私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! 私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog!
私のエイゴタウンブロッグへようこそ! Welcome to my eigoTown Blog! more


« May 2007 | メイン | July 2007 »
blog title タミル語の母音は12個というが?? June 19, 2007

悪魔の数字のトリック編 4

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)


These days my blog is getting freaky, eh?

When you first came here, please go to the INTRODUCTION(このブログの目的)

発音記号編のトップ→発音記号の恐怖
????????????????????????????????????????
悪魔2・5.jpg


タミル語の母音は12個と言うけど??


本当に、他の国の言葉がそこまでたくさん母音を持ってるか、たしかめてみようじゃありませんか!

まずタミル語。

タミル語は、インドの南、スリランカの言葉。
映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」の言葉だそうです。

こちらを聞いてみてください。これがタミル語です。
特にこの映像の6分くらいのあたりから始まる歌と踊りがでらかっこいいですよ!
http://www.tamilcomedymovies.com/movies/movies-3/comedy-tamil-muthu.html

実は!最近、日本語の起源は、このタミル語だという説が有力です。僕は最近けっこうこのネタにハマってます。ネットでも検索すると色々出てきます。それについては次回。大野 晋氏が、それについて力説しています!
tamil.jpg 

さてさて、この日本語と同系だと言われるこのタミル語、

基本的には、母音はア、イ、ウ、エ、オとほぼ同じ5個!
しかしそれぞれが、ア、アーのように長短の区別があるので、合計で10個!
そして、アイ、アウという二重母音が2つ!
よって、12個!
と、こうなるわけなんですね。★

長母音も二重母音も1シラブルと数える。(シラブルについては、右の「カテゴリー」欄から「シラブルとは一体?」をどうぞ。)

12個とはいうものの、ダブリまくってるわけです。
所詮は、タミル語母音も、日本語母音と同じ、「世界で一番普通と言われる5母音システム」なんですよ!

ウソだと思うなら、いろいろ検索してみて下さい。

今日のおさらい

南インド、スリランカのタミル語は

母音12個と言われるが、

それは長短の区別と二重母音を含めてるだけ。

実際の音の数は、日本語と同じ5個!!

12という数に踊らされてはいけない。

踊らされるなら、踊るマハラジャのリズムに踊らされよう!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:34 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3507





blog title マインドコントロールの手口 June 17, 2007

悪魔の数字のトリック編 3

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)


These days my blog is getting freaky, eh?

When you first came here, please go to the INTRODUCTION(このブログの目的)

発音記号編のトップ→発音記号の恐怖
????????????????????????????????????????
悪魔2・5.jpg


マインドコントロールの手口 

前回まで説明したとおり、日本語は母音が5個しかないのに、フランス語は16とか19とかあって、音の数が少ない圧倒的に日本語話者は、外国語の勉強に不利とかなんとかいうマインドコントロールは、数の数え方が超あいまいなんです。前回見せたように「長短の区別や鼻音かどうかの区別を含まない」等のようなルールなんて全く作らずに、数だけポンと見せられてるんです。

例えば!日本語の子音の数え方は、研究者によっていろいろです。14前後だったり、19前後だったり、めちゃめちゃ多かったり。

この差は、例えば「ひゃ」を、H+Yと考えるか、それとも一つの子音と考えるかとか、「ち」をTの一部にするか、それともCHと別な子音にするか、とかそういうのでガンガン変わってきます。

同じように、英語の母音も、金田一 春彦(1989)「日本語」(岩波新書)によると、研究者によって、少なく見積もる人は7つ、多い人は16と、十人十色と言います。

そんなもんですよ。

そこで、今日は、このファイルを見て下さい!!
(ソース:ウィキペディア)

ワードで開いてください。

日本語の子音 vs 英語の子音

★まず、難しいことを何も考えず、「図1」の記号の数を数えてください。
(j←右上の方にくっついてるこの記号は、付属なのでカウントしない。)

いくつありました?
38個ですね。
これは、日本語の子音です。

★次に、「図2」の記号を数えてください。

いくつありました?
25個ですね。
これは、英語の子音です。

あらヤダ。38対25で、日本語の圧勝じゃあないですか!!

英語話者に、細かい説明を全くしないで、この表見せて、
「英語は子音の数が少ないから、英語話者にとって日本語の発音は大変です。さらには、日本語は、長子音、短子音(つまり「っ」のこと。だけどあえて難しい言葉を使う!)の区別まであるのです。」
と言ったら、もう彼ら日本語を勉強する気を無くすと思いません?

一般にまかりとおってる、日本語は音の数が少ないだなんだって話は、よくよく見てみると、こういうことじゃないでしょうか?

「人間の指は何本?」と聞けば、5本と答える人もいれば、10本の人もいれば、20本の人もいます。そういうあいまいな質問と答えを、うまく利用してるだけじゃないでしょうか。

つまり、何がいいたいかというと、ちゃんとにフォニックス等で発音を教えてもらえなかった、多くの日本人英語学習者が、発音に四苦八苦七転八倒して、断末魔の叫びとして色々なウワサを流しますが、またそこにつけこんだ悪のマインドコントローラーも現れますが、それに惑わされたらあかんということです!!
心を強くもって下さい!

いえ、もし間違っていたら、直してください。

今日のおさらい

そのマインドコントロールを逆手に取れば、

日本語の発音がめちゃめちゃ多いように

見せることができる!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 8:40 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3488





blog title 日本語の発音だって! June 15, 2007

悪魔の数字のトリック編 2

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)


These days my blog is getting freaky, eh?

When you first came here, please go to the INTRODUCTION(このブログの目的)

発音記号編のトップ→発音記号の恐怖
????????????????????????????????????????
悪魔2・5.jpg

 日本語の発音だって!


考えてもごらんなさい。

同じ人間がしゃべってる言葉なのに、日本語の発音だけが、どういうわけか他の言葉に比べて圧倒的にシンプルなんて、普通に考えておかしいとおもいませんか?

(たしかに、音素の比較的少ない言語、多い言語というのはありますが。例えばハワイ語は子音が少なめと聞きます。)


やはり、人間の発音には傾向があります。
例えば全ての言語は、必ず少なくとも1つの閉鎖音(日本語でいうカ行、タ行、パ行の類)を持ってる。あと、ほぼ全ての言語は少なくとも1つの鼻音(日本語でいうナ行やマ行等の類)を持ってる。等々


私たちは同じ人間です。七色の鳥の声色と比べているわけではありません。
発音記号にマインドコントロールされて、日本語の発音に間違った劣等感をもつのは、今日を限りにやめさせて頂こうではないか!


ここからは、めんどくさければ読まなくてもいいですが、一応前回のブログの内容、
「世界の半分の言語は、母音がアイウエオの5個。」
「ほとんどの言語は、母音が3つから9つ。(ただしこれには長短や鼻音化の区別を含まない。)」

を信用していただくために、William O'Grady, John Archibald(2004) の、Contemporary Linguistic Analysisのp.269を引用させていただきます。

The most common vowel system has five phonemes (中略)

i   u
e  o
  a

About half the world's languages, including Basque, Hawaiian, Japanese, Spanish, and Swahili, have such a system.
The majority of the world's other languages have vowel systems with three, four, five, six, seven, eight, and nine different vowels (disregarding contrasts based on length or nasalization, which can double or triple the number of vowel phonemes). Languages with fewer than three, or more than nine distinctive vowels are rare.

つづく。

今日のおさらい

僕たちは、皮膚の色とか

顔立ちとかちょっと違うけど、

中身はみんな同じアフリカン

(なんてことを、先日テレビで見ました笑。)

マインドコントロールされて、

日本語の発音に劣等感をもたないにしましょう。

すべての言語の難易度が同じというのは

言語学の常識です!

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:43 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3481





blog title 日本語はホントに母音の数が少ないの? June 13, 2007

悪魔の数字のトリック編 1

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

Thank you for visiting my blog.

When you first came here, please go to the INTRODUCTION(英語は発音より読み方・トップ)
????????????????????????????????????????
発音記号編のトップ→発音記号の恐怖
????????????????????????????????????????

対象:発音記号アレルギーの方
悪魔2・5.jpg


 日本語は母音の数が少ないから、
外国語の習得が大変??
またまたご冗談を。


「日本語は母音が5個しかないのに、韓国語は11個とかなんとか、タミル語は12個、フランス語は16個とか19個とか、英語に至っては多すぎて数え切れず、辞書の後ろの発音記号の欄を見てみると30個以上!!日本語の発音が少なすぎて、日本人は外国語の発音の習得が大変!!」などというのが一般的なみなさんのイメージでしょう。

そんな詐欺まがいの情報に惑わされてはいけません!!

たしかに、この数だけ見せられると、そう思ってしまうのも仕方ありません。
しかし!この数は、「数え方の約束ごとが超あいまいなのです!!」(もちろんそのあいまいさはあえて説明しない。悪徳だから笑)
しょせん「発音が苦手な日本人は、この高額な教材を使うしか救われる道はな?い」などという悪徳商法の手口です!笑

実際英語の30個以上というのは、もうダブりまくってたり、二重母音、三重母音と組み合わせを増やしたり、ストレスのあるとこと無いとこで同じ音なのに違う記号使ったり、さらには子音まで組みあわせたりしてるのです!!そりゃ多くなるわ!(これはのちほど)

英語は「母音の多い言語」と言われてるけど、定義を明確にすれば、実際は、以前お話しした通り、日本語より4つ多いだけです。母音が15というけど、実際は?

実際たくさんの本に、書いてあります。

世界の多くの言語は、母音が5個。そしてそのすべてが「アイウエオ」とほぼ同じ!

さらにContemporary Linguistic Analysis(John Archibald, Willian O'Grady)によると、

ほとんどの言語は母音が3個から9個。
2個以下、又は10個以上は、稀。

※ここで大事なのは、この3個から9個の定義です!

これには、「長い短いの区別」「鼻にかけるかかけないかの区別」等を含めない!!
これらを含めると、その数は2倍3倍にもなってしまう!

と書いてあります。

これを覚えておいてください!!

つづく。

今日のおさらい

日本語の母音の数は

超標準!!超普通!!一番普通!!

ほとんどは3個から9個。

20個、30個というのは、

ダブりまくってたり、

妙な要素を加えてるだけ。

投稿者: 野北 明嗣 日時: 7:49 AM |
| コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/3469






検索



最近のエントリー
タミル語の母音は12個というが??
マインドコントロールの手口
日本語の発音だって!
日本語はホントに母音の数が少ないの?

アーカイブ
January 2020
February 2015
November 2014
October 2014
August 2014
July 2014
June 2014
May 2014
April 2014
December 2011
March 2011
February 2011
January 2011
September 2010
August 2010
July 2009
May 2009
April 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
January 2006

テーマ
1. はじめに
2. 日本語の発音 vs. 英語の発音
3. シラブルとは一体?
4. 母音にまつわる話
5. 子音にまつわる話
6. 発音記号の知られざる落とし穴
7. Diary

最近のコメント
タミル語の母音は12個というが??
マインドコントロールの手口
日本語の発音だって!
日本語はホントに母音の数が少ないの?

最近のトラックバック
Google Blog(Google Blog)
聞き取り時間を作る(アルクで英語♪アルク情報)
ホ・ホ・ホ、ホタルじゃないんだから(英会話らばっ(ワンポイント編))

ブックマーク
フォニックスの全て
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
こども英語教育エッセイ

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ