私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! 私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog!
私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! more


« October 2008 | メイン | December 2008 »
blog title リンキングとは? November 19, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

英語は発音より読み方・もくじ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シラブルとは一体? トップページ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リンキングがうまくできない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リンキングとは?

日本人が苦手と言われる項目に、「リンキング」があります。

しかし、何も難しく考えることはありません。


リンキングとは、実際の会話等ではいちいち単語ごとに区切らずいくつかの単語を続けて言うので、あたかもそれが1つの単語に聞こえたり、どこが単語の切れ目だかわからなくなることです。何も難しいテクニックがあるわけではありません。


 ★ 日本語で例を挙げましょう。
もう何年も昔の話ですが、妙に印象に残った出来事があります。「マジカル頭脳パワー」というテレビ番組で、あるクイズの答えが、


「ごうかなはっぴきうなどん(豪華な8匹うな丼)」


でした。しかし、解答者の一人だったヒロミさんは、ひらがなで書かれた「ごうかなはっぴきうなどん」をどこで区切るのかわからず、


「『豪華なはっぴ(服)、きうなどん』って何ですか??」


と質問したのが印象的でした。
これがリンキングのコンセプトです。


 ★ 似たような英語ネイティブの子供の例を挙げてみましょう。
例えば、


I ate an egg.


という文があったとしましょう。これをネイティブの子供が、an egg で区切るのか a negg で区切るのか聞いた限りでは判断できず、


I ate a negg.


と書いた時につづってしまう、というような間違いをよくするという話を聞きます。
これがリンキングのコンセプトです。


ついつい難しく考えすぎて混乱して、よく「日本語は1音1音ハッキリ発音する。英語はハッキリ発音しない。」などというとんでもない結論を出してしまいそうになりますが、決してそういうことではありません。


このように説明するサイト等さえ見受けられますが、言語学的にはどう考えてもおかしいですし、こう考えるとかえって混乱して、上達しなくなる気さえします。


→ リンキングがうまくできない もご覧下さい。


リンキングも、つまり結局は、英語の子音母音、そしてシラブルを理解することで解決します。逆に言えば、基本であるフォニックス的なことやシラブルを知らないと、いつまでたってもできるようにならないかもしれません。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:22 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5190





blog title 日本語の発音が単純という噂の真相 November 12, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
フォニックスで即解決!よくある英語発音の疑問コーナー トップ
ーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
フォニックスで即解決!英語発音疑問コーナー

Q:日本語には母音の数が5個しかなく、韓国語には11個、フランス語には16個もあり、子音の数も日本語は14個に対し英語は24個、そのため日本人は他の国の人達よりも外国語の発音が困難だとよく聞きますが、この認識は改めた方がよいということですか?


A: はい。ズバリ、改めた方がいいです。


● まず、英語と日本語を客観的に見れる中国人の、第二言語音声学・音韻論(つまり外国語の発音)が専門の教授に聞いてみましたが、ハッキリ改めた方がよいと言っていました。


又、私の中国人の友人で、英語と日本語を両方しゃべれる人がいますが、やはり英語と日本語の発音の難しさは同じくらいだと言ってました。


私自身も、一応音声学・音韻論をかじって、英語もone of the very few Japanese people who have good English pronunciationと一応専門家から言われた立場として見ると、別に英語の発音が日本語より複雑とは思いません。日本語の方が複雑とも思いません。

どの言語の発音が複雑か単純かというのを測るのは、要素が多すぎて(子音、母音、音同士の組み合わせ、長短の区別、音程の区別、鼻音の区別、その他色々)なかなか難しいですが、厳密に測ったら、本当に日本語の方が英語より単純かもしれないし、逆に英語の方が単純かもしれないし、今のところそういうデータが無いからわからないそうです。


● さてよく出てくる母音の数、子音の数。これほどうさんくさいものはありません。


金田一春彦「日本語」(1989)によれば、
英語の母音音素の数を多く見積もる人で16、少なく見積もる人で7、十人十色だとのことです。


一方日本語の母音には、長短の区別があるため、三省堂・言語学大辞典では、
日本語の母音音素を10としているといいます。


つまり、英語7個、日本語10個、と言っても間違いではありません。
一般に言われているうわさがまかり通るなら、逆に7?10で日本語の方が複雑ということだってできてしまうわけです。


子音も同様。人によって定義がまちまちです。

14前後という数は、平安時代に作られた五十音図ベース、又は動詞などの活用語尾ベースで、統語論その他の話をする時には、使い勝手の良い分け方ですが、こと第二言語音声学・音韻論の話となると、14では色々と問題が出てくるので、今後のこの分野の課題だと思われます。
多く見積もれば、硬口蓋化やさらには長子音も1つの子音とカウントすれば、数を40、50にすることもできるでしょう。それはそれで見づらくなるので問題ですが、

子音は英語20くらい、日本語50くらい。と言うことだっていくらでもできるわけです。


また、14と言うなら、硬口蓋化、つまりいわゆる拗音と直音の対立(例えば「きゃ」と「か」、「りゃ」と「ら」)はどう説明するのでしょう?音素記号では、/ky/ /ry/ と書くから2つの子音の組み合わせと考えますか?その場合、よく「日本語には複雑な子音(二重子音等)が語頭に立たない」という話と矛盾しませんか?
14と言うのなら、拗音と直音の対立があり、長子音、つまりいわゆる促音(「いた」と「いった」等)があること等の説明をしなければなりません。

このようなことを全く考慮せず、「14?24、だから日本語は単純」等と言うのは、「イチローは松井に比べてホームラン数が断然少ない。だからイチローはダメな選手だ。」と言っているくらいグロテスクに聞こえるのです。



つまり、音の数などは、定義の仕方でいくらでも都合の良いように変えられるのです。


最大見積の外国語 vs. 最小見積の日本語 という単純なトリックです。


そもそもこのように説明する人達は、もし英語も日本語も両方発音できるのなら、自分で発音していて「この数字は何かおかしいぞ?」という疑問を持たないのでしょうか?


● 当然、子音の数、母音の数だけが全てではありませんし、数が多い=難しいという短絡的な発想も見直したほうがいいでしょう。


例えば日本語には、「はしが」でも、「箸が」「橋が」「端が」で3つともトーンが違うわけです。このピッチアクセントシステムを日本語は持っていることを忘れてはいけません。

又、第二言語習得で忘れてはいけないのは、有標性です。有標とは、より複雑、よる難しい、より一般的じゃない、ということです。
各音や構成は、それぞれ難易度が違います。例えば英語の[f]の発音は、日本語にはありませんが、わりと誰でも簡単に発音できます。それは日本語にはファ行があり、ファ行の子音は英語のfより有標(難しい)とされているからです。たとえ日本語にないものでも、有標性の低いものは、習得がそれほど困難ではありません。


「この音は日本語に無いから難しい」と簡単に考える方法は、もう時代遅れなのです。


● もう1つ、たまに周波数うんぬんの範囲が日本語は狭いとか低いとかで、そのために日本人は外国語の音を聞き取れないとかなんとかいう話も聞きますが、これがまたうさんくさいのです。


私ももちろん一応仕事で周波数を分析したりしますが、本当にパスバンドのレンジが低いことが、日本人が外国語の発音が苦手な原因だという証拠を、少なくとも私は知りません。
この数値は、単に子音をよく使うか、母音をよく使うか、といった「スタイルの違い」でしかありません。「バスケットボールで、センターはたいていゴール下にいる。ガードはたいていもっと外にいる。だからガードはセンターよりはるかに優れている。」と言ったら、全く意味がわかりませんね。


「周波数」という専門用語に惑わされてはいけません。


● また大事なことは、発音に限らず「指導」の面でこれらの説は問題がある気がします。


  ☆ 教える時に、専門用語や社内用語を使うと、生徒さんは混乱する。
  
  ☆ 「日本人はできないできない」とネガティブな暗示をかけられ、生徒さんはできるものもできなくなってしまう。

 (☆ 場合によっては、このような発音の説明をしている人自身が、全然発音できず、単に自分の練習不足でできないことを、もっともらしい理屈を並べて言い訳しているだけのサイトも見受けられる。)


 このような指導法は、少なくとも私が今まで多少なりとも関わってきた、音楽とスポーツの指導では見られません。発音教育に限ったことでしょうか??


今日のおさらい

日本語の発音が単純という科学的証拠は、

少なくとも今の時点ではどこにもない。

子音・母音の数は全くあてにならない。

周波数云々の話はもっとあてにならない。

数字だけが複雑さではない。

日本語にない音=難しい、という考え方は

もはや時代遅れ。

日本の発音教育は指導法として疑問が残る。


と、突然1サイトで書かれている記事を読んだ所で、多くの人に根深く信じられている噂をウソだときっぱり割り切ることも難しいでしょう。
私自身もこの噂の詳しい内容や元をもっとよく知りたいので、気軽にコメントして下さい。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 3:01 PM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5177





blog title unionのu、beautifulのeau、ruleのu、ruleのuだけ違うのはなぜ? November 1, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)
Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)
????????????????????????????????
フォニックスで即解決!よくある英語発音の疑問コーナー トップ
????????????????????????????????
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????

フォニックスで即解決!英語発音疑問コーナー 



Q: センター等の、1つだけ違う発音を選ぶ問題で、
1.unionのu
2.beautifulのeau
3.ruleのu

1と2は訓読みU、つまりYOO/ju:/、つまり「湯飲み」の「湯」、
3は訓読みOO/u:/、つまり「鵜呑み」の「鵜」、
ということで納得できますが、なぜそうなるのかまではわかりません。

※ 厳密には日本語の「う」と英語のOOは違いますが、あくまで外国人なまりの範囲で、十分通じます。


A: これは、ルールというよりは、世界中の言語に共通した原理を考えると簡単にわかると思います。(ユニバーサルグラマー ←覚えなくていい)


シラブル編で何度も繰り返していますが、全ての言語は、子音 母音 子音 母音 という順番を好み、子音 子音とか、母音 母音という連続は発音しにくいので好みません。


訓読みUは、単独だとユー/ju:/ですが、子音の後にくると、しばしばYの要素/j/が抜けて、ウー/u:/にまります。例 suit。だからruleのuは「ユー」ではなく「ウー」になるのです。RYOO/rju:/だと子音が連続するから、ROO/ru:/の子音 母音の方が好ましいからです。


日本語で、英語のsquashを、「スクワッシュ」ではなくWを抜いた「スカッシュ」と言うのと同じような発想です。子音の連続を避けるのです。


beautifulのbeauは、おそらく元々はつづりどおり、bea + u つまり/bi:ju:/と2シラブルだったんじゃないでしょうか?それがbyuと短くなんたんでしょう。ビユ → ビュ という具合に。
※あくまでこれは私の推測です。


日本語の「石油(せきゆ)」の「キユ」/kiju/が、あたかも「せきゅう」[kju:]、キユ → キューのようになってしまうのと似てるでしょう。


人間の考えることは一緒なんですね。



又、言語というのはあくまで人間が作ったものなので、コンピューターのように全く誤差なくできているわけではありません。ルールを作ることは非常に助けになりますが、100%ルール通りにいかないことは多いので、ある程度「これはそういうもんだ」とアバウトに考えた方が、精神的に楽になるのではないでしょうか?

投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:09 AM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/5159






検索



最近のエントリー
リンキングとは?
日本語の発音が単純という噂の真相
unionのu、beautifulのeau、ruleのu、ruleのuだけ違うのはなぜ?

アーカイブ
January 2020
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
December 2011
March 2011
February 2011
January 2011
September 2010
August 2010
July 2009
May 2009
April 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
January 2006

テーマ
1. はじめに
2. 日本語の発音 vs. 英語の発音
3. シラブルとは一体?
4. 母音にまつわる話
5. 子音にまつわる話
6. 発音記号の知られざる落とし穴
7. Diary

最近のコメント
リンキングとは?
日本語の発音が単純という噂の真相
 └ 小山 (12/23)
 └ 管理人 (12/24)
unionのu、beautifulのeau、ruleのu、ruleのuだけ違うのはなぜ?
 └ 小山 (11/01)
 └ 管理人 (11/04)

最近のトラックバック
Google Blog(Google Blog)
聞き取り時間を作る(アルクで英語♪アルク情報)
ホ・ホ・ホ、ホタルじゃないんだから(英会話らばっ(ワンポイント編))

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
こども英語教育エッセイ

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ