英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく! 英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく!
英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく! more


メイン
blog title アクセント(ストレス)の位置を接尾辞から知ろう! February 7, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)
Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの目玉 一目瞭然 アメリカ英語の母音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
英語に無い発音リスト / ストレスとは?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
 ストレスの位置

英語はストレスの位置によって、母音の読み方が変わるので、ストレスの位置を間違えると通じません。

英語のストレスは、決して日本語のように「その部分を高くする」ことではなく、「読み方」が大事になります。→ストレス

ですが、英語と日本語に共通するのは、ストレスの位置は単語によりけりというややこしい点です。初めて見た単語は困ります。

日本語でも、地名など初めて見た単語は、どこにアクセントをおいていいか分からないことがありますよね?

そこで、いくつかのルールをまとめてみました。



★ 以下の接尾辞の1つ前シラブルにストレス

● -ity
e.g. aBIlity acTIvity (大文字の部分にストレスが来る。以下同じ)

● -ic
e.g. acaDEmic athLEtic

例外: LUnatic POlitics

● -ical
e.g. MEdical eLEctrical

● -ify
e.g. BEAUtify SIMplify

● -ia
e.g. cafeTEria encycloPEdia

● -ial
e.g. artiFIcial confiDENtial

● -ible
e.g. acCESsible irreSIStible

● -ion -tion -sion
e.g. oPInion expecTAtion exPANsion

● -ional
e.g. adDItional interNAtional

● -ian
e.g. AustRAlian poliTIcian

● -logy
e.g. aPOlogy psyCHOlogy

● -graphy
e.g. autobiOgraphy phoTOgraphy

● -ium
e.g. CALcium MEdium

● -ual
e.g. indiVIdual PUNCtual

● -ysis -esis
e.g. aNAlysis paRAlysis

● -ient -ience iency
e.g. conVEnient conVEnience CONscience

● -inal
e.g. CRIminal meDIcinal

● -omy
e.g. eCOnomy auTOnomy

● 2シラブルで発音される -ious -eous uous
e.g. amBIguous COURteous GLORious

● 1シラブルで発音される -ious -eous -uous
e.g. amBItious couRAgeous


★ 以下の接尾辞の2つ前シラブルにストレス

● -tude
e.g. ATtitude GRAtitude

● -ize ise
e.g. ADvertise aPOlogize

● -graph
e.g. PHOtograph AUtograph

● -ist
e.g. eCOnomist SPEcialist

● -ous
e.g. adVENturous TREAcherous

● -ate 形容詞と名詞で、発音は it のもの
e.g. GRAduate SEparate

● -ate 動詞で、発音は ate のもの
e.g. apPREciate SEparate


★ 接尾辞そのものにストレス

● -eer
e.g. engiNEER volunTEER


もちろんこれら全てを覚えるのは大変なので、徐々に覚えていけばいいでしょう。

こちらもご覧ください→ ストレスの位置を知るには

参考文献:Syllable Stress (Howard B. Woods, Public Service Commission of Canada)

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:22 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4558





 

blog title 英語発音の通説を見直そうシリーズ August 19, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

英語発音に関する通説を見直してみようシリーズ 


英語の発音に関しては、日本で色々なウワサが飛び交っています。

「微妙に違う発音」だ、「複雑」だ、「あいまい」だ「日本人には絶対できない」だ、、、、

これらの発祥の地は、決して発音の専門家ではなく

発音ルールをちゃんとに教えてもらえなかった学習者が、

頑張って悩んで挫折して、現実逃避しているだけです!!

英語に「微妙に違う発音」なんて、ありません!

普通に音韻論的に考えて、あるわけがない!

ちょっと冷静になれば、それにすぐ気づくでしょう。


通説について、もう一度冷静に考えてみましょう!

現実逃避してるみなさん、戻ってきて!!


1.日本語の発音は単純。英語の発音は複雑。

2.英語には、日本語に無い発音があるから難しい。

3.日本人はLとRとTHが苦手。

4.英語には微妙な違いがたくさんある。

5.日本語は音の数が少ない。英語は多い。

6.日本人の英語は、他の国の人の英語よりわかりにくい。


カナダでも、花火をやります。
毎年恒例、バンクーバーの花火大会。

英語発音用 fireworks


 


投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:01 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3854





 

blog title 疑問文の時の音程 March 31, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog.

When you first came here, please go to the INTRODUCTION(このブログの目的.
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 疑問文の時に、音程はどうなる?

★日本語の場合(東京)

「食べる?」

と言ってみて下さい。
本来「食べる」のアクセントは、
「中高型」で「べ」が高いです。
日本語のアクセントのシステムについて詳しくは
日本語のアクセント

これを疑問文にしたところで、
アクセント(音程)は変わらない。つまり、以前として「ベ」高くて、「る」は低くなる!! 
そして、最後に「る」をちょっと伸ばして、疑問文調のイントネーションにする!

みたいに。

たとえ疑問文でも「音程」はアクセントのルールどおり!

★英語の場合

Difficult?

と言ってみて下さい。
ストレスは1つ目、DIFにつきます。
だから、まあ普通に言えばDIFが、他よりやや高くなることが多いでしょう。

しかし!
疑問文調にした場合、音程は、普通CULTの部分が高くなります!

もちろんストレスはDIFに置かれたままですが、
音程はDIFの部分が一番低い!!

これが、
「日本語のアクセントでは音程が大事」
「英語のアクセントでは音程はそれほど大事じゃない」
証拠です。

以前、18(EIGHTEEN)と言ってるつもりなのに、毎回80(EIGHTY)だと思われると悩んでいた人の話をしました。
その記事はこちら→18と80のよくある間違った区別の仕方

本人は

エイティー

と「ティー」の部分を「高く」して、80との区別をしようとしていましたが、
高い低いの区別は、英語では重要ではないので、彼らにとっては別に違ってるように聞こえないのです!!

今日のおさらい

疑問文調のイントネーションでも、

日本語だと単語のアクセントの

高い低いはそのまま。

英語では、ストレスのあるとこが

高くなるとは限らない。

低いこともしばしば!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:58 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2958





 

blog title つづりどおりに読む場合もある March 30, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog.

When you first came here, please go to the INTRODUCTION(このブログの目的.
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 つづりどおりに読む場合

前回からの続きです。今日初めて来ていただいた方は、お手数ですが、少し前から読んで下さい。

実は、BEHINDをビハインドと言う場合もあります。

又、よくつづりを超意識する場合は、ストレスのない所でも、ちゃんとに読むことがあります。
例えばSTATIONを、「ステイ、シー、アーヌ」みたいに。

これは、日本語でたとえるなら、
「映画」とか「東京」とかを、
実際の発音だと
「ええが」「とおきょお」だけど、
1文字1文字強調する場合、
「え、い、が」「と、う、きょ、う」
ということがありますよね。
こんな感じだと思います。

だけど、「えいが」と言うと、ちょっと不自然です。
「ええが」の方が自然です。

英語でも、やっぱり、ストレスの無い所は「音読みU」(前回参照)にした方が、聞こえがいいそうです。

今日のおさらい

つづりを強調する場合は、

ストレスのない所でも、

つづりどおりに読む場合もある。

でも、会話の中では、

音読みUにした方が自然。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:11 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2942





 

blog title 「ア(U)」と読む勇気をつけるために March 29, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog.

When you first came here, please go to the INTRODUCTION(このブログの目的.

主要なページにだけ、BGMを付けて、ちょっとだけパワーアップしました!(小生の作曲です笑。MIDIなので音質はイマイチですが。)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ア(U)」と読む勇気をつけるために 

あなたはつづりがEでもIでもOでもア(音読みU)と読む勇気がありますか?

「音読みU」については→「一目瞭然!!母音一覧表」(このページにはBGMをつけました。)

以前BEHINDを「バハインド」と読むことを話しました。
何人かの日本人に話したら、数年カナダにいる人さえ、
「そんなの聞いたことない!」
とかなんとか、そういう反応で、超疑ってました。

いえ、聞いたことがないはずはありません。本当に聞いたことがないのではなく、「カタカナ英語の呪い」のせいで、脳に妙なフィルターがかかって、あなたは「」を聞いているだけです!!

実際、そう話してるそばから、テレビのニュースキャスターが、おもいっきり「バハインド」と言って、みんなびっくり仰天!!

では、こないだの「英語の先生になりたい人」のため用の教科書から、もういちど引用させて下さい!

Avery, P.,Ehtlich, S.(2003)Teaching American English Pronunciation: Oxford University Press 64ページ以下

Pay attention to the unstressed a, e, i, o, and u: `atlas', `college', `promise', `purpose', `lettuce'. The vowel sound that you use in the unstressed syllables is called schwa.
(中略)
In general, unstressed vowels in English are pronounced as schwa and, because of this, the schwa is the most frequently occuring vowel sound in English.
(中略)
ESL students, generally, have to be taught explicitly to reduce unstressed vowels to schwa.
(中略)
All native speakers of Standerd English (including the Queen of England, the Prime Minister of Canada, and the President of the United States!) use schwa. Furthermore, the speech of your students will be more natural and easier for others to understand if they can master the use of schwa.

つまり、
つづりがAでもEでもIでもOでもUでも、ストレスがないとこは全部ア(口をあまりあけないア。音読みU)になる。これは「SCHWA(シュワー)」という。
だから、英語にはこの音が超頻繁に出てくる。
ネイティヴはみんな、女王も首相も大統領も、みんなそう発音してる。
英語学習者も、そう発音すれば、より自然に、しかもよりわかり易い英語になる!!

ということです。

特に最後のとこが重要です!!

さあ!勇気が胸の底から泉のように湧き上がって来ましたか?

今日のおさらい

カナダのハーパー首相も、

アメリカのブッシュ大統領も、

ネイティヴはみんな

ストレスのないとこは

「ア(音読みU)」と発音する。

あなたもそう発音すれば

よりわかり易い英語になる。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:26 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2936





 

blog title 「ストレス」と「読み方」の関係の理解には「勇気」が必要!! March 27, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、INTRODUCTION(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「ストレス」と「読み方」の関係

実は、これについては以前書きましたので、そちらをご覧になっていただきたいと思いますが、念のため。

このブログで、英語の母音は
「訓読み(アルファベット読み)」が5個、
「音読み(もう一つの読み方」が5個、
「2文字の母音」が5個、
そして、サイレントEがあったらどうたらこうたら・・・と口をすっぱくして言ってきましたが、
一目瞭然!母音一覧表

これらのルールにしたがってつづりどおりに読まないといけないのは、
主にストレスのある母音だけ」です!!

あとは、つづりがAでもEでもIでもOでもUでも関係なく、たいてい「音読みU(ア)」と言えばいいんです。超楽!!

詳しくは
最重要事項!すべての母音が「ア」になるルール!!
をご覧ください!

「音読みU」を発音するのは超簡単。

問題は、日本の中学や高校の英語の授業では、まわりの生徒も、下手したら先生でさえ、このルールをつかわず、Eはエ、Iはイみたいに読んでしまいます。
それを3年(高校を出た人なら6年)聞き続けてきた人にとって、
EやIを「ア」と読むのには、めちゃめちゃ勇気がいります!!

大切なのは勇気!!

BEHIND(後ろ)を「ビハインド」ではなく「ハインド」と読む勇気がありますか?

HOLIDAY(休日)を「ホリデイ」ではなく「ホデイ」と読む勇気がありますか?

ネイティブはそう言ってます!!
ネイティブにはそれが普通です!!

あなたはきっと臆病風にふかれ、BEHINDのBEを、「ビ」と「バ」の中間くらいの発音にしてしまうかもしれません。

僕も最初は臆してました。でもどんなに恐くても、中間の音とかを作って逃げてはいけません!

あなたは日本語で、 例えば「間髪を入れず」が、「かんはつ」なのか「かんぱつ」なのかわからなかった場合、もしかしたら「かんはつ」とも「かんぱつ」とも聞こえるような聞こえないようなあいまいな発音をしたりした経験があるかもしれません。
しかしそれは「逃げ」です!!

さあ、勇気を出して、ハッキリ「ア(音読みU、口をあまり開けないア)」と言いましょう!!
あなたは正しい!
まちがっているのは、あなたの周りの日本人です!!

次回もっとあなたを勇気づけます!

今日のおさらい

ストレスのないところを

つづりに関わらず「音読みU」

このルールは、超簡単だけど、

こんなルール夢にも思わなかった人にとって

必要なものは

「カタカナ英語に立ち向かう勇気」!!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:20 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2921





 

blog title 「長さ」と「強さ」について March 25, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「長さ」と「強さ」について

前回も、関連サイトを貼りましたが、「日本人の書いた記事ではイマイチ信用できない」という方もいるかもしれません。(実際そういう友人がいました笑)

じゃあ、これならどうだ!!

Avery, P.,Ehtlich, S.(2003)Teaching American English Pronunciation: Oxford University Press 63ページ

Stress involves making vowels longer and louder. When teaching students about stress in English, it is a good idea to exaggerate both of these properties. This is because in many other languages, stress involves simply making vowels louder or saying them at a higer pitch.(中略)stressed vowels are both lo-o-o-onger and louder.

137ページ

Japanese is what is termed a pitch accent language. In pitch accent languages the primary indicator of accent (stress) is pitch. Recall that stressed syllables in English are marked primarily by length and loudness. Because English and Japanese mark stress in different ways, Japanese speakers may have difficulty both producing and perceiving the characteristic stress patters of English.

すなはち、英語は「長さ」と「強さ」が大事。
日本語は「高さアクセント」なので、「高さ」が大事。日本語と英語では、ストレスのシステムが違うので、日本人がこれを理解するのは難しいやもしれん、ということです。

日本人も、英語話者も、同じ内容のことを書いてます!!

★「長さ」について

日本語は「ビル」と「ビール」のように、長さを変えますが、英語は長い短いの区別はない。

詳しくは、ここに書きました!
のばすのばさないシステム

にもかかわらず、多くの日本人が「英語にものばすのばさないシステムがある」と勘違いしてしまう理由は、「カタカナ英語の呪い」の他にも、
英語はストレスの置かれる部分が、置かれない部分よりも2倍から時には8倍もの長さになるという点です!

長さに敏感な日本人は、これを「のばしてる」と思ってしまうのです。「日本語の呪い」です。

逆に、ネイティブは、あんまりストレスのある部分が長くなってることも意識してないようです。彼らは「長さ」に敏感ではないのです。

そして、この「ストレスのある部分を長く発音する」ことによって、「英語らしいリズム」が生まれます。

★「強さ」について

「強さ」というのは、「息の強さ」と言われています。

これもこちらに書きました。
「気音」をKiroroの歌から学ぼう

では、次回もっと大事な「読み方」をやります。

今日のおさらい

英語では、

ストレスのある部分は

長さが長く

息の強さが強い。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:43 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2910





 

blog title 英語のストレスは、日本語とは全く違う! 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。

→ 接尾辞によるストレスの位置早見表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 英語の「ストレス(stress)」とは何ぞや?


多くの日本人が超勘違いしてる点は、英語の「ストレス」は、日本語と同じように、ストレスのある部分を「高く」することだと思っているところです。


これまでやったように、日本語は「ピッチ(高さ)アクセント」システム。
このシステムでは「高さ」を変えるが、「高さ以外は何も変わらない」ところがポイント!!
よって、「高さ」を必ず変えないと、アクセントの位置がどこだかわからなくなってしまう。


これに対して、英語は「ストレスアクセント」というシステム!


英語の「ストレスアクセント」では、
「高さ」の他にも、
長さ
強さ
さらには「読み方
まで変わってしまう!!!

いや、実際「高さ」は変わらないことも多い。
他にも色々な要素があるので、別に「高さ」を変えなくてもストレスの位置は分かるからです。
英語がフラットなのはこのためです。


日本人は(僕もそうですが)ついいつもの癖で、高さを大きく変えてしまいがちですが、これだと「日本語っぽい英語」に聞こえるそうです。


英語がフラットというのが、どうしても信用できない方、こういうサイトがあります。

http://www6.ocn.ne.jp/~tll/take_eng/t_eng04.html
http://www.shoin-u.ac.jp/information/curriculum_137.html


日本語は「長短の区別」があるため、アクセントによって「長さ」を変えることはできません!「読み方」も変えません。


だから、日本人にとって特に重要なのは、英語では「読み方」が変わる点です!


それぞれについて、次回詳しく説明します。

余談ですが、これを先日ある友人に話したら、「5つの母音にそれぞれ2通りの読み方がある云々(カテゴリーの「母音にまつわる話」参照)」もめちゃめちゃ感動したが、それ以上に、この「ストレス」の話に感動したと言ってました。笑


今日のおさらい

日本語はアクセントの位置によって、

「音程」だけがかわる。他は何もかわらない。

それに対して英語は、

「長さ」「強さ」「読み方」が変わる。


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:38 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2909





 

blog title (ちょっと休憩)日本語の早口言葉に挑戦! March 24, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)


 ちょっと休憩


早口言葉に挑戦しましょう。
Let's try a tongue twister!!

これまで日本語のアクセントの話をしてきましたが、
「頭高型、中高型、尾高型」
これ、言いにくくないですか?

さあ、スムーズに言ってみましょう!!

あたまだかがた、なかだかがた、おだかがた

あと、先日誰かが会話してた時、

「手術」が「しゅじゅちゅ」になったり、

「出力」が「しゅちゅりょく」になったり!

さあ、スムーズに行ってみましょう!!

しゅつりょくしゅじゅつ (意味無し!笑)

日本語にも日本人にでさえ発音しにくい言葉はたくさんあるが、
ルールがわかってるので、発音を間違えたことが自分で分かる。

英語も、ルールを知ってれば、同じように発音を間違えたことが自分でわかる!!これは大きい!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:26 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2901





 

blog title 「彼氏」のアクセントは頭につけるんだ!! March 23, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「彼氏」のアクセント、「花」と「鼻」のアクセント 

前回のつづきです。

★「彼氏」のアクセントについて

※東京方言の話なので、他のアクセントの方、ごめんなさい。

彼氏」のアクセントは、本来「か」が高くて、「れし」が低いです。
(頭高型です。)

それを、ちかごろの若いもんは、「か」を低く「れし」を高くする傾向があることが以前話題になりました

れし → かれし

これを「尻上がり」とかそういう風に言われていましたが、

これは、「平板型」のアクセントです。
前回書いたとおり、「平板型」は、1文字目だけ低く、2文字目以降全部高く、次に「が」とか「の」とかが続いてもそのまま高いのです。

詳しくは前回参照。

「かれしが」と、平板型(尻上がり調)で言ってみると、「が」の高さが変わりません。これが平板型のアクセントです。

最近は、多くの単語が「平板型」で発音される傾向があるそうです。

★「花」と「鼻」のアクセントについて

では問題です。「花」と「鼻」のアクセントはどうちがうでしょう?

「え?同じじゃないか?」
と思いますか?

そう、単独だと同じなんです。両方とも「は」が低く「な」が高い。

では「花が」「鼻が」と言ってみてください!

「花が」は、「が」は低くなる。

これは「尾高型」です。2文字目以降全部高く、次の文字は下がる。

「鼻が」は、「な」と「が」が同じ高さ。
なが
これは「かれしが」と同じ「平板型」です。2文字目以降全部高く、次の単語もそのまま高い。

★「木」と「気」

「木がある」「気がある」と言ってみてください。

「木が」だと、「が」が低い。これは「頭高型」。1文字目が高いから。(ってゆーか「き」は1文字しかない。)

「気が」だと、「が」が高い。これは「平板型」。1文字目が低く、2文字目以降全部高く、次の単語も高い。

ネイティブ日本語話者は、このように頭で普通考えないけど、アクセントを間違えずに話しています。
でも、こうやってルールがわかるとおもしいでしょう!

そして、日本語のルールを知ることによって、他の言語を勉強した時に、混乱をふせげます。そして、つい癖でうっかり日本語風の発音をしてしまったとき、自分で気づいて治すことができます!これは大きい。

日本語のアクセントについての関連サイトです。

http://environ.shudo-u.ac.jp/~nakasono/accent.htm

今日のおさらい

「彼氏」は、

最近「平板型」で発音される傾向がある。

「鼻」「気」は平板型

「花」「木」は起伏型(尾高、頭高)

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:35 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2893





 

blog title 日本語(東京方言)のアクセント March 22, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本語のアクセントの法則

前回のあらすじ

日本語は「高さアクセント」なので、フラットなはずがない!
実際、日常会話の英語と日本語を聞き比べると、明らかに日本語のが高低差がはげしい。(ここでの話題は、身ぶり手振りの大きさのことではない。)

そこで、今日は東京アクセントのベーシックなルールをさらっとやります。
聞きなれない言葉が出てきて頭痛を起こしそうだったら、てきとうに流して、具体例だけでも見て下さい。

あと、大阪弁等、他のアクセントの方はごめんなさいm(__)m

日本語のアクセントには「平板型」と「起伏型」がある。

1:平板型(へいばんがた)

基本的に、1文字目だけ低くて、2文字目以降は全部高い!さらに次につづく単語も高い!
つまり2文字目以降次の単語まで全部同じ高さ。

例:かざむき、パソコン、さかな、くじゃく、すずめ、にわとり、かもめ、はくちょう、と、、、、、、

上の言葉のあとに、「にわとりが」のように「が」をつけてみてください。「が」の高さが変わりません。
しかし、「平板」とは言っても、たいてい1文字目だけは低いのがポイント。

2:起伏型(きふくがた)

起伏型は、文字通り「起伏」がある。細かくわけると下の3種類。

2?A:「頭高型(あたまだかがた)」

1文字目だけ高くて、2文字目以降全部低い!高い→低い

例:ラス、ト、ンコ、フェニックス、モ、んぎょ、ま、ナダ、、、、、

(す)が」と言った時、「が」が低いので、これは頭高型です。

2?B:「中高型(なかだかがた)」

1文字目が低く、2文字目以降高くなるが、その単語内でまた低くなる!低い→高い→低い

例:おし、チョコレート、たる、たご、ふろう、みずく、セキセイインコ、不鳥、わたりどり、かざみどり、カフェイン、あがとう、、、、、

2?C:「尾高型(おだかがた)」

1文字目が低く、2文字目以降最後の文字まで高い。低い→高い

例:はしら、おとうと、いもうと、はなし、え、いちがつ、にがつ

ああ?!!尾高型の「鳥関連の言葉」がおもいつかん?!!!(笑)(注:僕は鳥が好きなんです)

Anyway、「おとうとが」のように「が」をつけると、「が」が低い。これがポイント。

ポイントは、どのパターンでも、基本的に1文字目と2文字目の高さが必ず違うということです。
又、1度下がると、その単語内では2度と上がりません。

次回、もうちょいつづきをやります。一時期話題になった、「あの単語」の秘密等。

これを知っておくだけで、英語をしゃべる時に「日本語式に発音しないにしよう」と、自分をいましめることができます!

きょうのおさらい、

日本語のアクセントには、

平板型と起伏型があり、

高さが上下します。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 2:38 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2883





 

blog title 日本語に抑揚がある理由 March 21, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本語に抑揚がある理由

まずここで勘違いしないでもらいたいのは、
今話してる「フラット」かどうかというのは、「声の音程の変化」のことです。
決して、表情の変化や動作の大きさのことではありません!

日本語はフラットだと思ってる人が多いようですが、
日本語がフラットなはずはない!!
※一部の方言を除く

例えば東京弁の場合、

あか
「あ」が高いと「赤」(A-ka)
「か」が高いと「垢」(a-KA)

「しろ」
「し」が高いと「白」(SHI-ro)
「ろ」が高いと「城」(shi-RO)

日本語はこのように、「高さ」を変えると意味がかわるのです。
「高さ」は超重要!!

というのも、日本語は「ピッチ(高さ)アクセント」というシステムだからです!!
フラットなはずがない!!

次回この日本語のシステムを話します。
英語を理解するためのみならず、
外国人の日本語学習者に日本語を教える時にも役立つでしょう。

英語は「高さアクセントシステム」ではない。
英語に「赤」と「垢」のような区別はない。
だから英語はフラットなんです!!

そのかわり、英語は「ストレスアクセント」というシステムです。

ストレス」と「ピッチ(高さ)」は全く違う。
しかし、多くの日本人が同じだと勘違いしてるのです!!
ここを理解することで、英語を100倍楽しめるようになります!!

余談ですが、中国語の、「マー」がトーンによって4つの違う言葉になるという「四声」。
これも「声の高さ」を変えるので、「ピッチ(高さ)アクセント」の一種です。
日本人は、高さを変えることに慣れてるので、中国語の四声も、まだどうにかなりますが、
高さの変化に慣れてない英語話者にとって、四声はヤバ難しいと聞いたことがあります。

今日のおさらい

日本語は、

「白」と「城」のように

「高さ」を変える

「高さアクセントシステム」

だからフラットなはずがない。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:59 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2875





 

blog title 日本語はフラット?大ウソ!! March 17, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction
あなたの英語は発音が悪いのではなく読み方を間違えている

????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本語はフラット?大ウソ!!

これは、日本での英語教育というか、日本人の勘違い七不思議の一つでしょう。

何を根拠にか知らないけど、なぜか多くの人が

「日本語は音程のほとんど変化をつけない。フラット。

それに比べて、英語は音程の変化が大きい。

よって、英語をしゃべる時は、

もっと高低の差を大げさにつけないといけない。」

と思っているようです。そのように書いてある参考書や、そのように言う先生までいるようです。
実際僕もなぜか知らないけど、以前はなんとなくそうだと思ってました。

実はこれは大ウソもいいとこ!全く逆なんです!!

正しくは、

日本語は、音程の変化をつける。つけなくてはいけない。(一部の方言を除く)

英語は、音程の変化はあまり重要ではない。

よく日本人は、英単語をいう時、大げさに高低をつけようとします。

しかし、英語ではあまり重要でないばかりか、逆に「日本語っぽい英語」に聞こえてしまうそうです!!
実際僕も、英語っぽく言ったつもりでおおげさに高低をつけていたら、ネイティブの友達から、
「それじゃ超日本語っぽい。もっと英語はフラット。」と言われました。

もしかして、意外に思った人も多いのでは?
きっと疑ってる人も多いでしょう。

もちろんこれは言語学的にちゃんと理由がありますが

まずは論より証拠

ためしに自然な英語と日本語を、同時に意味を考えず、音として聞いてみて下さい。

例えば、テレビの2ヶ国語を聞ける番組で、日本語と英語を同時に流してみて下さい。

同時に聞くことができなくても、ためしに映画の英語等と、街で日本人が普通にくっちゃべってる所を聞いて、音程の変化を比べてみて下さい。

※ただし、個々の音素の発音に重点をおいたものや初級者用の、ゆっくりハッキリしゃべる音声教材だと、必ずしも日常会話としては自然でない場合もあるので、今日のこのテーマに使うのは避けた方がいいでしょう。

どうです?

日本語は常に音程が変化してるのに対して、

英語はたまに高く部分的に高くなることがあるが、

基本的に日本語よりフラットだということは、

誰が聞いても、一目、いや一耳瞭然です!!

自分の耳を疑いました?

まだ疑ってるなら、このサイトを見てください。

http://www6.ocn.ne.jp/~tll/take_eng/t_eng04.html


なのになぜ、多くの日本人は、日本語はフラットだと思い込んでいる不思議な現象が起きてしまったのでしょう?

おそらくですが、ひとつの理由に、

例えば日本語(東京方言)で「すきやき」と言う場合、

「す」だけが低く(実際は無声化してSだけのように聞こえる)、「きやき」の残りの3文字は全て同じ高さになります。(日本語のアクセントはのちのちやります)

しかし、英語話者が、「すきやき」という単語だけをハッキリ言うと、3文字目の「や」だけが目立ちます。

この「本来の日本語の発音とは違った位置にアクセントを置く」ことが、日本人にはちょっと聞きなれなくて、あたかも「英語話者は音程をはげしく変化させる」と勘違いしてしまったのではないでしょうか?

でも逆に考えると、「違った音程が気になる」ということは、それだけ「日本語は音程が重要だ」と考えられませんか?

もうひとつの理由には、日本人の頭の中に、「アメリカ人は、会話の時、表情の変化や動作が大きい」というイメージがあります。そのため、「表情の変化や動作の大きさ」と、「声の音程の変化の大きさ」を、ミックスさせてしまっているのでしょう。

今日のおさらい

日本語はフラットなんて

勘違いも甚だしい。

日本語は高低の変化をつけるのが

超重要!!

英語の方がフラットなことも

ままある。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:44 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2849





 

blog title 英語発音に関する通説を見直そう 6 February 14, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通説6:日本人の発音は他の国の人の英語よりわかりにくい。  

やはり、「通じない」という経験を何度もすると、こう思ってしまいます。じゃあ、はたしてこの経験をするのは日本人だけなんでしょうか?

何度も言ってるように、日本人の最大の弱点は、
英語のルールを知らないから、何が原因で通じないのか分からないので、自分でなかなか修正できない点!
逆に聞き手の立場からすれば、日本人は同じ発音なのにわざと違って発音したり、ある単語で発音できる音が、別な単語だと同じ音なのに発音できなくなったり(あえてしなくなったり)と、妙に変則なのが不思議でしょう。

にもかかわらず!
ラッキーなことに、日本人の発音というのは、(LとRを除いては笑)、聞き取りやすいんだそうです!
これは英語には日本人にとっつきやすい点がたくさんあるという証拠です!

信じられないかもしれませんが、本当のようです!

まあ、申し訳ありませんが、日本人に自信を与えるためにあえて名前をあげえると、
ロシア人、タイ人、ベトナム人、インド人、あとアフリカ系の人の発音というのは、正直かなり分かりにくいそうです。
あと、ここまでではないものの、韓国人の発音も日本人の発音に比べたら、はるかにわかりにくいそうです。

ここで知ってもらいたいのは、少なくとも韓国人に至っては、英語のルールを知っていて、しっかりルールにのっとって発音しようとしています。
韓国人の友達からそれは聞いたし、実際彼らの発音を聞いていれば、彼らがルールの従ってることはわかります。
ルールを知らず迷子になって泣いてる日本人とは違います。

だから、なんとなく日本人からすると、韓国人の方が発音が良さそうに聞こえてしまうんです。

なのに現実は、皮肉なことに、ルールにのっとって発音してる彼らより、いきあたりばったりで発音してる日本人の発音のが聞き取り易いんです!!人生なんてそんなもんでしょう笑

言い換えると、「基本のルールさえ知ってしまえば、日本人の発音はめちゃめちゃ良い」わけです!
うちらがやることは、小学生でも覚えられる簡単なルールを知ることだけです!

「小学生でも」というのは、日本語の50音表と同レベルのことだからです。

彼らは(少なくとも韓国人は)頭でわかっていても、体が動かない。

日本人は、頭でわかりさえすれば、体は動く!日本語と英語の発音の共通点のおかげです!

通じないほとんどの原因は、「ルールにしたがってない」つまり「発音が悪いのではなく、読み方を間違えてる」だけです!
その「ルール」が、このブログで扱ってる「母音とは?」「子音とは?」「シラブルとは?」「英語に無い発音とは?」です。←右の枠の「カテゴリー」から選んでください。

代替説:日本人の発音は聞き取り易い!あとはルールにしたがうだけ。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:26 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2604





 

blog title 英語発音に関する通説を見直そう 5 February 13, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通説5:日本語には音の数が少ない。英語には音の数が多い。  


この手の類のフレーズも、どうも定義があいまいです。ただの偏見のような気がしてなりません。


日本人学習者の方、「そうか英語のが難しいのか・・・」とモチベーションを下げる前に、ちょっと通説を見直してみましょう。


まず単純に、
母音の数は、日本語「あ、い、う、え、お」の5個に対し、
英語は「A、E、I、O、U」にそれぞれ音読みと訓読みがあり計10個 + 2文字の母音「AU、OU、OI、OO、OO」が5個。トータルで15個。
たしかにはるかに日本語のそれを上回っています。
そして、単純に、子音の数も英語が若干上回っています。


母音について詳しくは→一目瞭然!母音一覧表!


じゃあ、子音と母音の数が多いから、英語のが断然難しい?
それはあまりにも短絡的すぎやしませんか?


まず母音の数について!
英語には「えい」とか「あい」とか「おい」とか、「二重母音」というのがあるので、そのせいで母音のバリエーションが15個という数になってしまうのです!
※ A(えい)、I(あい)、O(おう)、U(ゆー)、OU(あう)、OI(おい)は二重母音。
 しかしU(ゆー)は二重母音と分類されることもあるけど、実際は子音Y+母音うーなので、微妙。


それを言ったら、日本語には「あい」「あう」「いう」「いえ」「うえ」「あおい」等の母音の組み合わせ(連母音←覚えなくていい)が超たくさんできます。「二重母音」と似たような芸当ができるばかりか、上の6個くらいしかない北米英語の二重母音の数を圧倒的に上回ります。


さらに日本語には!

「おばさん」と「おばあさん」のように長い短いの区別がある。「母音の長さ」を変えているんです。

「居た」と「行った」のような促音。これは「子音の長さ」が変わってるんです。

「橋(は)」と「箸(し)」のように、アクセント(音程)を変えると意味が変わってしまいます。
方言によって日本人同士の会話でも混乱してしまうほどです。


これらのシステムは英語には無い!
(英語にもあると勘違いしてる人がなぜかめちゃめちゃ多いけど、本当は無い!!)


日本語は子音、母音の数が英語より少ない代わりに、これらのシステムでバリエーションを増やしています。


逆に言えば、英語には日本語のようなこういうシステムが無いかわりに、子音、母音の数を若干多くして補っているわけです。


代替説:単純に子音と母音の数なら英語のが多いけど、日本語は伸ばす音や「っ」(かっこよく言うと笑、母音と子音の長さを変えたり)、音の高低のように、英語にないシステムがあるので、どっちの発音が簡単か難しいかは、もはや「僕はどっちのシステムが好きだ。」という好みの問題!

もちろん「日本語の発音のが難しい」と言うこともできない。「好み」の問題。


関連情報は、悪魔の数字のトリック!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:56 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2594





 

blog title 英語発音に関する通説を見直そう 4 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

訪問いただきありがとうございます。
「初心者にはちょっと難しいのではないか」という提案をいただいたので、これからもう少し易しい言葉で優しく説明するように心がけます。
ただ、えらい人につっこまれないように、所々難しい単語を書きますが、そこはとばして下さい。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction(このブログの目的)
????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 通説を見直そう 4 

通説にbrainwashされて、「英語の発音難しすぎるぅ?!」というイメージが刻み込まれている方、
逆に「英語の発音めちゃめちゃ簡単!」というイメージに変えましょう!

通説4:英語には微妙な違いがたくさんある。

これはちょっと偏見じゃないでしょうか笑。根拠が薄いです。

そこでちょっと英語話者の言い分も聞いてみましょう。

「おばさん」と「おばあさん」、「ビル」と「ビール」のような長い短いの区別。
英語話者に言わせれば、
「そんな微妙な違いなんてわけわかんねー。英語の発音にはそんな微妙な違いは無いよ。ハッキリと違う音で区別させるんだよ。」

SEE?(英語で「ホラ見ろ」みたいな意味。)

英語話者にとっては、英語はハッキリしてて、日本語は微妙な違いが多そうに聞こえるんです!
実際私も、英語の発音の構成さえわかってれば、英語の発音はすごくハッキリしてて我々外国人(少なくとも日本人)学習者にもわかりやすいと思います。
 
もちろん日本語の音の構成を知ってる私たちにとっては、長い短い云々も決して微妙ではありません。

又、「微妙な違い」というのは、日本人のparanoia、被害妄想で、勝手に英語に有りもしない音を作り出して、「これらの音は微妙に違うんだ」などと言ってるケースも、非常に多いのが現状です!
被害妄想のカウンセリングが、多くの日本人にとって非常に大事です。いや、まじめに。

代替説:英語話者から見たら、日本語も微妙な違いが多いように聞こえる。
構成を知らないと、なんとなく微妙に違うように聞こえるが、実は全然微妙じゃない。


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:03 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2578





 

blog title 英語発音に関する通説を見直そう 3 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

英語の発音に関する数ある通説。これらの通説は、日本人の英語学習者に「英語の発音は難しすぎる」という先入観を深々と植えつけているのではないでしょうか?
そこで少し違う角度から、通説を痛切に思いなおしてみましょう!(スミマセン-_-;)


通説3:日本人はLとRとTHが苦手  

これは本当かもしれませんが、じゃあはたして「日本人だけ」なのでしょうか?ちょっと他の英語学習者の状況を垣間見てみようじゃないですか。

確かに「L」が苦手なのは、日本人と韓国人の特徴ですが、
 ★ RとTHについては、日本人にかぎらず多くの学習者がてこずっています。例えば中国語、韓国語、中南米スペイン語、フランス語、ドイツ語話者等々。

さらに日本人には無い数々の弱点がある!

 ★ フランス語話者は、SHとCHの区別が苦手。Hが苦手。

 ★ 韓国語話者は、PとFの区別が苦手。濁音が苦手。

 ★ スペイン語話者は、SとZの区別が苦手。

 ★ アラビア語話者は、PとBの区別が苦手。アラビア語は母音がア、イ、ウの3つしかない。

 ★ ドイツ語話者は、「エイ」と「アイ」の区別が苦手。

 ★ 広東語話者はKが無い所にKを入れる傾向がある。例えばTESTをTEKSTのように。(広東語話者は私が聞いてて気づいた点で、まだ情報不足ですが)

このようにちょっとメジャーなproblemsを垣間見ただけでも、他の学習者は、日本人に無い悩みを持っていることがわかります!

代替説!悩んでるのは日本人だけじゃない!もっと深刻な悩みを抱えている人たちもいる!


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:01 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2593





 

blog title 英語発音に関する通説を見直そう 2 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 通説2:英語には日本語にない発音があるから難しい。 


これもちょいと視点を変えてみましょう。


視点1、そもそも英語に限らず、どの言葉を勉強するにしても、必ず「日本語にない発音」はある。


同じ日本語でさえ、方言によって標準語で使われない発音があるくらいです。


例えば、英語のLとRの数倍難しいであろうスペイン語のLとRとRR
「マー」という音でもトーンによって4つの違う言葉になる中国語の四声
韓国語の平音、濃音、激音


これらを日本人がスムーズに聞き取り発音しわけられるようになるには、相当な練習が必要でしょう。
でも私が思うに、ハッキリ言って英語には日本人にとってここまでとっつきづらい発音は幸運にもありません!
(強いて言えば、日本人に限らずみんな苦労するという、音読みOとUの区別のみ。)


代替説!「英語はまだマシ」と考えましょう!


視点2、当然ながら、日本語にも英語等にはない発音がたくさんある。多くの外国人日本語学習者が、「ラ行」「ん」「っ」「のばす音」等にてこずっているようです。


代替説!「外国人日本語学習者の立場」を考えてみよう!


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:00 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2592





 

blog title 英語発音に関する通説を見直そう! February 10, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 通説を見直そう 

英語勉強中の日本人生徒、または日本の英語の発音教材までも、
「英語の発音は難しい、複雑だ」
などというフレーズをよく使うようです。
こんなんばっかり聞いてると、日本人英語学習者の頭の中はまるで
「シンプルな日本語の発音しかできない日本人は、微妙な違いが多く、複雑な英語の発音などとうてい習得できない。」
というイメージで満たされてしまうことでしょう。


では、これらの通説を今一度見直してみましょう。
内容は同じでも、表現や見る角度を変えるだけでずいぶん私たちの荷が軽くなるはずです。


通説1:日本語の発音は単純で簡単。英語の発音は複雑。

はたして本当にそうでしょうか?日本語が単純に感じるのは、単に聞き慣れているからだけではないのでしょうか?以下の例を見てみましょう。


例1、あるカナダ人から妹の名前を聞かれたので、「えり」と答えました。
この単純極まりない「えり」という発音、カナダ人は何度聞いても聞き取れないんです!!

(英語にはラ行が無いから、「リ」が聞き取れない。)


例2、STEW(英語では「ストゥー」と発音する)を日本語でなんと言うか聞かれたので「シチュー」と言ったら、カナダ人はもうみんなビックリして「なんという妙な発音なんだ!!日本語難しすぎるー!」なんて反応でした!!
(母音「イ」が無声化あたかもSHとCHが連続してるように聞こえるが、英語には語頭のSHCHという子音同士の組み合わせはない。詳しく知りたい方は、「英語にない音リスト」の「母音の無声化」をご覧下さい。)


こんな例は枚挙にいとまがありません。
もっともなぜそんなに妙に聞こえるかネタを話したら、なるほどと納得してくれましたが、彼らにとって、ネタを知らずただ聞いただけだと、日本語はかなり複雑な発音に聞こえるようです。
これと同じで、ネタを習ってない英語学習者には、英語は複雑に聞こえてしまうというだけの話です。


代替説!ネタを知らなければ何語でも複雑に聞こえるというだけの話。


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:23 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2573





 

blog title 英語はTS,DZで始まらない January 11, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/11/post_83.html(このブログの目的)をご覧ください。

「日本語にあって英語にないルール発音リスト」はこちらhttp://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/07/post_8.html
????????????????????????????????

 英語はTS,DZで始まらない。 

英語のTSUNAMIは、言うまでもなく日本語の「津波」が語源です。

しかし、英語の子音リストに、/ts/はありません。
英語には本当は「ツ」はありません!!
だから、彼らはこの発音が苦手なんです。

よって、実際の発音は、soo?NOM?eeとなります。「つなみ」ではなく「すなみ」

同じく/ts/が濁った(voiced)/dz/も、1つの音としては、英語には存在しません。

よってzigzag、zeal、zip、zap等の発音をする時、くれぐれも/dzi:l/等のようにならないように気をつけましょう。これは英語の発音ではありません。美しく/d/の含まれない/z/を発音しましょう。

ただし!スイス、Switzerlandなんかはどうでしょう?

「スウィツァーランド」のように、「ツァ行」が入ってるように聞こえます。
しかし、これは英語圏の人の頭の中では、「ツァ」というひとつの音ではなく、T+Sという考え方になります。
SWIT?ser?lundのような感じです。

日本のブランド名、Mitsubishiのtsuの場合も同じ要領で発音できます。

子音のTとSを続けて言うと、あたかも「ツ」のように聞こえます。だから、彼らはそうやって発音してごまかしているのです笑

CATSなんかもそうです。日本人はこれの最後のTSを「ツ」だと考えていますが、これは本当は、T+Sなのです。

もしそうやって分けて発音することができなかったら、最初は「ツ」と言ってもかまわないでしょう。徐々にそこから慣らしていきましょう。

ZとDZについてはhttp://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2007/01/post_90.html

今日のおさらい、

「ツァ行」「ヅァ行」は英語にはない。

よって、これらの音で始まる英単語はない。

でも語中、語尾なら、彼らはT+S、D+Zのように、

2つの音を組み合わせて、あたかも「ツ」「ヅ」と

発音しているかのように見せる。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 1:23 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/2330





 

blog title 発音練習一切ナシでも、劇的に発音が良くなる方法1、2、3、4! November 9, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 発音練習なしで発音が良くなる部分 

さて、ちょっと今までのシリーズから少し離れて、ちょっとだけ、
発音練習一切無し。今すぐに劇的に発音を改善できる特効薬」をいくつか紹介します。
以前のを読んでいただいてる方は、ただの復習になってしまいますが。

その1、

英語人は、日本語の「オ」が苦手!なぜなら、必ず「オウ」だから!「ウ」を忘れてはいけない!

I don’t know. は「アイ ドント ノー」ではなく、
「アイ ドウント ノウ!」

I won’t go.は「アイ ヲント ゴー」ではなく「アイ ヲウント ゴウ!」

postは「ポスト」ではなく「ポウスト」!
onlyは「オンリー」ではなく「オウヌリー」!(注、Nはンではない!)
misoは「ミソ」ではなく、「ミーソウ」!
yogaは「ヨガ」ではなく、「ヨウガ」!
potatoは「ポテト」ではなく、「パテイトウ」!(最初
のOはシュワーだから「パ」。シュワーとは→http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2006/07/post_47.html
Tomo(日本人名)は、日本語だと「トモ」だが、英語式だと、「トウモウ」!!


ただし例外!!
ORの時だけは、ただの「オ」でいい。Rが後に来た時だけ注意。(カナダ式ルール)

morningは「モウルニング」ではなく、「モールニング」

sorryは、「ソウリー」ではなく、「ソーリー」

boringは 「ボウリング」ではなく「ボーリング」

moreは、「モウル」ではなく、「モール」

その他、for、horrible、store、or、California、等など


その2
英語は、基本的に「エ」で終わらない。よって、「メシくれ」のように「れ」で終わるのが苦手。
最後がEで終わる単語は基本的に必ず「エイ」か、「イー」になる!

cafeは、「カフェ」ではなく、「カフェイ」!読み方は
kaf?FAY

sakeも、「サーケイ」または「サーキー」。最初のAはちょっとオに近い「アー」


その3、
さっきの「エイ」のつづき!
日本人はよくLongAとShortEを混同する!

つづりがAの時は、「エイ」!!
E(+子音)の時は「エー」!!

dangerは「デンジャー」ではなく、「デインジャー」!
changeは「チェンジ」ではなく、「チェインジ」!
arrangeは「アレンジ」ではなく、「アレインジ」!
majorは「メジャー」ではなく、「メイジャー」!

ちなみに、
Canadianは「カナディアン」とか「キャナディアン」とかなんとかではなく、「カネイディアヌ」!!(Nはンではない)

つづりがAの時でも、日本人は「エ」というが、ちゃんとに「エイ」と言いましょう!Short Eとの区別をましょう。

★ただし例外!
ARとかAIRの時は、カナダでは、エイではなく、ただのエでいい。(カナダ式ルール)

簡単な単語air!「エイル」ではなく、「エール」!

reaは「エリア」。
compre
rallel
rrow
rry

★例外2

ただの、本当の例外!
anyとmanyは、本当に例外で、エ。
だから読みどおりにつづると
anyは、enny
manyは、menny
とでもなる!!


その4、

英語には、日本語の「ん」の発音がない。よって、「テストの範囲」とかの「はんい」の発音は苦手です。笑
ローマ字で、Nは、「ナ行」と「ん」という2種類の発音があるが、それは超日本語のルール!英語はNはシンプルに「ナ行」だけです!

さあ、あなたは、someをカタカナでどう書きますか?
「サム」ですね?

じゃあ、sunは?
「サン」? Not quite right!

答えはsomeのMを「ム」と書いたように、sunは「サヌ」と書きましょう!

fifteenは、「フィフィティーヌ」!
oneは「ワヌ」!

ウソだと思うなら、証明してみせましょう!

an eggを、ネイティブが速く言うと、リンキングして「アネッグ」のように聞こえる。

もし、「アン エッグ」をどんなに速く言っても、「アネッグ」になるはずもない!

しかし、「アヌ エッグ」を速く言うと、あらふしぎ、「アネッグ」になるではありませんか!!

これがNが「ん」ではない証拠です!!

Nは必ず「ヌ」と言いましょう!

このように、日本人にとっては、発音練習など一切しなくても、今すぐにでも改善できるものが、まだまだやまほどあります。「読み方」を治すだけです。
このように、もっと楽して発音を習得しましょう!!!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 3:08 AM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/1525





 

blog title 長さに敏感な日本人 July 27, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

 長さに敏感な日本人 


敏感なのは良いことだけど、それが「母国語の呪い」になってしまう!

今日は、おもしいメッセージをいただいたので、紹介します。


> Donは長いんですよ、ドーンっていうかダーンって言う感じ。
> Cotはカッ(ト)って感じに聞こえるので、異なって聞こえるのかもしれません。
> でももしかしたら私にはそう聞こえるだけかもしれません。
> なぜなら、ブログでも触れられてたように、英語に長さは関係ないから。

おお!するどすぎる!
これはまさしく「日本語の呪い」からきてるものです!
日本人は「長さ」に敏感なんです。ネイティブが気づいてないかもしれない長さの違いを聞き取ってしまうんです。そこが問題です。

1、英語は、母音そのものによって長さが多少違う。たとえば「えい」とか「あい」とか「おう」のようないわゆる二重母音は、二重母音じゃないやつよりやや長い。当然といえば当然。
あとUPとかのU(音読みU)は、短い。

2、ストレスのある所は、ストレスのないところに比べて、2倍から時には8倍もの長さになるそうです。つまりストレスのあるところは基本的に長いんです。

3、有声子音(つまりb,d,g,n,m等にごる音)の前に来る母音は、無声子音(k、s、p、f等にごらない音)の前に来る母音より長い。

英語の母音はこういう特徴があるんです。
ネイティブでもこれらのことを気づいてない人も多いんじゃないかな。気づいてないとこで、長さが関係ない英語では、会話に何の支障もないから。しかし日本人は長さに敏感なので、これらの違いを聞き取ってしまうから、そのせいで、「英語は長さは関係ない」ということになかなか気づけないようです。

DonのOは、Nの前です。Nは声有なので、このOは長いんです!!
cotのOは、Tの前です。Tは無声なので、このOはやや短くなるんです!!
というのも、母音は有声なので、無声のTとは種類が違うから、途中で変えなくてはいけない。意識的にというよりは、必然的になる現象のようです。

なんかややこしいこと書きましたが、わかりました?

今日のおさらい、

簡単に言えば、長さが違って聞こえても、

気にしないことさ!

英語教育のグランド・デザイン英語教育のグランド・デザイン

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:25 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/984





 

blog title INの読み方 July 18, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 INの読み方 

僕のブログを読んでくれてる友達が、
Iはイエ
Nはヌ
なんだね?

と言ってくれました。

そこで思い出したのが前置詞のinです!

日本の中学高校で、「イン」と言ったところで、たいていの先生は直しません。
だから、僕たちは、「イン」が正しいのだと信じてしまっています。

ところが!イもンも違う!2文字の単語のうち、2文字とも違うんです!

僕がある日こっちの人に、日本人はinのことを「イン」という話をしたら、実際の発音とまったく違うので、驚いてました。

「イエヌ」という感じです。

今日のおさらい、

INを「イン」と言うのは、

もう辞めよう。

【全品全国代引・送料無料】English Version Apple Keyboard M9034LL/A【受発注(お取り寄せ)...【全品全国代引・送料無料】English Version Apple Keyboard M9034LL/A【受発注(お取り寄せ)...


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:30 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/889





 

blog title 日本人が英語のつづりを読めない証拠 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 日本人が英語のつづりを読めない証拠 


さて、「英語にない日本語の発音」は、ちょっとおやすみして、ちょいと違うテーマに移ります。

友人が証明してくれた

ある、頭脳明晰な日本人の友人に、僕の熱い想いをアピールしてみた。

まず、「hot」をなんて発音するか聞いてみた。

友人は「ハーット」のように、きれいな発音で答えた。

そこで、僕は次に、「hot」の「h」だけを「k」に変えて、「kot」にして読んでもらってみた。

友人は困り果ててしまった[emoji:v-292]

僕は「意味は考えないで、この文字だけ読んでみて?」とヒントを与えた。

友人は、自信なさげに、「コウト?」とかなんとか、そんな感じのをいくつか言っていた。

しかしここで疑問!!
例えばローマ字(つまり日本語)で、「hotto(ホット)」というつづりの、最初の「h」だけ「k」に変えて、「kotto」にしたところで、誰でも「コット」と読むだろう。たとえそんな単語が存在しなかったとしてもだ!!
だって「ハ行」が「カ行」に変わっただけで、他は何も変わっていないんだから。

僕は英語でそれと同じことをやっただけだ。「hot」と「kot」の違いは、1文字目の「h」と「k」だけだ。
なのに、なぜか友人は「こうと」のように、他の部分まで変えようと試みた!

これがまさに日本人の姿です!!

僕も昔はそうでした。なぜなら、「英語はつづりと発音になんの関連性もない」と思っていたから。
でもちがうんです!!

日本語の時と一緒の発想で、
「hot」を「ハーット」のように読むなら、「kot」は「ハ行」を「カ行」にだけ変えて他はそのままで、「カーット」って読めばいいだけの話です。たとえそんな単語は存在しなかったとしてもだ!!


例えばひらがなでめちゃくちゃに「ぴーちょろかん」とでも書いたら、こんな存在しなくても、日本人なら誰でもこれを発音できるでしょ?

英語でも、存在しない単語を見ても、同じように読まなくてはいけません。例えば
loo?lee?loo?lay
と書いてあったら、「ルリルレイ」と読まなくてはいけません。
そのために必要なのが、つづりのルールを知ることです!

友人も、この話で「つづりの重要性」を一発で納得してくれた!!


今日のおさらい、存在しない単語を読もう。

存在しない単語を書いてみよう。


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:26 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/888





 

blog title 母音の無声化の続き(日本語の発音) 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

  母音の無声化のつづき


前回日本語のイとウが規則的に無声化する話をしましたが、今日はすの続きです。

「いい天気です」とでも言ってみてください。

最後の「す」は、時に「SU」とはっきり発音され、時に「U」が無声化して、「S」だけみたいになります。
話し手のきまぐれで変わります。

「無声子音にはさまれたイとウは規則的に無声化します」が、文章の最後にカ、サ、タ、ハ行のイの段とウの段が来た場合は、無声化してもしなくてもいいです。

 あるカナダ人の友人が「大好きです」という日本語を覚えようとして頑張ってました。「だいすきです」に「す」が2回でてきますが、二回とも「ウ」が無声化して「S」だけみたいになります。

 そこで、「大」は「die」、「好き」は「ski」、「です」は「desk」から「k」を抜いたもの、と教えたら、すんなり言えるようになりました。こうすると、より自然な日本語に聞こえます。da i sU ki de sU と、「ウ」をしっかり発音させると、かえって外人なまりが強くなってしまいます。

 日本語のルールを知ったとこで、英語に役立つのかって?まあまあそうおっしゃらずに。これが「日本語の呪い」を解く重要なカギなのです。
 これがSーBlendsや、シラブルの習得の時に超重要になってきます。

今日のおさらい、

日本語は、文の最後に

濁らない行のイ段とウ段がくると、

無声化することがある。


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:17 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/887





 

blog title 母音の無声化(日本語の発音) 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 母音の無声化 

 今日は、「日本語の呪い」を解くために、日本語の話をします。
 
 一部の方言には、今日のルールはありません。僕が知ってる限り、大阪の南部の人は、この発音をしません。大阪以外の人は、注意してみてください。

 「あした」と普通に発音して下さい!

 ローマ字だとASHITAです。しかし!「し」の部分で、「SHI」の「I」の音が無くなって、「ASHTA」みたいになっていませんか?

 「すきやき」はどうでしょう?

最初の「す(SU)」のUが無くなって、「SKIYAKI」みたいになってませんか?

 「白紙」と言ってください。

「HAKUSHI」というよりはむしろ「HAKSHI」になっていませんか?

 

 正確には「I」や「U」は「消えている」のではなく、「ささやき声」になっているのです。
 これは、かっこよく言うと「母音の無声化」と言います。

 ルールは、「無声子音にはさまれたイとウは、規則的に無声化する」です。 

 意味わかりますか?無声子音(voiceless)とは、カ行とかサ行とかタ行とか、濁らない音です。
 ガ行、ザ行等の濁音、その他ナ、マ、ヤ、ラ、ワ行は、「無声子音ではありません」!これらは「有声音(voiced)」です。

 つまり!カ、サ、タ、ハ行の「イの段」と「ウの段」は、その次にもう一度、カ、サ、タ、ハ行がくると、「ささやき声」になります。これがあたかも「SU」とかの「U」が消えたように聞こえるのです!

 これは日本語の大きな特徴のひとつです!これをグラマーとして知っている人もいますが、知らない人もたくさんいます。知らない人でも、ネイティブ日本語話者は、無意識に必ずこうやって発音しています!

 英語では、日本語のような規則的な母音の無声化はありません。(似たようなのでシラブルの脱落がありますが、これは基本を理解したあとで、やりましょう。)
 英語では、基本は「つづりどおりにすべての母音が発音される」と考えて下さい。
注、reduced form等はまた別の話です。
 
英語話者が日本語を勉強するための「日本語」のテキストを見ました。テキストの「発音」の項目に、このルールがしっかり書かれています!!
 そして、テキストによっては、ローマ字で書かれた部分は「ASH(I)TA」のように、しっかり括弧でくくられています!!!


 SUKIYAKIは、日本語と英語の決定的な発音の違いは、最初のSUが、日本語だとただの「S」に聞こえますが、英語では、英語ではきっちりつづりどおりに「U」を発音します。

 「カプチーノ」はどうでしょう?日本語だと「プ(PU)」がただの「P」のようになりますが、英語ではCAPPUCCINOの「PU」がはっきり発音されます。

 MEXICOは、メキシコ人は「メヒコ」みたいに言いますが、日本人が「メヒコ」というと、「ヒ」に「I」が無声化します。メヒコ人ははっきり「I」を発音します。

 「執着心」はどうでしょう?「く(KU)」の「U」は無声化します。

 ところが!「くに(国)」といってみた下さい。おなじ「KU]でも、今度は「U」がはっきり発音されています。それは次にくるのがナ行で、無声子音じゃないからです。

 古い話ですが、スラムダンクのアニメを見ていた時のことです。大阪出身の「ひこいち」というキャラが、「ボールに対する執着心」と言った時、この「く(KU)」の「U」をはっきり発音していました!!なぜなら、大阪弁には、この「イとウが無声化するルール」が無いからです!
 だから、大阪の方は、スキヤキもカプチーノも大丈夫です。

練習1.「執着心」の「く」を無声化するバージョンとしないバージョンと両方発音してみましょう!


今日のおさらい、

外国語を話す時は、

大阪人のように、

すべての「イ」と「ウ」を

ハッキリ発音しましょう!


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:09 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/886





 

blog title 英語話者にとっての「お」の発音 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 英語話者にとっての「お」の発音 

「お」も、英語人にはややむずかしいようです。

というのも、英語はORのつづりを除いて、かならず「おう」と「う」をつけるからです!!
その証拠に、彼らが「57」とか言う場合、「ごじゅうなな」ではなく「ごじゅうなな」と言ったりします。

「英語の呪い」にとりつかれた彼らは、「お」で止めることを忘れ、ついうっかり「う」までつけてしまうようです。

ちなみに、「おう」は、訓読み(アルファベット読み)のOです。

例えば、POST HOTEL等は、「ポスト」「ホテル」ではなく、「ポスト」「ホテル」

NO は「ノー」ではなく、「ノ」!!

今日のおさらい、

今まで「オ」と言ってたものは、

今日から「オウ」というようにしよう!


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:58 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/885





 

blog title 英語は「え」で終わらない 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

  基本的に「え」で終わらない<


のちのち、「母音」について詳しくやります。
英語にはA,E,I,O,U5つの母音があり、それぞれ「音読み」と「訓読み」の2通りの読み方があります。
とりあえず、今日はここだけ知ってもらえたらと思います。

「訓読み」とは、A,E,I,O,Uのアルファベット名そのまんま、「エイ」「イ」「アイ」「オウ」「ユ」。日本人には超簡単。

音読み」とは、それとは全く違った、ローマ字とも全くちがった、英語独特の読み方です。今日はあえてサラっと流しますが、日本人はこれを覚えて、この読み方に慣れないといけません!!それには残念ながら少し練習が必要です。これが日本人にとって最大の難関であり弱点です笑。といってもたった5個だけど。

英語は基本的に、音読みA,E,Iで終わらないのです。

音読みは普通、betのように子音で終わってる単語の時に読むので、beのように母音で終わらせたら、訓読みになってしまうのです。このルールはのちのち超詳しくやるので、今日はサラっと流します。

日本語で「カラオケ」「カフェ」と言うと、最後の母音がエですよね。

しかし、英語は違います!

彼らにとっての外来語、すなはち元が日本語やらフランス語やらの単語で、最後が「エ」で終わってるものは、たいてい違うものに置き換えられてます。

Karaokeの最後の「ke」は、「ケ」ではなく、「キ」です(「訓読みのE」)!または人によっては「ケ」(「訓読みA」)。
「ケリオウキ」

caffeに関しては、最後のEは、「エイ」です(「訓読みA」)。「カフェ」ではなく、「カフェ」です!

こないだ、こっちで日本で人気のアニメNARUTOを見ました。
サスケの発音が、SOS?kayでした。「サースケ

SasukeのAは音読みOで「アー」。

真ん中のUは発音されてませんでした。

最後のkeは、やはり「ケイ」、訓読みAです

だから「サースケイ」という感じ。

今日のおさらい、

最後のEは、だいたい訓読みA「エイ」か、

訓読みE「イ」になる!

「エ」で終わらせるのはもう辞めよう。

【ビデオ】ドラえもん英語ランド3.動物編DORAEMON'S ENGLISH WORLD3.At Zoo


glossary

ブログランキング
人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:43 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/884





 

blog title なぜFを練習しないといけないのか? 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 Fの発音の重要性 

 英語のFと日本語のファ行の違いを知ってる人も多いかもしれないが、知らない人も多いと思うので、サクっと説明します。

 ※日本語のF・・・笛を吹くように両唇を使う。わりと日本語独特の発音。

 ※英語のF・・・上の歯を下唇にちょいとあてる。
  英語以外にも、スペイン語ドイツ語フランス語中国語など、多くの言語で使われてる発音。

 ただ、この二つは音色的には似ていて、
 彼らが英語流のFを使ったところで、日本人の耳にはファ行に聞こえる。
 逆もまた真なりで、日本人がファ行を言っても、彼らの耳にはFに聞こえるようだ。

では、なぜFを練習した方がいいのか!理由は以下の二つ!!

1、日本語には「fu」も「hu」も同じだが、英語はこの二つはまったく違う!!

2、日本人が苦手なVの発音の練習になる!Vは単純にFの濁音だ!口の形は同じ。


1、について、日本語ではfa、fi、fe、foと、ha、hi、he、hoはまったく違うが、huとfuは同じ。
 しかし、英語その他の言語では、Fは下唇を噛む方法なので、huとは異なる!Hは「ハ行」だから、唇なんか噛まない。

foolとwho’llは、日本人が言うと一緒になってしまうが、本当はまったくちがう!

(英語のhuでは、日本語の「ふ」ほど唇は使わない。)

2、について、日本人は「VとB」を一緒に考えがちだが、むしろVはFに似ている。
 英語式のFを使って「ふぁ、ふぃ、ふ、ふぇ、ふぉ」と言ってみよう!
 それが濁ったのが、「ヴぁ、ヴぃ、ヴ、ヴぇ、ヴぉ」だ!

こちらもどうぞ→Hの発音で気をつけること

僕の考えだが、日本語のFは、唇を使うのでより労力がいる。
英語などのFのが簡単だ!

今日のおさらい、 Fを習得することは、

Vの習得、Hとの区別につながる!


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:40 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/882





 

blog title ラ行について July 17, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 ラ行について 

日本人にとってRがやっかいなのと一緒で、

彼らにはラ行はやっかいなのだ!

Rの発音は、言語間によって、発音の仕方がさまざまといわれています。

ここで僕の意見を言わせてもらうと、日本人は「LとRの区別」という表現をしますが、これはひびきとしては、「英語にはラ行が2種類ある」と聞こえませんか?さらにネガティブに考えると、「2種類のラ行なんて、そんな微妙な変化やってられるかー!」みたいな

しかし、僕は逆に「日本語にはLがない。(Rはある)」と表現したいです。
実際ローマ字で、うちらはRを使います。でもLは使わない

何が言いたいかというと、LとRは、「マ行」と「ナ行」がちがうくらいに、まったく別物、と考えてほしいのです。Lは断じてラ行ではない!!

まじめな言葉を使うと、日本語のR(ラ行)は「Flap R」と言われます。というのも、舌で、口の天井を「はじく」からです。

そして、日本語のR(ラ行)は、英語のRとLの中間とよく言われます。
というのも、舌の位置が、英語のLとRの中間くらいだからです。

そのため!英語のLもRも両方ラ行で代用すると、場合によってはLに聞こえ、場合によってRに聞こえるようだ!

ある知り合いから、「日本人は何でLとRを逆に言うの?」と聞かれた!いや彼は本当に素朴に疑問に思っていた。


たしかにそういわれてみると、ある日本人が「rule」と言ったのが、「lure」に聞こえた。
「people」とか「school」はしばしば「peopre」「schoor」と聞こえる。
「rice」は「lice」に聞こえる。

僕が思うに、単語の頭のラ行はよりLっぽくきこえ、単語の終わりのラ行は、よりRっぽく聞こえるようだ。

この話で、その知り合いもようやく疑問が解けた。


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:49 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/865





 

blog title ラ行とファ行は英語にない 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 ラ行とファ行について  

ラ行ファ行で代用すると、、、

英語圏の国に行ったことある人は、この事実に気づいている人は多いですが、
普通に日本にいる中学生高校生は、気づいてない人が多いでしょう。

もちろん英語にもRとFはある。しかし、これらは日本語のラ行ファ行とは少しちがう。

ただし!日本語初級者のアメリカ人は、よくラ行を英語のRで、ファ行を英語のFで代用しているが、うちらには何も問題なく通じている!(多少の違和感は感じたとしても、所詮「なまり」の範囲でしかない!!)

ところが!悲しいことに、逆に英語のRやFを、日本語のラ行とファ行で代用すると、ちょいと問題があるのだ涙 特にラ行

その理由を説明しよう!


今日のおさらい、 英語のRとFを

ラ行、ファ行で代用しないほうがいい。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:47 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/864





 

blog title 「っ」の秘密 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 「っ」の秘密 


「勝った」と「肩」

kattaとkata。
この区別は英語人は苦手です。英語にこういう区別はありません。

このTTのように、子音が二つ重なる場合、「っ」になるのは、日本語やドイツ語のルールで、英語やらスペイン語やら中国語やらにはない。

子音が二つ続いたのを見た時「っ」だと思ってしまうのは、まさに「日本語の呪い」です!

「ウソつけ!hoppingは『ホッピング』じゃないのか?」と思いますか?


hopping (hopのing形)
hoping (hopeのing形)

たいていの日本人は前者を「ホッピング」後者を「ホーピング」と言うと思います。

しかしPPは、「っ」ではない!
その前の母音の読み方を指定するために2つ重ねているのです!!

母音編で詳しくやりますが、日本語の漢字に「音読み」と「訓読み」があるのと同じように、英語の母音A、E、I、O、Uにもそれぞれ2種類の読み方があります。ここはまさに日本語とまったく違う点です。

Oは、「オウ」と「アー」という2種類の読み方があります。

「アー」に関しては、やや「オ」に近いです。ある発音の本に、「合唱の時のように口をたてに開ける『ア』」という表現がありました。

hopping は 「ハーピング」

hopingは「ホウピング」

つまり!英語で同じ子音を二つ重ねる理由は、その前の母音を「音読み」か「訓読み」か指定するためのものです!!
決して断じて「っ」ではない!!

もうひとつ例を挙げると、

cutのing形の「cutting」、これをわざとTをひとつ抜かして「cuting」と書いて、カナダ人に読んでもらったところ、「キューティング」又は「クーティング」と読みました。

Uは「ユー(又はウー)」と「ア」と言う2種類の読み方があり、cuttingの時は「カティング」。cutingという単語がもしあったら「キューティング(クーティング)」になります。(と言っても、実際は「ああ、この人cuttingと書くつもりでTとひとつ書き忘れたんだな」と推測してくれることが多いようです。)

母音の読み方は詳しくやりますが、今日は、ただ、子音二つ続くのは読み方の設定のためということだけ頭に入れておいてください。

もうひとつ、「ん」の項目で覚えてる人もいるかもしれませんが、
hammerとかinnerは、「ハンマー」「インナー」ではなく、「ハマー」「イナー」という話をしましたが、それも今回の話でわかってもらえたんじゃないでしょうか?

今日のおさらい、 同じ子音が

二つつづいても、「っ」にはならない!!


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:37 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/863





 

blog title 日本語の「ん」の変化、英語のNの変化 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 日本語の「ん」の奥深さ!! 


これに関しては、知ってる人も多いかもしれません。
しかし、重要なので確認!

日本語の「ん」は、場合によって変化してます。
日本人には気にならないが、「英語の呪い」にとりつかれた英語人には、違って聞こえます。

マ行、パ行、バ行 (つまり唇をとじる発音)の前で、「ん」はMみたいになります。
例えば「とぼ」「えぴつ」「さま」

ナ行、タ行、ダ行 (つまり舌を閉じる発音)の前で、「ん」はNみたいになります。
例えば「はだん」「かたん」「おな」

カ行、ガ行 (つまり舌の奥の方が閉じる発音)の前で、「ん」はsongとかのNGみたいになります。
例えば「ハカチ」「あごう」

まあ、単純に、次にくる発音の準備をしてるだけにすぎず、なにも難しいことではありません!


何が言いたいかというと、
例えば、umbrellaという時のMは、日本語の「ん」でいいです。「アンブ」と言えばいい。
なぜなら日本語の「ん」はバ行(b)の前でMだから。

しかし!unbelievableは、もし「アビリーバボー」と言ったら、umbelievableになってしまう!!しっかり「アビリーバボー」と言った方がいい!


もうひとつ注意 NG、NKの発音

英語では、基本的に、sinkとかthink、singとかlong、またingなど、Nの後にKとかGが来た場合、普通のN,つまり「ぬ」ではない!
この場合は、日本語の「さかく」とか「にげん」のようなカ行ガ行(K,G)の前の「ん」と同じです。これは英語と日本語の共通点!!人間の考えることは似てるんですね!!笑


英語人に「ん」が出てくる単語を教える時は、このへんに注意しましょう。


まとめ!
英語のNは基本的に「ぬ」だが、NK,NGの時だけは、「ん」でいい!!


今日のおさらい、日本語の「ん」は、

次にくる音によって変わる複雑なものだが、

英語はつづりどおりN,M,NGを

そのまま発音すればいいだけの話。

超簡単!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:45 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/862





 

blog title 外国人に「ん」を教える場合 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????


 例えば「きんようび」の発音を
を英語圏の人に教える場合!!
 

「ん」の発音は大事なので、ちょっとこだわって続けさせてもらいます。

例えば日本語で「きんようび」と発音すると、「ん」の時に唇は閉じません!!

しかし「き、ん、よ、う、び」のように、1字づつ区切って言う場合
「ん」の時に唇を閉じる発音の仕方がはやっています。

あなたは唇閉じる派ですか?閉じない派ですか?


日本人同士なら唇閉じようが閉じまいが、どうでもいいんですが、
問題は、「ん」の発音を持たない外国人に教える場合です!!

最初に説明した「日本語の呪い」。
これと同じで、英語人は「英語の呪い」にとりつかれています

英語に「ん」という発音が無いので、彼らはこのとらえ方がわかりません。
もしうちらが唇を閉じて「ん」と発音すると、彼らはそれをMだとみなしてしまいます。

例えば「man」でも「mother」でも、日本語の「豆」でもなんでも、Mのつく単語を言ってみてくさだい。唇が閉じてるのがわかりますね?英語人はこのMと同じだとみなしてしまいます。

すなはち!!「きんようび」を、「ki,,yo,o,bi」だと思われてしまうので、「きみょうび」になってしまいます!「金曜日」ではなく「奇妙日」!!笑


余談ですが、英語には小さい「ゃゅょ」の「ょ」がもともとは無かったので、「みょ」とか「きょ」とかは苦手だが、それはまたいずれ詳しくやります。


僕がカナダ人に「ん」が出てくる言葉を教える時は、唇も舌も閉じず、単に鼻にかけるだけにします。いわゆる「鼻母音」です。
そして、「この発音に注意!!」と促すと、カナダ人は発音がうまいので、バッチリ発音してくる人が多いです!!


今日のおさらい、外国人に「ん」を教える時は、

唇や舌を閉じない


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:28 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/861





 

blog title 「ん」のよくあるあやまち 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

 「ん」のつづきです。 

日本語で、「点」とかをゆっくり言うとき、「てん」の最後の「ん」で、唇を閉じることがありますよね
日本語では、最後の「ん」で唇を閉じようが閉じまいが、どうでもいいことです。

しかし!英語なり韓国語なりで同じ事をやると、大変なことになります!

よくみかけるのが、英語で”ten”とか言う場合、最後のnのところで、日本語の「点」と同じように、唇を閉じてしまうクセです!

唇を閉じると、Mに発音になってしまいます!だからtenではなくtemになってしまいます!!

最後にNが来たら、決して「ん」と言ってはいけません!
必ず軽く「ぬ」と言いましょう!!

そうすれば、fifteenが、fiftyになることも、fifteemになることも避けられます!!


今日のおさらい: tenをtemと

言ってはいけない。


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 6:19 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/860





 

blog title んのつづき July 13, 2006

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????


  英語に「ん」がない証拠2

fifteenを、「フィフティーン」と何度言っても、fiftyだと思われてしまう経験、ある人多いんじゃないですか?僕もありました。

それは、「フィフティーン」ではなく、「フィフティー」と言えばいいのです!!

うちらがholdとかのL等が聞き取れないのと同じで、「ん」の発音を聞きなれてない彼らは、「ん」を聞き取れないんです。だから「ヌ」と言いましょう!!

余談だけど、「のばすのばさない」の項目で言ったように、fifteenのiは決して「イ」ではない!!「イエ」です!!


うちらは、hammer、Madonna等を、「ハンマー」「マドンナ」と言うけど、本当は、(母音の発音はとりあえず無視して)「ハマー」「マドナ」です!!

僕が不思議なのは、funnyのことを「ファンニー」という日本人がいないことです。「ハンマー」「マドンナ」と言うなら、「ファンニー」と統一すべきじゃないでしょうか?いかにうちらが、つづりを無視しているかということがわかってもらえると思います。
もちろん「ファニー」のが正しい。

「こんにちは」ではなく「こにちは」!「あんないする」ではなく「あないする」!!

only oneも、「オンリーワン」ではなく、「オリー ワ」。

unbelievableも、「アンビリーバボー」ではなく、「アビリーバボー」

何度でも繰り返します。大切なのは「英語のルールでつづりどおりによむこと
」です!


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:18 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/826





 

blog title んは日本語独特の発音 

英会話独学術:フォニックス?発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
日本語の発音 vs 英語の発音 トップ
日本語にあって英語にない発音リスト
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

  「ん」は奥が深い!

英語だけでなく、「ん」の発音を持ってる言葉はあんまりないそうです。
ウワサで、エスキモー語にあるらしいと聞いたことがありますが、僕は実際エスキモー語を聞いたことないので、わかりません。

英語に「ん」が無い証拠!
彼らが「こんにちは」を「こにちわ」というのを聞いたことがありませんか?
これは「ん」を発音できないからです。

「ウソつけ!じゃあ太陽のsunはどうなんだ!!」
と思いますか?

では逆にこちらから質問です。

someはどう発音します?

カタカナで書くと「サム」ですよね?

同じように、sunは、カタカナだと「サヌ」です!!

Nを「ナ行」と「ん」と両方に使うのは、もう超日本語のルール。英語その他もろもろの言語にそんなルールはない!!

英語で(スペイン語でもドイツ語でも韓国語でも)、noのNも、onのNも同じ!


日本語で、「範囲」(はんい)とか「金曜日」(きんようび)とでも言ってみて下さい!!

ベロが口の天井にくっついてないのに気づきましたか?

それに対して「な」と言ってみてください。Nの時にベロが口の天井にくっついてます。「ん」と「ナ行」の違いがわかりましたか?

もう一つ良い例。

an eggを、ネイティブが速く言うと、「アネッグ」のように聞こえますよね。
もしanのNが「ん」だったら、「アン エッグ」になります。
しかし「アン エッグ」をどんなに速く言ったところで、決して「アネッグ」になるはずもない!!
ところが、anを「アヌ」と言えば、「アヌ エッグ」を速く言えば、「アネッグ」になるではないか!!

これが、英語のNが「ん」ではない証拠だ!!
超感動eh?


今日のおさらい、 Nを「ん」と読むのは、

超日本語のルール。

英語にそんな複雑なルールはない!

Nについては重要なので、また次回続きをおはなしします。

ちなみに、日本語の「ん」についてはこちら、「ん」のバリエーション


glossary


人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:12 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/825





 

blog title のばすのばさないの続き 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

伸ばす伸ばさないの続き

95%くらいの日本人が、itとeatの区別を「イット」「イート」と言ってる気がしません?僕もそうでした・・・。

「それじゃいけないのか?」って?
いけないんです!!

なぜなら、「イット」と言おうが「イート」と言おうが、英語人には、どっちも「eat」に聞こえるからなんです!!

それでも通じるのは、文脈から判断してくれてるからと、人によっては日本人クセを知ってるからで、わかりにくいことには違いないんです。

実際、ほかの単語だと、あんまり通じないです。

では何が違うのかというと!

itのiは、「い」と「え」の中間なんです!!
ちなみにeatのeは日本語の「イ」でいい。

長い短いなんてのはどうでもよくて、音質そのものがちがうんですよ!!

実際shit!は、「シエッ!」みたいに聞こえることに、心当たりがある人もいるんじゃないでしょうか?
「シット」と言ったら、sheetになってしまいます!!

isも、inも、bigも、liveも、hisも、interestingも(iが二つ)、これらのIは決して「イ」ではない!!
Iをイと読むのは日本語のルール!英語ではない!!

ちなみに、発音のコツとしては、最初は「イエ」と言いましょう!
itは「イエッ」、hisは「ヒエズ」のように。
そのうちネイティブみたいに言えるようになります。

「イエ」って2文字言ったら長くなるんじゃないかって?
心配無用!!なぜならもう一度いうけど、英語は「長い短いはない!!」 長さの心配をする必要は無し!!

今日のおさらい、英語では、Iは「イ」ではない!


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:07 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/824





 

blog title のばすのばさないシステム 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

訪問いただきありがとうございます。

途中から読んで「意味がよくわからない」という方は、→Introduction
英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方が大事!

????????????????????????????????
今回は「日本語の発音 VS 英語の発音」編なので、
よかったらこのカテゴリーのメインテーマ
日本語にあって英語にない音リスト
もご覧ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「おばさん」と「おばあさん」、「ビル」と「ビール」


うちらがあたりまえのように使ってる、「のばす」「のばさない」システム!!この機能が搭載されてない言葉はたくさんある!いやむしろこの機能がない言葉の方が多いのでは?

英語にもこのシステムはありません!

外国人が日本語の発音でつまずくので有名なのの一つは、このシステムです!

うちらにとって、rightとlightが同じに聞こえるのと同じで、英語圏の人たちには、「おばさん」と「おばあさん」、「ビル」と「ビール」のような区別は、「何度聞いても同じに聞こえる」と思うそうです!!

特に、日本語は、1文字1文字が同じ長さですが、英語に関しては、長さに関しては、もっとルーズだとカナダ人の友人からおそわりました。
日本語なまりの特徴の一つは、この長さに関してルーズにする習慣がないことです。

発音学の本によると、長さに関する「傾向」はあるそうですが、またそれはのちほど。


「じゃあ、liveとleaveに関してはどうなんだ?リブとリーブで、伸ばしてるじゃん」と、思いますか?

フフフそのナゾは次回!!!

今日のおさらい、英語にのばすのばさないシステムはない!!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:03 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/823





 

blog title 日本語にあって英語にない発音 

英語

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

「一目瞭然、子音一覧表」「一目瞭然、母音一覧表」「シラブルとは一体?」「発音記号の知られざる落とし穴」については、INTRODUCTION(トップページ)から。

?????????????????????????????????

 英語に無い発音リスト

日本語英語の「呪い」によって、多くの人が、発音練習に対して100倍の無駄な努力をしています。

除霊に必要な要素のひとつとして、「英語にない発音を理解する」ことがあります。これからしばらくその話をしていきましょう。


日本では、LやらRやらTHやら、英語に無い発音の話をよくしますが、その逆で、「日本語にあるけど、英語にない発音やシステム」の話をあまりしません。
でもこれが超重要なんです!

なぜなら、日本語しゃべる時、THとかの発音なって決してしませんよね。そんな発音使ってしゃべったら、日本語っぽくきこえなくなってしまいますから。

にもかかわらず、多くの日本人は英語をしゃべる時、英語にない発音を使いまくってしまいます!!僕もそうでした。笑
日本人が、LとかTHとかに耳が慣れていなくてあんまり聞き取れないのと同じで、彼らは日本語の発音を聞き取るのは難しい!
通じにくい原因のひとつはそれです!

主なものでは、

ラ行

ファ行

っ(ちいさい「つ」)

のばす、のばさない の区別

「え」で終わる単語

特に大事なのは、こんなとこでしょうか?
まだ細かいのがいろいろあるけど、日本人にとって誤解されやすいのはこのへんでしょう。

これらの音を英語をしゃべる時は使うのは辞めましょう!!


「ウソつけ、全部英語にあるじゃん!」と思いますか?
「ラ行は知ってるけど、他はあると思うけど」と思う人もいますか?

フフフ。それは今後をお楽しみに。

また、英語で使われてないシステムでは、

母音の無声化

ピッチアクセント 
(大事な「ストレス(アクセント)」の説明もここでしてます。)

あたりを知っておいた方がいいでしょう!
「なんかむずかしそうだ」と頭痛を起こさないでください!!
あくまでうちらが普通に使っているおなじみの「日本語」です!超簡単です。
言葉がちょっとかっこいいだけです。

又、日本人の英語発音に対するイメージを、違う角度から見る
通説を見直そうシリーズもご覧下さい。

ストレスの位置を知るには、→接尾辞によるストレスの位置早見表

きょうのおさらい、

英語にない発音は使わない。


<strong>英語</strong>
この記事はブログルポの英語特集の依頼により執筆しました。


人<br />
気blogランキングへ

投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:50 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/822





 

blog title 母国語の「呪い」 

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION・もくじ
あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている

????????????????????????????????
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

母国語の呪いを除霊していきましょう。

「か」と「が」のような濁る音と濁らない音

うちらが当たり前のように使ってる「清音」と「濁音」システム。
実はこのシステムを搭載してない言葉もたくさんある。

たとえば中国語!
うちらが「か」と言おうが「が」と言おうが、彼らにとって同じに聞こえることも多いようだ。
しかし!うちらには同じ「か」に聞こえても、彼らは「有気音」「無気音」システムを採用している!有気音は簡単にいえば、「か」と「は」を合わせたような感じ。


たとえば 韓国語!
これに至ってはもっと厄介です。日本人には全て同じ「か」に聞こえても、彼らは「清音」「激音」「濃音」という区別をする!僕は現在これをネイティブの元で練習中です!!


そして前回もお話ししたスペイン語の「サ行」と「ザ行」の区別がないこと。アラビア語に「パ行」と「バ行」の区別がないこと。いろんなシステムがあるんですね。

今日のおさらい、日本語と英語は、この濁音システムがほぼ共通してるだけでも、ラッキーだったと思ってください!!


glossary

人<br />
気blogランキングへ


投稿者: 野北 明嗣 日時: 4:40 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/821





 


検索



最近のエントリー
アクセント(ストレス)の位置を接尾辞から知ろう!
英語発音の通説を見直そうシリーズ
疑問文の時の音程
つづりどおりに読む場合もある
「ア(U)」と読む勇気をつけるために
「ストレス」と「読み方」の関係の理解には「勇気」が必要!!
「長さ」と「強さ」について
英語のストレスは、日本語とは全く違う!
(ちょっと休憩)日本語の早口言葉に挑戦!
「彼氏」のアクセントは頭につけるんだ!!

アーカイブ
January 2020
February 2015
November 2014
October 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
December 2011
March 2011
February 2011
January 2011
September 2010
August 2010
July 2009
May 2009
April 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
January 2006

テーマ
1. はじめに
2. 日本語の発音 vs. 英語の発音
3. シラブルとは一体?
4. 母音にまつわる話
5. 子音にまつわる話
6. 発音記号の知られざる落とし穴
7. Diary

最近のコメント
アクセント(ストレス)の位置を接尾辞から知ろう!
 └ Steve Murai (03/04)
 └ 管理人 (03/06)
 └ Steve Murai (03/17)
 └ 管理人 (03/23)
英語発音の通説を見直そうシリーズ
疑問文の時の音程
つづりどおりに読む場合もある
「ア(U)」と読む勇気をつけるために
「ストレス」と「読み方」の関係の理解には「勇気」が必要!!
「長さ」と「強さ」について
英語のストレスは、日本語とは全く違う!
(ちょっと休憩)日本語の早口言葉に挑戦!
「彼氏」のアクセントは頭につけるんだ!!
日本語(東京方言)のアクセント
日本語に抑揚がある理由
日本語はフラット?大ウソ!!
英語発音に関する通説を見直そう 6
 └ petite (01/25)
 └ 管理人 (01/29)
英語発音に関する通説を見直そう 5
 └ chat noir (09/18)
 └ 管理人 (09/18)
英語発音に関する通説を見直そう 4
 └ Bon-Bon (03/17)
 └ 管理人 (03/22)
英語発音に関する通説を見直そう 3
英語発音に関する通説を見直そう 2
英語発音に関する通説を見直そう!
英語はTS,DZで始まらない
発音練習一切ナシでも、劇的に発音が良くなる方法1、2、3、4!
長さに敏感な日本人
 └ おはいおー (12/25)
INの読み方
日本人が英語のつづりを読めない証拠
母音の無声化の続き(日本語の発音)
母音の無声化(日本語の発音)
英語話者にとっての「お」の発音
英語は「え」で終わらない
 └ 藤原 (10/27)
 └ 管理人 (01/07)
なぜFを練習しないといけないのか?
ラ行について
ラ行とファ行は英語にない
 └ TOMO (06/06)
 └ 管理人 (09/02)
「っ」の秘密
 └ あずき (11/14)
 └ 管理人 (11/29)
日本語の「ん」の変化、英語のNの変化
 └ 小山 (05/21)
 └ 管理人 (05/31)
 └ 小山 (06/02)
 └ 管理人 (06/04)
 └ 藤原 (11/12)
外国人に「ん」を教える場合
 └ ユタカ (07/27)
 └ 管理人 (07/29)
「ん」のよくあるあやまち
んのつづき
んは日本語独特の発音
のばすのばさないの続き
のばすのばさないシステム
 └ 南米コロ通@入国管理局行ったり来たりです (08/31)
 └ 管理人 (09/01)
日本語にあって英語にない発音
母国語の「呪い」

最近のトラックバック

ブックマーク
フォニックスの全て
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
こども英語教育エッセイ

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ