私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! 私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog!
私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! more


« May 2008 | メイン | July 2008 »
blog title フォニックスと発音記号を対応させたいが June 27, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)
Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フォニックスで即解決!よくある英語発音の疑問コーナー トップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォニックスで即解決!英語発音疑問コーナー 


Q:フォニックスと発音記号を対応させたいが、例えば/i/の記号はOALDではweak vowelとされ訓読みEもしくは音読みiで発音されるかその折衷とあるように結構アバウトみたいですね。




A:この点に関しては、問題点が出て当然なんですが、




結論を言うと、「弱母音」とは、単純にストレスの置かれない母音のことで、一般ネイティブにとっては、ストレスがあろうがなかろうが、同じ母音です。


i: も i も、フォニックスではあくまで、訓読みE、ネイティブにとっても訓読みEです。




音読みIはあくまで/I/で、/i/はあくまで訓読みEです。フォニックスに、中間的な存在という発想はないんです。


ただ、辞書によって/i/が、ストレスの無い訓読みEと、音読みIの両方に使われています。これは日本語で例えるなら、「ア」と「イ」の両方に同じ発音記号を使うのと同じで、混乱しない方がおかしいでしょう。


もちろん解読する方法はありますが、それには英語の音韻体系等の音声学的な知識が必要になります。それをまだフォニックスすら習っていない日本人英語学習者に読ませようなど、とうてい無理な話です。 詳しくはこちらで数記事にわたって書いています。 → i と i のありえない紛らわしさ。


Q:フォニックスと発音記号を対応させると、どうしても1対多になってしまうでしょうね。


この原因は、英和辞典の発音記号の「目的」が不明瞭なことにつきるでしょう。


例えば、日本語を外国人に教える場合、

1.母音はあくまで「あいうえお」の5個だけと教えるのか、

2.アクセントの位置や隣の音の影響などによって微妙に変化する異音も教えて、10個、20個くらいの母音を教えるのか、

3.記号が増えて複雑化するのを避けるため、5個より少なくするのか、

その最初の設定で、発音記号の書き方は変わってきます。


2の方法なら、例えば
%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E7%99%BA%E9%9F%B3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E.bmp

などという具合に、ひらがな1文字に対して、数通りの発音記号が対応します。


英和辞典の発音記号は、1?3の方法が中途半端に混ざってるので、フォニックスの母音の数(ネイティブが考えている母音の数)と変わってきます。そのため、1対1の対応ではなくなるのです。


英和辞典の発音記号を書いてる人達は、一体何をやりたいのか?ということを明確に説明しない限り、日本人の英語の発音がよくなることはないでしょう。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:07 PM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4881





blog title 42soundsに限らず色々な数がある June 20, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)

フォニックスで即解決!よくある英語発音の疑問コーナー トップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フォニックスで即解決!英語発音疑問コーナー 


Q:日本語における「五十音表」に当たる"42 sounds"があるとありますが
調べてみると
音の数は42に限らず幅があるようです。
# 42, 44が多いようですが
しかも、同じ数でも中身が違うものも。


これはなぜ違いが出てくるのでしょうか?
また学ぶ上でどれを選択すべきか指針になるようなものはあるのでしょうか?


A:五十音表の場合、実際の音の数は全然五十個ではないし、
時とともに音素の数も常に変化しますが、
江戸時代に「五十音」という名前がつけられ、
その呼び名が定着しています。


一方英語は、現在主流のフォニックスがそもそも、
たかだかここ数十年で広まったことを考えると、
日本語の「50音表」ほど全員に定着した名前がないのかもしれませんね。


言語学的には、英語でも日本語でも、
音素の数は研究者の数え方によってかなりの違いが出ます。

なので、数の違いは、指導者の教え方のスタイルの違いでしょう。


又、#42と言っても、ダブっているものや抜けているものもあるし、
方言によっても差があるので、
実際の音の数は42ではありません。


この42という数も、「五十音」と同じで、あくまで名前だと考えたほうがいいかもしれませんね。


こちらの記事もよかったらご覧下さい。→42sounds


さて、どれを選択すべきですが、
私がなけなしの言語学の知識を使って、
日本人用に、ダブったものや抜けているものを
整理したバージョンがあるので、

子音一覧表
母音一覧表

を気に入っていただけたらうれしいです。(笑)


余談ですが、日本の多くの発音記号を使った教材は、
(音素が)ダブりまくっていて、数が異常に多く見えてしまうので、

投稿者: 野北 明嗣 日時: 10:10 PM |
| コメント (14) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4868





blog title 千の風になって 沖縄バージョンから学ぶ June 17, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)
????????????????????????????????
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
????????????????????????????????

 


千の風になって 沖縄バージョン

ちょっと休憩です。


例えば英語とドイツ語は同じゲルマン語派で、つまり大昔この二つの言語は一つだったと言います。

日本語には、そういう言語ファミリーが無く、孤立した言語と言われていますが、

もし琉球の言葉を、あまりに違うので、琉球方言じゃなくて琉球語とすれば、

念願のファミリーができるという考え方もあります。


パっと見てすぐ気づくのが、

標準語の母音「エ」が、沖縄ではことごとく「イ」になってますね。

なるほどたぶんこれが比較言語学の音韻対応なんですね。日本語だとよくわかりますね。


そして沖縄では母音「エ」がほとんど出てきませんね。

これは大昔日本語が4母音だったことの名残でしょうか?


「まえ」が、沖縄では「めー」になってますが、

たしか日本語の母音「エ」は、連母音が一つになって誕生したと聞きましたが、

これがまさにそのモデルでしょうか?


詳しい方教えてください。


余談ですが、

「○○しないで下さい」と言われると、

人間は余計したくなってしまうので、「泣かないで下さい」と言われると、

余計に悲しくなってしまいますが、

このバージョンならあんまり何言ってるかわからないので、

平気ですね。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:15 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4864





blog title その7 TSという組み合わせはないのでは? June 3, 2008

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)
※ Thank you for visiting my blog. When you first came here, please go to the
INTRODUCTION(英語は発音より読み方・もくじ)
????????????????????????????????
シラブルとは一体? トップページ
????????????????????????????????
このブログの目玉 → 一目瞭然!アメリカ英語の母音一覧表
????????????????????????????????
おすすめ関連ブログ・友人ブログ等のリンクはこちら。
????????????????????????????????


その7 TSという組み合わせはないのでは? 


前回TSについて書きましたが、語頭の子音の組み合わせリストにはTSは無いぞ?と思いましたか?


たしかに、語頭には(正確にはシラブルの頭、つまりオンセットTSという組み合わせはないので、発音できないから、


日本語の「津波」からきたtsunamiは、tを消して soo-NOM-ee

テニスプレーヤーのTsongaを日本語では「ツォンガ」だけど英語では、SONG-ga

片方の子音を消す方法


しかし、実はTSは、語中、語末には来れるのです!

例、CATの複数形CATS、人名WATSON(ワトソン)

※音韻論的にいうと、語末とはコーダ、語中とは、コーダだったり、シラブルの境目だったり。


なので、次回から、語末の子音の組み合わせの話をします。

今日のおさらい

TSは語頭に来たら発音できないが、

語中、語末ならOK!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 5:03 PM |
| コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/4843






検索



最近のエントリー
フォニックスと発音記号を対応させたいが
42soundsに限らず色々な数がある
千の風になって 沖縄バージョンから学ぶ
その7 TSという組み合わせはないのでは?

アーカイブ
January 2020
February 2015
November 2014
October 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
December 2011
March 2011
February 2011
January 2011
September 2010
August 2010
July 2009
May 2009
April 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
January 2006

テーマ
1. はじめに
2. 日本語の発音 vs. 英語の発音
3. シラブルとは一体?
4. 母音にまつわる話
5. 子音にまつわる話
6. 発音記号の知られざる落とし穴
7. Diary

最近のコメント
フォニックスと発音記号を対応させたいが
 └ トシ (06/28)
 └ 管理人 (07/01)
42soundsに限らず色々な数がある
 └ (07/17)
 └ 管理人 (07/23)
 └ Kishi (07/23)
 └ 管理人 (07/24)
 └ Kishi (07/24)
千の風になって 沖縄バージョンから学ぶ
その7 TSという組み合わせはないのでは?
 └ Bon Bon (06/28)
 └ 管理人 (07/01)

最近のトラックバック
Google Blog(Google Blog)
聞き取り時間を作る(アルクで英語♪アルク情報)
ホ・ホ・ホ、ホタルじゃないんだから(英会話らばっ(ワンポイント編))

ブックマーク
フォニックスの全て
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
こども英語教育エッセイ

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ