もなくなるかもしれない笑

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:41 PM |
| トラックバック (1)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2325

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 日本語のヂとジ、ヅとズの違い:

» 聞き取り時間を作る from アルクで英語♪アルク情報
毎日忙しいとなかなか学習に時間を取ることができないという人も多いですね。 聞き取りは「細切れ」の時間を最大限利用するのがいいと思います。 一番時間... [詳しくはこちら]





 

blog title 見落とされがちなZの発音 January 9, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_83.html(このブログの目的)をご覧ください。
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Zの発音の盲点 

Zについては、日本人にとって大きな問題は2つあります。

?DZとの混同
?Jとの混同

今回は、?DZとの混同についてお話しします。というのも、これは最近話してきたVやZHの問題と同じだからです。

実は「ZOO」と言ったけど通じなかった、という質問を以前うけました。ネイティブから教えてもらったけど、どうしてもどこが悪いのかわからない、とのことでした。

前回の、JとZHの違いを参照にして下さい。

ひらがなで書くと「じ」と「ぢ」のちがいです。日本語で、一部の方言を除いてこの発音上の区別はありませんが、英語にはあるという話です。
「じ(ZH)」は「し(SH)」が濁ったもの。
「ぢ(CH)」は「ち(CH)」が濁ったもの。

同じく、「ず」と「づ」の違いの問題を考えてみて下さい。

英語のZは、「づ」ではありません!「ず」です!
しかし、日本語に(一部の方言を除いて)この二つの発音上の区別が無く、そして無意識のうちに私たちは「づ」の発音の方を多く使う傾向があるのです。
だから、ZOOはー「ズー」であるべきところを、「ヅー」と言ってしまうから、ネイティブには変に聞こえるのです。

いまいちピンとこないと言う方、単純に「スー」というべきところを「ツー」と言ってるように聞こえると考えてください。

ではまず、Z、「ズ」の練習。
FやSHの時と同じく、ささやき声で、

SSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSS

と、さわやかに伸ばしてみましょう。
決して、SUUUUUUUUUUUUUUUU、とならないにしてください。

そして、FからVへ、SHからZHへと移動したように、

SSSSSSSSSSSZZZZZZZZZZZZZZZ

と、濁らせて(有声音、voiced)みましょう!この練習がすごく大事です。

では最後に、

ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

と発音しましょう。そう、まるでモーターのような音です。

決して、ZUUUUUUUUUUUUUU、とならないにしましょう。

SとZは、F,V,SH,ZHと同じく、摩擦音です。空気との摩擦で音が出るので、息が続くかぎり、伸ばせます。


では、「つ(TS)」についてはどうでしょう?

この音は、英語圏の人はあまり得意ではありません。

つ」は、「ち」と同じで破擦音なので、「ツッ」と一瞬で終わってしまいます。

「づ」は、「つ」が濁った音なので、同じく「ヅッ」と一瞬で終わってしまいます

日本語のザ行は、このどちらでもいいんです。
(そう、例えるなら、韓国語では[f]と[p]が弁別的でないように笑。)
しかし無意識に「ヅァ行」を多く使うのです。

今日のおさらい

ZOOなどZの発音の時、

ちゃんとに摩擦音のZに

なっているか注意しよう。

日本語のザ行を使うのは

もう辞めよう

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:22 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2318





 

blog title 実は曲者、JとZHの発音! December 19, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_83.html(このブログの目的)をご覧ください。
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 見落とされがちなJの発音!! 

どうしてもRやTHの影に隠れて、見落とされがちなJの発音ですが、これもRやTHと同じくらい大切な発音!そして日本人の弱点です!
しかし、RやTHにくらぶれば、発音の習得は非常に簡単です。恐るるに足りません。ちょっとした理解だけです、

では問題です。
JapanのJと、AsiaのS、
カタカナで書くと「ジャパン」と「アジア(英語式の発音はエイジャ)」、同じ「ジ」が使われています。
しかしこの二つの発音はまったく違います。どう違うでしょう?

もしかしたら、最初は「微妙な違い」と思う方もいるかもしれませんので、もっと明らかなVとBの違いから練習すると、これらの「ジ」の正体が見えやすくなります。

BとVの違い!復習。くわしくはこちらhttp://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/12/post_87.html
BはPがにごったもの。閉鎖音なので、「バッ!」っと一瞬で終わってしまうけど、
VはFがにごったもの。摩擦音なので、VVVVVVVVと延ばせる!!

さて、このJapanのJとAsiaのS!
後者のSは、よみがな表記(フォニックス)では、ZHと書かれることが多い。
JはCHがにごったもの。破擦音なので、「ジャッ」と一瞬で終わってしまうけど、
ZHはSHがにごったもの。摩擦音なので、zhzhzhzhzhzhzhzhと、Vのように伸ばせる

Vの時にこの練習をしましたので、よかったらそちらをごらんください!

CH(たとえばchild、日本語の「チ」に似た音)と、SH(たとえばshow、日本語の「シ」に似た音)、簡単に言うと「チ」と「シ」の区別は、日本人には楽勝です。
簡単に言うと、それがにごっただけの話です。カタカナで書くと「ジ」と「ヂ」です。

つまり、JapanのJと、AsiaのSは、「チ」と「シ」が違うくらいにまったく別物なのです!

残念ながら、日本語では一部の方言を除いて、「ヂ」と「ジ」の区別がありません。どちらを使っても、日本語では同じなのです。(これについてはのちほど)
しかし、英語では違うのです!

練習法!

CHは、「チャッ」と一瞬。
同じくJは、「ヂャッ」っと一瞬!
普通に「ジ」と日本語で言えば、この発音になることの方が多いそうです。

※、つづりがJやGやDの時(でジャと読む場合)は、基本ルールではこの音になります。よみがな表記(フォニックス)では、基本的にJと書かれる。
jet、June、age、language、procedure等。

さて、SHは
SHSHSHSHSHSHSHSHSHSHSHSHSHと延ばせます。
ささやき声でこの練習をしてみましょう!

さて、今度は、FとVの練習でやったのとおなじように、
SHSHSHSHSHZHZHZHZHZHZHZHZHと、
途中から声を出してvoicedにしてみましょう!にごらせてみましょう!

決してZHUUUUUUUUUUUUUとならないにしましょう。

ZHZHZHZHZHZHZHZHZHZH
まるで、モーターのように、口から空気がずっと流れます。


※ 実はZHというつづりは、実際にはあまり出てきません。通常この発音になるのは、つづりがSやZでジャと読む時です。pleasure、usual、measuer、version等。
たとえば中国人名で、ZHが出てくる場合、実際の中国語の発音だと巻舌音になりますが、英語にその発音はないので、英語のこのZHの発音を使います。
又、基本ルールではつづり字がGなら、J(ヂャ)の発音になりますが、フランス語系のgenreやbeige等のGはこの音になります。genreはZHON?ruh、beigeはBAYZHと発音します。

今日のおさらい、

CHがにごるとJ

SHがにごるとZH

つづり字がJ,G,Dの時はJで読み

S,Z,ZHの時はZHで読む。

ただしフランス語系の単語は

つづり字がJやGでもZH。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 12:25 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2167





 

blog title Vのつづき2 (Fからの導入) December 18, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_83.html(このブログの目的)をご覧ください。
????????????????????????????????
又、英語の全ての子音を知りたい方は「一目瞭然!子音一覧表」をご覧ください。→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_86.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Vの続き2 (Fからの導入) 

「Vは舌を噛む」「THは唇を噛む」とよく聞きます。
しかし、覚えておいてほしいのは、大事なことは「何々を噛む」とかいう「動作」ではなく、そのVやTHの「音を出す」ということです。
逆に言えば、VやTHと認識できる音を出せば、舌や唇を噛まなくてもいいのです。言い換えると、舌や唇を噛む動作をしても、その音が出ていなければ、ダメなんです。
ここがポイントです!
これはLやRについても同じことです。

さて、Vの音を出すのに大事なのは「空気」を流すことです!そう、Fと同じように。
よって、Bのように、唇を閉じてしまってはあきません。空気が流れませから。
唇を閉じないように注意しましょう!

日本人の友人が「Vがいえない」と悩んでました。

そしてFIVEと言ってもらったら、最初のFは言えるのに、最後のVの部分でどうしても唇が閉じてしまって、FIBEになってしまうのです。
唇を閉じるなと言っても、どうしても、クセで閉じてしまうようです。

そこで、FIと言ってもらいました。
そしたら、もうはるかにそれっぽく聞こえるようになりました!!

単語の頭にくるVはともかく、最後の来るVは、結構無声化してFに近く聞こえます。

よって、liveとかfiveとか、最後に来るVは、まずはFに置き換えて、練習しましょう!Bで代用するより100倍良いです!

ついでにその人は、「Vancouver」を、
「Bancouber」から徐々に治すのではなく、「Fancouverって練習すればいいんだ!」と喜んでました。笑

今日のおさらい

「動作」ではなく

「音を出す」ことが大事。

Vで大事なのは「空気」。

Bに置き換えるのではなく、

Fに置き換えよう!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 3:52 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2154





 

blog title Vのつづき(Voicedの練習) December 2, 2006

英会話独学術:フォニックス?発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 Vの続きです。 

大事なことは、VOICEDとVOICELESSの区別です!

日本語には、運良く「カ行」に対する「ガ行」という破裂音(閉鎖音)に対しては、この対応があります。

しかし、残念ながら、サ行等の摩擦音に関しては、のちのちやりますが、VOICED、VOICELESSの対応が、英語と違っていまいちあいまいです。ここがのちのち大事になってきます。

練習!

子音だけで、

SSSSSSSSSSSSSSSSSS
と伸ばして発音してみましょう!

大事なことは「ささやき声」でいうことです。
決して声を出してはいけません!

これは難しくないでしょう。

さあここからが勝負!

今度は、SSSSSSSSSと言いながら、途中で声を出してみましょう。

SSSSSSSSSSZZZZZZZZZZZZZZZZ

のように!

決して

UUUUUUUUUUUUUU

となってはいけません!

あくまでZZZZZZZZZZ、

口から空気が抜けていることがポイントです!
そう、まるでモーターか何かの音のように。

それができるようになったら、今度はFとVで試してみましょう。

まずささやき声だけで

FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

次に、Fを言いながら途中から声を出して

FFFFFFFFFFVVVVVVVVVVVVVVVV

決して
VUUUUUUUUUUU
にならないように!

Zと同じく、口から空気が抜けていることがポイントです。そう、まるでモーターの音のように。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:24 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2021





 

blog title Vの発音 December 1, 2006

英会話独学術:フォニックス?発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 Vの発音 

日本人が苦手な音のひとつに、VERYなどのVがあります。

日本語では、これは「ヴァ」のように書かれることもありますが、発音上はたいてい「バ」と区別がありません。

よく見かける発音指導は、「下唇を軽く噛む」等のようなもので、口の動きを重視したものです
もちろん口の動きは大事ですが、これだと
唇を噛むことだけにとらわれてしまったり、
唇をかんではいるがBの発音とあんまり変わらなかったり、
このようなわずらわしい動作ができず、結局完全なBの発音になってしまったり、

効果は残念ながらイマイチのようです。

しかし!日本人には、Vの習得にはもっともっと効果的な方法があります!
Vの発音は、LやRやTHにくらぶれば、よっぽど楽です。

唇を噛む噛まないといったようなことはひとまず忘れて下さい。重要なのはそこじゃないんです。

大事なことは、Vの発音とは、Fが濁ったもの、Fに濁音、FのVOICEDです!
FとVは口の動きが同じなんです。

Fの発音は日本人には決して難しくない。
(英語のFと日本語のファ行は少し違う。
唇だけで出す日本語のファ行(両唇音)に対し
英語のFは上の歯が少し下唇にあたる(唇歯音)。)

違うにしても難しくない。

Fの発音が難しくないなら、あとはそのVOICEDバージョンを練習すれば、Vになる!

すなはち!練習すべきは、VOICEDとVOICELESSの違いなのだ!!

「BとVの違い」というアプローチよりも、こっちのがはるかに簡単でわかりやすい。
さらにはこれが、のちのちやるZの発音や、JとZHの違いにもつながってくる。

VOICED(有声音)等の話のサイトです。
http://www.nurs.or.jp/~kbj/hangul/kaisetsu.htm

今日のおさらい、

VはFが濁ったもの

大事なのは

「濁る音」の練習

投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:30 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2010





 

blog title 子音一覧!アメリカ英語編 November 29, 2006

英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

ご訪問していただきありがとうございます。

英語の子音以外のことは、こちらへ。

★一目瞭然、英語の母音一覧表
★英語話者が苦手な日本語の発音リスト
★発音記号の知られざる落とし穴
★シラブルとは一体?

トップページ・もくじ
-------------------

 これが英語の子音 

英語の子音は、とても整頓されていて、非常に理解しやすいです。
日本語との共通点も多く、日本人には楽でしょう。
しかし、いくつか日本語と違う点があるので、そこを重点的に説明します。


☆ 日本人にとって特に練習の必要な音は、ご存知の方も多いL、R、そして2つのTH。

☆ 日本語には、ガ行、ザ行、ダ行等の「濁る音(濁音)」と、カ行、サ行、タ行等の「濁らない音(清音)」があります。英語にもこれと同じVOICED(濁る)とVOICELESS(濁らない)の違いがあります。しかし、日本語と決定的に違う点があるので、そこが要注意です。少しだけ練習が必要です。これを習得することが、VやZの発音習得につながります。

☆ 日本語には小さいャ行(拗音)がありますが、英語はこのような子音同士の組み合わせがもっとたくさんあります。S?Blends、L?Blends、R?blends等の少しの練習が必要でしょう。
「英語の拗音(みたいなシステム)」

さて、ここに子音をVOICED(左列),VOICELESS(右列)に対応させます。英語の子音は24個と言われています。

文字をクリックすると、その子音の説明へ飛びます。

B  -  P 
  -  
  -  
G  -  K
   -  
  -  CH




  -  


ZH -  SH
TH -  TH
NG

※L,M,N,R,W,Yに関しては、英語では対応するVOICELESSはありません。
Hに関しては、英語では対応するVOICEDはありません。

☆↓ここで、全ての音素の音声が聞けます!是非聞いてみて下さい!
http://encarta.msn.com/encnet/features/dictionary/Pronounce.aspx?search=


☆↓こちらは、42Sounds(日本語でいう50音表みたいなもの)のサイトです。是非音を聞いてみて下さい!

http://www.jollylearning.co.uk/research.htm



このように、英語はVOICED(濁音)とVOICELESSが、美しく対応しているので、非常にシンプルでわかりやすくなっています。

中国語のように、「有気音」「無気音」という日本人にはややとっつきづらい区別ではなく、
韓国語のように「平音」やら「激音」やら「濃音」やらという日本人には全部同じに聞こえるような3種類の変化もなく、
スペイン語のように、Kに対するGや、Pに対するBは、単にVOICELESS、VOICELESSの関係だけでなく、口の動きまで変わってしまうということもなく、
シンプルです!


また、おおざっぱなアイディアは、
「子音編のまとめ」をどうぞ。


「日本人は、弥生時代からLとRの発音が区別ができなかった!」も見て下さい。



人<br />
気blogランキングへ

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:28 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1988





 

blog title S Blendsの注意点 August 7, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 S Blendsの注意点 

今日の話はちょっと細かいことです。

えばschoolをカタカナ読みすると、「スクール」。「su ku u ru」。


Sの後に「U」が入ってしまう。しかし!これは以前「母音の無声化」http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/07/post_22.htmlの欄でお話ししたように、一部の方言を除いて、日本語では、このUはちゃんとに発音されていない。(正確には無声化してる)よって、まるでUを発音してないかのように、英語人には聞こえるようだ。
だから、S Blendsはあんまり日本人に問題ない。

しかし!気をつけないといけないのは、日本語の場合、あくまで「無声化」してるだけで、口の形は「う」になっている。だからschoolの「S」の部分だけで、すでに「ウ段」のように、唇が丸くなってしまう場合がある!

しかし!英語の場合、「U」は入っていない。口が「ウ段」っぽく丸くなるのは、choo(発音はkoo)の部分からだ。Sの部分では、あくまでSだけなので、唇は丸くならない!Sの部分から丸くすると、超日本語っぽくなってしまう。(もちろんあくまでなまってるかどうかというレベルで、通じるかどうかには全く問題はない。)


今日のおさらい

S Blends の単語の時、

Sの時、唇を「ウ」の時のように

丸めないように気を付けよう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 9:05 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1158





 

blog title 3 letter S Blends August 5, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 3 letter S Blends 

お気づきかもしれませんが、L,R Blendsは、何かの子音の後につきます。SLとかPRとか、LとRが後になります。

逆にS Blendsは、Sが先に来ます。SKとかSTとか。

3 letter S Blendsは、まあこれらをミックスしたような感じです。

STR、SCR、SPR、SPL、STW等です。

例えば「ストレート」!日本語(東京弁)では、「トレ」が高くなります。「ストレート」

しかし英語では、straight、最初のstrは3letter S Blendです。STRで1セット!切り離してはいけません。
「SU?TO?RAIGHT」と言ってはいけません。TOにストレスを置いてはいけません!

「STRAIGHT」GHはサイレントだから、読みどおりにつづると「STRATE」です!!1シラブル!

「スプレー」はどうでしょう?東京弁のアクセントだと、「プ」が高いです。
「スレー」

しかし、英語は「SPRAY」。「SU?PU?RAY」ではない!「SPR」で1セット!ましてやPUにストレスを置いて、「su?PU?ray」ではない!!「spray」も1シラブル!

今日のおさらい、

日本語化されてる

3 letter S Blendsの

言葉は、特に注意しよう!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 3:43 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1093





 

blog title L-Blends R-Blends のワナ August 2, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 R.L.S-Blendsのワナ 

「クラブ(club)」と言ったが通じなかった。

という話を聞きました。

なぜなら日本語でクラブというと、「kurabu」だからです。

LとRの問題よりも、もっと大事なことがあります。

それはCとLの間に、あるはずのないUを加えてしまっていることです!本来CLで1セットなのに、間にUを割り込ませてる!

さらなる悲劇を生むのは、標準語の場合、「クラブ」というと、「ク」が高い!

あるはずのない余計なUを加え、さらにそこにアクセントが来る、そりゃ通じんわ笑。

英語はストレスは母音におかれるので、clubでは、U以外にストレスを置きようがない。

plug、plum、dress等どうでしょう?

日本語で「プラム」「プラグ」「ドレス」と言うと、
標準語の場合、「プ」「プ」「ド」が高いです。
なぜならPとLの間にあるはずもないU,
DとRの間にあるはずもないOを加えているからです。

PU?lum、DO?ress
これじゃちょっとわかりにくいですよね。

今日のおさらい、

日本語化してる単語で、

L,R-Blendsの含まれてる

ものは、特に注意しましょう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:59 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1058





 

blog title S-Blends 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 子音ブレンド S-Blends 

さて、tryを日本語だと、「トライ」、
TとRの間にOを入れてtoーryと言ってしまいますが、
trはセットだという話をしました。
RーBlends。

同じくplyも、pとlの間にUを入れてはいけません。
plはセットです。
LーBlends


今日はSーBlendsの話です。

sky、stay、spit、などはどうでしょう?

これは、日本人にとって(大阪南部の人を除く)超簡単です!

「skyは、SとKの間にUを入れてはいけない!」と思ったあなたはするどすぎる!もはや上級者です。
しかし!日本語の発音には、「無声子音にはさまれたイとウは規則的に無声化する」という特徴があります!
「無声化」についてはこちら→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/07/post_22.html

よって「suky」と仮に行っても、sとkにはさまれたUは無声化してるので、普通にskyになってしまうのです!

KやPやTのような無声(voiceless)子音とSの組み合わせは、超問題ないです!


snow、small、slow、swanなどはどうでしょう?
これらは、NやMやLが無声音ではないので、Uを入れないようにちょいと注意が必要です。でもそんなにむずかしくない。

今日のおさらい、

S?Blendsは、

Lーblends、Rーblendsに

比ぶれば、簡単。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:52 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1057





 

blog title 英語の拗音(みたいなシステム) July 29, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 超重要 拗音 


※関連するテーマ → 英語の語頭の子音同士の組合せはこれだけ!


日本語にこのシステムがあってよかった・・・。

日本語には小さい「ゃ ゅ ょ」があります。拗音です。
「びょういん」と「びよういん」の違いを私たちは子供のころ習いました。

「びょ」はbyo、1拍。

「びよ」はbi yo、2拍。

ウワサによると、昔は日本語には、「小さいワ行」もあったらしいです。「ぐゎ」とか。でも今は使いません。

英語は小さいヤ行、小さいワ行に加えて、(あえて日本語的な言い方をすると)小さいL行、小さいR行、小さいS行があるのです!

英語名では「L Blends」「R Blends」「S Blends」と言います!!

例えばL Blendsの例は、「blends」の「BL」です!

日本語で「みゃ」を「mi ya」と発音せず、「mya」と言うのと同じで、「blends」を、「bu lends」と言ってはいけません!「bl」で1セットと考えます。

日本語には「小さいラ行」とかはないので、ここはどうしても癖で間に母音を入れて1シラブル増やしてしまいがちです。気をつけましょう!

今日のおさらい、

英語の拗音はヤ行だけではない!

産直!ビジネス英語〔PowerEnglish〕産直!ビジネス英語〔PowerEnglish〕

投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:17 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/996





 

blog title 映画にも出てくる日本人のLR問題 July 18, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
又、今は子音編なので、他の子音を読みたい方は→「一目瞭然!子音一覧表」

また、この項目だけでなく、他の「母音」や「シラブル」等の大事な部分も見やすくなるように、ブログを整理していく予定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 映画にも出てくる日本人のLR問題 

映画にもでてくる日本人のLとR
「Lost In Translation」という映画で、日本人が、日本語を知らないアメリカ人に対して、英語をたくさんしゃべるシーンが出てきます。
しかし、ある日本人女性が

Rip them!(これを引き裂いて)

と言ったところ、

ip them???

と聞き返されていました。
そして、聞き返されてもLとRを間違えてることに気づかない点が、また笑えます。

さらに、
rat や Roger
を、

at??  oger??

と聞き返されていました。

前回、THを発音できないドイツ人の例を紹介しましたが、

やはり

「日本人の英語」=「LとRの区別ができない」

というレッテルを貼られているようです。(笑)
そしてこの、

聞き返されても、LとRを間違って発音してることに気づかない

という日本人の特徴も再現されています。これは結局、

「LとRの問題ですら、半分は理解が足りないのが原因」

ということです。日本であれだけLとRと騒いでいるにもかかわらず、「一体LとRとは何なのか?」という肝心な所を教えてもらってないからです。

と、まあ色々愚痴りましたが、
私の本音としては、これも「日本人のおちゃめな一面」として、ポジティブ見るのもいいんじゃないでしょうか?(笑)
CHをSHで代用するフランス人とか、VをWで代用する人とか、いろいろいますからね。

今日のおさらい

映画のネタになるくらい

日本人のLとRは有名。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:00 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2812





 

blog title 「巻き舌」はもう辞めよう 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????
 「巻き舌」はもう辞めよう 


「北米の英語は舌を巻く巻く・・・」

日本人の北米の英語に対するイメージはこうでしょう?
僕もそうでした。

日本人の英語の発音の最大の特徴のひとつ(僕も昔やっていた涙)、やたらめったら舌を巻きながらしゃべる!!
これは特に「発音を治さなきゃ」と意識してる人に見られる傾向のようです。

やたらめったら舌を巻くと、たしかに私たちには、それっぽく聞こえる。でも、実際は、残念ながら、ぜんぜんそれっぽくないどころか、むしろ発音が不明瞭になり、かえってわかりにくくなってしまうのです。

カナダや、多くのアメリカで話されている英語は「RHOTIC方言」と呼ばれるもので、「つづりに出てきたすべてのRをつづりどおりに発音する」ものです!!「つづりどおり」という点で、日本人には非常にとっつきやすい!(←僕の意見)

イギリスや一部のアメリカでは、Rを読まなかったりする。

例えばCAR、OR、AIRは、北米では「カール」「オール」「エール」のように、そのままだが、
イギリスでは、「カー」「オー」「エー」みたいに、Rを読まない!!

北米人が舌をやたら巻いてるように聞こえるのは、単純に、Rを発音する頻度が高いだけの話!
Rの発音は、日本人にとってあんまりなじみがないので、ちょっと妙に聞こえて、やたら舌をまいてるような錯覚をおこしてるだけ。

ふつうにRが出てきたところだけRを忠実に発音して、ないとこでしなければ、あたかも「やたらめったら舌を巻いてる」という日本人のイメージどおりの発音になっている!!

前に書いたIDEAとかOLIVIAとか、長い単語に一度もRがでてこないと、日本人はつい不安になって「どこかで舌をまかないと!!」と思って IDEERとかOLIVIERみたいに発音してしまうが笑、Rがなければ発音しなくていい!!
Rを発音するには労力がいるので、無理して発音することないんです!!

今日のおさらい、

やたらめったら舌を巻くのは

もう辞めよう

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:48 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/894





 

blog title LとR 練習&考え方 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????
 LとR 練習&考え方 


はじめに LとRは一番人気のテーマなので、お手数ですが、どうか順番どおり一番下の古い記事からお読みください。

LとRの単語練習と考え方

 口の動かし方等に関するサイトや本は、日本人向けのも良いのがたくさんあるので、ここでは発音法というよりは、むしろLとRに関する「認識」について語ります。

単語の頭のLとR

前に述べた「舌をちょいと噛む」方式で、次の単語を発音してみよう。

light、lice、loom

「舌を口の天井につけない」方式で、次の単語を発音してみよう。

right、rice、room


単語の終わりのLとR

例えば「pop」の最初のPと終わりのPは同じですか?
と質問したら、多分ほぼ日本人は全員「同じ」と答えるでしょう。

では「roar(吠える)」の最初のRと最後のRは?
と質問したら、怪しいんじゃないですか?
っていうか、実際違う発音をしてる人が多いと思います
最初のはより日本語の「ラ行」に近く、終わりのはより「あー」に近く。

しかし、カナダ人に同じ質問をすると、「同じ」と答えます。
ネイティブが「同じ」というんだから「同じ」なんです!
「pop」の2つのPや、「kick」の2つのKと同じ発想。


「loll(垂れる)」はどうでしょう?
これも同じ発想です。
日本人はよく最後のLを「お」で代用します。例えば「マイケル」を「マイコー」のように。
個人的に僕はその方法は好きですが笑、
あくまで、「つづりがLなんだから、どこに来てもL」というシンプルな発想を持ってもらった方が、この先、発音の習得が楽になります。

ちなみに「none」の最初のNと最後のNは?
これも以前述べたようにhttp://eegonoyomikata.blog48.fc2.com/blog-entry-15.html同じです!最後のNは「ん」ではない。


まじめな発音学では、英語の語の終わり等のLは、舌の奥の方がもちあがり、少し「う」だか「お」だかに近い響きを持ち、「dark L」と呼ばれていますが、僕の意見としては、まずはそんなことを気にするより、Lが出てきたらつづりどおりちゃんとにLを発音する癖をつける方がはるかに大事です。

以下の単語を発音してみよう。

are、fear、poor

all、feel、pool


今日のおさらい、どの位置に現れようが

LはL、RはR、SはS、MはM、NはN!

超シンプル!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:44 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/893





 

blog title LとRに関する意識の問題 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????
 LとRに関する意識の問題 

はじめに LとRは一番人気のテーマなので、お手数ですが、どうか順番どおり一番下の古い記事からお読みください。

日本人のLとRは発音法より意識の問題

興味深い事実に気づきました。

カナダにいる日本人に、LとRを単独で発音してもらうと、なんと以外にできる人が多い!!(100%じゃないにしても、十分L、Rと認識できるレベル。)

しかし、実際に会話の中だと、なぜかそのせっかくの技術をあんまり活用していない!!

よくあるケース

例えばruleとかが、(あるカナダ人が言ってたけど)、LとRが逆になって、lureになってたり、

ideaのように、どこにもRがないところで、「ideer」みたいに言ったり、

Oliviaという人のこと、「Olivier」みたいに呼んだり、

又、carがcurのようになっていたり。

つまり、日本人はLとRの「発音法」よりも、「どこでその発音を使うか」ということが、いまいちよくわかっていないのではないか、ということがわかってきた!!


単純に、carとかroomとか、RがつづりにあるところでRといえばいい。ideaのようにRが無かったら言わなくていい。

単純に、rightの時はR、lightの時はLと言えばいい。ruleは同じように、最初はR、最後にLと言えばいい。

それだけの話だ!
「ひらがなでラ行の文字がでてきたらラ行」というのと全く同じ!ラ行の無いところでラ行は発音しない!


「そんなのわかりきってるよ!!」って思うかもしれません!

しかし、なぜかこのわかりきってることが以外に英語においては見落とされがちなのです!!!そこがまさにこのブログのメインアイディア!!


また、Rに関しては「AR」「OR」「ER,IR,UR」の読み方という、R専用のルールがあります。これを覚えなくてはいけません。
これはまたおいおいにやっていきます。


今日のおさらい、つづりを見て

RがあるところではRをしっかり読む。

LがあるところではLをしっかり読む。

無いところではこれらの発音は使わない

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:40 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/892





 

blog title Rを2分で習得しよう! 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 Rを2分で習得しよう! 

はじめに LとRは一番人気のテーマなので、お手数ですが、どうか順番どおり一番下の古い記事からお読みください。

Rを2分で習得しよう!

 北米英語にはよく出てくるR。Lを「1分」、Rを「2分」と書いたのは、Rの方がやや発音するのに労力がいるからです。

まず日本語で「らりるれろ」と言ってみよう。
あなたの舌は、口の天井をタッチしていることがわかるはずです。

これを、口の天井をタッチする前に寸止めして、タッチせずに「らりるれろ」と言ってみよう!

これでRはほぼ完成だ!!これだけで十分Rに聞こえる。

さらに美しいRを目指すなら、「ワ行」を言う時のように、口を丸めてみよう!
この口の丸めが美しさを増す!
※ただし、ワ行ほど丸めない。あんまり丸めすぎると美しくない。

Rのレッスン終了!超簡単!!

この方法もことごとく日本人に成功した!!

今日のおさらい、舌が口の天井を

タッチしないにして「らりるれろ」と言う。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:35 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/891





 

blog title Lを1分で習得しよう 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????
一目瞭然!英語の子音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

  Lを1分で習得しよう

日本人が大嫌いなLとRを、さっさと終わらせましょう。そして次に移ろう。

Lを1分で習得しよう!

 カナダ人の間で、日本人がLを言えないことはもはや有名です。
そんな汚名を返上しようじゃないか!

 舌を軽く噛みながら「らりるれろ」と言ってみよう!
 
 それがLの発音だ!!

 舌を軽く噛みながら、ナウシカの「らん、らんらららんらんらん♪」という歌を歌ってみよう!

 君はもはや英語なまりのlalalala式の歌い方になっている!

Lのレッスン終了!!超簡単!! piece of cake!!

Lが苦手な日本人の友人たちにこの方法をためしてみたが、ことごとく成功した!!It works!!

※実は舌を噛む式のLの発音法は、むしろドイツ語スペイン語式だ。英語ではそこまで舌は外に出ていない。しかし、まったく問題ない。日本語のラ行等より100億倍いい。


今日のおさらい、 Lの時は舌をちょいと噛もう

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:33 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/890





 


検索



最近のエントリー
tやdを無解放でいう場合は、batとbadのどの要素が音韻的な差になるんでしょうか
badとbatの聞き取りは 8〜9割型は文脈類推でしょうか?
「後続子音が有声無声かで母音の長さが変わる」と有りましたが、英語では伸ばす伸ばさないの区別はないのでは?
quick等、QとUはいつもセットなのか?発音はいつもkwなのか?
語末の破裂音(b,p,t,d,k,g)が聞こえなくなるのはなぜか?
ストレスのない所で、ci を sh と発音する
LとRの舌が動くタイミング2
RとLの舌が動く(離される)タイミングについての質問
北米英語にデュ、ニュの音は無いのか?
「ストライク」「ストライキ」のように語末の子音のカタカナ表記が一貫してなくて混乱

アーカイブ
January 2020
February 2015
November 2014
October 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
December 2011
March 2011
February 2011
January 2011
September 2010
August 2010
July 2009
May 2009
April 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
January 2006

テーマ
1. はじめに
2. 日本語の発音 vs. 英語の発音
3. シラブルとは一体?
4. 母音にまつわる話
5. 子音にまつわる話
6. 発音記号の知られざる落とし穴
7. Diary

最近のコメント
tやdを無解放でいう場合は、batとbadのどの要素が音韻的な差になるんでしょうか
 └ 管理人 (03/16)
 └ Kenta. A (03/18)
 └ 管理人 (03/18)
 └ Kenta. A (03/19)
 └ 管理人 (03/21)
badとbatの聞き取りは 8〜9割型は文脈類推でしょうか?
 └ Kenta A. (01/19)
 └ Kenta A. (02/01)
 └ Kenta A. (02/08)
 └ 管理人 (02/18)
 └ 管理人 (02/19)
「後続子音が有声無声かで母音の長さが変わる」と有りましたが、英語では伸ばす伸ばさないの区別はないのでは?
 └ Kenta A. (01/01)
 └ Kenta A. (01/06)
 └ Kenta A. (01/12)
 └ 管理人 (01/14)
 └ 管理人 (01/14)
quick等、QとUはいつもセットなのか?発音はいつもkwなのか?
 └ quest (06/29)
語末の破裂音(b,p,t,d,k,g)が聞こえなくなるのはなぜか?
 └ 管理人 (08/17)
 └ 管理人 (08/17)
 └ 管理人 (08/17)
 └ Kenta Amanuma (10/23)
 └ 管理人 (11/02)
ストレスのない所で、ci を sh と発音する
 └ quest (06/09)
 └ 管理人 (06/19)
 └ quest (06/21)
LとRの舌が動くタイミング2
 └ 通りすがり (06/15)
 └ 管理人 (06/19)
RとLの舌が動く(離される)タイミングについての質問
北米英語にデュ、ニュの音は無いのか?
「ストライク」「ストライキ」のように語末の子音のカタカナ表記が一貫してなくて混乱
butのt等のように、単語末の子音の発音の仕方がわからない
 └ 羊令 (05/21)
 └ 管理人 (05/30)
 └ paruru0926 (06/13)
 └ 管理人 (06/19)
 └ 管理人 (06/20)
chとjは、発音記号2つで書かれているが、英語ネイティブにはts等と同じように2つの子音という認識なのか?
日本語のラ行音について
cit-yと区切って発音しても、ci-tyでも、つなげれば同じ?
英語のLの発音で「舌先を上の歯の裏につけ」てるのに、Rに聞こえてしまう
R以外の子音や母音の口の動きも説明してほしい
Rの発音練習をする時の注意点
birdの聞き取りも発音もできるけど、意味がわからない。
Z、ZH、Vの発音を音声付で説明
 └ じゃんびー (04/19)
 └ 管理人 (04/22)
語末のR習得の裏ワザ!
「LとR」「子音終わり」は、弥生時代から日本人を苦しめていた??
 └ 小山 (08/05)
 └ 管理人 (08/06)
 └ 小山 (08/23)
子音編まとめ(簡潔に)
子音編まとめ
ありえない子音の組み合わせ2
ありえない子音の組み合わせ
ドイツ人もTHが苦手
 └ ナレコム (03/12)
「英語のtの発音」をKiroroの歌から学ぼう
 └ 管理人 (05/17)
 └ Rena (05/18)
 └ 管理人 (05/22)
 └ Rena (05/24)
 └ 管理人 (06/23)
Kiroroの歌から学ぼう。
Kiroroの歌から学んだこと
日本語のガ行鼻濁音
いつガ行鼻濁音になるのか?
SINGERとYOUNGERの発音の違い
”N”がGとKの前に来ると
SQUASHの読み方
 └ U.H. (03/03)
 └ 管理人 (03/15)
カナダの旅行者用のパンフは、わざとWを抜いている
子音とWの組み合わせ
 └ 管理人 (08/29)
 └ あずき (09/05)
 └ 管理人 (09/11)
 └ Bon-Bon (08/04)
 └ 管理人 (08/04)
ワ行ヤ行の盲点!!
英語のNは「ん」にはならない!
18と80のよくある間違った発音の区別のしかた
 └ きょうのらん (05/09)
 └ きょうのらん (05/10)
 └ 管理人 (05/13)
 └ きょうのらん (05/13)
 └ 管理人 (05/16)
Tがラ行のようになるというが?
TとCHの混同、DとJの混同 発音練習してはいけない。
 └ pp (05/14)
 └ 管理人 (05/16)
なぜローマ字で「ふ」をFUと書くことがあるか
 └ 管理人 (12/31)
 └ 小山 (12/31)
 └ 管理人 (01/03)
 └ 小山 (01/06)
 └ 管理人 (01/06)
H(ハ行)で気をつけること
英語のSHと日本語のシの音色
SとSH等の間違った例
SとSH、ZとJとZH等で混乱しやすい単語
 └ U.H. (01/29)
 └ 管理者 (01/30)
 └ U.H. (01/30)
 └ 管理者 (01/31)
SHEとSEEが苦手な2つのタイプ
SHEとSEE
SとSHの発音練習をさせてはいけません。
THを発音しなくていい単語
THはいつ濁っていつ濁らないか
 └ HN (04/25)
 └ HN (04/26)
 └ 管理人 (04/26)
 └ 管理人 (04/26)
THの濁らない方の注意点
THの濁る方の注意点
ふたつのTHの発音
CARとCARDの複数形
 └ 小山 (09/28)
 └ 管理人 (10/02)
 └ 小山 (10/02)
 └ 管理人 (10/05)
日本語のヂとジ、ヅとズの違い
 └ ハチ (12/27)
 └ 管理人 (01/15)
見落とされがちなZの発音
 └ U.H. (01/26)
 └ 管理者 (01/27)
実は曲者、JとZHの発音!
 └ さい (01/03)
Vのつづき2 (Fからの導入)
Vのつづき(Voicedの練習)
 └ みいちゃんママ (12/07)
 └ 管理人 (12/18)
 └ リズ (01/07)
 └ リズ (01/07)
 └ 管理人 (01/10)
Vの発音
子音一覧!アメリカ英語編
 └ 小山 (08/25)
S Blendsの注意点
 └ Setaceau (04/13)
 └ 管理人 (04/14)
3 letter S Blends
 └ amaya (08/06)
L-Blends R-Blends のワナ
S-Blends
英語の拗音(みたいなシステム)
映画にも出てくる日本人のLR問題
 └ みかん (10/04)
 └ 管理人 (10/12)
 └ みかん (10/13)
 └ 管理人 (10/18)
「巻き舌」はもう辞めよう
LとR 練習&考え方
LとRに関する意識の問題
Rを2分で習得しよう!
 └ yuto (05/23)
 └ 管理人 (05/31)
 └ Mana (12/09)
 └ 管理人 (12/19)
Lを1分で習得しよう

最近のトラックバック

ブックマーク
フォニックスの全て
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
こども英語教育エッセイ

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ