英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく! 英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく!
英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方を正しく! more


« Japanese pronunciation is a problem for non-Japanese people | メイン | 訓読み/アルファベット読みA (フォニックスで ā) »
blog title 母音一覧!アメリカ英語編 April 3, 2007

英会話独学術:フォニックス?英語は発音より読み方を正しく!(メイン)

英語

INTRODUCTION(トップページ)

英語の母音以外のことは、こちらへ。

★一目瞭然、子音一覧表
★英語話者が苦手な日本語の発音リスト
★発音記号の知られざる落とし穴
★シラブルとは一体?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一目瞭然、アメリカ英語の母音一覧表 

英語の母音は実は

こんなにシンプルに整頓されていた

こちらにもっと判り易くまとめました。
徹底フォニックス英語(一般米語)全13母音一覧音声付き

辞書などの発音記号が

「一見複雑そうに見える」ことだけに

惑わされてはいけない!

これが北米英語の母音です!

英語の母音は、AEIOUの5文字を使うが、漢字のように、それぞれの「訓読み」と「音読み」の2通りの読み方がある。つまり5文字で計10通りの読み方があるわけです。

さらに、子音でたとえるならSHやCHと同じで、2文字で1つの音を現す母音が5個あるわけです。

すなはち、5+5+5=15通りの読み方!
日本語を発音する時、母音は「あいうえお」しか使わない。
同じく、英語を発音する時は、これらしか使わない!

「微妙な変化」とか、勝手に新しい音を作り出してはいけない!


文字をクリックすると、その説明が見れます。
( )内は、フォニックス表記です。

※「フォニックス」とは、英語のつづりと発音の関係の教授法

訓読み

"A" (ā) エイ  
例、say、date、bake、eh?

"E" (ē) イー  
例、me、mean、sea、weed

"I"  (ī) アイ 
例、hi、high、five、mighty

"O" (ō) オウ  
例、no、smoke、stone、nope

"U" (ū) ユー 又は ウー  
例、use、cute、accuse


音読み

"A" (ă) エア  
例、apple、drank、hang、damn

"E" (ĕ) エー  
例、pen、fetch、hen、egg

"I" (ĭ) イエ 又は エ  
例、it、is、chick、frisk、skinny

"O" (ŏ) アー (クリアーな合唱の時のア) 
例、not、on、lot、hot、cop

"U (ŭ)" ア  
例、sun、up、yum、suck、yup


2文字の母音

"AU" アー 音読みOと同じ 
例、August、fault、flaw、awful

"OU" エアオウ (音読みA+訓読みO) 又は アオ でもいい  
例、wow、ouch、house、cow

"OI" オイ  
例、boy、voice、annoy、spoilt、joint

"音読みOO" 口を丸めないウ
例、good、look、wood、hook、oomph

"訓読みOO" 口を丸めるウ 訓読みUからYの要素を抜いたもの 
例、food、rooster、loose、shoot

ただしストレスの無いとこは全て「音読みU」になる。 

例、anotherのA、openのE、horribleのI、idiotのO


ストレスの無い母音の読み方ルール一覧


単語末の母音の読み方一覧


地域によってAUと音読みOは違うが、よっぽど特別な事情でもない限り、日本人は気にしなくていい。

所詮、この中で日本人が難しいのは、
「音読みO」「音読みOO」の2つくらいなもんです。
それ以外は「発音」ではなく、「読み方」です。


R母音

"AR" アール ややオに近いクリアー(音読みO + R)  
例、car、bar、bargain、darn

"OR" オール (訓読みO + R) 
例、or、corn、corny、horn

"ER,IR,UR"  
例、serve、dirt、murder

ただしストレスの無いとこは全てERになる。

例、doctorのOR、beggarのAR、favourのOUR

そして→ 実際の音色の数は、音読OとOO以外は、日本語の音を組み合わせればいい 


☆ こちらのサイトから、13母音全ての音声が聞けます。
※音声学の母音チャートが元なので、順番はフォニックスと違うが内容は同じ

http://www.americanaccent.com/vowel_chart.swf

このサイトの補足説明はこちら → アメリカ英語全母音の音声


☆こちらは、42Sounds(日本語でいう50音表みたいなもの)のサイトです。
是非音を聞いて下さい。

http://www.jollylearning.co.uk/research.htm


☆こちらは、音声付フォニックスのサイトです。是非音を聞いて下さい。
アメリカのVOEWLSを選んで下さい!
(残念ながら「音読みOO」だけありませんが。)

http://www.genkienglish.net/phonicsj.htm


☆こちらも子供用の音声付きサイトで、ぜひつづりと読みの関係を確認してください。
http://www.starfall.com/n/level-a/learn-to-read/load.htm?f

フォニックスで簡単英語発音上達方法からも音声が聞けます。

最重要事項!

ネイティブから何か単語の発音を教えてもらったら、

その単語をもうまるっきり漠然と擬声語のように真似しようと

する方法が主流だが、それはあまりに難しすぎます!

だって、私たちは日本語ですらそんなことはして

いません。

日本語でやらないことを外国語でなんてできっこない!

ではなくて、

「この単語に使われている音は、この表の中のどれかな?」

と、それを聞くだけでいいんです。それだけ。

発音する時は、その音だけ使って発音すればいいんです。

そうすれば、日本語と同じ感覚でできるようになります!

超単純!!


発音なんて怖くない 
大丈夫大丈夫
フォニックスは助けてくれるよ勇気をくれるよ
怖いの 怖いの とんでけ とんでけ♪

(「花子さん」の歌より)

※ おことわり
厳密に言うと、英語の母音と日本語の母音で、まったく同じものはありませんが、このブログの目的は、「ネイティヴに、ハッキリその音だと認識してもらえる発音」なので、細かい言語学的な正確さの話はあえて極力しません。
というのも、そこまでの正確さを求めるのは、言語学をやってる人か、完全に外国人なまりのない完璧な英語を目指している人等に限られるので、ニーズ的には低く、むしろかえって多くの学習者の混乱を招いてしまいかねないからです。
例えば、日本語の「エイ」と英語の「訓読みA」は、全く同じではありませんが、日本語で「エイ」と言えば、北米の英語話者の耳には「訓読みA」と聞こえます。「どんな単語も100%通じる発音」という程度のレベルの発音なら、それで十分だと考えるからです。

英会話
この記事はブログルポの依頼により執筆しました。



 

投稿者: 野北 明嗣 日時: 11:22 PM |
| トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.eigotown.com/mt33/aggiaggi.cgi/983





コメント

こんにちは。私も英語発音勉強しています!これからも頑張って下さいね。



あいこさんこんにちは。コメントありがとうございます。
このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。勉強頑張ってください。



はじめまして。「英語の発音にも完璧に整理されたルールがあるはずだ・・・習ったことないけど」と、そのルールを知っている人を長年さがしていました。ここにいた?(^^)んですね。
役立つサイトをありがとうございます。



yuteさん、コメントありがとうございます。

>「英語の発音にも完璧に整理されたルールがあるはずだ・・・習ったことないけど」

この発想には、自分で気づかれたのですか?!誰かから習われたのですか?
これに気づかない日本人が多い中で、気づいているだけでもすごいと思います。

そもそも、日本語や英語にかぎらず、おそらくどの言語にも発音の整頓されたルールはあるはずなんです。以前、言語の天才で、50ヶ国語とか80か国語くらいを習得した人達の記事を読んだことがあります。彼らは、まず始めにその言語の「発音の構成」を理解するのだと書いてありました。

日本人は、韓国語にしろフランス語にしろ、何語を習うにしても、このプロセスを見落としてしまいがちなため、カタカナ発音がベースになってしまいます。しかし、英語にも、日本語と同じような整頓されたルールがあるという発想を持つことによって、他の言語の学習にも役立つと思います。



毎度、こんにちは。
北米人がいう呼び名ってあるんでしょうか?
音読みはshort,訓読みはlong。
でau(aw)とか、ou(ow)とかの呼び名ってあるんでしょうか?
http://www.phonicsontheweb.com/letter-sounds.php
これは、Fonics on the webというのですが、
シュワーが独立してますね。本来ならshort Uとでもすべきとろこじゃないでしょうか?
音素レベルで分けている感じがするんですが、いかがでしょうか?



こんにちは。

音読み、訓読みは、私が友達と勝手に考えた名前です(笑)。長い短いを連想させないためにはどうしたらいいかと。それぞれshort longです。

auやouはそのまま「エイユー」「オウユー」とつづりをそのまま読んだり、「アー」「アウ」などと母音をそのまま言ったりで、特に名前はないんじゃないでしょうか?

ただ、子音のch、sh、thなども含めて、2文字で1音のものを、digraphと言いますが、ネイティブの大人でもこの名前を知らない人もいるみたいなので、やや専門用語的なようです。

シュワーが独立していますが、これについてはどうなんでしょう・・・独立させたりさせなかったり、わりとアバウトな気がします。前回のストレスが有ると無しで、母音が同じでもイマイチ美しく韻を踏んでる気がしないことを考えると、独立させるのもありかなあという気もします。ただその場合、「日本人に教える時」は、混乱を避けるための工夫が必要でしょう。

もう1つ考えられるのは、他の母音がつづりと対応してるのに対し、シュワーはつづりとの関連性がないということで、独立して考えるのもありなのではないかと思いますが、どうでしょう?



ありがとうございました。
なるほど、音読みUを説明するときなんかaやeも並べると
みてくれが悪いですからね。
日本人はshort,longの名称と同時に注意が
必要ですね



やはり「みてくれ」が良いか悪いかというのが、音素の定義に影響することは結構あるかと思います。



近く、ニュージーランド人の夫と2人で、こども英会話学校を開校すべく、いろいろ教授法を試行錯誤しています。その中で、フォニックスをぜひ、取り入れたいと思っています。
現在のほとんどのこども英語教室は、単語ひとつひとつの意味や発音は教えても、読み方を教えていないように思います。読み方が分からなければ、書くことも出来ません。ということは、知識のインプットのみを重視していて、子供達がいかに蓄えられた知識をアウトプットしていくかが、軽視されているように思います。
最近、こども英会話に何年も通っていたけど、中学に進学したら英語がわからなくて困った、というお子さんの話をよく耳にします。そうゆう問題は、結局、英語を自力で読んで理解する力を学ばせなかった結果だと思います。子供達にわかりやすく単語を読む方法を教えるヒントを、こちらからいろいろ学ばせていただき、感謝いたします。ありがとうございます。



jyojyoママちゃんさん、コメントありがとうございます。
返事がすっかり遅れてしまってすいません。


> 近く、ニュージーランド人の夫と2人で、こども英会話学校を開校すべく

そうなんですか。そういう話を聞くとすごく刺激になります。応援してます。


> 現在のほとんどのこども英語教室は、単語ひとつひとつの意味や発音は教えても、読み方を教えていないように思います。

そうですよね。全ての単語の読みをひとつひとつ覚えていかないといかず、例えばhotは知ってるから読めても、ちょっと文字を変えて実際にはないbotという言葉を作ると、もう読めない、ということになってしまいますからね。文字の読み方を習うことの恩恵は非常に大きいと思います。


> 最近、こども英会話に何年も通っていたけど、中学に進学したら英語がわからなくて困った、というお子さんの話をよく耳にします。

なんと、そうなんですか。貴重な意見をありがとうございます。

お互い頑張りましょう!



はじめまして!

何かに導かれたようにこちらのサイトに流れ着き、フォニックスを知り感激しています。

そして、こちらのサイトを見ていて一つ疑問がわきました。
もしよろしければ、野北さんご回答願います。

私は、 airやcare、hairの母音がshort e + r のように聞こえます。そして、辞書で発音を調べてみると、e + hooked schwa つまり、short e + r となっています。

しかし、どうも納得がいかないのです。
are は、silent-E がついています。
だから、long a + r となるはずではないでしょうか?
それとも、特別にこの組み合わせが short e + r となるのでしょうか?

はたまた、私のリスニングの力不足で、元から long a + r とネイティブは発音しているのでしょうか?

拙い文章で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。



梨たろうさん、コメントありがとうございます。

1年半も前にコメントいただいたのに、ずっとブログをほったらかしにしていて、すみませんでした。

梨たろうさんの質問、すごく大事な内容なので、記事にさせていただきました。こちらをご覧下さい。

http://blog.eigotown.com/Akitsugu_Nogita/2014/04/airaicareashorte.html



コメントを書く / Post a Comment

名前:
メールアドレス:
ウェブサイト:
 
メッセージ:

スパム防止:
CAPTCHA Image

文字の確認:
 


検索



最近のエントリー
フォニックス?あなたの英語は発音が悪いのではなく、読み方を間違えている
語末の破裂音(b,p,t,d,k,g)が聞こえなくなるのはなぜか?
英語のつづりは、I、U、V、J では終わらない
日本語は「本」をho、nと区切るが、英語は強いて言えばh、onと区切る
英語の歌を聞き取るコツは、ズバリ「シラブル(音節)」を理解すること
「母音が2文字なら1つ目をロング読み、2つ目は読まない」のルールを英語ネイティブの子供はどうやって習うか
母音がサイレントになるケースのまとめ
長い単語には、第一アクセント(ストレス)と第二アクセントがある
ストレスのない所で、ci を sh と発音する
既に内容を知っている日本のアニメの、英語吹き替え版から入ると良い

アーカイブ
January 2020
June 2014
May 2014
April 2014
December 2011
March 2011
February 2011
January 2011
September 2010
August 2010
July 2009
May 2009
April 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
September 2008
August 2008
July 2008
June 2008
May 2008
April 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
December 2006
November 2006
October 2006
September 2006
August 2006
July 2006
January 2006

テーマ
1. はじめに
2. 日本語の発音 vs. 英語の発音
3. シラブルとは一体?
4. 母音にまつわる話
5. 子音にまつわる話
6. 発音記号の知られざる落とし穴
7. Diary

最近のコメント
英語のつづりは、I、U、V、J では終わらない
 └ 通りすがり (06/21)
日本語は「本」をho、nと区切るが、英語は強いて言えばh、onと区切る
 └ quest (06/21)
「母音が2文字なら1つ目をロング読み、2つ目は読まない」のルールを英語ネイティブの子供はどうやって習うか
 └ quest (06/21)
母音がサイレントになるケースのまとめ
 └ quest (06/21)
ストレスのない所で、ci を sh と発音する
 └ quest (06/09)
 └ 管理人 (06/19)
 └ quest (06/21)

最近のトラックバック

ブックマーク
eigoTown.com
英語タウンポッドキャスト
英語タウンの留学プラザ
こども英語教育エッセイ

人気ブログランキング
ランキング

にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村

人気blogランキングへ 人気blogランキング

FC2 Blog Ranking FC2ブログランキング


このブログは、ブログランキングに参加しています。 >>ランキングとは?


あなたも英語タウンのブロガーになりませんか?

>> 英語タウンブログトップへ
>> 英語タウントップへ


visitors today
visitors yesterday
To eigoTown blog 英語タウンのトップへ